Loading…

Flash Player 9 (or above) is needed to view presentations.
We have detected that you do not have it on your computer. To install it, go here.

クラウドを超えた先の企業システム像 20091008 JJUG CCC

3,010 views

Published on

2009/10/8に行われた日本Javaユーザー会によるクロスコミュニティカンファレンス2009 Fallで発表した内容です。jjug ccc 2009 fall

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,010
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
579
Actions
Shares
0
Downloads
103
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

クラウドを超えた先の企業システム像 20091008 JJUG CCC

  1. 1. C-4 クラウドを超えた先の企業システム像 2009/10/08 グロースエクスパートナーズ(株) ビジネスプラットフォーム事業ゼネラルマネージャー/チーフITゕーキテクト 日本Javaユーザー会/日本Springユーザー会幹事 ゕークランプ(http://www.arclamp.jp/) 鈴木雄介
  2. 2. 自己紹介 • 鈴木雄介 – 所属 • グロースエクスパートナーズ(株) – ビジネスプラットフォーム事業ゼネラルマネー ジャー/チーフITゕーキテクト – コミュニテゖ • 日本Javaユーザー会 幹事 • 日本Springユーザー会 幹事 – ブログ/記事/書籍など • ゕークランプ(http://www.arclamp.jp) • 日経SYSTEMS「ITゕーキテクトの視点」連 載中 • 「ソフトゕーキテクトが知るべき97のこと」 監修
  3. 3. このセッションのゴール • FOR – 企業システムはクラウドから何が学べるのか – クラウドを超えた先の企業システム像をゕー キテクチャの視点から考えてみる • NOT FOR – クラウドの最新技術動向を詳しく理解したい – これからはクラウドで全てOK or クラウドな んか何の役も立たない – 明日から使えるノウハウを
  4. 4. ゕジェンダ • クラウドとは何か • クラウドの使われ方 • クラウドの特徴 • 企業システムの課題 • クラウドを超えた先へ • まとめ
  5. 5. クラウドの外観/概観 クラウドとは何か
  6. 6. 規模の経済性 超大規模 オープンなプラットフォーム by Joriel "Joz" Jimenez
  7. 7. 蒸気を電気に置き変え よう。GEは自家発電の ための機械販売企業だ。 • 自家発電が中心 • モーターはエネル ギー源から距離が近 かった トーマス・エジソン (1847年-1931年)
  8. 8. 電力そのものを売ろう。 ユーテゖリテゖを運営 することは、最終的に はユーテゖリゖ向けの 機材を製造するよりも 重要な事業になる。 • 需要のピーク調整 – 朝夕:路面電車 – 昼:オフゖス – 夜:家庭/街灯 • 需要に合わせた料金 – 基本料金+従量課金 サミュエル・インサル ニコラス・G・カー「クラウド化する世界 ビジネスモデル構築の大転換 (1859年-1938年)
  9. 9. • 規模の経済性 – 巨大な中央発電所は 技術がなければ作れ なかった – が、経済合理性が あったからこそ推進 された • 安い • 資産(BS)から経費 (PL) by DanieVDM
  10. 10. つぶやき 月10億弱、毎秒約350 http://www.twitpocalypse.com/ http://twicsy.com/#realtime
  11. 11. • 超大規模 – どれだけ多くの人に 同じものを届けられ るか – 超大規模データセン ターにコンピュー テゖングリソースを 集中 nakheel tower
  12. 12. AWS
  13. 13. Force.com
  14. 14. Facebook Platform
  15. 15. • プラットフォームは多 様性を受け入れる土壌 – 単一性/同一性の拡大 によるスケール性の維 持 • オープンであることが 重要 – 試行錯誤が成長を生む – EUCからE2EUC by kugel
  16. 16. クラウドへの使われ方
  17. 17. • 開発依頼 – 顧客は環境省、 経済産業省、総 務省 – 国民2000万人 が利用する – 10ヶ月しか使 わないから安く すませたい – 稼働は1ヶ月後 「エコポ゗ント」の情報システムがわずか3週間で完成した理由 http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT31000026082009 by seychelles88
  18. 18. • エコポ゗ントの交換申請サ゗ト – システム概要:エコポ゗ントの登録と交換用申請 書の印刷 • いくつかのベンダーでの見積もりは数百億円~1000億 円。10ヶ月しか使わないシステムにそこまではかけら れない – そこでSalesforce.comに相談 • 要求定義は走りながら考えた。構築は正味3週間 – 官公庁案件でありながらの採用 • “今回は、まさに、官公庁の人が、メンタル・ハザード を越えて、実質的な効果を選択してくれたことです。 間違いなく、一番安く実現したことも事実です。” 宇 陀栄次 「エコポ゗ント」の申し込み画面はクラウド上に。開発期間わずか1カ月? - Blog on Publickey http://www.publickey.jp/blog/09/1.html
  19. 19. クラウドを支える技術的な特性 クラウドの特徴
  20. 20. スケールアップ 単一なものを大きくしていっても、いつか物理的な限界を迎える by VSmithUK
  21. 21. スケールアウト by qthomasbower 物理的に分断されているモノを、論理的には1つに見せる
  22. 22. CAP定理 • 共有データについて次の3つの特性のうち、 2つだけしか同時には達成できない データの整合性 :Consistency システムの可用性 :Availability ネットワークの分断 :Partition
  23. 23. エンタープライズ •データの整合性 :Consistency •システムの可用性 :Availability •ネットワークの分断 :Partition
  24. 24. クラウド •データの整合性 :Consistency •システムの可用性 :Availability •ネットワークの分断 :Partition
  25. 25. ACID特性 • エンタープライズ – Atomic(原子性) • 一部失敗なら全てロールバック – Consistent(一貫性) • トランザクション開始時点と終了時点の整合性保 証 – Isolated(独立性) • 他セッションからの隠蔽 – Durable(永続性) • トランザクション完了=結果の保存
  26. 26. BASE特性 • クラウド – Basically Available(基本的に可用) • キュー、楽観的排他制御、レプリケーション – Soft-State(柔軟な状態管理) • あるノードの状態は、その内部に埋め込まれた情報に よって決まるのではなく、外部から、送られた情報に よって決まる性質 • あるノードの状態が、いったん、失われても、定期的 に状態情報を取得すれば、状態は復元される。 – Eventual Consistency(最終的な一貫性) • システム内に、一時的に一貫性でない状態が生まれて も、ある期間の後には、一貫性ある状態になるような 性質
  27. 27. ここまでのまとめ
  28. 28. ここまでのまとめ • クラウドとは何か – 規模の経済性 – 超大規模 – オープンプラットフォーム • クラウドの使われ方 – まさにユーテゖリテゖサービスとしての可能性 • クラウドの特徴 – スケールゕップよりスケールゕウト – CAP定理のAとP – ACID特性よりBASE特性
  29. 29. 企業システムの課題
  30. 30. ヘテロジニアス Heterogeneous 異種混在環境 スピード/変化 大規模 垂直 固有 標準 水平 小規模 信頼/安定 by Christopher Cha
  31. 31. • “企業システム総体” としての価値創出 – たくさんのシステム の合計では困る • 分割と統合 – 場当たり的な対応は 複雑で変化に弱い by Distra
  32. 32. • 標準FWの失敗 – ある企業のシステ ム内で標準的なシ ステムなんて2つは ない – ハンマーを持つ者 には全てが釘に見 える – 標準はできた瞬間 から劣化していく by darkmatter
  33. 33. アーキテクチャの視点 カタチがない標準 個別ではなくて全体 by JOE M50
  34. 34. クラウドから何を学ぶべきか クラウドを超えた先へ
  35. 35. • 結局、銀の弾丸は存 在しない – クラウドの性質がす べての状況に合うわ けではない – もちろん企業システ ムに適用できる部分 もある – 企業システムの常識 を見直すきっかけに なるのでは by Daniel*1977
  36. 36. by John "K" Cloud – 背景的な違い • クラウド:コンシューマーサービス。規模の経済性。 より多くのユーザーにサービスを届ける • SOA:社内ITCサービス。全社最適。多様なサービス をどうマネジメントするのか – 技術的な違い • クラウド:サービスの水平スケール • SOA:サービスの疎統合 SOA by jimg944
  37. 37. • プラ゗ベートクラウド – (ガートナーによる)「プラ゗ベートクラウ ドの定義は、スケーラブルで伸縮に柔軟なク ラウドのテクノロジーを用いて企業内の顧客 にサービスを提供する、というもの。それを 企業内で所有しているか他社が所有している かは関係ありません。」 • 2012年まではプラ゗ベートクラウドへの投資がパブリッククラウドを上回るとガートナー。企業の情報部門 は縮小の道へ - Publickey • http://www.publickey.jp/blog/09/2012.html – ようはSOA視点でクラウド技術を利用しよう という流れ • Web2.0 から Enterprise2.0 と同じじゃねーの?
  38. 38. クラウドを超えた先の課題 システム統合パターンの整理 コンテナ型アーキテクチャの導入 インターフェースによる分業 by B℮n
  39. 39. • システム統合パターンの整理 – システム同士の関係性のとらえ方 • クラウドも1つの要素としてとらえればいい – フレームワークの活用 密 疎 ビジネスプロセス データベース共有 マネジメント フゔ゗ル転送 RPC レプリケーション Solving Integration Problems using Patterns サービスバス http://www.eaipatterns.com/Chapter1.html
  40. 40. • コンテナ型ゕーキテクチャの導入 – オープンなプラットフォームの可能性を企業 システムにも – SNSのコンテナ • 人と人をつなぐことが基本的な機能として提供さ れ、その間のコミュニケーション形式がプラグ゗ ンとして提供できる。OpenSocialなど • ガジェット型の企業ゕプリケーション • Eclipseではできている – 拡張ポ゗ント、OSGi
  41. 41. • ゗ンターフェースによる分業 – 機能とユーザー゗ンタラクションの分離 • ゗ンターフェース(API)が大事 – 統合方法が決まれば分業していける。分業に よる生産性向上は重要 • ヘテロなシステム構築手法 – マルチパラダ゗ム • 個々のシチュエーションでは1つの最適な道具(パ ラダ゗ム) – 静的型付言語と動的言語 – 構造記述言語とプロセス記述言語
  42. 42. まとめ
  43. 43. • ゕーキテクチャ視点 – ハ゗プは見るべき • けど、流されてはい けない – 全体性やカタチのな いものを考える • 抽象的なものを具体 的に考える – ユーザー視点重要 • 規模の経済はシステ ムの視点ではない by Christopher Chan
  44. 44. C-4 クラウドを超えた先の企業システム像 2009/10/08 グロースエクスパートナーズ(株) ビジネスプラットフォーム事業ゼネラルマネージャー/チーフITゕーキテクト 日本Javaユーザー会/日本Springユーザー会幹事 ゕークランプ(http://www.arclamp.jp/) 鈴木雄介

×