Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

HTML5 Conference 2015 Design Sprint

6,835 views

Published on

Google Design Sprint at HTML5 Conference (2015/1/25)
「Googleベンチャーズの手法に学ぶ、デザインスプリントのワークショップ」

Published in: Technology
  • Be the first to comment

HTML5 Conference 2015 Design Sprint

  1. 1. Googleベンチャーズの手法に学ぶ。 デザインスプリントのワークショップ 2015/1/25 13:20-15:00 ルームF AKQA 佐藤 伸哉 / エクサ 安藤 幸央 1
  2. 2. 本ワークショップは、 Google および Google ベンチャーズと 直接の関係はありません
  3. 3. 本日の予定 概要紹介 チームビルディング アイスブレイク ペルソナの確認 課題発見 休憩 利用場面を切り取る アイデアを描く アイデアの選出 各チーム発表 講評/まとめ 適宜質問してください タイミングをみて 適宜離席してかまいません 3
  4. 4. 目的:デザインスプリント手法を知る 4
  5. 5. 批評することもできますが、 自らが気付くことの方が重要です。 5
  6. 6. 4∼5人/チーム分け:職種やチームが片寄 らないよう可能な限り分散してください 6
  7. 7. 投票が必要なシーンが何回かあります 上位2位選出,決戦投票。偶数班は複数票 7
  8. 8. アイスブレイク → 短時間で自己紹介 8
  9. 9. お名前(ニックネーム可) 職種(エンジニア/デザイナー/etc.) 1画面目にあるマイナーな毎日使うアプリ 9
  10. 10. あんどうゆきお/アンディ UXリサーチャー 30Boxes 10
  11. 11. お名前(ニックネーム可) 職種(エンジニア/デザイナー/etc.) 1画面目にあるマイナーな毎日使うアプリ 11
  12. 12. ポストイットに名前かニックネームを 書いて、胸に張るといいかもしれません! 12
  13. 13. 本日のテーマ WoT (車/冷蔵庫/テレビ)
  14. 14. 本日のテーマ WoT (洗濯機/電子レンジ/掃除機)
  15. 15. さて何を作るか?(ネットからの情報/ リモート操作/連携操作/各種表示) via. https://evrythng.com/2013/05/international-web-of-things-workshop-call-for-papers/
  16. 16. 挙手!(何回でも可) ( 車/冷蔵庫/テレビ/洗濯機/レンジ/掃除機/その他)
  17. 17. デザイン スプリント 概要説明 17
  18. 18. 18
  19. 19. 19
  20. 20. 幸福度 http://www.dtelepathy.com/ux-metrics/#intro 関わり Google HEART 採用/選択 継続 目的達成 Google Ventures の考える UX 指標 20
  21. 21. Google Ventures デザインスプリント https://www.gv.com/ 21
  22. 22. 短距離走:スタートアップ企業向けの サービス構築ワークショップ(5日間) 22
  23. 23. ハッカソンやアイデアソンとは大きく違う 自社のサービスを真剣に構築する手法 23
  24. 24. ハッカソンは簡単ですぐ実現可能なことに 手を付けてしまう。そして継続しない。 24
  25. 25. 発言せず、手を動かしていなくとも、 やった気になる。アドレナリン効果。 25
  26. 26. スプリントは、個人作業とアイデアの選出 スキルや職種に関係なく、全員が参加 26
  27. 27. Understand (理解する)、Diverge (発散する)、Decide (決定す る)、Prototype (試作品を作る)、Validate (立証する) 27
  28. 28. 28 最終判断を先に伸ばす アイデアの質より量を求める 未熟なアイデアを歓迎する 他人のアイデアを尊重し、発展させる 紙に描いて視覚的に示す
  29. 29. 29 時間厳守。締め切りのプレッシャーを 極端なユーザーを想定し、多くの人へ ヘビーユーザーや高齢者、初心者 必要な人には必ず参加してもらう 否定しない。する時は必ず改善案を 良いところを伸ばす。細部を気にする
  30. 30. デザインスプリントの流れ  <はじめに:60 分> 30 分:デバイスの概要 20 分:チームビルディング 10 分:Design Sprint の概要の説明  <分析 : 30 分> 10 分:ペルソナについてのチームでの議論 20 分:ペルソナが求めてる機能について発表  <アイデア検討: 30 分> 10 分:ブレスト(個人) 20 分:ブレスト(チーム)  <意思決定 : 5 分> 5 分:投票によって案を決定  <プロトタイプ作成 : 50 分> 10 分:利用シーンを作成(個人) 10 分:ディスカッション(チーム) 15 分:UX フローの作成(個人) 15 分:UX フローの決定(チーム)  <検証 : 20 分> 1 チームあたり 1 分でプレゼンテーションを実施 30
  31. 31. 31
  32. 32. ペルソナ の提示 32
  33. 33. 33
  34. 34. あんどうクン 44歳/会社員 ●打ち合わせで外出が多い ●ECでたくさん買物する ●近所にスーパーが無い ●車で片道30分の通勤 ●物忘れがひどい ●心配性で恐妻家 34
  35. 35. 35
  36. 36. あんどうクン 44歳/会社員 ●打ち合わせで外出が多い ●ECでたくさん買物する ●近所にスーパーが無い ●車で片道30分の通勤 ●物忘れがひどい ●心配性で恐妻家 36
  37. 37. あんどうクンが期待していそうなこと ペルソナの人となりをチームで議論 ペルソナが求めている機能は? 37 あんどうクンは __________ (をする方法)を必要としていて ____ (という経験)をしたいと思ってる。 その理由は__________(に価値を置いている) からです。
  38. 38. あんどうクンは (冷蔵庫の食材を使い忘れない方法)を必要と していて (牛乳が無くなる前に購入するとい う経験)をしたいと思ってる。その理由は(常 に新鮮な牛乳が飲みたい)からです。38
  39. 39. ペルソナが期待していそうなこと ペルソナの人となりをチームで議論 ペルソナが求めている機能は? 39 あんどうクンは __________ (をする方法)を必要としていて ____ (という経験)をしたいと思ってる。 その理由は__________(に価値を置いている) からです。
  40. 40. ペルソナ検討作業:5分:個人:A4 数案 40
  41. 41. あんどうクン 44歳/会社員 ●打ち合わせで外出が多い ●ECでたくさん買物する ●近所にスーパーが無い ●車で片道30分の通勤 ●物忘れがひどい ●心配性で恐妻家 あんどうクンは __________ (をする方 法)を必要としていて ____ (という経験)を したいと思ってる。 その理由は __________(に価値を置 いている)からです。 41
  42. 42. チーム内で案を紹介しあう:5分 一押しの案をそれぞれ紹介 42
  43. 43. 発表:1分づつ 43 あんどうクンは __________ (をする方法)を必要としていて ____ (という経験)をしたいと思ってる。 その理由は__________(に価値を置いている) からです。
  44. 44. ペルソナが求めていることは? ペルソナが感じている課題とは? 44
  45. 45. どこが良かったは 抜きにして、よく ないところを教え てくれ。 イーロン・マスク (Tesla CEO) Photo by Wikipedia 45
  46. 46. アイデアと改善 個人ブレスト 46
  47. 47. 47 アイデア(改善)の質より量を求める 未熟なアイデア(改善)を歓迎する 視覚的に示す →ポストイットに書く
  48. 48. アイデア検討:10分:ポストイット XX:XXまで 休憩もかねます 48
  49. 49. アイデアと改善 チームブレスト 49
  50. 50. ホワイトボードにプロット (縦:有用さ VS. 横:困難さや複雑度) 50
  51. 51. アイデア検討:5分:ポストイット 51
  52. 52. 投票と話し合いで1∼2案選出:5分 定番よりもそのチームならではの案を 52
  53. 53. 利用シーンを 描いてみる (個人作業) 53
  54. 54. A4 の紙を 8つに折って書き込む 54
  55. 55. 55
  56. 56. 利用シーンを描く:個人:5分:A4用紙 うまくいかないシーン、失敗シーンも 56
  57. 57. チームで ディスカッション 57
  58. 58. パレート分析 80:20 の影響を考える 58
  59. 59. 各人の案を紹介し意見をもらう:5分 批判しない。未熟な案も強化する 59
  60. 60. その利用シーンでの 画面を描いてみる (個人作業) 60
  61. 61. A4 の紙を 8つに折って書き込む 61
  62. 62. 62
  63. 63. 利用する画面を描く:個人:5分:A4用紙 選出された1位のアイデアの1画面 63
  64. 64. ベスト案の選出 64
  65. 65. 投票で決め、さらにその案を強化する:5分 機能を盛り込みすぎないように注意 65
  66. 66. 発表練習:5分 新サービス名または新機能名をつける 66
  67. 67. 各チーム1分づつ、 エレベーターピッチの気分で発表 67
  68. 68. ブランド というものは 顧客の経験(UX) から生まれるもの ジェフリー・ジェームズ ( Inc.com writer ) Photo by Wikipedia 68
  69. 69. USER → PEOPLE 69
  70. 70. “Take a Human desire.” 人間の欲を つかむのだ! Evan Williams (Twitter ex-CEO) 70
  71. 71. 71 アンケートにご協力ください http://bit.ly/html5C201501

×