Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

(公開用)リテラシー周りを中心とした参加報告、及び「短期研修に行く前のあなたへ」

第14回北海道の図書館職員を中心とした有志による自主的な勉強会
平成27年度大学図書館職員短期研修  参加報告会
2016年1月28日(木)

  • Login to see the comments

(公開用)リテラシー周りを中心とした参加報告、及び「短期研修に行く前のあなたへ」

  1. 1. リテラシー周りを中心とした参加報告 2016年1月28日 第14回北海道の図書館職員を中心とした有志による自主的な勉強会 北海道大学附属図書館利用支援課 学習支援企画担当 河野 由香里 平成27年度大学図書館職員短期研修 参加報告会 短期研修に行く前のあなたへ 及び kono_y@lib.hokudai.ac.jp
  2. 2. 報告内容:リテラシーを中心に № 内容 事前 ※本日10時 1 大学図書館の現状と課題 7 2 学術情報リテラシー教育の現状 6 3 効果的なグループ討議法 4 4 大学を取り巻く状況と大学図書館の役割 5 5 海外研修経験から見えた大学図書館(1) 3 6 海外研修経験から見えた大学図書館(2) 3 7 大学図書館職員のスキルアップ法 7 8 電子コンテンツ導入・利用の現状と課題 7 9 学術コミュニケーションの動向 6 10 目録の現在と未来 4 11 国立情報学研究所の学術コンテンツ事業戦略 1 12 グループ討議 4
  3. 3. 目次 ①いつ行くもの? ②「大学図書館の現状と課題」 ③「学術情報リテラシー教育の現状」 ④楽しむために(事前も最中も事後も!) + アンケート数問 + クイズ数問(景品つき) ① ② ③ ④
  4. 4. スマホからアンケートにご参加ください URLにアクセス後番号を入力! Sugukiku.com(スグキク)
  5. 5. 練習アンケート Q. 大学図書館職員短期研修を 知っていましたか? はい ・ いいえ (鉛筆アイコンから自由にコメント可)
  6. 6. ①いつ行くもの? ① ② ③ ④
  7. 7. 河野は平成23年10月採用 (5年目) ①いつ行くもの? 「行くのはまだ先だよね~」と思ってた ・昨年度の北大組は川村さん、清谷さん、纐纈さん(現NII)だったし~ ・上にまだ行っていない人がいるし~ 枠が空いた ・ 「都合が悪く行けない」等があると順番が繰り上がるらしい ※河野前後の北大図書館入職順(河野調べ) K ▲▲ ▲▲▲▲ H23.4 H24.4 H25.4H22.4H18.4H17.4 同期 ① ② ③ ④ K N K S K K H T K I K 河 野 Y S M S
  8. 8. ②「大学図書館の現状と課題」 ① ② ③ ④
  9. 9. 「大学図書館の現状と課題」 ②大学図書館の現状と課題 1.ジャーナル問題 2.オープンサイエンス 3.学修⽀援 4.これからの学術情報システム →3.学修⽀援を報告します ① ② ③ ④
  10. 10. 平成25年8⽉科学技術・学術審議会学術情報委員会(審議まとめ) 「学修環境充実のための学術情報基盤の整備について」 学修環境充実には①~③の有機的連携が重要 ②大学図書館の現状と課題 ※平成27年度大学図書館職員短期研修 「大学図書館の現状と課題」講義資料より ① ② ③ ④
  11. 11. ②大学図書館の現状と課題 ※平成27年度大学図書館職員短期研修 「大学図書館の現状と課題」講義資料より ① ② ③ ④
  12. 12. ②大学図書館の現状と課題 ※平成27年度大学図書館職員短期研修 「大学図書館の現状と課題」講義資料より ① ② ③ ④
  13. 13. ②大学図書館の現状と課題 ※平成27年度大学図書館職員短期研修 「大学図書館の現状と課題」講義資料より ① ② ③ ④
  14. 14. アンケート Q. 「ラーニングコモンズ」 「アクティブラーニングスペース」 知っている or 想像がつきますか? はい ・ いいえ (鉛筆アイコンから想像したワードを入力)
  15. 15. ②大学図書館の現状と課題 ラーニングコモンズに対する疑問 1.ラーニングコモンズで図書館資料(コンテンツ)は 利⽤されている? 2. ラーニングコモンズは図書館に作る必要がある? 3. 学びをデザインできる図書館員はいる? ① ② ③ ④
  16. 16. ③「学術情報リテラシー教育の現状」 ① ② ③ ④
  17. 17. ③学術情報リテラシー教育の現状 大学での学術情報リテラシー教育 ■方向性 科学技術・学術審議会学術分科会学術情報委員会 “学修環境充実のための学術情報基盤の整備について(審議まとめ)” http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/031/houkoku/1338888.htm ■理論 学術情報リテラシー教育担当者研修講義資料/成果物 “学術情報リテラシー教育の理論と動向”(野末俊比古) http://www.nii.ac.jp/hrd/ja/literacy/result.html ■実践 国立大学図書館協会教育学習支援検討特別委員会 “高等教育のための情報リテラシー基準 2015年版“ http://www.janul.jp/j/projects/sftl/ 近年の動向として紹介されていたもの (勉強材料に!) ① ② ③ ④
  18. 18. ③学術情報リテラシー教育の現状 東京大学の実例 • 講習会さまざま テーマ別ガイダンス、オーダメイド講習会、初年次教育、 留学生向けガイダンス等、その他にも • 各種広報、情報発信 例)講習会開催案内(部局MLで集客UP!)→ターゲット • リテラシー用サイト運営・資料作成 情報探索ポータルサイト「GACoS」(ガコス) (Gateway to Academic Contents System) ① ② ③ ④
  19. 19. ③学術情報リテラシー教育の現状 http://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/index.html ① ② ③ ④
  20. 20. ③学術情報リテラシー教育の現状 学術情報リテラシー教育のこれから • 何でも「ググる」時代の情報探索 • 国際化への対応 • 社会人学生への対応 • ハブになる • 構成員すべてに対する学術情報リテラシー教育  図書館だけで完結しない  ふさわしい/できる学術情報リテラシー教育 はそれぞれ異なる ① ② ③ ④
  21. 21. ④楽しむために (事前も最中も事後も!) ① ② ③ ④
  22. 22. 短期研修に行ったことがある人は 以下のポーズをとってください
  23. 23. ここから先はほぼ 行ったことの無い方向けです ご了承(の上お楽しみ)ください
  24. 24. アンケート Q. これまでの人生で 「あの時もっと○○しておけば…」 と思ったことはありますか? ある ・ ない (鉛筆アイコンからどんな時に?を入力)
  25. 25. あの時って・・・ あの時にはもう…戻れない… 学生の時? 社会人になった時? 社会人になってからも? (・・・あの研修の時?)
  26. 26. 「短期研修に行く」という チャンス を活かして 研修を楽しもう! 同じ研修を同じレベルの人が受けたといっても、 全員が同じくらい満喫した(知的に、社交的に、その他)とは限らない
  27. 27. 短期研修は超贅沢な研修(河野私見) ■理由  著名な講師陣 基礎的な内容でも質問し放題(!?)  栄養バランスが考えられたメニュー 「この仕事をやっていく上で知らなくてはいけないことは?」 を自分で調べる(考える)必要がない  参加者は同世代  旅費支給(個人コスト0) ④楽しむために ① ② ③ ④
  28. 28. https://www.nii.ac.jp/hrd/ja/librarian/index.html そもそも研修の・・・ ① ② ③ ④
  29. 29. クイズ 1/3 Q. この勉強会は平成○年度の 短期研修受講者 が立ち上げたものである ① 26 ② 25 ③ 24
  30. 30. 第1回「大学図書館短期研修 参加報告会」アーカイブ https://sites.google.com/site/since20141203/home/1 昨年の 短研報告も 要チェック! ① ② ③ ④
  31. 31. 河野が準備したのは… ・事前に来る講義資料 ・過去の講義資料 ・発表者 ・他の受講者 ④楽しむために 事前 予習 予習のメリット = 研修本番がより楽しく♪ ① ② ③ ④
  32. 32. 河野が準備したのは 100枚 ・名刺は交流の必須ツール ・最終日前に名刺が足りなくなってる人、多数 ・印象に残った名刺は? (オリジナル名刺は印象抜群!) ④楽しむために 事前 名刺 12/1~12/4で最終的に○名の方と名刺交換 ※短期研修受講者は42名 ① ② ③ ④
  33. 33. クイズ 2/3 Q. 河野が交換した名刺は何枚? ① 21 枚 ② 35 枚 ③ 49 枚
  34. 34. 研修以外の時間は自由! (仕事関連も、プライベートも) ④楽しむために 事前 予習(ウラ) どこに○○びに行こうかな ① ② ③ ④
  35. 35. クイズ 3/3 Q. 河野が楽しみにしていた 国立科学博物館の○○○展は? ① ヒカリ 展 ② ワイン 展 ③ チョコ 展
  36. 36. いつもの自分を脱ぎ捨て本番用に変身(できた??) ・質問 「これ聞こう」準備がものを言う(気がする) ・交流 出会う気満々の人は惹き合う ・班 他大学の実例を聞く絶好のチャンス フリーライダーにならないよう注意を ④楽しむために 最中 研修中 ① ② ③ ④
  37. 37. 河野が参加したのは… ・12/1 情報交換会 ・12/2 井上昌彦さんを囲む会(研修とは別口)※ ・12/3 班の人と ・12/4 打ち上げ(研修終了後、自発的に発生) ④楽しむために 最中 飲み会 ① ② ③ ④ ※12/2の飲み会情報はどうキャッチした? →つながりの大事さを実感 飲み会中に紹介を受けることも!
  38. 38. 人とつながり、人をつなぎ、つながり続ける ・つながらなかったら、持ち得なかった 「気付き」がある(情報・マインド) ・つながりが、つながりを呼ぶ 踏み出すのは、自分 ④楽しむために 最中 つながり作り ① ② ③ ④ つながりの大事さについては井上昌彦さんの 「大学図書館職員のスキルアップ法」講義資料必見
  39. 39. やる気が出た(だけ)ではいけないと反省しつつ… (でも急ぐ必要もないと思う。それを理由にしてはいけないけど) ・つながりを保ち、活用! メールを出す、Facebook等で友達になる等 「聞きたいことが聞ける」仲になろう♪ ・聞きかじった事例を、採用 それ真似しよう、を実行♪ ・もう少し長期的な視点を持つ 「担当業務で手一杯」から、一歩先へ ④楽しむために 事後~現在 成果 (これから) ① ② ③ ④
  40. 40. https://www.nii.ac.jp/hrd/ja/librarian/index.html 目的と目標の再提示 ① ② ③ ④
  41. 41. 話 募 中
  42. 42. おしまいアンケート Q. sugukikuを使った感想 設問数(無料プラン)に限界があるので、 ・この後の雑談 ・勉強会事後アンケート ・直接 →いずれかの方法で教えてください
  43. 43. 参考資料 平成27年度大学図書館職員短期研修講義資料 https://www.nii.ac.jp/hrd/ja/librarian/h27/index.html 科学技術・学術審議会学術分科会学術情報委員会 “学修環境充実のための学術情報基盤の整備について(審議まとめ)” 平成25年8月 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/031/houkoku/1338888.htm 国立大学図書館協会教育学習支援検討特別委員会 “高等教育のための情報リテラシー基準2015年版“ http://www.janul.jp/j/projects/sftl/

×