DESIGN LITERACY: ORGANIZING SELF-ORGANIZATION のまとめ

319 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
319
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

DESIGN LITERACY: ORGANIZING SELF-ORGANIZATION のまとめ

  1. 1. DESIGN LITERACY: ORGANIZING SELFORGANIZATION By Dick Rijken 高橋 杏子
  2. 2. DESIGN LITERACY: ORGANIZING SELFORGANIZATION =読み書き能力。 また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、 活用する能力。利用能力。応用力。 (YAHOO!JAPAN辞書)
  3. 3. DESIGN LITERACY: ORGANIZING SELFORGANIZATION =デザイン(自己表現のために必要な知識や技術) を使いこなせる能力。
  4. 4. DESIGN LITERACY: ORGANIZING SELFORGANIZATION オープンなネットワークにおいて、知識や専門性の位置づけは どのように変化するのか。プロデザイナーの役割とは? アマチュアデザイナーが、現代ネットワーク社会において”自己”を 形成するためには、何が必要なのか…。
  5. 5. モダニズムの終焉 モダニズム [普遍的な真実][右肩上がりの進歩] は終わりをむかえた。 正解のない世の中 カオスの迷宮のなかに、自分自身を見出す必要。 個人的な意義のために果てしない旅を続ける →悪くはないが、先の見えない不安はある。 即興で何かを作ったり適応したりすることを学習できれば、 人生は意味深く価値あるものになるに違いない
  6. 6. 固有性 (アイデンティティ) の矛盾 選択の矛盾 ネットワーク社会における基本的な矛盾
  7. 7. ネットワーク社会における基本的な矛盾 固有性 (アイデンティティ) の矛盾 個人の特性は、周りとの関係性によって明ら かになる。 …facebook, LinkedIn, LINE など
  8. 8. ネットワーク社会における基本的な矛盾 固有性 (アイデンティティ) の矛盾 →現代ネットワーク社会を文化的な場にしてる [文化の大事point] “表現し、省察する”を可能にしている 個人の特性は、周りとの関係性によって明ら かになる。 …facebook, LinkedIn, LINE など
  9. 9. ネットワーク社会における基本的な矛盾 選択の矛盾 自己選択する自由がある(権利) =たくさんの選択肢の中から選択しなければ ならない (義務)
  10. 10. 「文化としてのデザイン」から、 「(自己を含め)デザインする文化」へ ネットワーク社会における基本的な矛盾 選択の矛盾 自己選択する自由がある(権利) =たくさんの選択肢の中から選択しなければ ならない (義務)
  11. 11. SELF ORGANIZATION (自己組織化) 選択し、表現することにより、ばらばらの自分を1つのかたちあるものにする。
  12. 12. -Youtubeやinstagramなど… 非常にシンプル。分かりやすくデザインされてる。 (文書、写真、動画など…アップロードされるものもシンプル) もっと複雑なメディアや人工物について言えば、 “あとはご自由に使って!どうぞ”では足りなくて、 もっと助け(サポート体制)を充実させる必要がある。 Ex) STEIMであれば、楽器。 SELF ORGANIZATION (自己組織化)
  13. 13. どう助けるか? 注目すべきデザインリテラシーの、3つの要素 戦 略 的 ビ ジ ョ ン 戦 略 的 選 択 オ ペ レ ー シ ョ ン ス キ ル 自己表現のために必要な知識や技術を使いこなす能力=デザインリテラシー
  14. 14. 自己表現のために必要な知識や技術を使いこなす能力=デザインリテラシー 戦 略 的 ビ ジ ョ ン 何を達成したいか、目的をはっきりさせる (ビジョンを明確化) Ex)清掃員さんが楽に分別できる ゴミ箱を作りたい。 どう助けるか? 注目すべきデザインリテラシーの、3つの要素
  15. 15. 戦 略 的 選 択 大きな部分から小さな部分まで、 詳細を選択し、決定する。 (大きな選択は、小さな選択をする 際のよりどころになる) 自己表現のために必要な知識や技術を使いこなす能力=デザインリテラシー どう助けるか? 注目すべきデザインリテラシーの、3つの要素 清潔感か、かっこよさか… サイズは、角度は…
  16. 16. オ ペ レ ー シ ョ ン ス キ ル 生産ツールやインフラを使えるようになる 自己表現のために必要な知識や技術を使いこなす能力=デザインリテラシー どう助けるか? 注目すべきデザインリテラシーの、3つの要素
  17. 17. 学習でき得るものである→操作を学ぶこと以上に頭つかう 戦 略 的 ビ ジ ョ ン 戦 略 的 選 択 オ ペ レ ー シ ョ ン ス キ ル 自己表現のために必要な知識や技術を使いこなす能力=デザインリテラシー どう助けるか? 注目すべきデザインリテラシーの、3つの要素
  18. 18. どう助けるか? プロのデザイナーが果たしうる役割 プロのデザイナーは、デザインリテラシーをしっかりと持ち合わせている (必要なすべての専門性=知識、技術を持ち合わせている)
  19. 19. どう助けるか? プロのデザイナーが果たしうる役割 戦 略 的 ビ ジ ョ ン 問題はどこにあるのか、見定めるための サポート 良質なデザインの紹介、説明、議論… インスピレーションをもたらす存在に。
  20. 20. どう助けるか? プロのデザイナーが果たしうる役割 戦 略 的 選 択 良質な事例の構築、面談・ディベートを通して 自分たちの方法論や見識を共有。 ユーザーは、オープンにされた事例を綿密に検証 したうえで、改変し、利用し、共有する。 (オープンデザインの利点を最大限に活用)
  21. 21. どう助けるか? プロのデザイナーが果たしうる役割 オ ペ レ ー シ ョ ン ス キ ル 関連ツールのための適切なインターフェイスを デザインする。
  22. 22. どう助けるか? プロのデザイナーが果たしうる役割 戦 略 的 ビ ジ ョ ン 戦 略 的 選 択 オ ペ レ ー シ ョ ン ス キ ル オンライン上だけではなく、プロ・アマが対面して、知識共有しあうのも、 もちろん大事。そういう場は、「ホットスポットになり得る」 Ex) STEIM
  23. 23. STEIM -オランダ、アムステルダムにある電子音楽・電子楽器にかかわる 自主運営の研究施設。 -録音スタジオ、開発用の研究施設、イベントスペース、宿泊施設を備 えており、充実した設備+スタッフのサポートのもと、滞在しながら楽 器の制作を行うことができる。
  24. 24. 未来のデザイン オープンデザインにアマチュア集まるが、そこにはプロ(カリスマ)のサポートが 必須である。(←3つのレベルのリテラシー) ※人々、施設、関係性、ツール、オープンなインフラの生態系が必要
  25. 25. 未来のデザイン -人々はカリスマの周りに集まり、彼らから学び、お互いに学び合いも する。一部は成長し、自立的に発展。 -それ以外の部分は活気ある生き生きとした環境を作る為に、意識的 にデザインされ計画される必要がある。 -この生態系は、複雑なネットワーク社会において、固有性(アイデン ティティ)や選択、といった厄介な問題をどう扱ってていけばよいか、 新しい方法を発見させてくれるだろう。

×