Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Liferayのパートナーの視点からみた オープンソースのこれから

1,902 views

Published on

日本ライフレイ株式会社設立記念セミナー

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Liferayのパートナーの視点からみた オープンソースのこれから

  1. 1. 日本ライフレイ株式会社設立記念セミナー Liferayのパートナーの視点からみた オープンソースのこれから 2012年11月9日 株式会社イージフ © 201212年11月20日火曜日
  2. 2. 自己紹介(会社) 名前:株式会社 イージフ オープンソースの企業向けソフトウェアの導入支援を行うコンサルティングファーム 商用オープンソース製品を主軸とする ITコンサルティングサービスを展開 Liferay及びAlfrescoの国内初のパートナーとして、広く導入 支援コンサルティングサービスを提供 業務改善コンサルティングと ITを組み合わせた情報活用 2006年に20代の会計士と 伝統的なECM製品やERPの導入コンサルティング や、BRPなど多様な領域をバックグラウンドに持 コンサルタントが起業 つチーム構成 実績、人脈、ファーム独自の方法論、財務基盤お よびブランド、などによるプレミアムを省いた現 場レベルのコンサルティングサービスに注力2012.11.09 2 © 201212年11月20日火曜日
  3. 3. 自己紹介(個人) 名前:石井 昭紀 町工場の生まれ事務用コンピュータやCADで遊んで育つ (一応)中学生時代からプログラミング経験あり 大学時代は所謂『ネットベンチャー』で開発を担当 総合系(会計系)コンサルティングファームで社会人デビュー ERPコンサルタントとして教育を受けるがドロップアウト 紆余曲折を経て最初の会社の同期と起業2012.11.09 3 © 201212年11月20日火曜日
  4. 4. 逆Agenda 何の話しをしないか 東西の建築様式の違い ライセンスによる「汚染」 イノベーションと価格破壊 自由なソフトウェアによる社会変革 統計に基づく快進撃報告2012.11.09 4 © 201212年11月20日火曜日
  5. 5. Agenda オープンソースビジネスの苦しいところ では、何故この道を選んだのか? 今後の見通し、など2012.11.09 5 © 201212年11月20日火曜日
  6. 6. オープンソースビジネスの苦しいところ 6 © 201212年11月20日火曜日
  7. 7. 弊社のOSSビジネスの特徴 製造元のサブスクリプションサービスの活用 (OS/ミドルウェアではなく)アプリケーションレイヤへの注力 管理会計、業務プロセス改善、IT投資評価、などのサービスとの連動 パッケージ + × オープンソース アプリケーション ソフトウェア + コンサルティング2012.11.09 7 © 201212年11月20日火曜日
  8. 8. 補足) パッケージって? 他で実績があるソフトウェアを導入し、他の顧客と共同でコスト 負担して保守できれば、より安くより安全にシステム導入が可能 経済的な「分業」の一形態目標/ 良いソフトウェア=良いシス 良いものを「ちゃんと」組み 統合パッケージのメリットを成功 テム、ソリューション 合わせて安く安全に 最大限に享受要因 財務会計 生産管理 販売管理 財務会計 生産管理 販売管理 財務会計 生産管理 販売管理ア 独自 独自 独自 独自プ 独自 独自リケ 独自 独自 独自|シ 共用 共用(グローバル) 共用ョ 共用ンデ|タ 個別DB 個別DB 個別DB 個別DB 個別DB 個別DB 統一DBベ|ス 個別開発 個別パッケージ ERP2012.11.09 8 © 201212年11月20日火曜日
  9. 9. オープンソースビジネスの歴史 Linuxを起点に、OS→ミドルウェア→アプリケーションと下層か ら上層へOSSの活用範囲は拡大してきた 弊社aegifも起業 ミドルウェア アプリケーション12年11月20日火曜日
  10. 10. 営業先でお客さんから必ず言われること 2012 ? ? ? 「オープンソースなのに、安くないんですね」 「イニシャルで大きく確保する方が予算は取りやすいんですよ」 「サポートってどこまでサポートしてくれるんですか?」 「個人的にはもっとこういうものを使うべきだと思ってるんですが」12年11月20日火曜日
  11. 11. 根深い対立 見解の相違 OSSの特徴って? コスト以外の利点は響いていない 顧客の理解 OSS関連企業の主張 宣伝費用が節約されている 趣味で作ってるから安い コスト 無料で配られてる物だから安い コミュニティのフィードバック が無償で得られている 最近は安心して使えるものが増 外部に晒されてる前提のコード 品質 えてきたらしい(?) の方が品質が高いのは当たり前 コミュニティやサードパーティ 高価な商用製品の方が性能も機 機能 能も上 の力によるイノベーションの分 OSSの方がむしろ有利12年11月20日火曜日
  12. 12. では何故この道を選んだのか?12年11月20日火曜日
  13. 13. それがぼくには楽しかったから、ではなく 理由その1 長期的に見て とても良い「 け」だと思えるから12年11月20日火曜日
  14. 14. 「グリーン投資」に近い発想で パッケージソフトウェアは経済的な分業 ↓ 似たもの同士の「激しい競争」が生じる ↓ 競争優位はどこから生まれるか? ↓ 天の時、地の利、人の和? 予測可能? ↓ 優秀なエンジニアを抱えたチームは有利 ↓ 優秀なエンジニアが集まる条件は?12年11月20日火曜日
  15. 15. エンジニアの立場で考える 技術的な妥当性、合理性を重視 優秀な人と一緒に仕事がしたい プロプライエタリによってロックインされるのは、 顧客だけとは限らない12年11月20日火曜日
  16. 16. ベンチャーに求められるのは長期的ビジョンだけでは... 理由その2 短期的に見ても 仕事のしやすさが全く違うので12年11月20日火曜日
  17. 17. 前提となる市場環境 The 1st Practiceは常にBest Practiceなのでは? すでにあるソフトのリスクはまだ形がないもののそれより常に低い 民族性ジョーク「あなたの製品は今の100倍のデータ量に耐えられますか?」 ソフトウェアの輸入額は輸出額の約100倍(諸説あり) 懐かしの タイムマシン経営 高すぎる言語の壁、中途半端な国内市場の大きさ ハイエンド製品は全て海外製2012.11.09 17 © 201212年11月20日火曜日
  18. 18. オープンソースモデルの現場視点での合理性とは 大規模企業向けパッケージがほぼ海外製であることを前提とする と、違いがより明確になる •理屈の上でも顧客側にメリットがある仕組みなので、良い顧客に出会えそう •製造元のエンジニア個人にとって有利な制度なので、良いパートナに出会えそう •どうせ海外と仕事しないといけないなら、英語以外の言語も使って手早く済ませたい 顧客 コンサルタント 国内サポート 本国サポート 本国エンジニア2012.11.09 18 © 201212年11月20日火曜日
  19. 19. 今後の見通し、など12年11月20日火曜日
  20. 20. IT投資に対する基本的な考え方 ベネフィット コスト リスク 柔軟性 タイミング12年11月20日火曜日
  21. 21. 所謂ビッグトレンドに関して ソーシャル/クラウド/モバイル 振り子? 一方通行? 螺旋? 21 © 201212年11月20日火曜日
  22. 22. キーワードとしてのクラウドとオープンソース 正反対とも無関係とも似てるとも言える データまでロックイン? プロプライエタリ オープンソース クラウド オンプレミス ベネフィットとリスクで 藤12年11月20日火曜日
  23. 23. 振り出しに戻る 結局は「リスク」の捉え方次第12年11月20日火曜日
  24. 24. まとめ Liferayパートナーとして パッケージ アプリケーション コンサルティング 「コスト」以外の利点 長期的な競争優位 技術 現場へのバックアップ ソーシャル、クラウド、モバイル2012.11.09 24 © 201212年11月20日火曜日
  25. 25. 12年11月20日火曜日

×