Agile Japan 2010 「変化を受け入れるアジャイルなプロジェクトマネジメントと現場 <ツール・環境篇>」

12,971 views

Published on

Agile Japan 2010

Published in: Technology
0 Comments
13 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
12,971
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2,118
Actions
Shares
0
Downloads
109
Comments
0
Likes
13
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Agile Japan 2010 「変化を受け入れるアジャイルなプロジェクトマネジメントと現場 <ツール・環境篇>」

  1. 1. Agile Japan 2010 事例セッション5 変化を受け入れるアジャイルな プロジェクトマネジメントと現場 <ツール・環境篇> グロースエクスパートナーズ(株) ビジネスプラットフォーム事業ゼネラルマネージャー/チーフITアーキテクト 日本Javaユーザー会/日本Springユーザー会幹事 アークランプ(http://www.arclamp.jp/) 鈴木雄介
  2. 2. 自己紹介 • 鈴木雄介 – 所属 • グロースエクスパートナーズ(株) – ビジネスプラットフォーム事業ゼネラルマ ネージャー/チーフITアーキテクト – コミュニティ • 日本Javaユーザー会 幹事 • 日本Springユーザー会 幹事 – ブログ/記事/書籍など • アークランプ (http://www.arclamp.jp) • 「ソフトアーキテクトが知るべき97のこ と」監修 • 「拡張する空間」
  3. 3. http://gxp.co.jp
  4. 4. 今日のテーマ Architecture
  5. 5. 今日のテーマ Agile
  6. 6. ユーザー企業にとっての 標準化 http://www.flickr.com/photos/cocreatr/4440894876/
  7. 7. “ユーザー企業にとっての” http://www.flickr.com/photos/mhartford/1285459212/
  8. 8. 従来の標準化 プロセスの標準化: ・標準プロセスの策定 ・同じ手続きと同じ文書フォー マットによって同じ品質が得 られる 内部構造の標準化: ・標準フレームワークの定義 ・同じ構造によって同じ品質が 得られる
  9. 9. http://www.flickr.com/photos/sualk61/3116650631/ 同じことの繰り返し、が前提
  10. 10. 企業内に同じシステムは2つない http://www.flickr.com/photos/coral/3630575683/
  11. 11. 大規模 http://www.flickr.com/photos/digitalart/415921952/ http://www.flickr.com/photos/digitalart/1351407421/ 汎用 特殊 http://www.flickr.com/photos/digitalart/3721459363/ http://www.flickr.com/photos/digitalart/3654905233/ 小規模
  12. 12. パッケージ カスタマイズ スクラッチ パッケージ +ベンダー 自社開発
  13. 13. コントロール 重要 リーダシップ 調整重要 重要 試行錯誤 重要
  14. 14. http://www.flickr.com/photos/melissambwilkins/2352107323/ 開発から保守運用まで
  15. 15. 同じモノがないなら 同じコトをしても 同じ品質にはならない
  16. 16. “環境”の標準化 “概念”の標準化 “視点”の標準化 http://www.flickr.com/photos/flatbushgardener/261202276/
  17. 17. コトそのものではなく、 コトの外側を標準化する
  18. 18. 例:開発プラットフォーム • IDE(Eclipse+プラグイン) • 構成管理(Maven2) • 継続的インテグレーション(Hudson) • 課題管理(JIRA) • ドキュメント管理(Confluence) • バージョン管理(Subversion) • デプロイ管理 http://www.flickr.com/photos/kamoda/295893828/
  19. 19. 事務局重要。
  20. 20. 事務局超重要。
  21. 21. 大事なことなので2回(ry
  22. 22. – 実施計画 • 経営課題として定義 – 導入サポート • 説明会、ドキュメント • カスタマイズ、使い方支 援 – 各種申請の受付 • ユーザー新規登録 • 古い情報の削除 – 効果測定 • 定量的な活性度の測定 • インタビューの実施 – 改善支援 • ノウハウの展開 http://www.flickr.com/photos/stejahen/1326013625/
  23. 23. アセスメント性の向上 ツールであればプロジェクト外 部からの評価や査定を簡易化で きる。システムを多様な視点で 評価することでプロジェクトリ スクを引き下げる。
  24. 24. プロセス品質の適正化 AプロジェクトのプロセスがBプ ロジェクトでも有効とは限らな い。ツールが同じだけならプロ セスは品質とコストのバランス で調整可能
  25. 25. 要員流動性の向上 ツールが同じであれば毎回の学 習コストを抑えられる。要員調 整力の向上。さらに人と共にノ ウハウが移転していく。
  26. 26. 個別最適から全体最適 「うちのプロジェクトは特別」 という意識の排除。特別な部分 も大事だけど、共有化するメ リットを理解する
  27. 27. デモ開発プロセス JIRA+SVN+Maven2 次Ver登録 新機能 アサイン 実装 アサイン タグ打ち デプロイ テスト ※バグ有 V1.1 [JIRA] V1.1 オープン 作業中 解決済 クローズ 再オープン 1.1 [Subversion]
  28. 28. 応用例 ・バージョン番号やバグ番号のトレーサビリティ (現場~内部統制) ・JIRAに「バグの種類」の項目を足して、品質監 査の基礎資料に ・Hudsonのソースコードメトリクス、SVNのコ ミット数などでアクティビティ診断 ・Confluenceで環境構築手順(インストール、 設定各種)や運用手順書を記述 ・JIRAで問い合わせ管理、仕様管理 ※サーバ+全ソフトで50万円(25ユーザー)、そ の価値は間違いなくある。
  29. 29. まとめ1/3 アジャイルは開発方法論に縛ら れた議論ではダメ。ノウハウは 様々な視点で活用可能。“ユー ザーの” 現場で考える
  30. 30. まとめ2/3 言うだけでできる人は少ない。 環境を用意して傾向性を与える ことで自然にやってもらえる。 誰も無理しないのが一番大事。
  31. 31. まとめ3/3 でも、環境だけじゃダメで結局 は人。事務局が本当に大事。上 にも下にも、あきらめずに働き かけて、常に改善していく。
  32. 32. 最後に 標準化って新しい仕事のスタイ ルを考えるってコト。実はクリ エイティブな仕事なんだよ!
  33. 33. Agile Japan 2010 事例セッション5 変化を受け入れるアジャイルな プロジェクトマネジメントと現場 <ツール・環境篇> グロースエクスパートナーズ(株) ビジネスプラットフォーム事業ゼネラルマネージャー/チーフITアーキテクト 日本Javaユーザー会/日本Springユーザー会幹事 アークランプ(http://www.arclamp.jp/) 鈴木雄介

×