Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「JJUG運営の戦略と戦術」 JJUG CCC 2016 Spring 基調講演

8,534 views

Published on

2016年5月21日開催されたJJUG CCC 2016 Springの基調講演「JJUG運営の戦略と戦術」の資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

「JJUG運営の戦略と戦術」 JJUG CCC 2016 Spring 基調講演

  1. 1. Japan Java User Group 基調講演1 JJUG運営の戦略と戦術 JJUG会長 鈴木雄介
  2. 2. Japan Java User Group 自己紹介 • 鈴木雄介 – 日本Javaユーザーグループ • 会長 • http://www.java-users.jp/ – SNS • http://arclamp.hatenablog.com/ • @yusuke_arclamp 2
  3. 3. Japan Java User Group アジェンダ • 数字てみるJJUG • 運営の戦略と戦術 • コミュニティとあなた • まとめ 3
  4. 4. Japan Java User Group 数字でみるJJUG 4
  5. 5. Japan Java User Group 数字で見る成長 • 会員数(2016年5月20現在) 5 0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 2013/8/1 2013/9/1 2013/10/1 2013/11/1 2013/12/1 2014/1/1 2014/2/1 2014/3/1 2014/4/1 2014/5/1 2014/6/1 2014/7/1 2014/8/1 2014/9/1 2014/10/1 2014/11/1 2014/12/1 2015/1/1 2015/2/1 2015/3/1 2015/4/1 2015/5/1 2015/6/1 2015/7/1 2015/8/1 2015/9/1 2015/10/1 2015/11/1 2015/12/1 2016/1/1 2016/2/1 2016/3/1 2016/4/1 2016/5/1 4,881名 3,317名 1,793名 2年で272%
  6. 6. Japan Java User Group 数字で見る成長 • イベント規模 – JJUG CCC 2014 Spring • 25セッション+懇親会 • スポンサー:7社 • 367名参加(申込:592名) – JJUG CCC 2016 Spring • 43セッション+懇親会 • スポンサー:17社 • 700名予定(申込:1,233名+α) 6 2年で倍
  7. 7. Japan Java User Group 7
  8. 8. Japan Java User Group 8
  9. 9. Japan Java User Group 数字で見るCCC 9 20代 36% 30代 44% 40代 17% 10代 0.2% 学生 1.3%
  10. 10. Japan Java User Group 数字で見るCCC 10 初めて 44% 2回目 25% 3回目 12% それ以上 18%
  11. 11. Japan Java User Group JJUGに起きたこと • 2年間で2倍以上の成長 • しかも、20代や初参加がすごく増えた •なにをしたのか? 11
  12. 12. Japan Java User Group 運営の戦略と戦術 12
  13. 13. Japan Java User Group イベント運営の心意気 運営の戦略と戦術 13
  14. 14. Japan Java User Group ある日の幹事会 14 来月のナイトセミナー どうする? じゃ、来月は飛ばすか… 忘れてわー。もう間 に合わなくね?
  15. 15. Japan Java User Group 15 ※写真はイメージです そんなんじゃダメ でも、ぬるいイベン トじゃ意味ないから 絶っっ対に毎月やる
  16. 16. Japan Java User Group イベント運営の心意気 • 毎月なにかはやる – コミュニティは定期的に活動していることに 意味がある – 絶対に歩みを緩めてはならない – 「いつもなんかやっているよね」というのが 大事 – 今期からは「ナイトセミナーのネタ集めアン ケート」を定期的にやります 16
  17. 17. Japan Java User Group イベント運営の心意気 • CCCは年に2回やる – 正直、年2回はつらい • 終わるたびに、すぐ次のことを考える – でも、それだけ改善がしやすい • 年に1回だと忘れちゃう – 年に2回あると講演機会も増える • 「今回は間に合わないけど、次回こそ!」という ときに1年後だと長すぎる – よりオープンにしていきます! 17
  18. 18. Japan Java User Group 幹事入替 運営の戦略と戦術 18
  19. 19. Japan Java User Group ある日の幹事会 19 あのひと、また来てな いね じゃ、とりあえず継続し ておくか まぁ、会場とかスポ ンサーもあるしなぁ
  20. 20. Japan Java User Group 20 ※写真はイメージです そんなんじゃダメ 余計な人は切って 動ける幹事を集めな いと
  21. 21. Japan Java User Group 幹事入替 2013年度幹事 阿島 哲夫、岡崎 隆之、加藤 潤一 川添 真智子、きしだ なおき、久保 智 白石 俊平、須江 信洋、杉 達也 谷本 心、長尾 達也、贄 良則 西山 博泰、野上 忍、牧野 隆志 増月 孝信、水島 和憲、宮川 拓 三好 哲生 21
  22. 22. Japan Java User Group 幹事入替 2013年度幹事 阿島 哲夫、岡崎 隆之、加藤 潤一 川添 真智子、きしだ なおき、久保 智 白石 俊平、須江 信洋、杉 達也 谷本 心、長尾 達也、贄 良則 西山 博泰、野上 忍、牧野 隆志 増月 孝信、水島 和憲、宮川 拓 三好 哲生 22
  23. 23. Japan Java User Group 幹事入替 • 2016年度幹事 石田 真彩、伊藤 敬、岡崎 隆之、 川添 真智子、きしだ なおき、久保 智、 佐藤 達志、田中 孝清、谷本 心、 谷本 慎、寺田 佳央、長澤 太郎、 永瀬 泰一郎*、野上 忍、槙 俊明、 宮川 拓、横田 紋奈、米山 祐介、 山本 真平* 23
  24. 24. Japan Java User Group 幹事入替 • 活動しない幹事はいらない – 1年間実績がない人は退任いただく – 名目的な幹事ではなく動ける幹事 • 若さ重視 – イベントをちゃんとやるためには事務作業が 増えてしまうので労働力を手に入れる – 今、何が流行っているの?という感度が重要 – ともかく若い世代に聞きに来てほしいから、 同世代が運営に携わるべき 24
  25. 25. Japan Java User Group 幹事入替 • まだまだ労働力幹事が欲しいです! • 生半可な覚悟ではできません – みんな仕事の合間を縫ってやっている – 運営しているとコンテンツが見れない • それでも楽しいですよ! • ぜひボランティアスタッフから参加を! 25
  26. 26. Japan Java User Group お金の話 運営の戦略と戦術 26
  27. 27. Japan Java User Group 会長の仕事なんて 27 ほぼ金 か ね
  28. 28. Japan Java User Group 会長の仕事1:会場選定 • 最大の判断 – 会場を予約する時点ではスポンサーは決まっ ていないけど支払いはしないといけない – なんとかスポンサーを集める!という気合い • ベルサール西新宿→新宿グランド 80万→200万 28
  29. 29. Japan Java User Group 会長の仕事2:スポンサー集め • 候補は独断と偏見 – イケてる企業を探して知り合い経由でアポ – 担当者と話して、コミュニティを支援する意 味を確認する • たまに勘違いしている企業もある – そういうのはお断りする 29
  30. 30. Japan Java User Group 会長の仕事3:お金の管理 • 何に使って、何に使わないか – コミュニティにとって意味があることに使う – これも独断と偏見で決める – 幹事の内輪には使わない • 透明性を維持する – お金の入出金管理は別企業 – 会計監査は第三者実施 30
  31. 31. Japan Java User Group スポンサー集め • 昔のスポンサーは「Javaを売っているベ ンダー」が中心だった – 買ってほしい技術の話をする – コミュニティでそんな話をしても面白くない • 面白いコンテンツが話せて、コミュニ ティを支援したくなる企業はないか? 31
  32. 32. Japan Java User Group 企業がJJUGを支援する理由 •第1位:中途採用 • 第2位:製品紹介 • 第3位:Javaだから 32
  33. 33. Japan Java User Group スポンサー集め • Javaを”使っている”企業をスポンサーに – 所属するエンジニアが生き生きと楽しい仕事 をしているのをコンテンツにしてもらう – エンジニアは優れたエンジニアに惹かれる – コンテンツを発信すること自体がコミュニ ティの還流につながる 33
  34. 34. Japan Java User Group スポンサー集め • 「JJUGに行くと転職するから行くな」 – そんな企業からは、すぐに転職しよう! • 企業が引き抜かれない努力をすべき – 魅力的な職場、魅力的な仕事、魅力的な仲間 を用意する – 企業とエンジニアが双方で努力し、対等な関 係になる。この緊張関係が双方を幸せにする 34
  35. 35. Japan Java User Group コミュニティとあなた 35
  36. 36. Japan Java User Group なぜコミュニティか? • ごく個人的な理由 – エンジニアとしてのスキルはオープンソース とコミュニティに育ててもらった – コミュニティに向けて情報発信すると、たく さんのフィードバックがある – 凄いエンジニアの凄さに触れられた • そこで感じた事 – 信じる、投げかける、対話する 36
  37. 37. Japan Java User Group 1.コミュニティを信じる • コミュニティの向こう側には自分と似た 人がいる • 自分なんかが考える程度のことは、世の 中もう誰かがやっている • 自分と似た境遇だけど、ずっと先を歩い ている人と出会えると成長できる – ものすごく技術が多様化しているのは、技術 の使いどころも多様化しているから 37
  38. 38. Japan Java User Group 2.コミュニティに投げかける • 聞くだけじゃなくて、発信する • HelloWorldじゃなくて、自分の境遇でし か発生しないことを書くのがおススメ • なぜなら、コミュニティの向こうには自 分と似た人が必ずいるから • いつか誰かが反応を返してくれる 38
  39. 39. Japan Java User Group 3.コミュニティと対話する • 反応があったときに語るべき言葉を持つ • チャンスを形にできるかは日頃の準備運 動次第 • 真摯に挑む – 良い子を装わない、どうせバレるから – 狙ったりしない、どうせ受けないから • 自分の感じたことを自分の言葉で話す 39
  40. 40. Japan Java User Group コミュニティとあなた • いろんな形態があっていい • でも、参加したほうが学べる – あなたなりの関わり方を見つける • ぜひ、話しかける勇気を! – だいたいのエンジニアは良い人 40
  41. 41. Japan Java User Group まとめ 41
  42. 42. Japan Java User Group 数字でみるJJUG • この2年間で2倍 – 参加者:271%増 – イベント規模:約2倍 • CCCの事実 – 20代が36% – 初参加が44% 42
  43. 43. Japan Java User Group 運営の戦略と戦術 • イベントをやり続ける – これからも! – そして改善する • 幹事が動く – コミュニティは活動しないと意味がない • お金大事 – コミュニティと企業の健全な関係 – お金には色がある 43
  44. 44. Japan Java User Group コミュニティとあなた • コミュニティに来たら自分と似た境遇な のに、遥かに先を行く人を見つけよう • 自分のことを語ろう(真摯に!) – そしたら、必ず反応があるから • 語るべき言葉をためよう – 普段から自分の言葉を磨こう 44

×