Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
FROM BEST DESIGN
TO JUST DESIGN
Tommi Laition
Demos Helsinki
フィンランド唯一の独立系シンクタ
ンク
シンクタンクの目的
21世紀の人々のニーズや能力に合うような民主主義を開発すること
ビジョン
きわめて人間中心的
核
広範で高品質な調査研究
シナリオや提言、未来における大き...
社会に根ざす問題を解決するためのデザイ
ン
システムに潜在するモラルの破綻に根ざす世界の問
題
貧困問題、資源問題、地球環境問題など
「欠点だらけの世界の複雑さは
今日のデザインが挑戦すべき究極的な問題」
↓
プロのデザイナーに問題解決を一任するには
深刻すぎる
世界にあふれる問題を解決するための
オープンデザイン
従来のアプローチ
年齢や民族といった属性で人々の欲求を定
義
↓
完全なパラダイムシフトが必要
デザインによる問題解決に
必要なのは?
• 問題の構造を理解するための参加ツール
• 代替案を素早く試す方法
• よりスマートな交渉や選択の方法
• 製造販売における柔軟性
人類の歴史で初めて
世界の人口の半分以上が都市に住んでいる時代
都市のライフスタイルへの願望の破綻
自分自身がマイノリティであると感じている状況でコミュニティをつ
くる難しい
↓
強力な地元のコミュニティを機能させるために
①手頃な通信手段の確...
①平等性
②よい公共のスペース
③教育
オープンデザインのための前提条
件
発展途上国では
簡単にアクセスできる資源を使った、
手頃で持続可能な解決策を緊急に必要としている
EX) ネパールの非営利団体
International Development Enterprises
地元農業者が限られた資金を個人的な機材に...
信頼できるコミュニケーションネットワークや
簡単に構築できる充電システムが重要視されてい
る
太陽エネルギー、拡声器、自動車タイヤを使ったオープンソース洗濯機でも
利用できる材料と地元のコミュニティの現実的な必要性
↓
発展途上国がスマートなリ...
オープンでピアツーピアなプロセス
最適な解決策を探すための仕組みが埋め込まれている
↓
そのプロセス全体が公の利益を協議するためのもの
↓
さまざまな状況に適用可能な解決策が自ずと導かれる
オープンデザイン
「wowデザイン(びっくりデザイン)」
↓
FabLabのような実験と学びの場へのアクセ
ス
↓
「weデザイン(私たちのデザイン)」
「公のデザイン」と「自分のデザ
イン」
公のデザイン例
・Whirlwind
途上国に車いすを提供
・Loppuki
フィンランドの高齢者向け住宅
デザイナーの役割
①トレーナー
②翻訳者
③インテグレーター
オープンデザインが持続可能な
「地域の幸福」
幸福
人に必要とされている、自分に価値がある、有能である、と感じると
き
前提
多様性のある時代に
あらゆる人が同じ価値を持つ
市民に自分たちの暮らしを作る事に参加する権利と責任があることを
思い出...
人々のプロセスへの参加は持続可能性を強化する
人々の約にたつ事がしたいという
願望から生まれるデザイン
↓
より良い人生を送るためのツールを提供
長く使えるものを生み出す
例)
Open Prosthetics Project
Factor e Farm in Missouri
公の利益を大きくするために
①コピー
②プロトタイピング
③改良
④標準化
オープンデザインを経験
↓
自分の周囲に人々の価値を再認識
↓
より強いコミュニティが生まれる
オープンデザインは
「私たち(公共)」を再発見するための
ツールである
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

FROM BEST DESIGN TO JUST DESIGN のまとめ

356 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

FROM BEST DESIGN TO JUST DESIGN のまとめ

  1. 1. FROM BEST DESIGN TO JUST DESIGN Tommi Laition
  2. 2. Demos Helsinki フィンランド唯一の独立系シンクタ ンク シンクタンクの目的 21世紀の人々のニーズや能力に合うような民主主義を開発すること ビジョン きわめて人間中心的 核 広範で高品質な調査研究 シナリオや提言、未来における大きな挑戦を可能にする新たな洞察を抽出 する実験 中心テーマ 幸福、民主主義、市民参加、未来の都市、低酸素社会
  3. 3. 社会に根ざす問題を解決するためのデザイ ン
  4. 4. システムに潜在するモラルの破綻に根ざす世界の問 題 貧困問題、資源問題、地球環境問題など 「欠点だらけの世界の複雑さは 今日のデザインが挑戦すべき究極的な問題」 ↓ プロのデザイナーに問題解決を一任するには 深刻すぎる
  5. 5. 世界にあふれる問題を解決するための オープンデザイン
  6. 6. 従来のアプローチ 年齢や民族といった属性で人々の欲求を定 義 ↓ 完全なパラダイムシフトが必要
  7. 7. デザインによる問題解決に 必要なのは? • 問題の構造を理解するための参加ツール • 代替案を素早く試す方法 • よりスマートな交渉や選択の方法 • 製造販売における柔軟性
  8. 8. 人類の歴史で初めて 世界の人口の半分以上が都市に住んでいる時代 都市のライフスタイルへの願望の破綻 自分自身がマイノリティであると感じている状況でコミュニティをつ くる難しい ↓ 強力な地元のコミュニティを機能させるために ①手頃な通信手段の確立 ②食料生産、公共輸送・住宅における新しい発見 ③政府の投資
  9. 9. ①平等性 ②よい公共のスペース ③教育 オープンデザインのための前提条 件
  10. 10. 発展途上国では 簡単にアクセスできる資源を使った、 手頃で持続可能な解決策を緊急に必要としている EX) ネパールの非営利団体 International Development Enterprises 地元農業者が限られた資金を個人的な機材に費やさなくても 世界中の情報にアクセスできるようにする
  11. 11. 信頼できるコミュニケーションネットワークや 簡単に構築できる充電システムが重要視されてい る 太陽エネルギー、拡声器、自動車タイヤを使ったオープンソース洗濯機でも 利用できる材料と地元のコミュニティの現実的な必要性 ↓ 発展途上国がスマートなリサイクルの先駆者にな る
  12. 12. オープンでピアツーピアなプロセス 最適な解決策を探すための仕組みが埋め込まれている ↓ そのプロセス全体が公の利益を協議するためのもの ↓ さまざまな状況に適用可能な解決策が自ずと導かれる
  13. 13. オープンデザイン 「wowデザイン(びっくりデザイン)」 ↓ FabLabのような実験と学びの場へのアクセ ス ↓ 「weデザイン(私たちのデザイン)」
  14. 14. 「公のデザイン」と「自分のデザ イン」 公のデザイン例 ・Whirlwind 途上国に車いすを提供 ・Loppuki フィンランドの高齢者向け住宅
  15. 15. デザイナーの役割 ①トレーナー ②翻訳者 ③インテグレーター
  16. 16. オープンデザインが持続可能な 「地域の幸福」 幸福 人に必要とされている、自分に価値がある、有能である、と感じると き 前提 多様性のある時代に あらゆる人が同じ価値を持つ 市民に自分たちの暮らしを作る事に参加する権利と責任があることを 思い出させる 「何もしない人々」に個人のためではなく公のために何かをさせる
  17. 17. 人々のプロセスへの参加は持続可能性を強化する
  18. 18. 人々の約にたつ事がしたいという 願望から生まれるデザイン ↓ より良い人生を送るためのツールを提供 長く使えるものを生み出す 例) Open Prosthetics Project Factor e Farm in Missouri
  19. 19. 公の利益を大きくするために ①コピー ②プロトタイピング ③改良 ④標準化
  20. 20. オープンデザインを経験 ↓ 自分の周囲に人々の価値を再認識 ↓ より強いコミュニティが生まれる
  21. 21. オープンデザインは 「私たち(公共)」を再発見するための ツールである

×