NO MORE BESTSELLERS のまとめ

267 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
267
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

NO MORE BESTSELLERS のまとめ

  1. 1. JOOST SMIERS NO MORE BESTSELLERS
  2. 2. >インディアンが代々受け継いできた穀物 の種 >アートやデザインのアイディア  seeds, words, music, design, or chemical processes …etc 何かを改良する人は全て先人の発明に手を加 えている。  しかしだからと言って最新の改良者に所有権 を更新していってもよいのだろうか? 知的所有権は知識や創造性を民営化しているの か?
  3. 3.  アーティストやデザイナー達が抱えるコピーライ トの問題の中で最も懸念していることは、彼らが 生計を立てられるチャンスを手に入れられないと いうことである。  今のコピーライトのシステムは少数のbest-selling artistsには有効であってもマジョリティーである その他のアーティスト達には全く無意味である。  彼らのチャンスは民営化以外の方法で訪れるのだ ろうか・・・?
  4. 4.  デジタル化が進み1990年代には人々はコピーライ トのシステムに違和感を持ち始めた。  オープンソースやクリエイティブコモンズは、 best-selling artists以外のアーティスト達のための 公平な市場を作るということには全く役立ってい ない。  どのアーティストにも納得のいく収入を約束し、 誰もが持っている知識や創造性の民営化を止める ためには、より基本的な解決策が必要となってく る。
  5. 5. What if We Would Abandon Copyright?  → より多くのアーティストが納得のいく収入を得 られるようになる。  → 生産、流通、プロモーションの資産はより多く に共有され、より自由にアクセスできるようにな る。  →莫大な量の知識やアイディアがパブリックドメ インに存在するようになり、無料で誰もが利用可 能となる。  → 消費者はトップスターだけでなくより幅広い文 化に囲まれ、自由に選択できるようになる。
  6. 6. 文化的企業家  起業家の特徴:ある特定のフィールドでリス クを取りに行く。  このフィールドはどのビジネスとも似つか ず、アーティスト達は常に積極的に行動しな ければならず、周りより一歩先にいなければ ならない。  しかし、起業家達にリスクを取りに行かせる 環境がまだ整っていない。
  7. 7. The Two Controlling Markets  これまでに存在する文化的マーケットには2つのネガ ティブな支配が存在する。  1.著作権法 →投資を守る法であるため、 best- sellersには有効である。そのため文化市場の多様性を 頃している。  2.独占権→ films, music, books, design, visual arts, shows and musicalsなどは本当に一部の企業に しか市場コントロールが許されていない。  これら2つは相互作用しているため、これら2つを同 時になくしてしまう必要がある。
  8. 8. The Power of the Giants  大企業達は、多くの商品に対する著作権を持 ち、その著作権により市場でも権力を持つ。  対して多くの文化的企業家達は市場へのアク セスすらない。  この構図の中では、多くのアーティスト達は 成功できないだけでなく生活するだけの収入 を得ることも難しい。
  9. 9. A Proposal for a New Market  正統な市場を作り出すためには以下の2つの 取り組みが必要である。  1.著作権の廃止  2.市場を正常化する (ここでの「正常」とは平等のことを指 す。)
  10. 10.  1.著作権の廃止 これが成功すると翌日にはすでに誰もが手 を加えることができる。(守られない状況下 においてアーティスト達がとんでもないアイ ディアを形にしなくなるとは限らない。)  2.市場を正常化する 市場には多様性が必要であり、誰もが自由 に選択できる環境が必要。
  11. 11. The Consequences  結果的に商品の生産、流通、プロモーション のどの段階でも大企業の独占はなくなるだろ う。  そして文化的企業家達にとってよりリスクを 負いにいきやすい環境になるだろう。  この市場では消費者が自由に選択するため、 より多くの消費者が集まったものはbest-seller ではなく‘well-seller’となる。
  12. 12.  著作権がないと、第3者によって無償で使われたり、 リリース直後に他人に手を加えられてしまうことが想 定されるが、そうならないと考えられる理由がいくつ か挙げられる。  第1の創造者は誰もが全く同じものを創れないという 時点でその作品に価値を持たせることができる。独占 企業がいない市場では、圧倒的な市場コントロールの 力が存在しないため、これを盗まれる心配もない。  また、同じアイディアを思いつくであろう起業はいく らでもあり、この考えより他企業がすでにリリースさ れたものにお金をつぎ込む労力をかけるとは考えにく い。
  13. 13.  また、他の起業家が作品を合法的にコピーで きるようになることは問題ではない。なぜな ら彼一人でなく、誰もが同じようにコピーで きるようになるからだ。  さらに一番初めの起業家は最も安い価格で提 供できるため、競争が起きない。  そしてそのコピーたちは創造者の名声を生む ことに繋がっている。
  14. 14. The Power to the Masses  今まで述べてきた市場が実現されると…  膨大な量の文化的起業家達がスターの脚光に 邪魔されることなく収益を得ることができる だろう。  選ばれたアーティスト達はbest-sellersとして 世界に拡散する仕組みがもうないためwell- sellersとなる。
  15. 15.  また、アーティスト同士の間の収入の差も自 然と釣り合いが取れるようになる。  不安定な収入でやりくりしなければならない ビジネスではなくなり、先の仕事を考えるビ ジネスとなる。  そして今までリスクを負うチャンスもなかっ た者たちにリスクの場を提供するようにな る。

×