Code for Sapporoのこれまでとこれから

866 views

Published on

2014/6/28・FOSS4G 2014 Hokkaidoで発表したCode for Sapporoの案内資料。

Published in: Engineering
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
866
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Code for Sapporoのこれまでとこれから

  1. 1. Code for Sapporoの これまでとこれから 2014/06/28 FOSS 4G Hokkaido Code for Sappor 共同代表 すずきゆうすけ (@yuskesuzki)
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. すずきゆうすけ ( @yuskesuzki) —長野県須坂市出身 —江別市在住・道民歴14年目 —個人事業主 —流浪のLAMP系エンジニア —NHKの朝ドラは欠かせない —今回のお話は「じぇじぇじぇ! 」 —今日は「こぴっと」がんばります
  4. 4. …というわけで 今日は Code for Sapporo のお話に来ました
  5. 5. http://www.codeforsapporo.org
  6. 6. Code for Sapporo —2014年1月より活動開始 —現状はサークルみたいなもの —コアメンバー:4人 —これまでの参加者:約30人
  7. 7. モットー: 「コード」で 私たちの札幌を ちょっと良くしたい
  8. 8. —コンピュータ用語として は「プログラムを」人間 が理解できる形で符号化 したもの
  9. 9. 「プログラミング」 を通じて、私たちの 札幌をちょっと良く したい
  10. 10. グループ名は Code for America に倣う
  11. 11. Code for America
  12. 12. Code for Americaとは —アメリカで設立された非営利組織 —全米の様々な自治体に、組織に所属する 技術者を1年間派遣 —技術者の給料も出している —行政が抱える諸問題を分析、IT技術を活 用して解決を試みる
  13. 13. 対する Code for Sapporoの活動
  14. 14. ハッカソン
  15. 15. hackathon = hack + marathonの 混成語 (Wikipediaより)
  16. 16. ハッカソンとは —1日∼数日にかけ、集ま った人々が各人が持つス キルを提供し合い、共同 で開発作業を行うイベン ト https://www.facebook.com/groups/ 516142441827571/
  17. 17. 2ヶ月に 1度 ハッカソン開催
  18. 18. これまでのハッカソン —2014年2月22日:「インターナショナルオ ープンデータデイ 2014 札幌」 —2014年4月27日:「第1回OpenStreetMap ハッカソン」 —2014年6月10日:「オープンデータハッカ ソン北海道2014 in OSC Hokkaido」 —次回は2014年8月?
  19. 19. 参加者の所属・職業: さまざま
  20. 20. —IT系技術者 —研究者 —主婦 —大学生 —高校生 —教師 —など…
  21. 21. プログラムが書けなくても できることはいろいろ
  22. 22. —データの収集 —データの加工 —アイデア出し —写真 —デザイン
  23. 23. Code for Sapporo ハッカソン 成果物
  24. 24. 「5374.jp 札幌版」
  25. 25. http://5374.jp
  26. 26. http://5374.jp —Code for Kanazawa の有志により開発 —区・町を選択 —捨てられるゴミの種類・何日後が収集日 か?が一目でわかる —オープンソース —HTML, JavaScript —データの差し替えで別地域版を開発可能
  27. 27. 札幌市の ゴミ収集日を 調査
  28. 28. すると…
  29. 29. PDFが 見つかった!
  30. 30. ただ…
  31. 31. コンピュータで 取り扱えないデータ
  32. 32. なので…
  33. 33. 手作業で データ抽出
  34. 34. その結果…
  35. 35. http://sapporo.5374.jp
  36. 36. 別の成果物
  37. 37. 「札幌インフルエンザ マップ」
  38. 38. 小中学校の インフルエンザ 流行状況を 可視化したい
  39. 39. 札幌市のホームページから データを探す
  40. 40. すると
  41. 41. PDFが 見つかった!!
  42. 42. またかよ!((ヽ'ω`))
  43. 43. なので…
  44. 44. 手作業で データ抽出
  45. 45. 動画で紹介
  46. 46. 「札幌インフルエンザマップ」の概要 —PDFのデータからGoogle Earth向けKML データを作成 —人々に分かりやすくデータを可視化 —データビジュアライゼーション
  47. 47. その他成果物
  48. 48. オープンデータ作成 —札幌クラーク地図 —CKANへ登録
  49. 49. OpenStreetMapと連携 —札幌保育所マップ —札幌市の公開データから保育所の位置 をマッピング —元データはHTMLしかないので(以下 略)
  50. 50. アイディアソン —OpenStreetMapを使ったこんな地図が欲 しい —集まった人々で話し合い、意見をまと める
  51. 51. 開発中 —オープンデータTシャツジェネレーター —前回のハッカソンで企画・作成したが 未完成 —自分の好きな住所をTシャツにしたい!
  52. 52. たぶん こういうのが できます
  53. 53. こんな風に いろいろ 作ってます
  54. 54. 一部の成果物は GitHubに 公開
  55. 55. 以上、 Code for Sapporoの これまででした
  56. 56. これからの Code for Sapporo
  57. 57. 目標1
  58. 58. これからも ハッカソン
  59. 59. ネタはいろいろ
  60. 60. —オープンデータTシャツジェネレーター —予防接種スケジューラー —既存成果物の最新版へデータ更新 —アイディアソン —Localwiki.sapporo へデータ追加 —詳しくはこの後のセッションで —etc...
  61. 61. Code for Sapporoから オープンソース を発信したい
  62. 62. 目標2
  63. 63. 札幌の オープンデータを 増やしたい
  64. 64. ハッカソンでは 札幌市ページに 掲載されてる資料 を多用
  65. 65. しかし 公開されてる データは PDF, HTML
  66. 66. 手作業で データ抽出…
  67. 67. なかなか の荒行
  68. 68. データのライセンスも 微妙…
  69. 69. —札幌も室蘭市のようにオープンデータが できて欲しい —ついでに江別市も… —「CC BY」カッコいい!
  70. 70. 目標3
  71. 71. IT・プログラミング 教育の場づくり
  72. 72. —ハッカソンを通じ、エンジニアが新しい 技術を知る、覚える —特にデータ可視化が多いので、D3.jsは 取り入れたい —将来は子供・学生向けプログラミング教 室もやってみたい
  73. 73. 以上、これからの Code for Sapporo でした
  74. 74. www. codeforsapporo. org
  75. 75. または FaceBookで 「Code for Sapporo」で 検索!
  76. 76. 私たちと 「コード」で 札幌を ちょっと良く してみませんか?
  77. 77. 以上、ご清聴ありが とうございました

×