011313osmワークショップ名工大

851 views

Published on

第5回OpenStreetMapワークショップ東海での報告です.

Published in: Education
  • Be the first to comment

011313osmワークショップ名工大

  1. 1. 大学地理教育とOSM OpenStreetMap ワークショップ in 名古屋 #5 01132013 OSMFJ/奈良女子大学人文科学系 西村雄一郎 nissy_yu@cc.nara-wu.ac.jp twitter id: nissyyu http://www.facebook.com/yuichiro.nishimura13年1月15日火曜日 1
  2. 2. OSM purity self-test • http://wiki.openstreetmap.org/wiki/ JA:OSM_purity_self-test13年1月15日火曜日 2
  3. 3. 内容 • 1.GISと社会 • 2.大学地理教育とOSM • 3.今後の課題13年1月15日火曜日 3
  4. 4. 自己紹介 • 氏名 : 西村雄一郎 (Yuichiro Nishimura) • 専門:地理学 • 職業 : 2010年奈良女子大学で大学生・大学院生に地理 学にかかわる教育を行っています(文学部人文社会学 科地域環境学コース).それまでは,愛知工業大学地 域防災研究センターやそこでつくられた大学ベン チャー企業,その前は京都の総合地球環境学研究所 と,任期付きの仕事を渡り歩いていました.13年1月15日火曜日 4
  5. 5. 1.GISと社会13年1月15日火曜日 5
  6. 6. GISと社会 • 1990年代以降の英語圏を中心とするGISと地 理学との対話の中から生まれてきたクリティ カルGIS(critical GIS):若林・西村(2010: 地理学評論83-1総説:「GISと社会」をめぐる 諸問題 • 参加型GIS(PGIS) の実践,フェミニスト 地理学との関連から新たな方法論として提 起された質的GIS,科学技術社会論(STS) からみたGIS と社会との関わり,監視とプ ライバシーをめぐる法的・倫理的問題,地 図の批判的検討などに関する研究が進展13年1月15日火曜日 6
  7. 7. GISと社会 • GISは一部の専門家のものではなくなる→だれでも,その気にな れば,GISを使える時代に • こうした新たにGISを使い出した人々:Neogeographer(ネオジオ グラファー) • そうした人々による自発的な地理情報の収集や分析は VGI(Volunteered geographic information:ボランタリーな地理情 報)と呼ばれる(瀬戸2010) • 状況によってはカウンターマッピングと呼ばれる,政府や大企業 が行う地図作成もしくは情報の非公開に対抗して,自分たちに とっての現実を訴えるためにマッピングが行われる場合も13年1月15日火曜日 7
  8. 8. 日本における議論• 近年,日本でもその現 状を踏まえ, GISと社 会に関わる諸問題につ いての議論が開始(日 本地理学会「GISと社会 研究グループ」(2012 ∼2013年度))• →日本地理学会 (3/29-31立正大学)シ ンポジウム『参加型GIS の現状と課題』開催13年1月15日火曜日 8
  9. 9. 2.大学地理教育と OSM13年1月15日火曜日 9
  10. 10. Neogeographer時代の 地理・GIS教育 • 奈良女子大学文学部地域環境学コースでの地理教育 • ほとんどの学生は地理業界・GIS業界に就職するわけではな い.長引く不況もあり公務員志望者も増加→商用ソフト ウェアの使い方を学習するより,社会に出て,地理情報の 分析が必要になったときに,すぐに使えるソフトウェアや データがあることを思い出してもらう • オープンな地理データ :OpenStreetMap • フリー・オープンソフトウェア のGIS:FOSS4G13年1月15日火曜日 10
  11. 11. そもそも大学地理教育って… • 近年のGISと地理教育を巡る話題 • 中高などでのGISGIS必修化と「防災教育」に関わる単元が盛り込まれ た新しい学習指導要領(中学社会科・高校地理歴史科) • 大学のカリキュラムには実習授業などあるが,その内容は自由→学習指 導要領のようなものはない(日本地理学会における地域調査士資格に関 わる科目としてGISが挙げられているが,地域調査士資格取得のための科 目要件が大学講義の標準というわけではない) • 結局は個々の教員の研究・教育に関わる経験や方針に内容が大きく左右 されている ある意味やりたい放題?!13年1月15日火曜日 11
  12. 12. 大学の地理教育上の意義 • 「無料」のデータを単に閲覧・利用:受動的な消費者 • オープンデータの生産者として実践してもらうこと で,地理的データとは何なのかをデータを作成しなが ら理解 • データの利用や所有に関する法的な問題やプライバ シーの問題などについても考える機会 • GISデータとしての利用可能性:既存データがないと ころで,OSMを経由した地図作成も可能13年1月15日火曜日 12
  13. 13. 大学の地理教育上の意義 • 個人の課題作成・提出従来の実習と異なる • 実習の作業経過公開.受講者内のコラボレーション作 業,OSMコミュニティのサポート.受講生・大学・一 般社会で共有可能なデータ作成 • 個人の成果をアカウントごとに把握可能 • 授業を通じた社会貢献活動の可能性:クライシスマッ ピング(大規模災害地マッピング)・地域活動とリン クして貢献可能な人材の育成13年1月15日火曜日 13
  14. 14. 奈良でのOSM活動の意義 • 奈良 • 「国際観光都市」 • 商用含む自由に利用可能な地図の必要 • 多言語対応の地図必要 • これまでのイベントなどでも,自由に使える地図の 不備が指摘(奈良アートプロムナード2010の例.パ ンフレットなど地図が作成されておらず,どこに何 が展示されているのか分からない)13年1月15日火曜日 14
  15. 15. 実習授業でのOSM • 奈良女子大学文学部人文社会学科地域環境学 コースでの講義中にOSMの地図作成実施 • 2010-12年 地域環境学実習 • 受講者数:地域環境学コース2回生・3回生 +他コースの学生(毎年10名前後) • 2010:OSM関西のマッピングエキスパートで ある清野さんを特別講師に迎える(2回)13年1月15日火曜日 15
  16. 16. OSMwikiの活用 • http://wiki.openstreetmap.org/ wiki/JA:Narajochiikanjisshu • (OSM関西のページから リンクされています) • アカウントの作成/GPS ログのアップロード方法 /地図の編集方法/主に 使用されるタグ/関連す る写真などを掲載 • 初心者向けのチュートリ アルページも活用13年1月15日火曜日 16
  17. 17. 3年間の進歩 • マッピング内容 • 1年目:大学キャンパスマップの作成 • 2年目:大学の最寄り駅である近鉄奈良と大 学の間の地域を中心にマッピング • 3年目:大学の北側の地域をマッピング13年1月15日火曜日 17
  18. 18. 画 霊 一 降13年1月15日火曜日 認夢 渉 塞 e 夢 謡 1 紳雛 》 1 雑 町一 鍔謡- 一 巽 1鐸 国 雪 1酔 函 卜華 - 雛 錘 - 調 . Ⅱ( 涛 鯉醗索 《織… 蝉 》 #催 》 》 Ⅲ調 零 鋸離 三 密 盈○ 議 >網羅侭 宮 司 辱 蕊 雷 ④ 、、 勘 緬 琴 騨 銃 嘩 輝 塞 識 詣 雲 識 ( 混 雑 ヰ • GPSログは7名でキャンパス内を分担 調 ー 謡 雪 寺 零 B 1 標識・看板など地物の情報をノートに記録) 、 . 恩 護 • 2010年はキャンパスマップ( キャンパス内の道路+ 『 マ 幹 ー , ト 警 ー 幽 )18
  19. 19. 13年1月15日火曜日 19
  20. 20. 13年1月15日火曜日 20
  21. 21. 2011年は外へ!13年1月15日火曜日 21
  22. 22. 13年1月15日火曜日 22
  23. 23. • 2013 大学北側の近年まちおこ しの活動が行われている「奈良 きたまち」地域をマッピング • 既存の地図にないような地域の 特徴を表すことができないか?13年1月15日火曜日 23
  24. 24. 3年間の進歩 • マッピング方法 • 1年目:GPSログ+フィールドワーク • 2年目: GPSログ+衛星画像によるアームチェアマッピン グ+フィールドワーク • 3年目:GPSログ+衛星画像によるアームチェアマッピン グ+フィールドワーク(WalkingPapersの利用) • →GPSの使用方法もフィールドワークの方法と同時に学習13年1月15日火曜日 24
  25. 25. 衛星画像を用いたアーム チェアマッピング • 2010年12月よりOSMでMicrosoft bing衛星画像 の利用可能に • 衛星画像をトレースして、データを作成する ことが容易になった • 建物形状などはGPSでのマッピングをしなく てもよくなった・・・?13年1月15日火曜日 25
  26. 26. • →雲でみえない(2011)13年1月15日火曜日 26
  27. 27. • →今年は見えるように Thank you, Steve!!13年1月15日火曜日 27
  28. 28. 3年間の進歩 • 利用ツール • 1年目:GPS(Garmin Foretrex 101)+JOSM • 2年目:GPS(Garmin Foretrex 101, Foretrex 301)+JOSM • 3年目: GPS(Garmin etrex 10)+JOSM13年1月15日火曜日 28
  29. 29. なぜかカクカクに →Foretrex 101がGPSログの小数点以下最後 の1桁を記録していない Garmin GPSmap 60CSx Garmin Foretrex 10113年1月15日火曜日 29
  30. 30. 新GPSの導入 • Garmin Foretrex 301(英語版) • Garmin Foretrex101の後継機種→下一桁がオミットされる仕様 ではなくなった(大きな改善点) • USBで直接接続・GPXでログが自動保存:ログをデータ保存す る際にGPS babelをかまさなくてもよくなる • ロガーじゃだめ?:ディスプレイで取得データ表示できたり 精度や捕捉している衛星が表示される方が教育上好ましい • 1トラック20000ポイント(1秒ログだと2時間弱しかもたな い)の制約は存在 • etrex 10(英語版) • が Foretrex 301 よりもかなり安価になったため,こちらに利 用をシフト13年1月15日火曜日 30
  31. 31. 成果と課題 • これまでにあまり地理情報に触れた経験 が少ない初心者を1から教えるのにはか なり時間が必要 • 地理的な視点を養うのに重要→フィール ドワーク • 地物とは何かを学習→記録の仕方に個人 差:何を現地で見たらいいのか.見よう と思っていないと何も見えない. • 逆に記録しないものなどをはっきりさせ ることも重要(個人宅の情報や私有地で 入れない場所など)13年1月15日火曜日 31
  32. 32. 成果と課題 • Potlatch2 or JOSM?: Potlatch2 web上ですぐにデータを動かせてしまうのが 逆にこわいとの意見・JOSMはインストールしなくてもJAVAのwebスタート でどのパソコンからも使えるので特に問題にならなかった • 大学の情報処理センターでの実習:個別IPが割り振られているため,ダウン ロードやアップロードに関わる問題はとくに起こらなかった • むしろ,同じ地域で共有作業を行う際の問題が大きい.保存したデータが エラーでアップロードできなくなっていやになる→新しいデータをダウン ロードしてそれに自分のデータを追加してアップロードし直す:手助け必要 • Bingによるアームチェアマッピングは,自分の実家の近くなどさまざまな場 所で試しに行ったりして楽しむ • GPSログやアカウントの作成などについてはプライバシーに留意しながら13年1月15日火曜日 32
  33. 33. 3.今後の課題13年1月15日火曜日 33
  34. 34. OSMを用いた大学地理教育の課題 • カリキュラム • OSMの何をどれだけどのように教えたらいいか • 90分という時間単位で教えるためにどうしたらよいか • 中高の新学習要領の下で学んだ学生に対して何をするか • 施設や機器とOSM(大学教育向けに何が必要か) • ソフトウェアやツールは何を用いるべきか?コラボ作業 にとって望ましい形は?13年1月15日火曜日 34
  35. 35. OSMを用いた大学地理教育の課題 • 社会連携・地域貢献 • 大学での知識や技術の習得を社会人になって以降も いかに継続・発展していけるか • 社会人向けにどうアプローチしていったらよいか. • 小中高校教育に対していかにアプローチ可能か • 運営組織としての大学にとってのメリットは何か? 利用をどう促していくべきか13年1月15日火曜日 35
  36. 36. SotM2012でも • FOSS4G Advent Calendar 2012 • nao.t • 「ジオで夢をつかむ」 • https://www.facebook.com/nao.tamura.73/ posts/50258573978611013年1月15日火曜日 36
  37. 37. OSMを用いた大学地理教育の課題 • 本学「なら学プロジェクト」(http://www.nara- wu.ac.jp/bungaku/nara/)との関わり • 学内での講習会などの実施(他コース・他学科・ 他学部でも地理情報の分析に関心のある人) • オープンキャンパスなどでのプロモーション • OSMローカルコミュニティとの連携を深める13年1月15日火曜日 37
  38. 38. ローカルコミュニ ティの重要性 • 地物の変化:地元の人々が最もよく 状況を分かっている 日時:2011 年2月 11 日(金・祝)12 日(土) • 地図の必要性:ローカルなさまざま 会場:奈良女子大学S棟1階S122教室(アクセ ス:http://www.nara-wu.ac.jp/bungaku/sges/access.html) な活動の中から起こってくる(→車 ・11 日(金・祝)  10:00-12:00 OpenStreetMap 概論  (基本概念/データ取得と編集の基礎)  13:00-15:00 OSM と GPS いすマップ)  15:30-17:30 OSM エディタ対抗戦     <懇親会> ・12 日(土) •  10:00-12:00 アームチェアマッピング最前線(1) OSMの地図化が進んでいる地域:  13:00-15:00 アームチェアマッピング最前線(2)  15:30-16:30 OSM の様々な活用方法・各自の取り組み報告 参加無料・どなたでも参加できます(筆記用具・クリップボード・デジ OSMのローカルコミュニティが盛ん カメ持参,ノートパソコン原則持参(ない場合はお知らせください.数 台の貸出ができます),また当日使用する GPS を会場で貸出します. ) 参加申込 下記メールアドレスに氏名 所属 ノートパソコンやGPSの有無を : ・ ・ な地域 連絡してください 参加申込 問い合わせ先 ・ 〒630-8506 奈良市北魚屋西町 奈良女子大学文学部 人文社会学科地域環境学コース 西村雄一郎 • 日本国内でOSMの活動が盛んな地域 e-mail: nissy_yu@cc.nara-wu.ac.jp tel: 0742-20-3325  の一つが関西地区→OSM関西13年1月15日火曜日 38
  39. 39. 学習と実践の間に • Yahoo! Japan提供のアルプス地図データのインポート が進展 • 地図のインポートが完了すれば,OSMのデータ密度 や質はさらに向上 • 一方でGPS+フィールドワークをすること,新しく地 図をつくることの楽しさを初学者に感じてもらいた い 悩ましい・・・13年1月15日火曜日 39
  40. 40. 奈良県山間地域の地図 • Google Mapsのデータ貧弱13年1月15日火曜日 40
  41. 41. 山間地域の既存のデジタル地図サービス • Google Maps含むゼンリンデジタル データに詳細地図(等高線や建築物の 外形などが入っている:zoomレベル 17)が収録されていない地域の存在 詳細地図あり (紙地図のゼンリン住宅地図には県内 すべての市町村が掲載されている) • 本来:地図マスターデータベース>出 版物という関係のようですが,実際に は出版物>デジタル地図データ 詳細地図なし • ナビ用のデータは道路以外の情報が省 略されている→インターネット公開さ れているゼンリンデータはナビ用の地 図? http://geofuse.georepublic.net:80/geofuse/showtheme? layer=mb_2B83005C55FB8E3384A13B36527B9801_512213年1月15日火曜日 41
  42. 42. 地図の作成 • Yahoo! Japan/Alps: 道路デー タ(インポート) • Bing 衛星画像 (トレース) – 災害発生時十津川では低 解像度画像 • 国土地理院1:25,000地形図 (WMSトレース) – 建物形状トレース アームチェアマッピング中心– 建物や道路省略あり13年1月15日火曜日 42
  43. 43. 課題 • 地元の人々によるマッピ ングが行われていない • OSMの利点や便利さを 知ってもらう必要あり・ パブリシティの不足 • 観光マッピングでの活用 • 防災教育での活用(古い 集落や熊野古道は尾根筋 に立地)13年1月15日火曜日 43
  44. 44. 地域で何をする? • 2012/12/3関西G空間フォーラム in 奈良で 『大学教育 におけるOSM・FOSS4Gの活用と展開』として報告 • 会場はスーツもしくは作業服姿のプロプライエタリ 系のGISもしくは測量業界の方ばかり… • 例の動画も含むさまざまなネタを準備したが全く笑 いは無し… 奈良の壁は厚い...orz13年1月15日火曜日 44
  45. 45. however… • 新しい出会いもいくつか • 奈良でのOSMやFOSS4Gの拡大に向けた奈良 大学碓井先生の力強いサポート • 十津川で地元の人とOSMできるようになるか もしれない(まだ未定ですが)…13年1月15日火曜日 45

×