Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JavaOne感想&技術トレンド紹介 - JavaOne2015報告会

15,890 views

Published on

2015/11/14に開催されたJavaOne2015報告会で講演「Impressions of JavaOne & Java trends」の発表資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

JavaOne感想&技術トレンド紹介 - JavaOne2015報告会

  1. 1. Japan Java User Group Impressions of JavaOne & Java trends 2015/11/14 鈴木雄介 日本Javaユーザーグループ 会長 JavaOne 2015 報告会 @ 東京
  2. 2. Japan Java User Group 自己紹介 鈴木雄介 – グロースエクスパートナーズ(株) » 執行役員/アーキテクチャ事業本部長 » http://www.gxp.co.jp/ – 日本Javaユーザーグループ » 会長 » http://www.java-users.jp/ – SNS » http://arclamp.hatenablog.com/ » @yusuke_arclamp 1
  3. 3. Japan Java User Group Agenda • JavaOne感想 • 技術トレンド 2
  4. 4. Japan Java User Group JavaOne感想 3
  5. 5. Japan Java User Group JavaOne感想 • 大きなアップデートなし –来年のJavaSE 9/再来年のJavaEE 8に向けた端境期 –20周年がなければ寂しいイベントだった 4
  6. 6. Japan Java User Group JavaOne感想 • キーノートの最後にスコット登場 5
  7. 7. Japan Java User Group JavaOne感想 • Javaプログラマにとって最悪な1012のコト(から、 ORACLE disだけを抜き出しました) –7位、ラリーがコーヒーを値上げした –6位、ジェームズ・ゴスリングがLiquid Roboticsで 働いていて、もうOracleでJavaの仕事をしてない –4位、オープンソースを愛しているのに、オラクルの 社員 –1位、元CEOで現CTOの連絡は、いつも船舶電話だ » http://www.publickey1.jp/blog/15/java20javaonejava 10javaone_2015.html 6
  8. 8. Japan Java User Group JavaOne感想 • コミュニティ・キーノ ートは”パーティー” –ORACLE社員+JUGリー ダー達による学芸会 » ゴスリンも出たよ! » 色々とORACLEをからかう –「子供達が未来」 7
  9. 9. Japan Java User Group ORACLEとJava • 2009年4月にSUNの買収を発表 –Java SE 7(2011年7月28日) –Java SE 8(2014年3月18日) –Java SE 9(予定:2016年9月22日) • ORACLEは予定通りに作業を進める会社 –SUNは予定外が楽しい会社だった –新しいことに出会えるのがJavaOneだった –Javaは成熟し、大人になったと思えば良い 8
  10. 10. Japan Java User Group ORACLEとJava • オラクルがJavaエヴァンジェリストを削減 –『オラクルは今週、Javaの世界に衝撃を与えた。主 要カンファレンスであるJavaOneの開催まで1ヶ月を 前にして、トップJavaエヴァンジェリストのうち数 人を解雇すると発表したのである。更に追い出しは 続くと予想される。』 » http://www.infoq.com/jp/news/2015/09/oracle- purges-java-evangelists 9
  11. 11. Japan Java User Group ORACLEとJava • コミュニティとの関係性 –ORACLEのコミュニティの 声を聞こうという姿勢 –JCPにもJUGが関わっていく ことが可能になっている –「Javaカラー」は維持され ている –Java is bigger than Oracle 10
  12. 12. Japan Java User Group ORACLEとJava • ORACLEとJavaとJavaコミュニティ –ORACLEがJavaを重要視しているのは間違いない –Javaコミュニティの力も重要視 –一方で、Javaビジネスには苦労していそう…? • なんであれ、JJUGは引き続きエンジニアの地位 と技術力の向上に貢献します! –JJUG CCC 2015は11/28(土) » http://www.java-users.jp/?page_id=1647 11
  13. 13. Japan Java User Group 技術トレンド 12
  14. 14. Japan Java User Group 技術トレンド • DevOps & Microservices –“Java”そのものが重要ではない(Javaは基盤) » そもそも「ソフトウェア開発」が重要でない –「ITサービス運用」が重要 » 以下にITサービスを継続的に運用し続けるか » ソフトウェア開発は十分に効率化されつつある ▸ あらゆる技術は十分に選択肢として成熟している – エンタープライズにおけるDevOpsとマイクロサービス - JavaOne2015レポート » http://arclamp.hatenablog.com/entry/2015/11/09/221247 13
  15. 15. Japan Java User Group 技術トレンド • DevOps –Dev(開発)とOps(運用)の不可分 –技術的にはCI/CDやSDxの延長にある考え • Microservices Architecture –サービスによって、サービスを組み立てる –技術的には”軽量なSOA”ではあるがボトムアップ » 中央集権ではなく、各サービスの自治権を許す • Cloud –いずれもクラウドを前提としている 14
  16. 16. Japan Java User Group 技術トレンド • 現時点では先端Webサービス系企業が取り組んだ ものが共有されて、拡がりつつある状態 – Netflix、Gilt、Twitter、Foursquare… • 技術群 – デプロイ管理:Jenkins、spinaker – コンテナ:Docker – コンテナ管理:Kubernetes、Marathon+Mesos、 spinaker – ルーター:Vamp、Zuul+Ribbon、ロードバランサ – サービスレポジトリ:ZooKeeper、Eureka – 分散ログ集約+視覚化:Elasticsearch+Kibana、Vector 15
  17. 17. Japan Java User Group 技術トレンド • カナリアリリース –ブルー・グリーンデプロイ、A/Bテスト 16
  18. 18. Japan Java User Group 技術トレンド • ダークカナリアリリース –“本番環境でのテスト” 17
  19. 19. Japan Java User Group 技術トレンド • Chaos Monkey –平日日中にサーバをランダムにダ ウンさせるためのOSS –Netflixではインスタンスは毎週、 アベイラビリティゾーンあるいは リージョン丸ごとは毎月障害訓練 18https://github.com/Netflix/SimianArmy/wiki/Chaos-Monkey
  20. 20. Japan Java User Group 技術トレンド • 「全体的にサービス品質を高めるために、部分 的な品質劣化を許容する」 –不運なユーザは存在しうるが、サービスがダウンす るような事態にはならない • エンタープライズ発想とは異なる –「部分の品質を積み上げて、全体の品質を保証」 –エンタープライズ的なサービスもあるが、Webサー ビス的なサービスもあるはず 19
  21. 21. Japan Java User Group 技術トレンド • ソフトウェアデザインの重要なポイントが変化 している 20 利用時の 品質 利用時の 品質プロセス 内部 外部 利用時 影響を与える 依存する JISX0129-1 ソフトウェア製品の品質 第1部 品質モデル
  22. 22. Japan Java User Group 技術トレンド • 昔は「構造」が重要だった –クラス構造を管理しやすいデザイン –GoFのデザインパターン 21 利用時の 品質 利用時の 品質プロセス 内部 外部 利用時 影響を与える 依存する
  23. 23. Japan Java User Group 技術トレンド • ソフトウェアの「振る舞い」が重要になる –インスタンスを管理しやすいデザイン » DIコンテナ+ユニットテストで動作させてテスト –アジャイル開発で柔軟性を導入する 22 利用時の 品質 利用時の 品質プロセス 内部 外部 利用時 影響を与える 依存する
  24. 24. Japan Java User Group 技術トレンド • サービスを維持することが重要になってきた –サービスの維持や変更を管理しやすいデザイン » ビジネス価値まで含めて変更を取込む » UI/UX、リーンスタートアップ 23 利用時の 品質 利用時の 品質プロセス 内部 外部 利用時 影響を与える 依存する
  25. 25. Japan Java User Group サマリ 24
  26. 26. Japan Java User Group サマリ • 来年のJavaOneに注目 – Java9がリリース! • Javaだけではないトレンドにも注目 – プログラミングだけではなく、サービスにも目を向けて 見よう • JJUGをよろしく! – Javaコミュニティは引き続き、元気です! – 懇親会も大事だよ! » https://manage.doorkeeper.jp/groups/jjug/events/34252 25

×