Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

6 13google

973 views

Published on

6月13日講義資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

6 13google

  1. 1. 高度情報化と社会生活 教養科目 水曜日 第3限目 講師 藤野幸嗣 メールアドレス yuki@fujino.com Facebook http:// facebook.com/fujino 講義資料のウェブのアドレス http://www.fujino.com 講義用Facebookページ 2012/6/13高度情報化と社会生活 1
  2. 2. 本日の講義概要第10回 Googleのサービスについて 注意点いろいろ。 今週のネットトピック メールを使う際のマナーについて Gmailの使い方。(実演) 2012/6/13 高度情報化と社会生活 2
  3. 3. おおいたIT人材塾募集ハイパーネットワーク社会研究所が主催する連続セミナーの参加者を募集しています。第一回は7月7日(土)13時から大分県庁で。講師は元Google日本法人代表の村上憲郎氏(大分県出身)年度内に10回程度の無料セミナー開講を予定しています。エンジニア志望者だけに限定はしていません。詳しくはハイパーネットワーク社会研究所まで。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 3
  4. 4. CCライセンスの補足 2ちゃんねるがまとめサイトへの転載を名 指しで禁止した。 →コンテントのフリーライダーを排除。 →おまえがゆうか!とネットで話題。 ライブドアニュースはCCライセンスで ニュースを提供開始。→全文転載可(ただし改変は不可、引用元を表示すること) 2012/6/13 高度情報化と社会生活 4
  5. 5. 今週のネットトピック Apple開発者会議で新製品と新MacOS そしてiOS6を発表。 注目はシステムとFacebookの統合。 Facebookにログインしておけば、デス クトップやiPhoneにお知らせが表示され る。写真がシェア出来る、友達がプロ フィールを変更すればアドレス帳に反映さ れる、参加するイベントがカレンダーに入 るなど。→システムのソーシャル化が。 5 2012/6/13 高度情報化と社会生活
  6. 6. Apple独自の地図システム2012/6/13 高度情報化と社会生活 6
  7. 7. 今週の課題 6月20日まで 皆さんが無料で使っていて、これは便利だ と思うサービスやアプリを紹介してくださ い。 ネットサービスやアプリ以外でもかまいま せん。 「無料」の話はこれからやります。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 7
  8. 8. ネットビジネスの概況 ITの巨人達(the net giants)Facebook、Google、Amazon、Apple、Microsoft、Yahoo! 無数の配下のサービスと独立専門系のサー ビス その他のplayer通信業者、メーカー、システムベンダーなど、 2012/6/13 高度情報化と社会生活 8
  9. 9. ネットの無料経済について テレビ放送は有料モデルと無料モデルが混 在している。 新聞や雑紙も同様。 電話などの通信サービスの大半は有料 道路は無料モデルと有料モデルの混在 ネット上のサービスはまだ十数年なので、 過渡期だが、最近は無料サービスが多く なっているようだ。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 9
  10. 10. LINEはどうして無料なのか? 通常の音声通話に比べて品質が低いから。 →ベストエフォート型(保証無し) ←ギャランティ型(品質保証有り)  じつは通信料の大半はパケホーダイに含ま れている。99%を1%あげるだけで膨大な 2012/6/13 高度情報化と社会生活 10
  11. 11. Googleのサービスはなぜ無料? 検索結果に広告を表示させているから。 多くのサービスは実験として提供している から。→β版として? 2012/6/13 高度情報化と社会生活 11
  12. 12. Facebookはなぜ無料? ビジネス向けのFacebookページの広告 によって収入を得ているから。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 12
  13. 13. DropBoxはなぜ無料なのか? 5%の利用者が有料で使ってくれているか ら。→「フリーミアム」のビジネスの典型例。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 13
  14. 14. クリス・アンダーソン 無料 「フリー」 日本放送出版協会 1890円  一時電子版を無 料で配布していま した。2012/6/13 高度情報化と社会生活 14
  15. 15. 無料モデル 1と2 FREE1 Direct cross-subsidy: いわゆる「おまけ」や 「抱き合わせ販売」 による無料 FREE2 Ad- supported: 広告モデル、第三者の 広告主がレベニューを 補完する場合2012/6/13 高度情報化と社会生活 15
  16. 16. 無料モデル 3と4 FREE3 Freemium : 基本的に無料サービス だが、一定以上のサー ビスを得ようとする時 に有料になる場合 FREE4 Gift economy: Donation(寄付) によって売上を補完す2012/6/13 る場合、金銭以外の無 高度情報化と社会生活 16
  17. 17. ネットの無料、もうひとつ5.「抱き合わせ」の変形だが。買収モデルや株式公開モデルもある。会員をひたすら集めて、もっと大きなネット企業に買収してもらう。あるいは株式上場で一 けする。TwitterやYouTubeなどはこれか? 2012/6/13 高度情報化と社会生活 17
  18. 18. メールの現状について2012/6/13 高度情報化と社会生活 18
  19. 19. メールのいろいろ パソコンのメールソフトで送受信するメー ル。(インターネットメール) →狭義の電子メール Webから使うメール。(Webメール) ケータイで送受信するキャリアメール。 ケータイのショートメッセージ。 Facebookのメッセージ Twitterのダイレクト・メッセージ 2012/6/13 高度情報化と社会生活 19
  20. 20. メールは日常的ツールだけど いまではケータイでメールを使うのは常 識。 仕事のパソコンでのメールも常識。 コミュニケーションの手段として日常化。 しかしこの「メールの常識」が異なる人同 士はうまくやりとりができない。 メールの定義の拡散によるディスコミュニ ケーション状態が発生している。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 20
  21. 21. メールの終焉? スパムの増大、防御手段があまりない。 モバイルデバイスの増大によるメールの拡 散。 カジュアルメールとビジネスメールとの ディスコミュニケーション メールの使い方が拡散 メールはもはや人が送るものではない? 2012/6/13 高度情報化と社会生活 21
  22. 22. ケータイとパソコンのメール ケータイ パソコン文字数 少ない 多い受信方法 プッシュ型(自動受 プル型(手動受信) 信)受送信頻度 概ね高い 人によりけり用語法 タメグチ 口語体利用シーン おもにプライベート 仕事とプライベート両 方添付ファイル あまりつけない 必要に応じて可能 2012/6/13 高度情報化と社会生活 22
  23. 23. メールの常識・非常識 携帯電話のメール パソコンのメールメールのタイトル つけない。 必ず件名をつける(件名)メールの署名 つけないことが多い。 必ず署名をつける。メールの文章 タメグチ(有人同士の会話) 仕事における常識的な文 章メールの目的 私用が多い。 主に仕事用。メールアドレス 変えることも多い。 基本的に変えない。送受信費用 パケット代がかかる 月額固定費、何通送受信 しても定額です。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 23
  24. 24. 相手のことを思いやろう メールは素晴らしく強力なツール だ。 しかし、配慮なしに使うと思わぬ トラブルも起こる。 相手のことを思いやることが大 事。 相手にさえうまく伝わればそれで 2012/6/13 高度情報化と社会生活 24
  25. 25. メールの課題 99.99%の信頼性 ビジネスレベルではな い。  送信違いやサーバーの不調、ネットトラ ブルなど不達。 信頼性を向上させるには「運用技術」で対 応する。 大事なメールには「お返事をください」と 添える。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 25
  26. 26. 迷惑メールの問題 世界中のメールの9割は迷惑メール ネットはまだ発展途上なので、うっかりメー ルを読んでしまう人が多いことが原因。 迷惑メールは「相手をしない」こと。 ・絶対に返事をしない。 ・クリックしない。 ・読まない、無視する。 頭にきたらメールアドレスではなく通信業者 2012/6/13 高度情報化と社会生活 26
  27. 27. フィッシングメールに注意 メールのアドレスは嘘でも届く。 リンクの偽装も慣れないと見破れない。 リンク先の偽装も簡単。 サービス運営側からのメールにごまかして、 パスワードやクレジットカード番号を盗むサイトに誘導されることがある。 ツイッターやGoogle、クレジットカード会 社名などを装った詐欺メールが多い。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 27
  28. 28. Gmailの使い方2012/6/13 高度情報化と社会生活 28
  29. 29. Gmail 10ギガを超える容量を持つ無料の Webメールサービス。 メールを根本から変えた。 スパムフィルターとしても優秀10ギガを越えると有料だが、一人で 複数のアドレスを持ってもよい。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 29
  30. 30. 様々な無料メール Gmail Yahoo! Mail WindowsLive!mailその他、たくさんにある。 メールに宣伝が入るものも多い。 仲間同士ならよいが、就職活動や仕事で無 料メールを使うのはマナー違反です。 ※第3者に無料メールのアカウントで連絡をとるという 2012/6/13 高度情報化と社会生活 30
  31. 31. 無料メールの注意点 パスワードの管理に注意する。 忘れない、無くさない、漏らさない。 予備のメールアドレスを登録しておく。 相手が迷惑メールの対策を取っている場合 に、フィルタにはじかれて届かない可能性 もある。→大切なメールには必ず返事をもらおう。 無料なのでサービスが止まったり、終了し 2012/6/13 高度情報化と社会生活 31
  32. 32. Gmailが優れている点 世界有数のネット企業が運営している。 検索がはやい。 稼働率が高い(トラブルが少ない) 反応がはやい。 容量が大きい。 迷惑メール対策、ウィルス対策 本文に宣伝が入らない。 いくつでもアカウントがとれる。 他の便利なGoogleのサービスと連動している。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 32
  33. 33. Gmailの問題点 Googleがつぶれたらどうなるのだろう? 9ヶ月ログインしないと消失する。 ラベルを用いた独特な整理手法である。 ウェブの最新技術を導入しているので、あま り初心者向きではない。 ネットにつながっていないと使えない。 →メールソフトを使うことでカバーは可能。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 33
  34. 34. Gmailの使い方の二つ Gmailをメインで使う。  Gmailのアドレスを相手に伝える。 Gmailをサブで使う。  本来のアドレスを使ってGmailを管理用 として運用する。さらに、Gmailからケータイに転送をする。→超お薦め。au Oneのメールはこれです。つまり、既にメールアカウントを使っている人 2012/6/13 高度情報化と社会生活 34
  35. 35. Gmail登録の注意点 アルファベット・数字の小文字とピリオド のみ。 記号は使えないので注意。 6文字以下は登録できない。 予備アドレスは必ず登録しよう。→パスワードを忘れたときの確認用です。 ケータイのアドレスでかまいませんが、 ケータイのメルアドを変更したら 2012/6/13 高度情報化と社会生活 35
  36. 36. Gmailの使い方 Webから使うメール →どのパソコンからでも使える。 →ケータイからも使える。 無料で大容量 →10ギガバイト以上 メールデータは全てサーバーにある。 →削除をしない 「アーカイブ」を活用す る。 受信トレイは常に空にしておく。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 36
  37. 37. Gmailの画面2012/6/13 高度情報化と社会生活 37
  38. 38. Gmailのラベルによる分類 フォルダではなく、「ラベル」による分類。 一つのメールに複数のラベルがつけられる。 ラベルは20個までつけられる。 いちいちラベルをつけるのが面倒なら 「フィルタ」を使う。 →受信したメールを自動的に振り分ける。 ☆を使ったマーキングも有効です。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 38
  39. 39. 受信トレイとアーカイブ 処理をしたメールはアーカイブに移す。 受信トレイは常に空にしておくのがコツ。 GTD(仕事を成し遂げる技術)の手法。 過去のメールは「すべてのメール」でいつ でも確認ができます。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 39
  40. 40. 迷惑メールとゴミ箱 Gmailには強力な迷惑メール判定機能がある。 しかし迷惑メールは誤判定をすることがあるの で、定期的に「迷惑メール」フォルダを確認す る。 メールアドレスを「連絡先」に登録をすると「迷 惑メール」と判定しなくなります。 ※メールを送信すると「連絡先」に登録します。 迷惑メールとゴミ箱は30日後自動的に削除されま す。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 40 Gmailでは基本的にメールは削除しません。
  41. 41. メールをGmailに統合する使っているメールをケータイも含めて全てGmailに統合してしまいましょう。→メールをなくさない、相手のメールアドレスも保存される。 やり方は二つあります。1.受信したメールをGmailに転送する。2.Gmailからメールを受信する。  (Mail Fetcher) 2012/6/13 高度情報化と社会生活 41
  42. 42. メールをGmailに転送する 使っているメール・サービスによって転送を するやり方が違います。 サービスメニューから転送を選ぶ。  →ケータイメールでは転送不可かも。  →管理者にメールを出して依頼をする。 .forwardファイルを利用エリアに置く。 転送があまりに多いとGmail側からサー バー毎拒否されるケース有り、注意。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 42
  43. 43. Gmailからメールを取りに行く Gmailの設定画面から 「アカウント」→別のアカウントからメールを 受信: 受信したいメールアドレスとパスワードを設定 する。 転送元に残す設定と残さない設定ができる。 ラベルをつける。 ケータイメールでもできる。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 43
  44. 44. 送信アカウントの変更 送信されるメールの発信アドレスをGmail 以外に設定をすることができます。 つまり、ケータイのアドレスでパソコンから 送信をすることができます。 そのメールアドレスを受信できることが設定 の条件で設定をする際に確認メールがきま す。 ケータイにきたメールの返事をパソコンから まとめて行うときなどに便利です。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 44
  45. 45. ケータイで使うGmail Gmailにはケータイ用のアクセスアド レスがあります。 携帯端末のブラウザから http:// gmail.com にアクセスします。 パケット代はかかりますが、過去の メールを全て確認することができま す。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 45
  46. 46. メルマガにはエイリアス機能 Gmailのメールエイリアス機能 アドレスに+記号をつけられます。 yukifujino@gmail.com yukifujino+obs@gmail.com yukifujino+tos@gmail.comどれでも受信ができます。フィルタをかけてメルマガ毎に分類できま す。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 46
  47. 47. Gmailをメールソフトから使う Gmailは通常のメールソフトでも使うこと ができますが、かなりコツがいります。 ※仕様ポートが標準ではなくセキュリティ モードになっているため、知識が必要。 面倒ならGmail用の設定がある 「Thunderbird」を使いましょう。 強力なフリーのメールソフトです。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 47
  48. 48. その他Gmailの便利な機能 20メガバイトまでの大容量ファイルを添付→相手もGmailを使っている場合。→通常のメールの添付は1メガバイト以下に 強力な同報メール →グループを作成して500人まで送信。 スターを付けて管理。 絵文字も(一応)使える。 署名の切替機能。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 48
  49. 49. 便利なオプション 自動署名  メールのフッタ(署名)欄に送信す る際に自動的に署名をつけてくれる機 能。 複数登録可能なものもあり、相手に よって使いわけたりする。 署名を使った、さりげない宣伝も効果 的。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 49
  50. 50. Gmailを安全に使うパスワードの使い回しを「絶対 に」しない。簡単なパスワードにしない(数 字のみとか)できればGmail以外のアドレス を普段は遣おう。2012/6/13 高度情報化と社会生活 50
  51. 51. メールアドレスの取り扱い ウェブサイトや掲示板にメールアドレスは書かない。 →アドレス収集用のロボットプログラムに  ひっかかってSPAM(悪戯メール)のリストに載る。 友人同士でアドレスの交換をする、名刺に記載するなど の交換方法が適当。 オープンなメーリングリストの参加にも注意が必要。 とくにケータイのアドレスは要注意、 ごく親しい友人にとどめておくのが適当? 慣れないうちはメールアドレスを変えても大丈夫なように 管理をして運用をする。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 51
  52. 52. メールアドレスの管理 大学のアドレスは卒業すると使えなくなる。  →慶応大学などは卒業生にもアドレスを発行。 会社のアドレスも仕事をやめると使えなくなる。 プロバイダを変更するとメールアドレスは変わる。 ケータイもキャリアを変えればアドレスが変わる。→一生変わらないアドレスを準備するのも一つの方法。お薦めは自分でドメインを取る→VALUE-DOMAIN(年額990円)→業務用のGoogleサービスである 「Google Apps」で運用、10アカウント 無料。  2012/6/13 高度情報化と社会生活 52
  53. 53. 会社でのメール運用 会社によってルールは様々である。 個人の責任で活用を許可しているところ。 私的な利用の禁止(程度は様々) プライバシーの確保と業務利用の 藤がある。 社外秘データの持ち出しなど内容を監視している ところもある。 組織利用では定められたルールを理解する。 ルールがないところは、その点でかなり問題。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 53
  54. 54. 相手のメールアドレスの管理 アドレス帳で管理をする。 必ずバックアップをとる。 ケータイの電話帳もパソコンなどで バックアップをしておくと便利です。 万一自分のアドレスが変わっても、変 更の連絡がとれるようにしておくこと がポイント。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 54
  55. 55. メールの今 スパムの跋扈とFacebookとTwitterの隆 盛でメールが使われなくなりつつある。 チャットなどメッセージングに転換中。 Facebookのメッセージも。 2種類のユーザーが混在している。 1)従来のFacebook内でのメッセージ 2)外部とのメールがやりとりできる新メッ セージシステムの利用者   2012/6/13 高度情報化と社会生活 55
  56. 56. Facebookメッセージの特徴 タイトルがない→ケータイの手法を採用。 チャットと融合。 やりとりをスレッドで管理する。 今後は9億の利用者を背景に統合メールシ ステムに発展する可能性が高い。1)ケータイ2)パソコン3)SNS(Facebook)型 2012/6/13 高度情報化と社会生活 56
  57. 57. ネットにデータはバックアップ クラウドバックアップサービス サービスによるが、2ギガぐらいは無料。機能 バックアップ 同期 仮想ドライブ スマートフォン閲覧 Mac対応 2012/6/13 高度情報化と社会生活 57
  58. 58. GoogleDrive 無料で5ギガのストレージ 自動バックアップ 複数のパソコンやスマートデバイスから ファイルの利用が可能。 アプリがなくてもWebから編集ができ る。文章、表、プレゼン、一部の画像な ど。 共同編集もできる。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 58
  59. 59. 文書共有 GoogleDocs→GoogleDriveに統合されました。 ワープロ、スプレッドシート、プレゼン テーション機能。 つまりWord、Excel、PowerPointの オンライン版が無料で使える。 でも、機能はそんなに多くないし、操作性 もそんなによくはない。 作業用というよりも共有をするためのも 2012/6/13 高度情報化と社会生活 59
  60. 60. Google+(グーグルプラス) 選手のAKB総選挙を中継 「+1」で盛り上げる予定。 Google+(ぐくたす)。 Googleのソーシャルサービス 2012/6/13 高度情報化と社会生活 60
  61. 61. Google+の機能 Googleアカウントで使えます。 プロフィール(項目毎に公開範囲を設定) ピックアップ→特定のキーワードの入った記事を閲覧できます。 ハングアウト ビデオ会議+ビデオ配信 写真 Picasaと連動 自動アップロード ローカル Google Place 2012/6/13 高度情報化と社会生活 61
  62. 62. Google+のコンセプト サークル Googleアカウントとメールアドレスを サークルに入れられます。 サークルはいくつでも持てます。 サークルに入れて貰う→投稿がフィードに 出てきます。 サークルは非公開ですが、公開することも できます。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 62
  63. 63. Googleカレンダー ネット上の強力な予定表 グループに分けて、管理できる。 グループ毎に、公開、共有、非公開を区分 できる、共同作業用として快適。 メールで日程を連絡して自分の日程に取り 込める。 OutlookやiCalなどパソコン用のスケ ジュールソフトと連携ができる。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 63
  64. 64. 写真アルバム共有Picasa クライアント・ソフトとセットになっている。 デジカメ→Picasaのソフトでパソコンに読み込 み。→ネットアルバムにまとめてアップロード。 スマホから自動アップロードできる。 公開したり、招待することで、写真の共有ができ ます。いちいちプリントアウトをしなくてもよい ので便利。 パーティや同窓会で活用。ただし、Yahoo!配下のFlickrの方が利用者多。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 64
  65. 65. Googleは世界を制覇するか? 300年かかるという説 3年で大半のデータを網羅できるという説 Facebookに負けるという説 Appleにやられるという説 いずれにしろ、今インターネットでGoo gleをウォッチすることはすごく重要な ことのひとつだ。 2012/6/13 高度情報化と社会生活 65
  66. 66. 次回の予定 6月20日Facebookのビジネス利用2012/6/13 高度情報化と社会生活 66

×