Javaのこれからを考える - [JJUG CCC 2013 Spring

5,918 views

Published on

2013/5/11に開催された日本JavaユーザーグループのJJUG CCC 2012 Springの基調講演「Javaのこれからを考える」です。

Published in: Technology
0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,918
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,922
Actions
Shares
0
Downloads
34
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Javaのこれからを考える - [JJUG CCC 2013 Spring

  1. 1. Japan Java User Group基調講演1Javaのこれからを考えるJJUG会長 鈴木雄介
  2. 2. Japan Java User Groupアジェンダ• 技術的な変化• ユーザーとIT• これからのシステム開発• Javaのこれから• まとめ2
  3. 3. Japan Java User Group技術的な変化3
  4. 4. Japan Java User Group技術的な変化• 何が起きているのか– マルチデバイス– 仮想化– ハードウェア– アーキテクチャの観点から4
  5. 5. Japan Java User Group技術的な変化• マルチデバイス– 形• スマートフォン、タブレット• ウェアラブル(腕時計/メガネ)• 組み込み機器(サイネージ、TV、レジ…)• センサー5<写真>Google Glass<写真>Apple iWatch!?
  6. 6. Japan Java User Group技術的な変化• マルチデバイス– アプリ• HTML5/レスポンシブ• ネイティブ(iOS/Android/Windows)、ストア• WebSocket6<写真>レスポンシブデザイン
  7. 7. Japan Java User Group技術的な変化• 仮想化 a.k.a クラウド– ハイブリッドクラウド– PaaS/IaaS/SaaS/BaaS7パブリッククラウドバーチャルプライベートクラウドプライベートクラウドオンプレミスインフラアプリカスタマイズIaaSアプリカスタマイズPaaSカスタマイズSaaS
  8. 8. Japan Java User Group• 仮想化 a.k.a クラウド– ファブリックデータセンター• SDN/OpenFlow• OpenStack/CloudStack/Eucalyptus8
  9. 9. Japan Java User Group技術的な変化• ハードウェア– CPU/GPGPU• マルチコア、マルチスレッド• TOP500.Org 1位(2012年11月)のTitanはAMDOpteronとNVIDIA Tesla K20X9http://www.top500.org/lists/2012/11/
  10. 10. Japan Java User Group技術的な変化• ハードウェア– SSD• データセンターでの採用が拡大中10http://www.isuppli.com/Memory-and-Storage/News/Pages/Solid-State-Drive-Market-Revenue-Set-to-more-than-Double-This-Year-on-Renewed-Ultrabook-Hopes.aspxhttp://www.isuppli.com/memory-and-storage/news/pages/hard-disk-drive-market-revenue-set-for-double-digit-decline-this-year.aspx
  11. 11. Japan Java User Group技術的な変化• ハードウェア– インメモリ処理• 1台のサーバにテラ級のメモリが搭載可能に• データベース– SAP Hana• データグリッド– Memcached、Oracle Coherence11
  12. 12. Japan Java User Group技術的な変化• アーキテクチャの観点から– インフラを含んだデザインする• スケールアウトとスケールアップ• ビックデータ– リアルタイム• 高トランザクション大量データの分散並列処理• イベント駆動/CEP(Complex EventProcessing)– ヘテロなシステム• 本当の意味でのSOA12
  13. 13. Japan Java User GroupユーザーとIT13
  14. 14. Japan Java User GroupユーザーとIT• デバイス/サービスへ– 「アプリをクライアント/サーバに置く」から– 「ユーザーがデバイスを通じてサービスを使う」14サービスApp App
  15. 15. Japan Java User GroupユーザーとIT• オムニチャネル化15http://www.nrf.com/modules.php?name=Pages&op=viewlive&sp_id=1323
  16. 16. Japan Java User GroupサービスユーザーとIT• オムニチャネルなシステム– 「個別システムの連携」から「サービス=総体としてのシステム」16商品顧客App商品顧客App商品顧客App商品顧客App App商品顧客カタログカタログ
  17. 17. Japan Java User GroupユーザーとIT• サービスは変化し続ける– オムニになると変化要素が多くなる• 質的変化:様々な顧客ニーズ、様々な運営ニーズ• 量的変化:様々で大量なデータ– 日々、発生する大量の変化にどう向き合うべきか?• システムは静的な構成に過ぎない• 想定していないことには対応できない17
  18. 18. Japan Java User GroupユーザーとIT• 「変化に適応するには?」– この10年間の答えはアジャイル• ようは「作り手の気合い」– 気合いではどうにもならない変化の質と量• コンテクストに応じて動きを変化させる– 改めてアーキテクチャを見直すべきフェーズ• 各コンポーネントの相互作用で動作する世界• もちろん課題は山積み• 開かれた世界のための開かれたアーキテクチャ18
  19. 19. Japan Java User Groupこれからのシステム開発19
  20. 20. Japan Java User Groupこれからのシステム開発• 突然は変わらない– 一般的なエンタープライズ開発に技術変化のトレンドが訪れるには時間差がある• でも、じりじりと変化し、いつかは追いつけない所にいってしまう– 少しずつでもキャッチアップする努力を– 技術はもちろん、どんなシステムが求められているか、それをどう作るかを理解する20
  21. 21. Japan Java User Groupこれからのシステム開発• これから求められるシステム– 新しいコンセプトを持ったシステム• Web活用の深化/進化• ビックデータ、非定型データ• 既存資産の再活用/再定義:SOA– 業務システムのサービス化– もちろん普通の業務システムはなくならない• これが罠なのですが…• 何かを得るためには何かを失わなくてはいけない21
  22. 22. Japan Java User Groupこれからのシステム開発• 新しいシステム開発のカタチ– ユーザーセントリック• ユーザビリティ– 静的から動的へ。インタラクション• ビジネス/エコシステムの構築– フィードバックとレスポンス– 運営のリアルタイム化• PDCAによる俊敏な運用。リーン• 細切れなリリース、並行開発– システム開発というよりはサービス運営22
  23. 23. Japan Java User Groupこれからのシステム開発• サステイナブルSI– 持続可能なシステムを持続可能に開発する• 日本のITビジネスを前提とした「アジャイル的」な考え方• フィードバック/レスポンスのループを積極的に増やし、変化を取り入れる姿勢になる– プラクティスは様々• 契約:請負一括、委任、従量課金、定額課金…• 開発方法論:ウォーターフォール、アジャイル…• 言語:Java、.NET、Ruby、PHP…23
  24. 24. Japan Java User Groupこれからのシステム開発• 直近のトピックス– UX/UCD:ユーザ体験– リーンスタートアップ:顧客基点の開発– DevOps:CI/CD– Git:DVCS/分散開発– TiDD:オンラインでのコミュニケーション24
  25. 25. Japan Java User GroupJAVAのこれから25
  26. 26. Japan Java User Group26「ここまで話を大きくしてこっからJavaかよ!?」
  27. 27. Japan Java User Group27だってJJUGですから!
  28. 28. Japan Java User GroupJavaのこれから• サービス全体がJava(≒Java言語)だけで完結することはない• だからこそJavaの思想と文化は重要– Javaはプラットフォーム– Javaはオープン– Javaにはエコシステムがある• コミュニティ/コマーシャル– Java言語がCOBOL化してもJavaは残る28
  29. 29. Japan Java User GroupJavaのこれから• JVMの進化は面白い– Scala、Groovy、JRuby…– 関数型言語はデータ加工に最適(と思う)– 残念ながら標準策定のスピードは世の中のイノベーションには追いつけないが、JCPの改革も進んで改善してくる29
  30. 30. Japan Java User GroupJavaのこれから• Java9– Jigsaw• Penrose(interoperability OSGi)– Project Sumatra – Java for GPUs– Cloud– Multi-Tenancy– Self Tuning JVM30
  31. 31. Japan Java User GroupJavaのこれから• Javaとコミュニティ– IOUCに参加してみて「ORACLEがコミュニティにコミットしている」と感じた• いろいろあるけどね…JenkinsとかGoogleとのケンカ(Android)とか– (誤解を恐れずに言えば)SUNよりもユーザーの声を聞くことに真剣• その代わり驚きとイノベーションは少なくなる31
  32. 32. Japan Java User Groupまとめ32
  33. 33. Japan Java User Groupまとめ• 新しい技術、新しい世界、新しいアーキテクチャ– デバイスと仮想化とハードウェア– オムニチャネルなシステム– 変化に適応するアーキテクチャ• 新しいシステム開発– システム開発からサービス運営へ– サステナブルSI– 新しい顧客、新しい運営33
  34. 34. Japan Java User Groupまとめ• Java– 技術要素としてのJavaは重要– Javaそのものの力を使い切るべし• Java EE 6やJava SE 7は使えていますか?• Java EE 7とJava SE 8に備えよう– Javaのエコシステムを活用する• コミュニティもコマーシャルも34
  35. 35. Japan Java User Group宣伝• スポンサーセッション– ORACLE• 基調講演-2 What’s New for JavaFX in JDK 8– 日本コンピュウェア• R2-1 パフォーマンス管理最前線~米国大規模システムでのトレンドと国内あるある事例– 日立製作所• R2-2 Javaプログラム実行の仕組みと高速・安定動作にむけた取り組み– アトラシアン• R2-3 JIRA開発の舞台裏 ~世界19,000社で使われる課題管理システムはどのように開発されているのか?35
  36. 36. Japan Java User Group宣伝• 5/27にOSGiのイベントやります– Neil Bartlett氏が講演します!• http://njbartlett.name/– 於:新宿三丁目• グロースエクスパートナーズ株式会社内36

×