Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

5 2 facebook-2

16,209 views

Published on

5月2日講義資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

5 2 facebook-2

  1. 1. 高度情報化と社会生活 教養科目 水曜日 第3限目 講師 藤野幸嗣 メールアドレス yuki@fujino.com Facebook  https://facebook.com/fujino Twitter @fujinocom 講義資料 Web http://www.fujino.com 講義資料 Facebookページ 2012/5/2 高度情報化と社会生活 1
  2. 2. 本日の講義概要 講義の課題と注意しておく点。 Facebookの使い方。 著作権について Twitterの使い方。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 2
  3. 3. Ustreamによる中継の実験 Ustream(ユーストリーム 略してUST とも) ネット動画中継サービス 誰でも無料で登録できて、動画のネット中継と保存(録画=アーカイブ)ができる。 パソコンと動画カメラ、ネット回線があれば手軽に始められる。スマホでもできる。 Youtubeは動画をアップロードできるが、 2012/5/2 高度情報化と社会生活 3
  4. 4. Ustreamを見るためには? ブラウザで特定のアドレスを表示するだけ。 →とっても簡単。 ソーシャルストリームと連動可能。 UST標準またはTwitterやFacebookとも発言が連動できます。 動画を見ながらTwitterでコメント可能。 遠隔講義での活用などに期待できる。 皆さんが講義室に来なくてもよくなるか? それとも私が大学に来なくてもよくなるか? 2012/5/2 高度情報化と社会生活 4
  5. 5. 講義の動画記録の比較動画サービスの名前 大分大学グローバル Ustream キャンパス背景 大分大学の公式動画 非公式の実験 アーカイブ予算根拠 高等教育開発センター 学生さんのボランティア見ることが出来る機器 パソコンのみ パソコンやスマートフォンでも公開タイミング アーカイブのみ、公開 リアルタイム中継、公開もだいた まで2週間程度かかり い即日可能に。特長 ます。 動画の管理手法として 無料で誰でも動画が公開可能。 は、旧マスメディア的 可能性は高いが、YouTubeなど かな? ライバルサービスも多い。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 5
  6. 6. 今週のネットトピック Google Driveが利用可能になりまし た。 ファイルのバックアップや複数のデバイス 間でのやりとりに。 ファイルの共同編集も可能に。 Gmailも10ギガに容量増加。 Google Driveを使ったアンケートも準 備しています。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 6
  7. 7. Facebookの利用規約 実名による一人一アカウントが原則。複数アカウントの保持は「利用停止になるリスク」があります。 企業や組織名ではアカウントは作成出来ま せん。サークル名でアカウントを取ったり している人もいますが、これは「利用停止 になるリスク」があります。 組織利用でも個人のアカウントで Facebookページを作成するのが基本。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 7
  8. 8. 万一アカウントが停止されたら 身分証明書をつけて利用申請を行う必要が あります。2週間∼一ヶ月ぐらいかかると いう報告があります。 偽名や組織名でのアカウント取得、また複 数アカウントには注意。 Facebookでサブアカウント作成してい る人はただちに片方を削除しておくこと! TwitterやGmailなどでは複数アカウント での利用は問題ありません。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 8
  9. 9. Facebookの3つの機能「個人」「ページ」「グループ」の違い。 個人のウォール・プロフィール個人の投稿の公開範囲は人それぞれ、友達を増やさない人は友達限定に、友達を増やしたい人は投稿を公開。なお、発言毎に細かく公開範囲を設定できます。 グループ 個人単位で参加。公開・非公開・秘密の3つをグループ毎に設 2012/5/2 高度情報化と社会生活 9
  10. 10. Facebookの3つの機能 Facebookページ おもに企業や組織の情報発信用の機能。 公開のみ、限定公開はできません。 コメントや投稿は管理可能です。 双方向にもできますし、片方向にもできます。 個人アカウントで作成、複数(いくつでも)作成をすることができます。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 10
  11. 11. Facebookで道に迷わない ブラウザのブックマークで自分のページや 講義のページをお気に入りにいれておく。 Facebookにもブックマーク(お気に入 り)の機能があります。 右カラムにリンクが表示されます。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 11
  12. 12. 講義の準備にやること(1)1.Facebookに登録をする。2.講義用のFacebookページ 「藤野幸嗣の高度情報化と社会生活」に参 加登録(いいね!)をする。3.所属、学籍番号、氏名をメッセージで送 る。 ←講義用の秘密グループに参加登録しま す。「高度情報化と社会生活2012」2012/5/2 高度情報化と社会生活 12
  13. 13. 講義の準備にやること(2)4.講義ノート用に各自のFacebookページ を作成します。 ページ名に必ずフルネームを入れること。 ページーオーナーとして個人プロフィールへ のリンクをつけること。5.作成したFacebookページへのリンクを 講義用のメインのFacebookページ「藤野幸嗣の高度情報化と社会生活」のウォー ルに投稿すること。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 13
  14. 14. 毎週の課題6.講義に関連する記事を5件「自分の Facebookページ」に投稿します。7.5件とは別に課題または講義ノートを週 一件「自分のFacebookページ」に投稿 します。8.他の受講生のページに参加をします。  ∼自分が読んでみたい人のページだけ。9.他の受講生の投稿にコメントや感想をい2012/5/2 高度情報化と社会生活 14
  15. 15. 今週の課題 講義で話して欲しいテーマの希望、その理 由も一緒に書いて下さい。Ex. スマホ動向、Twitter、ジオメディア、ネットのセ キュリティ、情報教育、電子政府、電子書籍など。 締切は来週の講義開始(5月9日)まで。 別に記事を自分のFacebookページに5件投稿をしてお くこと。 内容は任意、できれば講義の内容に関することが望まし い。 余裕のある人は、講義ノート(講義中のメモや感想)の 2012/5/2 投稿もお願いします。高度情報化と社会生活 15
  16. 16. なぜFacebookページなのか? 講義ではFacebookページでの投稿を課 題としています。ややこしく感じることもあると思います。 個人のウォールでの投稿はプライバシーの 問題が生じるから。 公開される場での投稿の訓練。 企業など組織での活用の訓練。 講義終了後に、ページなら簡単に削除がで 2012/5/2 高度情報化と社会生活 16
  17. 17. Facebookで評価する理由1.世界中の知識がWebに集約される時代 Webをソーシャルに使いこなすことが大事。2.Webサービスへの登録やアカウントの管理、 パスワードの管理などネット社会を生きるための ノウハウを知っておく必要がある。3.ネットを使って人に見てもらえるための自己表 現を経験しておくことが必要。4.社交としてのネットの活用を実体験する。5.ひょっとしたら就職してFacebookの担当にな 2012/5/2 高度情報化と社会生活 17 るかもしれない?
  18. 18. 講義中のFacebookの活用 感想や課題は講義用に作成した自分の Facebookページに投稿してください。 →この場合に投稿を読めるのは講師を含め てページに参加登録をしている人。 または講義資料用のFacebookページの ウォールでもかまいません。 →この場合には講義資料のページに参加し ている全員が読むことができます。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 18
  19. 19. 受講生の学年別 内訳 1年生 2年生 人数 3年生 4年生以上 14 39 25 119 197名2012/5/2 高度情報化と社会生活 19
  20. 20. 受講生の男女別 内訳 男性 女性 人数 74 123 197名2012/5/2 高度情報化と社会生活 20
  21. 21. 受講生の学部別 内訳 医学科 看護科 人数 福祉教育 経済学部 34 工学部 72 66 6 19 197名2012/5/2 高度情報化と社会生活 21
  22. 22. 課題の状況 5月2日9時 講義資料のページへの参加登録 ?名 講義用グループへの参加登録  143名 課題提出用ページの作成と申請 105名 課題提出の準備ができていない受講生は急いで設 定を行うこと。 課題の締切は次回の講義時間までなので、後でま とめて提出することができません。  2012/5/2 高度情報化と社会生活 22
  23. 23. 課題ページの確認 受講生の講義課題ページのリストに掲載さ れます。 このリストに掲載されていないページは認 知されていません。 ページを作成したのにこのリストに掲載さ れていない場合には、至急連絡をくださ い。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 23
  24. 24. 出欠について 講義のグループのページに「イベント」の 機能を使って、出欠をとっています。 出席の際は必ず「事前に」参加ボタンをお しておくこと。出席点が加点されます。 なお、欠席しても減点はしません。 遠隔講義で講義ノートを書く自信がある人 は出席扱いでかまいません。 ただし動画のアーカイブの公開が遅れる場 2012/5/2 高度情報化と社会生活 24
  25. 25. 課題について とりあえず慣れるまでは適当に何でも書い てください。 慣れたら、講義に関すること、ネットの利 用、パソコンやケータイに関することなん でもかまいません、「情報化」や「情報社 会」に関すること、記事へのリンクなどを 感想付きで書き込んでください。 できれば「毎日」Facebookにログイン して、ひとこと書くことを講義の間の習慣 2012/5/2 高度情報化と社会生活 25
  26. 26. 課題のページについて 友達にも参加登録をしてもらいましょう。 受講生同士の友達の講義用のページで「いいね!」して参加登録を積極的にしましょ う。 読んだら「いいね!」したりコメントしたり しましょう。 注意!参加者が100名を越えるとページの名 前が変えられなくなる。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 26
  27. 27. 社交としてのWeb 知り合い同士だけではなく、 新しい知己を知り、互いの関心を確認する。 所属氏名を明らかにして、社会生活の中で ネットの活用をする。 これからは自分が「何を覚えているか」では なく、「○○を知っている人を知っているこ と」がモノをいう時代になる。 知り合いが増えれば、問題解決能力も増す。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 27
  28. 28. 参加したくなるページ運営 プロフィールは友達申請をしたくなるように。 写真は自分自身の写真。自己紹介も書く。 ウォールを非公開にしないこと。 Facebookページ(講義ノート)も友達が参加し たくなるように。 写真は自分の写真が望ましい。きちんと説明も書 く。 人に読んでもらえる文章や投稿を心がける。 写真やリンクなどもつける。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 28
  29. 29. Facebookで書く場所。1.自分のウォール→個人的な出来事。 他人に見られてもかまわないことを書く。2.自分の講義用Facebookページ(講義ノート) 講義の感想や個別の記事など。 ネットや情報社会について考えること。3.共通の資料用のページ ページの紹介。皆に共通する質問など。4.講義用のグループ  出欠やアンケートなど。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 29
  30. 30. 何を書くのか? 個人のウォールには、身の回りの出来事。 何をしているか?何をしたか?友達に伝えたいこ と。撮影した写真など。 →これらは講義の評価には関係がありません。 講義のページ(講義ノート) 記事はネットの利用や講義についての短い感想、読 んだ記事へのリンクや感想などを書く。 当面は講義の課題を中心に、講義に少しでも関係が あることなら、何を書いてもかまいません。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 30
  31. 31. Facebookはわかりにくい? 機能がどんどん変わるし、ボタンの位置も 変わる。 使えていた機能は無くなるし、なんか複 雑? 「マニュアル型人間」ではダメ。 基本的な使い方を毎日やっていれば、あま り戸惑うことはないと思います。 はやく慣れて、ネットの変化を楽しむこと 2012/5/2 高度情報化と社会生活 31
  32. 32. Facebookの記事の投稿2012/5/2 高度情報化と社会生活 32
  33. 33. Facebookの投稿文字、写真、動画を投稿できます。文字は4000文字程度まで。越えると自動的にノートになるので、文字数は気にしなくてもよい。リンクは自動的にサムネイル(小画像)付のリ 2012/5/2 高度情報化と社会生活 33
  34. 34. 何を投稿する考える習慣を 投稿ボタンをクリックすれば、世界中の人に (実際は自分の友達に)、じつに簡単に情報 を送ることができる。 投稿して記事を書くことが自己表現になる時 代。 考える人か?考えない人か?リアルタイムも 重要だけど、あえて書かないことも大切。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 34
  35. 35. 投稿を考えることが大事 この空白とても大事!2012/5/2 高度情報化と社会生活 35
  36. 36. 講義投稿のサイクル 投稿ウェブ 調べる 書くノートTwitter 検索 共有する RSS ページや ニュースフィード 2012/5/2 高度情報化と社会生活 36
  37. 37. 書くことで考えが整理できる パソコンで文章を書くことの利便性。 とりあえずなんでもランダムに書いて並び 替えられる。 文字の切り貼りが自由に出来る。 図解をつけてわかりやすくできる。 強調や引用が簡単にできる。 リンクが張れる。 簡単に公表できる。メールやFacebook 2012/5/2 高度情報化と社会生活 37
  38. 38. Facebookノートについて Facebookで長い文章(4000文字以上) を書くための標準のアプリ。 あまり凝ったことはできないが、後で編集が できる、複数の画像が入れられるなど、ブロ グがわりにも使える。 個人プロフィール、Facebookページ、グ ループそれぞれノートに書き込める。 投稿と違って、後で編集が出来る。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 38
  39. 39. Facebookノートの使い方 講義用に作成したページの画面にいきます。 「管理」→「Facebookページを編集」をク リックして、左のカラムから「アプリ」をクリッ ク。「ノート」の「設定を編集」をクリック。「追加」をクリックすると、ノートが左カラムに出てきます。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 39
  40. 40. ノートに記事を書く ノートのタイトルを記入する。 本文を書く。(パソコンのワードなどから 貼り付ける方がよいです) 文字の飾りをつける。 拡大・縮小・斜体や強調など 写真や画像を挿入する。 リンクを張る。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 40
  41. 41. ノートではいろいろ出来る。 文字を書くこと。 文字を大きくしたり、太文字やイタリック で強調したり。 写真を添付すること。 画像をつけること。 他のウェブや他のノートの記事をリンクを 使って紹介をすること。※直接Webに書くのでなく、なるべくペー 2012/5/2 高度情報化と社会生活 41
  42. 42. Facebookノートの効用 書くことで考えがまとまる。 →ひとつのテーマで考える習慣が身につく。 ネットに発表をすることで、楽しみや情報に 広がりが発生する。 →コメントや「いいね!」を積極的にもら う。 継続することで、考えることに流れが出来 る。 →進歩やまとまりを実感できる。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 42
  43. 43. 【重要】講義についての記事 毎週最低5記事+課題を投稿すること。 文字数の制限はありませんが、週に一つの 記事はある程度まとまった量があること。 400文字以上。 講義のまとめや講義の感想 実際にネットを使ってみての感想など。 それ以外の記事は自由に記載すること。 評価はFacebookの運営全体を評価しま 2012/5/2 高度情報化と社会生活 43
  44. 44. Webからの投稿の注意 うっかりページを移るボタンをさわってし まったりして、せっかく書きかけた記事が 消えてしまうトラブルが多い。1.あらかじめワープロなどで書いて貼り付け る。2.メールから投稿する。3.ケータイからも投稿をすることができま す。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 44
  45. 45. メールで投稿 Facebookページを編集→「モバイル」 2012/5/2 高度情報化と社会生活 45
  46. 46. 最初はなんでも書いてみる 内容はどんどん変わってよい。 考え方の変化こそが「Facebookの本 質」 過去の記事は下へ見えなくなっていく。 でも消えない・・・ あとで整理をしてもよい、しなくてもよ い。最初は個人プロフィールページに書いていっ 2012/5/2 高度情報化と社会生活 46
  47. 47. 記事のメタデータ 記事本文 発言者アイコン タグ リンク先(抄録) 発言者の名前 とサムネイル 書き込みリンク アクションボタン のアイコン 投稿時刻 コメントフォーム クリックすると記事のパーマリンク 2012/5/2 高度情報化と社会生活 47
  48. 48. Facebookのアクション 友達の発言を読んだら。 1.「いいね!」ボタンを押す。 2.コメントを書き込む。 3.シェアをして発言を紹介する。こうした反応を楽しむことが、Facebookの基本的な使い方です。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 48
  49. 49. コメントする。 他の人の発言にコメントをつけられます。 賞賛や疑問への回答、感心など友達なら気 楽にコメントをしましょう。 写真や動画、イベントの案内などにもコメ ントできます。 ある発言に、いいね!したりコメントをつ けると、さらにコメントがあったときに知 らせてくれます。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 49
  50. 50. 「いいね!」ボタンをクリック。記事に対する「いいね!」とは。→記事に「いいね!」をした人の一覧が付く。→自分のウォールに記事に「いいね!」をしたことが記事へのリンク付きで表示される。→「いいね!」した記事にコメントが付くと 「お知らせ」が届くようになる。友達の記事にも気軽に「いいね!」しましょう。Facebookの外にも「いいね!」ボタンが設置できます。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 50
  51. 51. シェアする。 様々なところでシェアボタンを押すと、そのデータへのリンクがフィードされます。 写真や動画、イベントなどをお知らせしたい 場合はシェアで。 投稿された記事自体をシェアするにはひと工 夫が必要です。 →投稿時間をクリックしてパーマリンクを シェアするようにします。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 51
  52. 52. 「シェア」する。 「キューレーション=紹介」の基本。 自分が読んだWeb上の記事、 facebookの記事、ツイートetcを友達に シェアする。 便利なブックマークレットTwitterはリンクだけですが、Facebook ではサムネイルや発言の概要も表示でき る。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 52
  53. 53. ニュースフィードの制御Facebookで記事を読む際の基本2012/5/2 高度情報化と社会生活 53
  54. 54. サイドボタン トップボタン ホーム画面 入力ウィンドウ ニュースフィー だいたい、新 規記事 が上に表示さ れます。 基本は「リ ロード」して ここを見るだ け。 リアルタイム フィードリスト 広告 2012/5/2 高度情報化と社会生活 54
  55. 55. ニュースフィードで閲覧2012/5/2 高度情報化と社会生活 55
  56. 56. ニュースフィードとは Facebookの基本となるもの。 ここの流れだけを見ていればよいです。 ホームボタンかFacebookボタンを押す と更新されます。 「友達の記事」+「参加しているページの 記事」+「アプリの記事」が表示されま す。 →時間順ではないことに注意。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 56
  57. 57. Facebookとmixiの違い。 mixiはポータル(リンク集)日記やコミュの記事を一覧からクリックし て見に行く操作が基本。 Facebookは「フィード」が中心。「フィード」とは「ストリーム=流れ」、ブログならRSSフィード、Twitterならタ イムラインなど。「ニュースフィード」がメイン、ここだけを 2012/5/2 高度情報化と社会生活 57
  58. 58. ニュースフィードとは Facebookの基本機能 自分と友達の発言とアクティビティの共有、 「発言」を「時間軸」で「共有」します。 写真や動画のアップロードも共有する。 Facebookページの更新を告知。 アプリからのメッセージ。コメントやいいね!をすることでコミュニケーションをとっていく。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 58
  59. 59. フィードとは? 最初はフィード フィードは には、なにも表 まっさらです。 示されません。2012/5/2 高度情報化と社会生活 59
  60. 60. 友達ができました。 まだ、なにも表 フィードは 示されません。 まっさらです。2012/5/2 高度情報化と社会生活 60
  61. 61. 友達が記事を投稿しました。 友達が投稿。 フィードに記事が 見られるようにな →あなたの なにして フィードに記事 る。 る? が出てくる。 元気? なにして る? 元気?2012/5/2 高度情報化と社会生活 61
  62. 62. 貴方が記事を投稿しました。 貴方が投稿。  記事を投稿しま →友達のフィードに す、フィードに自 貴方の投稿した記事 分自身の投稿が見 が出てくる。 られないこともあ 元気だよ ります。 元気だよ 元気だよ2012/5/2 高度情報化と社会生活 62
  63. 63. ニュースフィードに表示させる 友達になる。 →発言やアクティビティが表示される。 →承認がなくても保留でも表示される。 →拒否やブロックされると見られない。 Facebookページで「いいね」をクリッ ク。 →Facebookページの記事を表示。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 63
  64. 64. 「エッジランク」に基づく表示 ニュースフィードでは、友達や参加している Facebookページの記事の全てが表示される 訳ではありません。 非公開の独自アルゴリズムに基づいて、関係 の深い友達やたくさんの「コメント」や「い いね!」が付いた記事が表示されます。 自分の記事が表示されないこともあります。 全ての記事を読むには各プロフィールのタイ ムラインやFacebookページのタイムライン 2012/5/2 高度情報化と社会生活 64
  65. 65. エッジランクによる記事の格付け Facebookでは全ての投稿が表示される わけではない。順序も時間順ではない。 Facebookで投稿が表示されるランク。 時間(投稿時間の近いものが上位に) 盛上がり度(コメントやいいね!が沢山つ くと上位に表示) 親密度(投稿者やページの投稿にたくさん コメントやいいね!をつけていると上位に 2012/5/2 高度情報化と社会生活 65
  66. 66. ニュースフィードの制御 真ん中の画面を記事が流れていく。 ここを効率よく制御をすることが Facebookの使い方の基本。ニュースフィードに表示される記事。 友達の投稿 参加しているFacebookページの投稿。 参加しているグループの投稿。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 66
  67. 67. ニュースフィードの表示管理 タイムシーケンシャル(時間順)ではない点 に注意をすること。 リストを作る→リスト毎に表示する。特定の友達やページ、アプリを非表示にする。 メッセージの右肩の×をクリックする。 そのアカウントやアプリ、Facebookページ からのメッセージを以降非表示にできる。 設定で再表示ができる。 →アプリ毎の管理も可能。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 67
  68. 68. Facebookの記事を読む1.自分のニュースフィードで読む。 友達、Facebookページ、グループの発言。 →これが基本。2.リストで読む。 リストを作成して、リスト別に記事を読む。3.友達のプロフィールのタイムラインで読む。 友達の発言だけが読める。4.Facebookページのタイムラインで読む。5.グループのウォールで読む。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 68
  69. 69. タイムラインの記事を読む 個人のプロフィールの「タイムライン」 自分と友達が読みます。 公開していれば、プロフィールを見に来た 人が読むことができます。 Facebookページの「タイムライン」 Facebookに登録をしてなくても誰でも 読むことができます。 参加をすると新しい記事が自分の「ニュー 2012/5/2 高度情報化と社会生活 69
  70. 70. 「タイムライン」はお洒落に 個人プロフィールのタイムラインには様々 な行動記録が残されています。 タイムラインは個人の「行動」なので、基 本はオープンにしましょう。 →思わぬ出会いがあるかも。 ただし、変な情報が混じってないか常に気 を配りましょう。 友達からの変な投稿やアプリからの変なお 2012/5/2 高度情報化と社会生活 70
  71. 71. Facebookで発言する。 近況から自分のウォールに投稿する。リンク、写真、動画、イベント(へのリンク)、クェスチョンなどを添付することが可能。 投稿した記事や写真や動画はプロフィールの ウォールに自動的に表示されます。 リンク、写真、動画はサムネイル(縮小画 像)が添付されます。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 71
  72. 72. Facebookの記事を書く1.自分のウォールに書く。 友達がニュースフィードで読むことができ る。2.「タグ」をつけると、宛先の友達やペー ジのウォールにも表示できる。 3.友達のプロフィールのウォールに書く。4.Facebookページのウォールに書く。5.グループのウォールに書く。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 72
  73. 73. Facebookの発言 ホーム画面で、自分のウォールに書く。 リンク 写真 動画 イベントの添付がで きる。→これが基本。 →自分の友達が読む。 発言にタグを付ける。(あまり使われないけれど) @ページ名 @グループ名 @アカウント名 自分のウォール+他のウォールに同時投稿。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 73
  74. 74. 発言は書いた場所のルールに Facebookページや公開グループ、友達の ウォールに書き込む。  秘密グループへの投稿だと表示されない。 タグ機能を使うと。 自分の友達+タグ先のページやグループの参 加者のニュースフィードに表示される。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 74
  75. 75. 友達のタイムラインへの書き込み よほど親しいか、あるいは書き込んだ先の 友達にどうしても周知したい場合以外は薦 めません。コメントやシェアで対応しま しょう。 「友達のウォール」は本人が中身に気を 使って情報を出しているケースもあるの で、そうした中身や雰囲気を壊すような投 稿は慎んだ方が良い。 ページへの投稿も同じ。空気を読む。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 75
  76. 76. Facebookでの写真の共有 友達の写真をアップする際には了解を。 アップした写真はアルバムの作成が可能。 写真はタグをつけられます。 名前のタグをつけると、その人のプロフィールに自動的に表示されます。イベントの名前を共通にすると友達と写真を共有できます。パーティの後などで便利。タグをつけられたら外すことができます。 タグを承認制にすることもできます。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 76
  77. 77. 便利なブックマークレット Facebookにログインをした状態で、 紹介したいページを開いて、ブックマーク をクリックすると、自動的にリンク付きの 発言ウィンドウが開きます。 http://www.facebook.com/share_options 2012/5/2 高度情報化と社会生活 77
  78. 78. ページにリンクを投稿する 本文の途中や後にURLを記入すると、自動 的にリンク付きの記事が投稿されます。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 78
  79. 79. 投稿は公開される情報 Facebook=個人の情報を発信すること。 Twitterなどで匿名で情報発信を継続していて も、記事の内容から個人を特定される可能性は常 にある。 匿名でいろいろ無責任なことをいっていて、後で 実名を確認されたときのデメリットは大きい。 最初から所属や実名を明記して、差し支えのない 範囲で情報をオープンにして発信をしていく訓練 をしましょう。 2012/5/2 高度情報化と社会生活 79
  80. 80. 次回の講義予定  5月9日ソーシャルサービスの概括2012/5/2 高度情報化と社会生活 80

×