Getting The Point Of Ruby 1.9.1

3,277 views

Published on

* What is Ruby 1.9?
* Why do we have to use Ruby 1.9?
* How is Ruby going to be developed.

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
3,277
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
937
Actions
Shares
0
Downloads
117
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Getting The Point Of Ruby 1.9.1

  1. 1. Yugui 日本Rubyの会 Ruby 1.9系統リリースマネージャー 12-B-3 Ruby 1.9の 現状と導入ポイント
  2. 2. 自己紹介  Yugui (Yuki Sonoda)  Ruby 1.9系統リリースマネージャー  Ruby Issue Tracking System開発/管理者  Railsアプリケーション開発  『初めてのRuby』
  3. 3. Agenda  Ruby 1.9とは  特徴  何故Ruby 1.9か  開発体制  変更点概略  導入の手引き
  4. 4. Ruby 1.9とは
  5. 5. Ruby 1.9とは  MINORバージョンアップ  6年ぶり  新しいRuby  文法の改善  ライブラリの整理  仮想マシン  M17N
  6. 6. Rubyのバージョン系統
  7. 7. Ruby 2.0への道
  8. 8.  機能向上  実装刷新  開発体制  2.0への道  RubyがRubyであるためのRuby  温故知新 何故Ruby 1.9か
  9. 9. 開発体制
  10. 10. 開発体制  Release management  Redmine  開発会議  branch policy  サポートレベル  ドキュメント  標準化  rubyspec  coverage向上計画  Ruby Association
  11. 11. Redmine  http://redmine.ruby-lang.org  課題追跡システム  Railsアプリケーション  メーリングリスト連携  (IRC連携)  Wikiによる情報共有
  12. 12.  #ruby-core@freenode  オフライン(ustream)  2008年6月(筑波)  2008年8月(松江)  2008年秋(秋葉原)  2009年2月(松江) 開発会議
  13. 13. branch policy  1.8系統  2つのブランチをメンテナンス  1.9系統  1ブランチをメンテナンス  3年保証?  パッチレベル
  14. 14. サポートレベル  Supported  継続ビルド  メンテナ  Best effort  Perhaps  Not supported
  15. 15. ドキュメント  Rubyリファレンスマニュアル刷新計画  http://doc.loveruby.net  HTML  HTMLヘルプ  man
  16. 16. 標準化  IPA 「Rubyの国際標準化に関する調査の請 負契約」に係る公募  進行中...
  17. 17. RubySpec  The Standard You Trust  実装間互換性  mspec  http://rubyspec.org
  18. 18. coverage向上計画  coverage拡張ライブラリ  http://redmine.ruby-lang.org/issues/ show/217
  19. 19. Ruby Association  Ruby Association  伊藤忠テクノソリューションズ  サン・マイクロシステムズ  楽天  イーシー・ワン  ネットワーク応用通信研究所
  20. 20. 変更点概略
  21. 21.  文法の改善  ライブラリの整理  仮想マシン  M17N 変更点
  22. 22. 文法改善  ブロック引数  新しいlambda ->(x,y) { x+y }  オプション引数構文の制限緩和  新しいハッシュリテラル {foo: 1, bar: 2}  詳しくはNEWSを
  23. 23. ライブラリ整理  古いライブラリを削除  SOAP4R削除  RubyGems, Rake追加  minitest
  24. 24. 仮想マシン  YARV  高速化  AOT / translator基盤  HotRuby  yarv2llvm  unholy  難読化?  バイトコード仕様はまだ不安定
  25. 25. M17N  String#encoding, Symbol#encoding  IO#external_encoding, IO#internal_encoding  Encoding  String#encode  String#each_char  マジックコメント  #-*- coding: EUC-JP -*-
  26. 26. 導入の手引き
  27. 27. 修正順序  文法エラー  ブロック  エンコーディング → マジックコメント  ライブラリ確認  実行時例外  エンコーディング → 変換  String#each → Enumerator
  28. 28. 時期  スクリプティング  今すぐ  ライブラリ  そろそろ  商用アプリケーション  そろそろ?
  29. 29. まとめ  Ruby 1.9  次世代Ruby  開発体制  大幅改善。目下進行中  留意点  エンコーディングまわり  導入時期  今から
  30. 30. ご静聴ありがとうございました

×