Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

M2M/IoTとは何か? 「モノのインターネット」で変貌する世界の今と未来

2,029 views

Published on

コラボ滋賀(滋賀県産業支援プラザ) で開催された M2M/IoT講座
「M2M/IoTとは何か? 「モノのインターネット」で変貌する世界の今と未来」
(2015年12月)の公開版資料

Published in: Business
  • Be the first to comment

M2M/IoTとは何か? 「モノのインターネット」で変貌する世界の今と未来

  1. 1. トライアングルエレクトロニクス 代表 久保 幸夫(くぼ ゆきお ) ©Yukio Kubo 2015 1
  2. 2. このスライドは、 (公財)滋賀県産業支援プラザ主催のセミナー M2M/IoTとは何か? 「モノのインターネット」で変貌する世界の今と未来 」 2015年12月9日 http://www.shigaplaza.or.jp/itseminar20151209/ で使用した、資料を基にした公開版のスライドです。 セミナーで使用した資料に追記や、一部省略をしてお ります。 ©Yukio Kubo 2015 2
  3. 3. M2M/IoTとは何か? 「モノのインターネット」で変貌する世界の今と未来 内容 1. M2M/IoTって何だろう? 2. マシン同士が繋がる(M2M)と何ができる?(過去~現在) ~身近なあれも実はM2M!ここまで来ているM2M実用技術 3. M2MからIoTの時代へ(近い将来) ~マシンやセンサーがネットに繋がるとどうなる? 4. ドイツ発『第4の産業革命』の衝撃 ~製造業のパラダイム革新とそのインパクト 5. 既存の産業、ビジネスモデルが受ける影響(課題) ~ネットとスマホで時代は変革、次は… 6. 変革はチャンス! ~IoT時代の「もの」づくり、サービス、流通業の 新しいモデルと対応策 ©Yukio Kubo 2015 3
  4. 4. 自己紹介 トライアングルエレクトロニクス代表 久保 幸夫(くぼゆきお) 略歴 • 関西の大手電鉄系のエンジニアリング会社勤務 後、2001年に独立。ITや通信ネットワーク、組込 み関連技術の講演や執筆を行う。 CQ出版、電波新聞社、日経BP社などの 雑誌、書籍等に多数寄稿。 最近は、M2M/IoT関連の講演・執筆が増えている。 • 最近は、地元、大阪・日本橋の電気街にて活動 中。次世代の技術者育成のため、電子工作 マガジン(電波新聞社)の記事連載など、 電子工作の普及に注力。 • 大阪・日本橋 でんでんタウンロボット連絡会 幹事(運営担当) ©Yukio Kubo 2015 4
  5. 5. 1. M2M/IOTって何だろう? Machine to Machine / Internet of Things ©Yukio Kubo 2015 5
  6. 6. さまざまなM2M/IoT さまざまな「業界」があり、 特有のシステムがある 特有の用語もある でも、用語の定義も定かでない 例  重機の監視システム  スマートアグリ(農業) クラウド農業ナレッジソリューション  スマートグリッド エネルギー(電力)管理システム スマートハウス  スマートな電気ポット M2M/IoTで高齢者見守りサービス  スマートな工場 インダストリアルインターネット 用語(キーワード)から、入ると大変! まずは、概念ザクッと掴もう ©Yukio Kubo 2015 6 http://shukatsu.nifty.com/mimamori/zojirushi.htm http://journal.jp.fujitsu.com/2014/04/04/04/ 食・農クラウド Akisai(秋彩) みまもりほっとライン
  7. 7. 用語に、溺れていませんか? UGCCNet IEEE1888 Aルート BEMS Bルート Cルート HEMS CEMS FEMS IoT IoE M2M BLE・Beacon ECHONET-Lite IEEE802.15.4/ZigBee Wi-SUN スマートメータ スマートグリット ビッグデータ スマート配電盤 MDMSMQTT IoTサービス データ分析 NoSQL センサーデバイス Arduino Windows 10 IoT Edison Raspberry Pi CoAP IPv4/IPv6 TCP/UDP ユビキタス スマートハウス パブリッシャー ブローカー 高速プロトタイピング クラウドサービス IoTゲートウェイ 6LoWPAN Galileo Hadoop WiFi 3G 4G/LTE ©Yukio Kubo 2015 7
  8. 8. M2M/IoTって? ©Yukio Kubo 2015 8 M2M Machine to Machine 機械(モノ)と機械(モノ) の通信 検知・制御 IoT Internet of Things 全てのモノの インターネット接続 検知・制御 + データ ⇒付加価値 オープンクローズド 独自方式 でつながる TCP/IP インターネット技術でつながる BIG DATA ここに 注目!
  9. 9. 2. マシン同士が繋がる(M2M)と何がで きる?(過去~現在) ~身近なあれも実はM2M!ここまで来ているM2M実用技術 http://www.murata.co.jp/cheerleaders/sp/ ©Yukio Kubo 2015 9 村田製作所の、玉乗りロボット 無線を使ったM2M技術で制御
  10. 10. M2Mって? M2M Machine to Machine 機械(モノ)と機械(モノ・含むコンピュータ)の通信 用語としては、新しく感じるが 概念は、昔(コンピュータの黎明期)からあった 例 ・MARS : Multi Access seat Reservation System 国鉄(現JR) 1960年 マルス1 4列車3600席分 1964年 マルス102 みどりの窓口 新幹線開業 5列に対応 2002年~現在 マルス501 Webサーバと連動 PCやスマホから予約可能 インターネットからサービス利用できる ・銀行のオンラインシステム 専用端末⇒ CD⇒ATM ⇒インターネットバンキング ©Yukio Kubo 2015 10 コンピュータと発券 機を通信回線で つないで、使用
  11. 11. M2M/IoTに近いシステム M2M/IoTに近いシステムは、 すでに、様々な分野で実用化されている ただし・・・標準化されていない独自仕様 ⇒垂直的な独自システム(縦割り) メーカ独自、業界独自のシステム 弊害 ・データが活用されていない ・データがオープンになっていない M2Mはインターネットが無い時代からある 言い換えると、通信の方法は、さまざまな方式 インターネット標準ではない、 ©Yukio Kubo 2015 11
  12. 12. マシン同士が繋がると何ができる? マシン同士が繋がると・・・ 検知と制御 ・遠隔制御・検知 ⇒ 自動制御 リモートコントロール、リモートセンシング 例 ・ビルの機械警備 センサーで不審者を検知、通報 ・工場の製造ライン 生産管理(ラインの状態の監視)に使用 ⇒進化して、複数の産業機器やロボットが協調動作 生産効率向上、さらには多能化により、多品種生産へ ・データの取集・記憶 自動検針 アナログメータ検針(電気・ガス・水道)⇒スマートメータ ・データの保存⇒データが溜まる ⇒ビッグデータを深く分析(データマイニング) することにより、新たな付加価値を見出す ©Yukio Kubo 2015 12
  13. 13. M2Mぽぃシステム 駅の自動改札システム(PG) 鉄道サイバネテックス機器 人の代わりをする機器 ©Yukio Kubo 2015 13 ICカード(FeliCa)リーダ/ライタ 内蔵の自動改札機 導入後は、 遠隔運用(駅員が居ない 無人運用)も増えた 省力化を目的
  14. 14. 鉄道会社 自動改札機の OD(乗車・下車)データの収集 2001~ ©Yukio Kubo 2015 14 改札機 改札機 制御機 A駅 サーバ 駅務 サーバ 駅務システム専用 ネットワーク(非IP) 駅構内IP ネットワーク 業界専用 プロトコル M2M通信 TCP/IP 改札機 B駅 サーバ 鉄道会社 IP網 OD DB サーバ OD Data 保守 DB サーバ 保守 Data TCP/IP 広域IP ネットワーク JR東日本のSuica 約 4,557 万枚 運賃 収入 サーバ 運賃 収入 Data 遠隔 制御 端末 遠隔 制御 端末 センタ駅 保守 サーバFeliCa FeliCa BigData 出改札情報 ・ICカードの識別番号 ・入場/出場時間 データの 活用
  15. 15. 応用システム グーパス・あんしんグーパス ©Yukio Kubo 2015 15 改札機 改札機 制御機 駅 サーバ 社局 サーバ DB 照合 サーバ アプリ サーバ メール サーバ 携 帯 出改札情報 だれが、どこで、 何をした コンテ ンツ ピッ! DB 各鉄道事業者 駅務システム専用 ネットワーク(非IP) 業務系IP ネットワーク 社局 サーバ 運行 管理 シス テム Web技術・アプリ Eメール サービス事業者 M2M TCP/IP PC 試験運用(東急)2001 実運用(小田急)2003~2008 阪急・京阪他関西の電鉄 2004~ 改札機を通過すると、 電子メールで通知 電子メールと の連携 現在、あんしんグーパス のみサービスを提供中
  16. 16. 最新の電車は、M2Mの塊 JR東 ©Yukio Kubo 2015 16 http://www.jreast.co.jp/development/theme/ict/ict02.html 鉄道ネタが続きますが、 講演者の 好み の せいです
  17. 17. トラブル発生 残念 頑張ってほしい! ©Yukio Kubo 2015 17 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151201/k10010325821000.html 新しいシステムには、トラブルは、つきもの。 でも、報道されている内容から察すると、 少々シミュレーションに頼りすぎているよう な、感じがします。多くの人命を預かる鉄 道事業。「頭でっかち」にならずに、実車で、 十分な検証をするなど、「泥臭いモノづくり」 を望みたいです。
  18. 18. 家の中もM2M つながる家電 例えば… AV機器のネットワーク接続のしくみ DLNA (Digital Living Network Alliance) ただし、A社のTVとB社のAV機器が、きちんと つながるかは わからない 縦割りの弊害 ©Yukio Kubo 2015 18 基本的な、再生とかは、できること が多いが、各社独自の応用機能 をつかうと、不安定になったり、ダメ になる…とか
  19. 19. 日本には、技術はあるはずだが… ・しくみを作れるが、「まとめる」ことが苦手 縦割りの弊害 ・国レベルでも IT:経済産業省 ICT:総務省 ・業界レベル 各社の“囲み込戦略”の弊害 A社のTVとB社のBDレコーダーが上手くつながらない C社のエアコンを遠隔操作できるのは、C社製品やサービスだけ 国際競争力は? グローバル化できていない 垣根を超えた標準化と、競争力強化が必要 ・M2Mは閉じたシステムが多い ⇒IoT時代は、インターネットとつながる ©Yukio Kubo 2015 19
  20. 20. 3. M2MからIOTの時代へ (近い将来) ~マシンやセンサーがネットに繋がるとどうなる? IoT http://www.lorando.it/komtrax-trentino-komatsu-monitoraggio-satellitare.htm ©Yukio Kubo 2015 20
  21. 21. IoTの代表例 有名なところでは KOMTRAX(コマツ 2001年~) 建設機械遠隔確認システム 約62,000台(2011/4現在) のKOMTRAX(コムトラック)装備車両 10年以上の実績 ©Yukio Kubo 2015 21 http://www.komatsu-kenki.co.jp/service/product/komtrax/ ・位置情報、 稼働状態の モニタリング ・メンテナンス ・盗難防止 海外では、この 目的で使用
  22. 22. IoTで つながるモノ スマート○○ を探してみると・・・・ ©Yukio Kubo 2015 22 スマートグリット スマートメータ スマートオーブン (電子レンジ) キッチンの スマート化 スマートグラス(メガネ) スマート家電 スマートTV スマートウォッチ スマートフォン スマートカ― スマートアグリ スマートハウス スマート工場 スマートCity スマート コミュニティー スマート冷蔵庫 スマートトイレ
  23. 23. スマート○○ を整理すると いろいろな、用語を、 業界や分野別に整理するとわかりやすくなる ©Yukio Kubo 2015 23 スマート グリット スマートメータ スマートオーブン (電子レンジ) キッチンの スマート化 スマートグラス (メガネ) スマート家電 スマート TV スマートウォッチ スマート フォン スマートカ― スマートアグリ スマートハウス スマート工場 スマート City スマート コミュニティー スマート冷蔵庫 スマートトイレ スマート道路 エネルギー スマートハウス デジタル家電・ ガジェット系 社会・産業 スマートTV
  24. 24. スマートフォンとスマート家電(オーブン) • 現在 ©Yukio Kubo 2015 24 35分後に アラームを セット 00:35 35分後に アラームを セットしま した 数年前の CM Siri 液晶 エビグラタ ンをオーブ ンで調理 00:35 エビグラタンモード で、セットしました 加熱開始します。 35分後に焼きあ がります。 オーブンが ネットにつながると ○○さんが ○月○日○時○分に、 エビグラタンを調理 地域 ○○ 気温 ○○… プロファイル エビグラタンモー ドに最適化された 加熱制御 温度 ・重量 変化 クラウドサービス 24 了解
  25. 25. スマート冷蔵庫の例 冷蔵機能付きディスプレイ 巨大なAndroid端末 ©Yukio Kubo 2015 25 Android端末 大型ディスプレイ 通信(無線LAN) マイク ジェスチャー入力 アプリ コミュニケーション 食料品の管理 ハイアールアジア AQUA (旧三洋電機冷蔵庫部門) http://haier.co.jp/images/2015/06/650f12f24bf5fdc36813ef5ee4b0183e.pdf より ロボット型冷蔵庫 (R2D2型 移動式冷蔵庫)なども
  26. 26. スマートアグリ M2M/IoTで変わる農業 オランダが先行 ©Yukio Kubo 2015 26 富士通の事例(スマートアグリ) 「施設園芸SaaS」「施設環境制御box」 http://jp.fujitsu.com/solutions/cloud/agri/uecs/ クラウド ネットワーク ノード(マイコン・センサ)
  27. 27. その他の スマート○○ ・スマートカ― 自動車そのもののスマート化 自動運転・自律運転 地上、他車からの情報で運転支援 センサーノードからのデータ つながる車 車・車間通信 ・スマートトイレ 排泄物から、データ 健康管理、医療 ・・・・・他にも多くあり ©Yukio Kubo 2015 27 車をスマートに するアプローチ 道路をスマートする アプローチ 車どおしの連携 有用なデータ
  28. 28. つながる製品、変わる製造業 M2M/IoT時代は、 多くの製品がネットにつながる 少品種大量生産⇒個別大量生産 マーケティング・R&D 市場調査・製品企画・開発 製造 ものづくり現場 販売 卸 小売り ユーザ(市場) 製品の評価、顧客の声 ©Yukio Kubo 2015 28 評価 要望 わがまま
  29. 29. 4. ドイツ発 『第4の産業革命』の衝撃 ~製造業のパラダイム革新とそのインパクト ©Yukio Kubo 2015 29 SCF 2015 (システム コントロール フェア)の模様
  30. 30. インダストリー4.0 GEのスマートファクトリー インダストリアル・インターネット つながる工場 つながるセンサ、生産機器 ロボット、AGV(無人搬送車) データの活用 生産管理(生産効率向上、歩留まり、予防保守…) インダストリー4.0 第4の産業革命 ドイツが先行 インダストリアル・ネットワークの相互接続 リアルタイムに工場間の情報を共有 工場と材料メーカの工場 ライバルの工場との協業(国際競争力を強化) インターネット(ユーザ、市場)からのフィードバック ©Yukio Kubo 2015 30
  31. 31. 産業の変化 第1次産業革命 蒸気機関 第2次産業革命 石油エネルギー・重化学工業 第3次産業革命 機器のマイコン制御化 産業機器のインテリジェント化⇒産業用ロボット 機器が専用ネットワークでつながる ここまでは、省力化のため 時代は、第3次から第4次へ 現在は3.5次ぐらいか? 第4次産業革命、IoT時代 ©Yukio Kubo 2015 31
  32. 32. 第3次と第4次の違い 第3次産業革命 つながる工場内の機器 工場の1ラインの機器を、専用ネットワークで接続⇒ M2M化 工場内のラインを、情報系ネットワークで接続 生産効率アップ、人員削減 第4次産業革命、IoT時代 つながる工場 工場・管理部門をインターネットに接続 情報の公開 工場自体が他の工場、取引先企業、顧客…とつながる サプライチェーンをネットワークでつなげる つながる顧客・市場と生産現場 新たな価値を ・発生する大量の情報(big data)の相互活用 情報の発信(提供)と取集 give and take ・マスカスタマイゼーション(個別大量生産) 特注品 パーソナライゼーション 顧客のわがままを叶えてくれる 生産機器の多能化とネットワークによる協調 ©Yukio Kubo 2015 32
  33. 33. 新たな価値観、ユーザ体験 ・インターネット上のSNSなどを介して、 ユーザをものづくりに巻き込み、新たな価値を ・ユーザのインサイト(消費者のホンネ)やユーザのわがままをキャッチ ・製品が製造メーカの思惑どおりに使われているとは限らない 例 目的外使用 カスタム化 改造して youtubeで自慢 半完成品+DIY SNSに公開 ※ここまでは、現在のインターネット活用でも可能 ・M2M/IoT時代には、つながる機器やセンサなどから、 ダイレクトに情報が上がってくる。 ユーザの属性、使い方(時間、回数、どこで…) 見えないものが見えてくる。隠れていたもの。 どうやって情報を拾って、活用するか?今から考えておく必要がある。 ©Yukio Kubo 2015 33
  34. 34. 半導体メーカにみる事業の変化 昔 LSIの設計、製造、販売 半導体工場(ファブ)を持つ 2001~ ファブレス企業と生産専業企業 ファブ(工場)レス企業 開発、設計、ライセンス販売でソフトウェア的に儲ける ファブ企業は、半導体生産を受託 インターネット時代は、特化、専業化の傾向 世界とつながる⇒競争も厳しい、スピードも要求 自社の“強み”に特化 アライアンス企業と協業 “ゆるい”つながりは、時代の変化に対応しやすい ©Yukio Kubo 2015 34
  35. 35. 5. 既存の産業、 ビジネスモデルが受ける影響(課題) ~ネットとスマホで時代は変革、次は… 難しいことは、さておき ラーメン店で 考えてみよう ©Yukio Kubo 2015 35 セミナーの受講者は、製造業だけとは、限らないので、 ラーメン店で例えてみました こだわりラーメン
  36. 36. ラーメン店のビジネスモデル ©Yukio Kubo 2015 36 エネルギー ガス・電気 製麺所 お客様 SNS ネット上の情報 インター ネット 外部環境 気候 イベント 食材販売会社 仕入れ 仕込み 調理 提供 仕入れ 利益 “こだわりの麺” 麺の調合(粉、、 かんすい、水分) を指示 発注 発注 来店 注文 代金 納品 納品 供給 がんこ親父の こわだりラーメン “こわだり” の食材調達
  37. 37. 第4次産業革命、IoT時代 ©Yukio Kubo 2015 37 食材販売会社 エネルギー ガス・電気 食材販売会社 製麺所 “こだわりの麺” 外部環境 気候・イベント ネット上の情報 SNSの情報 人の位置情報 他店の情報 食材販売会社A “こわだり” の食材 ラーメン 仕入れ 仕込み 調理 提供仕入れ 利益 発注 発注 来店 注文 代金 納品 納品 気候予測、需 要予測などで、 リアルタイムに 発注 在庫と需要予 測で、リアルタ イムに発注 供給 メータ データ 情報・ 広告 情報 お客様 O2O活動 評価、 顧客の 声 O2O(Online to Offline)ネット上からリアル店舗へ センシング ビーコン(iBeaconなど) の活用
  38. 38. 課題 ©Yukio Kubo 2015 38 食材販売会社 エネルギー ガス・電気 食材販売会社 製麺所 外部環境 気候・イベント ネット上の情報 SNSの情報 人の位置情報 他店の情報 食材販売会社 “こわだり” の食材の調達 ラーメン 仕入れ 仕込み 調理 提供仕入れ 利益 発注 発注 来店 注文 代金 納品 納品 “こだわりの麺” ノウハウの 流出 供給 メータ データ 情報・ 広告 情報 お客様 O2O活動 不満 ネットの 悪影響 発注情報で こだわりの レシピの原料が 漏洩 メータデー タの流出 何時間煮込 んだのか
  39. 39. 第4次産業革命、IoT時代の課題 つながるメリットとデメリット 情報セキュリティ 情報資産は? 何が、「大切」? 何を守るの? こだわりのスープ レシピ こだわりの麺 ノウハウ 見せても良い情報(公開して良い) は、積極的に公開 ほかにも ・プライバシー・個人情報 ・システムの安定性 ©Yukio Kubo 2015 39
  40. 40. 6. 変革はチャンス! ~IoT時代の「もの」づくり、サービス、流通業の新しいモデルと対応策 ©Yukio Kubo 2015 40
  41. 41. 昨年まで3Dプリンタで騒いでいた 新聞、雑誌記事には 3Dプリンタで産業革命!との文字が躍る 生産する消費者・メーカーズ革命 自分が欲しいものを、自分で創る時代 私も、3DプリンタのKITを組み立てました (安価な機械は)精度はまだまだ、工業用途には無理 でも“のびしろ”は大きい 先々、期待できる ただし、縦書きの記事が言うほど、 急激な変化はおきない。 でも、着実に変化は起きている。 3Dプリンタは、第4次産業革命の一要素 M2M/IoTも、すぐには移行できない すぐには、変わらない 長い目で見る ©Yukio Kubo 2015 41
  42. 42. ケーススタディ 農業分野とM2M/IoT 農業の変化 昔 地産地消 生産者の顔の見える農業 高度成長期 生産地と消費者の分離 顔の見えない、農業 インターネット時代 会員制通販 消費者を巻き込んだ農業 例 田畑、木に投資(ファンド) 参加型(田植え、収穫イベント) 生産者と消費者が繋がる農業へ M2M/IoT 時代 ?どうなる農業? スマートアグリ以外にも… ©Yukio Kubo 2015 42
  43. 43. M2M/IoT 時代の新形態の農業 ・インターネット時代 消費者を巻き込んだ農業 生産者と消費者が繋がる農業 ・M2M/IoT ≒スマートアグリ時代 どうなるか? 例えば 農業分野でも「生産する消費者」 レンタルファーム 各種センサーで、状態を管理。空調、調光、灌水は自動 種まき、肥料散布、収穫等の実作業は、サービスとして提供 ロボット作業は安価な料金、手作業は高い・・・ (例えると、手洗いの洗車は高い、自動運転の機械だと安い) 農業のサービス業化 ファブレスならぬ、ファームレス農産家が出現 農業の概念が変わる かも アイデアが大事! ©Yukio Kubo 2015 43
  44. 44. ちいさな M2M/IoT 中小企業、ベンチャーが 手に届くM2M/IoT まずは、スモールスタートで 事例 M2M/IoT 技術で 狩猟のデジタル化ができないか・・・・ その背景 全国で鳥獣による農産物の被害拡大 農地を荒らす害獣の駆除 猟師の高齢化、人材不足問題 知人が起業してチャレンジ中 ©Yukio Kubo 2015 44
  45. 45. ちいさな M2M/IoT 湖北版(例えば) 滋賀は 仏像の宝庫 湖北の 観音様 など 国宝級数々 問題点 無人で常時監視されていない。セキュリティ上の問題 盗難、破壊、悪戯、など 平日見れない箇所も多い、個々で拝観料を払うのが面倒 M2M,IoTを導入したら 何ができるか? センシング、遠隔操作 直接的なセキュリティ どれだけ、観光客がきたか検知 スマホ連携 ナビゲーション 解説 忙しい人にデジタル朱印書… ©Yukio Kubo 2015 45
  46. 46. アイデアトレーニング 1 IoT/M2M時代には、 どのような「サービス」が提供できるか考えてみよう 例えば、話題の某ジムのような業種で考えると・・・ ©Yukio Kubo 2015 46 スマート 冷蔵庫 スマート メガネ インターネット つながる 体重計・ 体脂肪計 栄養士・管理栄養士 が、アドバイス
  47. 47. アイデアトレーニング 2 想像してみよう 「M2M/IoT時代の○○」 ・ウェアブル端末必携時代の 合コン メガネ、腕時計… バイタル(脈拍、体温…)センサ付 プライバシー公開レベルの駆け引き ・ウェアブル端末必携時代の お笑い 爆笑度計測 芸人の殺し? 元ネタは 大阪電気通大学の研究 ・センサーだらけ時代のだから アリバイサービス 想像が創造を生み、創業につながる ©Yukio Kubo 2015 47
  48. 48. 今ハッカソンが人気 なぜ? 例 ものアプリハッカソン(第一回2013年1月大阪市)詳細は↓ http://www.kumikomi.net/archives/2013/02/rp03hack.php ©Yukio Kubo 2015 48 MoffBand Moffの原型 Moffプロジェクト として進化 ものアプリハッカソンの成果物 「『KodoQ』怒りのイカ クラウド・ファンディング・サイト「Kickstarter」 で最終的に7万8000米ドルを超える資金調達 ウェアラブル端末×アプリ×クラウド連携 http://www.ashita-lab.jp/special/2733/
  49. 49. 三つの要素を どう組み合わせるか?が鍵! ©Yukio Kubo 2015 49 アイデア 勝負! サービス もの(センサ・機械) クラウド(サービス)・データ ネットワーク・無線 何を検知するのか? 何を制御するのか? どうやって、つなぐのか? 有線?無線? どのような、サービスを、 どう使うのか?データの活用は? やってみないと、解らない! ネットにつながる 小型コンピュータRaspberry Piを 使った電子工作が流行
  50. 50. これから、すべきこと M2M/IoTは、期待はされているが、不透明 ・国際レベル、国レベル、業界レベルで、 しくみ(規格、方式)の統一の動向を見る ・セキュリティにも注意 何が大切か?情報資産の把握と守り ・アイデアを膨らませる ・風呂敷を広げ過ぎないM2M/IoTを 実現可能な規模で ・スモールスタートで、走りながら考える まずは、アイデアをプロトタイプで実証 データの取得方法と活用 ユーザの巻き込み 他社とのアライアンス ビジネスモデル 組織の変革… ©Yukio Kubo 2015 50
  51. 51. 各地で勉強会が開催 公的機関、業界、産学、草の根で M2M/IoTの勉強会等が 盛んに 経営的なアプローチや、 技術的アプローチがある まずは、情報取集と“学ぶ”こと、 そして“やってみる”が大切 その上で、アイデアを温めること、 実現可能性を高めることが大切 (知財にも注目) ©Yukio Kubo 2015 51
  52. 52. M2M/IoT 時代の人材育成 M2M/IoT時代 人材育成が必要 ・ビジネスモデルやサービス、データ活用を考える人 ・ネットワーク技術で“つなげる”人 ・フィジカル(ハードウェア面)に強い技術者 どうやって検知、制御する? ©Yukio Kubo 2015 52 もの(センサ・機械) クラウド(サービス) データ活用 ネットワーク・無線 全体を俯瞰できる 人材の育成が必要 サービスの活用 データ分析と活用 Raspberry Pi MQTT TCP/IP LAN セキュリティ
  53. 53. ご清聴 ありがとうございました M2M/IoT時代の ご活躍を祈ります よろしければ、こちらのスライドも参考にしてくだい http://www.slideshare.net/yukiokubo169/io-tm2mweb 連絡先 HPのメールフォーム、またはFacebookからお願い致します http://triangle-ele.com ©Yukio Kubo 2015 53 FB:yukio.kubo.169 話題の「IoT・M2M」って何? ~この強力かつ広範囲な概念をいろん な角度から 眺めよう 大阪市の南港ATC ソフト産業プラザ イメディオで開催された IoT/M2M セミナーのスライドです Raspberry Pi講座なども行っています

×