Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

プロダクトオーナーは育成できるのか? - プロダクトオーナー祭り2016

7,852 views

Published on

2016/11/26に開催された「プロダクトオーナー祭り2016」での講演「プロダクトオーナーは育成できるのか?」の資料です。

Published in: Technology

プロダクトオーナーは育成できるのか? - プロダクトオーナー祭り2016

  1. 1. プロダクトオーナーは育成できるのか? 2016/11/26 鈴木雄介 グロースエクスパートナーズ株式会社 執行役員 日本Javaユーザーグループ 会長 プロダクトオーナー祭り2016 ~世界を創るのは俺たちだ!~ https://postudy.doorkeeper.jp/events/52385 #postudy #A6
  2. 2. 自己紹介 鈴木雄介 • グロースエクスパートナーズ(株) » 執行役員/アーキテクチャ事業本部長 » http://www.gxp.co.jp/ • 日本Javaユーザーグループ » 会長 » http://www.java-users.jp/ • SNS » http://arclamp.hatenablog.com/ » @yusuke_arclamp 1
  3. 3. 自己紹介 2 グロースエクスパートナーズ • エンタープライズ業界のSIer »医療、通信、流通、金融、データ »主にSoE側(system of engagement) • アーキテクチャ事業本部 »アーキテクチャ »テクノロジー »プロセス ▸ プロセス設計、 PO支援、RFP作成 ▸ チーム、アトラシアン 企画 開発 運営 テクノロジー プロセス アーキテクチャ
  4. 4. アジェンダ 話の背景 POスキルモデル(仮) POは育成できるのか? まとめ 3
  5. 5. 話の背景 4
  6. 6. 話の背景 顧客に対するSIerとしての期待 • 顧客は”ある業界”のプロ »我々はITのプロとして協業する • どんなサービスが価値をもたらすのか、を決定 »ITだけの話ではないので顧客しか決定できない • よきプロダクトオーナーであってもらいたい »プロジェクトではなくプロダクト »継続的な改善をベースに考える 5
  7. 7. 話の背景 エンタープライズあるある • 決められない »組織的な意思決定が遅延してしまう • 膨らむ »ビジネス側の要求に対して機能が膨らみ過ぎる • 調整できない »現場への業務変更や追加が調整できない 6
  8. 8. 話の背景 エンタープライズなPO 7 スクラム マスター 開発チーム 開発PO 経営層 情シス 営業 広報 コールセンター 現場 作業者 管理 部門 法務/財務 顧客 意思決定 促進 現場調整 Dev/Ops 視点 ビジネス 視点 意思決定者 現場
  9. 9. 話の背景 エンタープライズなPOを支援しよう • エンタープライズなPOを支援して、より価値 のあるものを作ってもらいたい »それが継続的な関係性を築くのに大事 • 「はじめてPO」は育成もしないといけない 8
  10. 10. POスキルモデル(仮) 9
  11. 11. 注意事項 • この内容は我々の経験をもとに検討を行ってい るものであり、世の中の”一般論”とは異なる可 能性があります • 時間の都合で具体的な話は端折ります • 偉い人に定量的に分かってもらうには必要なこ とだと思っています • なんらか気づきがあれば幸いです 10
  12. 12. POスキルモデル(仮) スキルの軸 • 顧客向けスキル(Biz) »市場調査、顧客分析、アイデア作成など ▸インタビュー、カスタマージャーニー、ペルソナなど • 開発向けスキル(Tech) »利用想定、機能落とし込み、優先度判定など ▸ユーザーストーリー、バックログ、リリース計画など • 組織内調整スキル(Org) »事業計画、戦略立案、業務設計など ▸ビジネスモデルキャンバス、プロセスモデリングなど 11
  13. 13. POスキルモデル(仮) スキルのレベル 12 レベル Biz Org Tech 7 6 5 4 3 2 1 0 なんでもできるスーパーマン 未経験、知らない 周りから信頼されており、自ら判断・調整・発信ができる 他人の判断をリードできる とりあえず知っている 専門家と意見交換しながら、正しい判断を決定できる 解決法が分かり、専門家の助けを借りながら努力できる 1回は経験があって、それなりに知っている
  14. 14. POスキルモデル(仮) 事前アセスメント • プロジェクトのアセスメント »何がリスク(曖昧で検討すべき事項)か? »規模、新規性、重要性、利用者など »このプロジェクトでは、どのスキルが重要か? • プロダクトオーナーのアセスメント »前ページ参照 • 大事なのは両方のフィット&ギャップ 13
  15. 15. POスキルモデル(仮) トレーニングとコーチング • トレーニング »ケース(事例)をベースに戦略策定~バックログ作 成までをツールを使いながらやってもらう »結果を見て仮のレベル診断を行う • POコーチ »具体的な作業を手伝ったり、周囲とのコミュニケー ションを助けたり »※とはいえ、何をするかは常に曖昧 14
  16. 16. POスキルモデル(仮) 振り返りとフィードバック • 振り返り »KPTなど »他者評価、自己評価、インタビュー • フィードバック »成長確認 »改善の方向付け 15
  17. 17. POは育成できるのか? 16
  18. 18. POは育成できるのか? 評価はできる • 評価はそれなりにできる »周りがPO個人の得意分野や不得意分野を理解して、 案件ごとに適切なフォローを行うことが大事 • そもそも評価ができていないことが多い »重要な案件ほど曖昧になりがち ▸誰が最終決定者か、誰と情報共有しておくべきか、どこに リスクがあるのか、 • 評価して共有するだけも意味がある 17
  19. 19. POは育成できるのか? ツールは手段に過ぎない • ツールを使っても正解にはたどり着かない »正しく使っても、対象が間違っていると意味がない • やはり、事前の「洞察」が大事 »自分用:抜け漏れチェック、整合性チェック »他人用:論理性、コミュニケーション ▸「あなたの意見も考えたけど、やっぱりこっちかな」 ▸「こう思っているんだけど、どうかな?」 • 「ツールは手段」と思えるとレベルアップ 18
  20. 20. POは育成できるのか? スキルレベルとツールの関係 19 レベル ツール 7 6 5 4 3 2 1 0 もはやツールを超越する 未経験、知らない 周囲への説明に使う 他者を導くために使う とりあえず知っている 専門家との意見交換に使う 他人とのコミュニケーションに使う 自分の試行錯誤に使う ツールを使うことが 目的になりがち ※たまに痛々しい ツールを道具として 使いこなす
  21. 21. POは育成できるのか? 経験の中で学んでもらうしかない • ”想い”があればなんとなる »意思決定者/現場に”想い”を粘り強く表明できること ▸「できたものを見てから評価してください」という覚悟 »チームに対して早く妥協できること ▸早い妥協≒専門家への信頼≒小さな失敗を共有する »顧客に対して誠実であること ▸妄想顧客はダメ(自分のやりたいことをやりたい顧客) 20
  22. 22. まとめ 21
  23. 23. まとめ SIでもプロダクトオーナーは重要 • 継続的な開発になるほど意思決定は重要 »継続投資をする=重要なシステム »「決めたら終わり」ではなく「決め続ける」 • 評価をして周囲と共有することが大事 »周囲が適切に助けることでうまくいく • やっぱり”想い”があるかは重要 »想いがあるから説得できるし、妥協できる 22
  24. 24. 興味がでたら ご連絡をお待ちしております。 http://www.gxp.co.jp/ 23

×