Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

UniStudy ビジネス編 公開用 #3 プロジェクトマネジメント前編

2,130 views

Published on

UniStudy ビジネス編 公開用 #3
プロジェクトマネジメント前編

~本スライドについてまとめた記事はこちら~
UniStudyビジネス編振返り #4 ~プロジェクトマネジメント前編~ - みのわーるど::Blog
http://blog.mino3.com/entry/2016/12/26/012658

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

UniStudy ビジネス編 公開用 #3 プロジェクトマネジメント前編

  1. 1. © 2016 UNICAST INC. 2016年7月8日 株式会社ユニキャスト UniStudy ビジネス編まとめ 公開用 #3 第4回 プロジェクトマネジメント~前編~
  2. 2. 1.はじめに © 2016 UNICAST INC. 1 この度は、参加いただき、ありがとうございます! 1.UniStudyの目的 2.今後のスケジュール コクリエは、地域とのつながりを大切にしたい活気あふれる若者が集まり、共同生活を送り ながら成長を目指す地域貢献型シェアハウスとして生まれました。 昨年は、「雇用」をテーマにイベントを行ってきましたが、今年度は「教育・育成」をテー マに地域のみなさまと一緒に我々ユニキャストもスキルUPを図っていこうと考えています。 3.本日のアジェンダ 毎月第二金曜日18:00~20:00に開催。 軽食を食べながら、ビジネスパーソンとして力を付けよう! 18:00~19:00 IT勉強会 19:00~20:00 ビジネススキル勉強会 ※9.3月は、2時間IT勉強会予定 18:00~19:00 【IT勉強会編】Pepper入門! 19:00~20:00 【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメント論~前編~ (注)本資料は、UniStudyビジネス編の内容を公開用に再構成したものです。
  3. 3. 2 プロジェクトマネジメント ~前編~ © 2016 UNICAST INC.
  4. 4. 3.【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメント論~前編~ 3 ■プロジェクトマネンジメントとは・・・ 新しい環境にチャレンジする際に組織横断的なメンバーを巻き込みながら、 計画的、効率的に業務を進めていく手順のこと。 ■プロジェクトを成功に導く為のKEY プロセス 設計・進め方 関係者の 巻き込み方 7月UniStudy 8月UniStudy © 2016 UNICAST INC.
  5. 5. 3.【ビジネススキル編】Agenda 4 1.プロジェクトマネンジメントとは(20分) -ポイントを学ぶ動画 13分 -Review+各論補足 7分 2.前編:プロセスを描く (30分) -ポイントを学ぶ動画 5分 -Review 2分 -ケースStudy&事例紹介 20分 © 2016 UNICAST INC.
  6. 6. 3.【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメント論~前編~ 5 プロマネとは? 動画で学ぼう(LS-C10) © 2016 UNICAST INC.
  7. 7. 3. 【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメントとは 1.プロジェクトとは 通常の業務におさまらない、ビジネスの目標を達成するために期間を限定して行う 一連の作業のこと。 期限までにゴール(目標・目的)を達成する ■プロジェクトの構成要素 ①ゴール(目的・目標) ②限られた資源(ヒト・モノ・カネ) ③期間(始めと終わり) ■ある程度、パッケージ化されている部分がある ①プロジェクト活動の基本的な進め方 ②知っておくべき知識・技法 © 2016 UNICAST INC.
  8. 8. 3. 【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメントとは 7 2.プロジェクト・マネンジメントの必要性 異なる組織から集められたメンバーは、仕事の進め方、価値観、判断基準が均一 ではない。 プロジェクト業務に充てられる時間にも限りがある ■プロジェクトのライフサイクル 時間 作業量 立 ち 上 げ 計 画 管 理 実 行 期 限 × ○ ×事例 期日直前で業務過多により コスト(人件費)増 従業員のライフワークバランスの破たん 品質担保もしきれない © 2016 UNICAST INC.
  9. 9. 3. 【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメントとは 8 3.プロジェクト・マネジメントとは 設定された期限までに、予算内で要求に応えられるように知識、スキルやツール、 技法を用いて仕事にあたること。またプロマネとは、プロジェクトを成功裏に完了 させることを目指して行われる活動のことを指す。 ■成功に導くためのツール 1.計画立案 2.スケジュール作成 3.進捗管理 ■プロジェクト・マネンジメントのためのツール 1.Work Breakdown Structure 2.ガントチャート ※最後にご紹介します。 © 2016 UNICAST INC.
  10. 10. 3. 【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメントとは 9 4.プロジェクト・マネジメントとは、何をマネンジメントすれば良いのか ■プロジェクトマネンジメントの要素 ▶プロジェクトの完了・成功の判断基準は、スコープ&品質 時間 スコープ 資源 品質 プロジェクトの 開始と終了。 合計所要時間 規模・範囲・範疇。 最終成果物の量的 な基準 最終成果物に要求 されるレベル 仕様(スペック) ヒト モノ カネ © 2016 UNICAST INC.
  11. 11. 3. 【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメントとは 10 5.プロジェクト・マネジメントの5つのフェーズ • PJ立ち上げるに至った背景経緯、現在の課題。期待される目的を明確に 1.問題把握 • 要求事項、対象範囲、GOALを文章化して明確に 2.立ち上げ(要件定義) • 達成に向けて作業の洗い出し、作業順序、人・設備の試算 3.計画(基本計画の策定) • メンバーが計画に基づき作業実施。 • 作業実績の確認。上位組織への報告。差異が出た際は調整 4.実行・管理(開始/進捗確認/計画修正/テスト) • 最終成果物を確認し、導入。 • PJ目標の達成度を評価、改善点の洗い出し文章化 5.終結(導入/効果策定/今後の改善策) © 2016 UNICAST INC.
  12. 12. 3.【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメント:プロセス 11 前編:プロセスを描く プロジェクト・マネジメントと聞くと難しいことをイメージしてしまうかもしれないが 結局は、PDCA(Plan・Do・Check・Act)の繰り返しで成立している。 プロジェクトの単位が大きくなると、「計画」という一工程の中でもPDCAサイクルを 繰り返しながら設計が進むことになる。 後半は、プロジェクトを推進する上で欠かせない、PDCAについて学んでいきます。 PDCAを着実に実行することで、業務を成功に導くことができる。 © 2016 UNICAST INC.
  13. 13. 3.【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメント:プロセス 12 PDCAとは? 動画で学ぼう(LS-A01) 4:35~7:20 ※途中再生 © 2016 UNICAST INC.
  14. 14. 3.【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメント:プロセス 13 1.PDCAと目標 プロジェクトを成功させる為には、正しい目標設定をする必要がある。 正しく目標理解をするためには、6W2Hで抜けもれなく情報収集する。 またQCDを基に優先順位を判断しながら、プロセス設計を行う。 ■6W2H ■QCD Why(なぜ) 目的 Who(誰が) 主体者 What(何を) 内容 When(いつ) 開始と期限 Whom(誰に) 対象 Where(どこで) 場所 How (どのように) 方法手段 How much(どの程度) 達成水準 Cost 価格 Delivery date 納期 Quality 品質 © 2016 UNICAST INC.
  15. 15. 3.【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメント:プロセス 14 ~例題~ 隣の席の方と5分程度、会話をお願いします。 地域貢献型シェアハウス コクリエにて、七夕イベントを開催にあたり、準備を 進めていきます。集客期待人数は、約20名。 例題の情報を6W2Hに整理してみましょう。 6W2H 例題の情報を整理 Why(なぜ) 目的 Who(誰が) 主体者 What(何を) 内容 When(いつ) 開始と期限 Whom(誰に) 対象 Where(どこで) 場所 How (どのように) 方法手段 How much(どの程度) 達成水準 © 2016 UNICAST INC.
  16. 16. 3.【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメント:プロセス 15 ~解答例~ 地域貢献型シェアハウス コクリエにて、七夕イベントを開催しようと思う。 準備を進めて欲しい!集客期待人数は、約20名。 わずか2行ですが、Planに着手できるだけの情報は得られましたか? 不足事項があれば、追加ヒアリングを行い、責任を持ってPJを担えるように 6W2H 例題の情報を整理 Why(なぜ) 目的 地域の方との交流×季節を感じる Who(誰が) 主体者 コクリエを運営しているユニキャスト What(何を) 内容 七夕に関するコンテンツが必要 When(いつ) 開始と期限 7/7前後。それまでに告知、集客! Whom(誰に) 対象 近隣住民(お子様がいる方が親和性高)? Where(どこで) 場所 シェアハウス コクリエ How (どのように) 方法手段 企画概要決定→広報・集客→会場準備へ How much(どの程度) 達成水準 集客人数:20名 ★要追加確認★予算 © 2016 UNICAST INC.
  17. 17. Do CheckAct Plan 3.【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメント:プロセス 16 ■Plan:計画 1.必要な作業をすべて書き出す。 2.仕事全体の見通しを立て、 各プロセスや行動にかかる日数を見立てる 3.締め切りに間に合うようにPDCAの 各プロセスに締め切りを設ける 4.タスクの前後関係が現実的かを確認する ※上司へのチェックも組み込んでおく! ■Do:実行 スケジュールに沿って個人ワークや 関係者連絡を行っていく。 ~具体的にPDCAを行う際の手順~ 下記の情報差からも伝わる通り、「PLAN:計画」が要となってくる。 “とにかく手のつけられる事から“等から始めてしまうと効率悪化。 ■Check:確認・評価 作業自体が計画通りに進んでいるか、 進め方に問題点がないかを毎日確認 して評価する。 ■Act:改善 作業自体が計画通りに進んでいるか、 進め方に問題点がないかを毎日、確認 して評価する。 © 2016 UNICAST INC.
  18. 18. 3.【ビジネススキル編】プロジェクトマネンジメント:プロセス 17 ~事例紹介~ ユニキャストでのプロジェクト管理ツール:Redmine © 2016 UNICAST INC. 非公開
  19. 19. 18 第二部【ビジネススキル編】 完 次回は、プロマネ後編 ~関係者の巻き込み方~となります。 © 2016 UNICAST INC.
  20. 20. 19 アンケートのご記入を お願いします。 © 2016 UNICAST INC.

×