Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
自分のための
司書を持つ
(電子書籍の全文検索を試してみた)
@y_jono
自己紹介
• Twitter:@y_jono
• Github:y-jono
本が増えると
何が問題なの?
• 買ったかどうか覚えていない本が増える
o 電子データにすると余計に忘れやすい
• データ量増加で端末に入らない
o 外付けUSB HDDに死蔵される
• 情報にアクセスするための手間がかかる
o 「本の検索」と...
問題を解決するには
• 本を全部把握できる
• どの端末からでもアクセスできる
• 手間かけずに欲しい本(情報)を探せる
なんとかならないか・・・
http://ongaeshi.hatenablog.com/entry/honyomi-
honyomiとは
• PDF全文検索ツール
• 作者 @ongaeshi さん
o Milkode
• 全文検索エンジン:Rroonga
パッチ作成していただき
ありがとうございました
発表間に合いました
使ってみました
1. honyomiのインストール
2. 本の登録
3. 本の全文検索
honyomiのインストール
(OSXの場合)
1. Ruby の install (省略)
2. gem install honyomi
3. brew install Caskroom/cask/xquartz
4. brew instal...
本の登録
• デモ
o honyomi add PDFファイル
本の全文検索
• デモ
o honyomi search
o honyomi web
感想
• 本を全部把握できるか?
o > 存在を忘れてた本も含めて検索結果に出てくる
o > 全部把握する必要がない
• どの端末からでもアクセスできるか?
o > 適当なPDF本約250冊(15G未満)でDBサイズ約780M
o > Web公...
自分のための司書をもつ
自分のための司書をもつ
自分のための司書をもつ
自分のための司書をもつ
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

自分のための司書をもつ

809 views

Published on

電子化すれば本は無尽蔵に持てます。
しかし、数が増えるほど本の把握、管理、検索に時間がかかるようになります。
PDF書籍全文検索ツール honyomi でこれらの問題は解消できるのでしょうか?
実際に試してみた感想をお伝えします。

Published in: Software
  • Be the first to comment

自分のための司書をもつ

  1. 1. 自分のための 司書を持つ (電子書籍の全文検索を試してみた) @y_jono
  2. 2. 自己紹介 • Twitter:@y_jono • Github:y-jono
  3. 3. 本が増えると 何が問題なの? • 買ったかどうか覚えていない本が増える o 電子データにすると余計に忘れやすい • データ量増加で端末に入らない o 外付けUSB HDDに死蔵される • 情報にアクセスするための手間がかかる o 「本の検索」と本の中身の検索の2手間 o 技術書はとっさのアクセス性が大事
  4. 4. 問題を解決するには • 本を全部把握できる • どの端末からでもアクセスできる • 手間かけずに欲しい本(情報)を探せる なんとかならないか・・・
  5. 5. http://ongaeshi.hatenablog.com/entry/honyomi-
  6. 6. honyomiとは • PDF全文検索ツール • 作者 @ongaeshi さん o Milkode • 全文検索エンジン:Rroonga
  7. 7. パッチ作成していただき ありがとうございました 発表間に合いました
  8. 8. 使ってみました 1. honyomiのインストール 2. 本の登録 3. 本の全文検索
  9. 9. honyomiのインストール (OSXの場合) 1. Ruby の install (省略) 2. gem install honyomi 3. brew install Caskroom/cask/xquartz 4. brew install homebrew/x11/xpdf
  10. 10. 本の登録 • デモ o honyomi add PDFファイル
  11. 11. 本の全文検索 • デモ o honyomi search o honyomi web
  12. 12. 感想 • 本を全部把握できるか? o > 存在を忘れてた本も含めて検索結果に出てくる o > 全部把握する必要がない • どの端末からでもアクセスできるか? o > 適当なPDF本約250冊(15G未満)でDBサイズ約780M o > Web公開サーバーが必要 o > 著作権法を考慮すると認証機能必須 • 手間かけずに欲しい本(情報)を探せるか? o > 手間が2回 ->1回になった o > 検索結果表示機能の自分用カスタマイズが必要

×