前回のまとめ

945 views

Published on

RelaxCafe@CouchDB break2 (http://atnd.org/events/1623) で使用したRelaxCafe@CouchDB break1 (http://atnd.org/events/1323) のまとめです。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
945
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

前回のまとめ

  1. 1. id: yssk22 (CouchDB-JP)
  2. 2. 前回の内容  Why CouchDB  Eventual Consistency  Getting Started  The Core API
  3. 3. Why CouchDB  CouchDB = Relax  Self-Contained Dataを扱うアプリ  住所録、請求書、納品書、等の処理に必要 なすべての情報が載っているデータモデル  規模の大小、Web/ローカル アプリまで 様々な場面に対応
  4. 4. Eventual Consistency  CAPの定理の話  CouchDBはAvailablityとPartitionsを達成す る  分散環境でのConsistencyは、レプリケー ションでがんばる。  B-Treeベースのストレージエンジン  No-Locking  Revision System
  5. 5. Getting Started  DB操作はHTTPで。  CRUD = GET/POST/PUT/DELETE  フォーマットはJSON  クエリはMapReduceで。  これは今日の話!  Futonを使うと、一通りできる!
  6. 6. The Core API  サーバー情報  /  データベース操作  /{db}  ドキュメント操作  /{db}/{doc_id}  /{db}/{doc_id}/{attachment_filename}  その他  /_uuid  /_replicate

×