クラウドサービスの一歩
Copyright Yukiko Kato 2013
1
はじめに
AWSアカウント登録
ManagementConsoleの使い方
SSH接続、Webサーバ起動
Copyright Yukiko Kato 2013
2
この授業では、ネットワークの知識を
AmazonWebService(AWS)を用いながら
実践することにより知識を深めていきま
す
Copyright Yukiko Kato 2013
3
 Amazonのアカウントを持ってい
る場合はすぐに始められます
 アカウントを持っていない場合
は、アカウントを作成しましょ
う
 次のスライドからアカウントの
登録を説明していきます。
4
Copyright Yukiko Kato ...
5
Copyright Yukiko Kato 2013
AWSのログイン画面でログインします。
6
Copyright Yukiko Kato 2013
必要な項目を入力していきます。
7
Copyright Yukiko Kato 2013
クレジットカード情報を入力します。
8
Copyright Yukiko Kato 2013
携帯番号を入力するとAmazonサービスから
電話がかかってくるので、Webに表示された
番号を電話に入力します。
Webで確認完了画面が表示されればOK
9
Copyright Yukiko Kato 2013
プランを選択します。
Basicを選択すると1年間はAWSの
いくつかのサービスが無料で使用できます。
ここではBasicを選択します。
10
Copyright Yukiko Kato 2013
これでAWSのアカウント登録は完了です。
早速、ManagementConsoleを開いてみましょう
 ManagementConsoleを表示して
EC2インスタンスを起動します。
11
Copyright Yukiko Kato 2013
12
Copyright Yukiko Kato 2013
ManagementConsoleにログインすると、
使用できるサービスの一覧が表示されます。
今回はEC2を選択します。
 AWSのリージョン
AWSは全世界にいくつかの拠点が
あり、そのデーターセンター群を
リージョンと呼んでいます。
どこのリージョンに作成するかで、
ネットワークのレテンシー(遅延)
や価格が変わってきます。
13
Copyright Yuk...
14
Copyright Yukiko Kato 2013
デフォルトでは、リージョンがアメリカ西部オレゴンに
選択されています。
アジアパシフィック(東京)を選択すると、
ネットワーク遅延が低くなります。
15
Copyright Yukiko Kato 2013
早速インスタンスを起動してみましょう。
Launch Instanceをクリックします。
16
Copyright Yukiko Kato 2013
Classic Wizardを使って今回は起動します。
右下にあるContinueをクリックします。
17
Copyright Yukiko Kato 2013
★マークがあるものは、マイクロインスタンスの
場合に、無償で使用できることを表しています。
今回は、AmazonLinuxAMIを選択します。
 AMIとは
Amazon Image Machineの略です。
EC2インスタンスは、何かしらの
マシンイメージを基に生成されま
す。
簡単に言うと、OSがインストール
された状態のマシンが用意されて
いると考えてください。
先ほど選択した...
19
Copyright Yukiko Kato 2013
ここでは、インスタンスの数、
インスタンスの種類、どこにインスタンスを作成
するかを選択します。
ここではマイクロインスタンスを1つ、東京リージョンに
作成します。
20
Copyright Yukiko Kato 2013
ここでは追加オプションの設定をします。
特に変更はしませんので、そのままContinueを
クリックします。
21
Copyright Yukiko Kato 2013
ストレージデバイス(ハードディスク)の設定を
します。
デフォルトでは、rootに8G割り当てられています。
そのままContinueをクリックします。
22
Copyright Yukiko Kato 2013
EC2インスタンスにアクセスする鍵ペアを
作成します。
Keyの名前は自由で構いません。
23
Copyright Yukiko Kato 2013
Keyペアの名前を『demo-key』と入力します。
入力したらダウンロードしましょう。
Macの場合は、ドキュメントフォルダ等に
ダウンロードすると便利です。
24
Copyright Yukiko Kato 2013
セキュリティグループを作成します。
『quick-start-1』など適当な名称を入力して下さい。
また、デフォルトではSSH接続するためのポート22
しか開いていないため、後でWeb...
25
Copyright Yukiko Kato 2013
80ポートを追加したら、Continueを
クリックします。
26
Copyright Yukiko Kato 2013
最後にこれまで設定した内容が確認画面で
表示されます。
Launchをクリックしてインスタンスを起動しましょう。
27
Copyright Yukiko Kato 2013
インスタンスが起動しました。
Closeをクリックしましょう。
28
Copyright Yukiko Kato 2013
インスタンスが実行中の場合は、
上の通り『running』になります。
インスタンスを停止する場合は『stop』、
インスタンスを破棄する場合は『Terminate』
を選択します。
...
29
Copyright Yukiko Kato 2013
EC2のインスタンスを起動すると、
PublicDNSと呼ばれるドメインが割り振られ
ます。
また、デフォルトではこのドメインに対し
ては、
動的なIPが割り振られます。
30
Copyright Yukiko Kato 2013
ターミナルを起動します。
先ほどダウンロードした鍵ファイルのフォルダに移動します。
移動コマンド:cd
31
Copyright Yukiko Kato 2013
そのままAWSにアクセスしようとすると、
秘密鍵のアクセス権限が多すぎるためエラーとなってしまいます。
アクセス権限を自ユーザのみRead、Write権限を付与します。
 ファイルやディレクトリのアク
セス権限を変更するコマンド
 所有者、グループ、その他の
ユーザにそれぞれ権限を付与す
ることが出来る
 左から順に所有者、グループ、
その他のユーザを表す
 権限の内容は、読み込み(r)、書
き出し(w...
数字 権限
0 ---
1 --x
2 -w-
3 -wx
4 r--
5 r-x
6 rw-
7 rwx
33
Copyright Yukiko Kato 2013
よく使用するのが8進数の表記法。
R→4
W→2
X→1 で全て足すと7になる
34
Copyright Yukiko Kato 2013
ssh接続を行う。
iオプションを使用してkeyを指定します。
ssh -i demo-key.pem ec2-user@サーバ・ドメイン
AWSの場合は、rootユーザはなく、ec2...
35
Copyright Yukiko Kato 2013
Webサーバのapacheをインストールします
sudo yum –y install httpd
※-yは確認メッセージなしでインストール
36
Copyright Yukiko Kato 2013
Webサーバのapacheを起動します
sudo /etc/init.d/httpd start もしくは
sudo service httpd start
37
Copyright Yukiko Kato 2013
起動が完了したら、ブラウザから
サーバ・ドメインを入力してアクセスします。
Apacheの画面が表示されればOK
 Elastic IP Addressという機能を使
用します。
 EC2インスタンス1つに付き、1
つのElastic IPアドレスを無料で
使用できます。
 ただし、紐付いているEC2イン
スタンスが停止している場合や、
EC2インス...
39
Copyright Yukiko Kato 2013
左のサイドメニューからElastic IPsを選択し、
Allocate New Addressをクリックします。
40
Copyright Yukiko Kato 2013
Yes,Allocateをクリックします。
41
Copyright Yukiko Kato 2013
割り当てたい固定IPをチェックして、
『Allocate Address』をクリックします。
42
Copyright Yukiko Kato 2013
先ほど起動したインスタンスを選択し、
Associateをクリックします。
43
Copyright Yukiko Kato 2013
Public DNSと固定IPが紐付いたことが
確認出来ます。
ブラウザから、固定IPでアクセスしてみましょう
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

【AWS】EC2インスタンスでWebサーバ起動(for Mac)

797 views

Published on

AWS EC2インスタンスを起動してWebサーバを起動する

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

【AWS】EC2インスタンスでWebサーバ起動(for Mac)

  1. 1. クラウドサービスの一歩 Copyright Yukiko Kato 2013 1
  2. 2. はじめに AWSアカウント登録 ManagementConsoleの使い方 SSH接続、Webサーバ起動 Copyright Yukiko Kato 2013 2
  3. 3. この授業では、ネットワークの知識を AmazonWebService(AWS)を用いながら 実践することにより知識を深めていきま す Copyright Yukiko Kato 2013 3
  4. 4.  Amazonのアカウントを持ってい る場合はすぐに始められます  アカウントを持っていない場合 は、アカウントを作成しましょ う  次のスライドからアカウントの 登録を説明していきます。 4 Copyright Yukiko Kato 2013
  5. 5. 5 Copyright Yukiko Kato 2013 AWSのログイン画面でログインします。
  6. 6. 6 Copyright Yukiko Kato 2013 必要な項目を入力していきます。
  7. 7. 7 Copyright Yukiko Kato 2013 クレジットカード情報を入力します。
  8. 8. 8 Copyright Yukiko Kato 2013 携帯番号を入力するとAmazonサービスから 電話がかかってくるので、Webに表示された 番号を電話に入力します。 Webで確認完了画面が表示されればOK
  9. 9. 9 Copyright Yukiko Kato 2013 プランを選択します。 Basicを選択すると1年間はAWSの いくつかのサービスが無料で使用できます。 ここではBasicを選択します。
  10. 10. 10 Copyright Yukiko Kato 2013 これでAWSのアカウント登録は完了です。 早速、ManagementConsoleを開いてみましょう
  11. 11.  ManagementConsoleを表示して EC2インスタンスを起動します。 11 Copyright Yukiko Kato 2013
  12. 12. 12 Copyright Yukiko Kato 2013 ManagementConsoleにログインすると、 使用できるサービスの一覧が表示されます。 今回はEC2を選択します。
  13. 13.  AWSのリージョン AWSは全世界にいくつかの拠点が あり、そのデーターセンター群を リージョンと呼んでいます。 どこのリージョンに作成するかで、 ネットワークのレテンシー(遅延) や価格が変わってきます。 13 Copyright Yukiko Kato 2013
  14. 14. 14 Copyright Yukiko Kato 2013 デフォルトでは、リージョンがアメリカ西部オレゴンに 選択されています。 アジアパシフィック(東京)を選択すると、 ネットワーク遅延が低くなります。
  15. 15. 15 Copyright Yukiko Kato 2013 早速インスタンスを起動してみましょう。 Launch Instanceをクリックします。
  16. 16. 16 Copyright Yukiko Kato 2013 Classic Wizardを使って今回は起動します。 右下にあるContinueをクリックします。
  17. 17. 17 Copyright Yukiko Kato 2013 ★マークがあるものは、マイクロインスタンスの 場合に、無償で使用できることを表しています。 今回は、AmazonLinuxAMIを選択します。
  18. 18.  AMIとは Amazon Image Machineの略です。 EC2インスタンスは、何かしらの マシンイメージを基に生成されま す。 簡単に言うと、OSがインストール された状態のマシンが用意されて いると考えてください。 先ほど選択したAmazonLinuxの他 に、RedHat LinuxやUbuntu、 Windows Server2008なども無償で 使用することができます。 18 Copyright Yukiko Kato 2013
  19. 19. 19 Copyright Yukiko Kato 2013 ここでは、インスタンスの数、 インスタンスの種類、どこにインスタンスを作成 するかを選択します。 ここではマイクロインスタンスを1つ、東京リージョンに 作成します。
  20. 20. 20 Copyright Yukiko Kato 2013 ここでは追加オプションの設定をします。 特に変更はしませんので、そのままContinueを クリックします。
  21. 21. 21 Copyright Yukiko Kato 2013 ストレージデバイス(ハードディスク)の設定を します。 デフォルトでは、rootに8G割り当てられています。 そのままContinueをクリックします。
  22. 22. 22 Copyright Yukiko Kato 2013 EC2インスタンスにアクセスする鍵ペアを 作成します。 Keyの名前は自由で構いません。
  23. 23. 23 Copyright Yukiko Kato 2013 Keyペアの名前を『demo-key』と入力します。 入力したらダウンロードしましょう。 Macの場合は、ドキュメントフォルダ等に ダウンロードすると便利です。
  24. 24. 24 Copyright Yukiko Kato 2013 セキュリティグループを作成します。 『quick-start-1』など適当な名称を入力して下さい。 また、デフォルトではSSH接続するためのポート22 しか開いていないため、後でWebサーバにアクセスする 80ポートをルールに追加します。
  25. 25. 25 Copyright Yukiko Kato 2013 80ポートを追加したら、Continueを クリックします。
  26. 26. 26 Copyright Yukiko Kato 2013 最後にこれまで設定した内容が確認画面で 表示されます。 Launchをクリックしてインスタンスを起動しましょう。
  27. 27. 27 Copyright Yukiko Kato 2013 インスタンスが起動しました。 Closeをクリックしましょう。
  28. 28. 28 Copyright Yukiko Kato 2013 インスタンスが実行中の場合は、 上の通り『running』になります。 インスタンスを停止する場合は『stop』、 インスタンスを破棄する場合は『Terminate』 を選択します。 インスタンスを起動していると課金されますので、 不要になったらstopにしましょう。
  29. 29. 29 Copyright Yukiko Kato 2013 EC2のインスタンスを起動すると、 PublicDNSと呼ばれるドメインが割り振られ ます。 また、デフォルトではこのドメインに対し ては、 動的なIPが割り振られます。
  30. 30. 30 Copyright Yukiko Kato 2013 ターミナルを起動します。 先ほどダウンロードした鍵ファイルのフォルダに移動します。 移動コマンド:cd
  31. 31. 31 Copyright Yukiko Kato 2013 そのままAWSにアクセスしようとすると、 秘密鍵のアクセス権限が多すぎるためエラーとなってしまいます。 アクセス権限を自ユーザのみRead、Write権限を付与します。
  32. 32.  ファイルやディレクトリのアク セス権限を変更するコマンド  所有者、グループ、その他の ユーザにそれぞれ権限を付与す ることが出来る  左から順に所有者、グループ、 その他のユーザを表す  権限の内容は、読み込み(r)、書 き出し(w)、実行(x)の3つの権限 に別れる (例) -rwxrw-r— 所有者は、全権限、グループは読 み出し、書き出し権限、その他の ユーザは読み出し権限のみ 32 Copyright Yukiko Kato 2013
  33. 33. 数字 権限 0 --- 1 --x 2 -w- 3 -wx 4 r-- 5 r-x 6 rw- 7 rwx 33 Copyright Yukiko Kato 2013 よく使用するのが8進数の表記法。 R→4 W→2 X→1 で全て足すと7になる
  34. 34. 34 Copyright Yukiko Kato 2013 ssh接続を行う。 iオプションを使用してkeyを指定します。 ssh -i demo-key.pem ec2-user@サーバ・ドメイン AWSの場合は、rootユーザはなく、ec2-userが標準。 インストールする場合はsudoを使用する。
  35. 35. 35 Copyright Yukiko Kato 2013 Webサーバのapacheをインストールします sudo yum –y install httpd ※-yは確認メッセージなしでインストール
  36. 36. 36 Copyright Yukiko Kato 2013 Webサーバのapacheを起動します sudo /etc/init.d/httpd start もしくは sudo service httpd start
  37. 37. 37 Copyright Yukiko Kato 2013 起動が完了したら、ブラウザから サーバ・ドメインを入力してアクセスします。 Apacheの画面が表示されればOK
  38. 38.  Elastic IP Addressという機能を使 用します。  EC2インスタンス1つに付き、1 つのElastic IPアドレスを無料で 使用できます。  ただし、紐付いているEC2イン スタンスが停止している場合や、 EC2インスタンスが紐付いてい ない場合は、料金が発生します。 38 Copyright Yukiko Kato 2013
  39. 39. 39 Copyright Yukiko Kato 2013 左のサイドメニューからElastic IPsを選択し、 Allocate New Addressをクリックします。
  40. 40. 40 Copyright Yukiko Kato 2013 Yes,Allocateをクリックします。
  41. 41. 41 Copyright Yukiko Kato 2013 割り当てたい固定IPをチェックして、 『Allocate Address』をクリックします。
  42. 42. 42 Copyright Yukiko Kato 2013 先ほど起動したインスタンスを選択し、 Associateをクリックします。
  43. 43. 43 Copyright Yukiko Kato 2013 Public DNSと固定IPが紐付いたことが 確認出来ます。 ブラウザから、固定IPでアクセスしてみましょう

×