Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ビジョンステートメントで学ぶプロダクトオーナーシップ ~Power of Vision~

1,370 views

Published on

プロダクトオーナー祭り2015のワークショップ資料
https://postudy.doorkeeper.jp/events/32808

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ビジョンステートメントで学ぶプロダクトオーナーシップ ~Power of Vision~

  1. 1. ビジョンステートメントで学ぶ プロダクトオーナーシップ ~Power of Vision~ 製品ビジョンの武闘会 2015/11/28(土) プロダクトオーナー祭り2015 名古屋アジャイル勉強会 山本博之、You&I
  2. 2. コミュニティ紹介 •名古屋アジャイル勉強会 • https://sites.google.com/site/nagoyaagile/ •2007年12月にXPJUG関西の方々の協 力の元に発足。第3回勉強会以降は毎 月勉強会開催を継続しています。 •活動内容を詳しく知りたい方は「名古屋 アジャイル勉強会 活動紹介」をご覧下さ い。 • http://www.slideshare.net/youandi060219/ss- 27115677 2
  3. 3. 自己紹介 •山本 博之 •ベンダー勤務のプログラマー •のつもりでしたが、もう半年仕事でプロ グラミングしていません。 •金融機関のシステム移行の仕事をし ています。ザ、ウォーターフォールという 感じでめまいがしています。 •Don't just do agile. Be agile! 3
  4. 4. ジコ、ショウカイ。 H/N: You&I(読み:ユーアンドアイ) SNS: @you_and_i 出身: 生まれも育ちも名古屋市 年齢: 30代後半 本職: 商学部出身の職業プログラマ 言語: C++, C#他 所属: プログラミング生放送勉強会 名古屋支部長 名古屋アジャイル勉強会 わんくま同盟 名古屋勉強会 4
  5. 5. ATTENTION 本資料は名古屋アジャイル勉強会 のサイトにて公開致します。 資料の内容について全ての メモを取る必要はありません。 ワークショップ内容に集中して 頂ければ幸いです。 5
  6. 6. 本ワークショップへのご意見・ご感想 •ワークショップについての感想をKPT方式 で付箋紙に一件一葉でご意見ください。 • Keep • 良かった、楽しかった、継続したい • Problem • イマイチ、分からなかった、要改善 • Try • 自身のチャレンジ、改善案、ご要望 •付箋紙の左上にKPTのいずれかをご記入 下さい。 6 K 楽しかった! P 説明が早口 T 職場でも やってみたい
  7. 7. AGENDA 1. プロダクトについて 2. ワークショップ 3. まとめ 7
  8. 8. 1. プロダクトについて ビジョンステートメントで学ぶプロダクトオーナーシップ ~Power of Vision~ 8
  9. 9. 1. テーマについて お詫び <(_ _)> ペーパークラフトで学ぶプロダクトオー ナーシップ Oops! ビジョンステートメントで学ぶプロダクト オーナーシップ New! 9
  10. 10. 1. テーマについて •まずはソフトウェア開発手法のスクラム について •三本柱 1. 透明性 2. 検査 3. 適応 10
  11. 11. 1. テーマについて •まずはソフトウェア開発手法のスクラム について •スクラムチーム(4~9人程度) • プロダクトオーナー • スクラムマスター • 開発チーム •成果物 • プロダクトバックログ • スプリントバックログ • インクリメント 11
  12. 12. 1. テーマについて •まずはソフトウェア開発手法のスクラム について •スクラムイベント • スプリント • スプリントプランニング • デイリースクラム • スプリントレビュー • スプリントレトロスペクティブ 12
  13. 13. 1. テーマについて 13 http://www.scrumprimer.org/jp/anime
  14. 14. 1. テーマについて •今回のテーマであるプロダクトに関する 責任を持つのがプロダクトオーナーです。 •プロダクトオーナーとは •委員会組織ではなく一人で担当する。 •コンテンツやプロダクトバックログ項目の 順序付けで意思決定を示す。 •プロダクトバックログの管理 • プロダクトバックログ項目(PBI)を開発チー ムが必要とするレベルで理解できるように する。 14
  15. 15. 1. テーマについて •プロダクトオーナーは、プロダクトのビ ジョンを示します。 •では、そのビジョンをどう示すのか? •その一つの方法として、ビジョンステー トメントの作成があります。 15
  16. 16. 1. テーマについて •プロダクト向けのビジョンステートメント は、プロダクトビジョンステートメントとも 呼ばれ、100~200文字で表現される プロダクトの将来像です。 •我々が普段よく目にするプロダクトビジョ ンステートメントはプレスリリースです。 •プロダクトの特徴や目玉機能が簡潔に 示されていますよね? 16
  17. 17. •余談 •ミッションステートメントという言葉もあり ます。 •戦術 ≪ 戦略 ≪ ミッション ≪ ビジョン ミッション 戦略 1. テーマについて 17 戦術 戦術 戦略 ミッション ミッションの延長戦上にビジョンがある
  18. 18. •余談 •ビジョンステートメントの作成からアジャイ ルソフトウェア開発によるソフトウェアプロ ダクト開発の流れについては書籍「実践 ドメイン駆動開発」に詳しい解説があり ます。 1. テーマについて 18
  19. 19. 1. テーマについて:確認 •ここまでの説明はご理解頂けましたでしょ うか? •表明じゃんけんで理解度をお知らせ下さ い • グー • お前は何を言っているんだ? • チョキ • 大体理解した。次に進めてOK。 • パー • 全て理解した。 19
  20. 20. 2. ワークショップ ビジョンステートメントで学ぶプロダクトオーナーシップ ~Power of Vision~ 20
  21. 21. 2-1. 自己紹介 •グループワークを始める前に自己紹介 を行います。 •以下の内容で一人2分位でお願い します。 1. お名前 2. 好きなスポーツ 3. 自分が良く使う(特定メーカー製等) プロダクトやサービスの良い点につい て簡単にご紹介ください。 21 10分間
  22. 22. 2-2. お題 •今回は、プロダクトビジョンステートメン トの作成を行います。 •ワークショップのお題となるプロダクト は・・・。 22
  23. 23. 2-2. お題 •今回は、プロダクトビジョンステートメン トの作成を行います。 •ワークショップのお題となるプロダクト は・・・。 23
  24. 24. 2-2. お題 •テーマは何かと話題の「5つの輪」です。 •英語版の招致サイトだったり •ロゴだったり •実際のイベントが何を目指しているの かを示すのではなく、こんなイベントに なったらいいな!を作成して頂きます。 24
  25. 25. 2-2. お題 •今回は、この一大イベントのコンセプト をプロダクトビジョンステートメントとして 示して頂きます。 •プレスリリースの形にすると大変ですの で、 15秒間のエレベーターピッチで説 明できる内容で作成してください。 25
  26. 26. 2-3. エレベーターピッチとは(1/5) •エレベーターピッチとは、短時間で自分 の思いを相手に伝える手法です。 •これはシリコンバレー発祥と言われる 話し方で、エレベーターで乗り合わせ た人との15~30秒間で相手をぐっと引 き寄せ、千載一遇のチャンスを次へと 繋げるものです。 26
  27. 27. 2-3. エレベーターピッチとは(2/5) •私たちの身近な所では、TVのCMは短 時間で商品やサービスに興味を持っ て貰い、購買意欲へと繋げています。 •エレベーターピッチは、最も短いプレゼ ンテーションでありプレゼンの極意とも 言えます。 27
  28. 28. 2-3. エレベーターピッチとは(3/5) •書籍「キャズム」において、製品/サービス の特徴を手短に伝える為のエレベーター ピッチ テンプレートが紹介されています。 •そして書籍「アジャイルサムライ」のインセ プションデッキの10の手強い質問の1つと して、「キャズム」のエレベーターピッチ テン プレートがそのまま採用されています。 28
  29. 29. 2-3. エレベーターピッチとは(4/5) •[潜在的な、ニーズを満たしたり・課題/問 題を解決] したい。 • [対象となる顧客] 向けの、 • [プロダクト名] というプロダクトは、 • [プロダクトの種別] です。 •これは • [重要な利点、対価に見合う説得力のある 理由] ができ、 • [考え得る最も有力な代替手段] とは違っ て、 • [代替手段とは差別化される決定的な特 徴] が備わっている。 29
  30. 30. 2-3. エレベーターピッチとは(5/5) •エレベーターピッチが役立つ場面 •限られた短時間で相手に思いを伝えた い • 営業や販売トーク • 初対面の人への自己紹介 • アイドルとの握手会 •発言者が多く、時間を節約したい • 朝会(デイリースクラム)や進捗会議 • その他の会議 30
  31. 31. 2-4. ワークショップ •今から2020年開催の「5つの輪」のコ ンセプトをエレベーターピッチ(15秒)で 説明できるプロダクトビジョンステートメ ントとして作成してください。 31
  32. 32. 2-4. ワークショップ1 •今から2020年開催の「5つの輪」のコ ンセプトをエレベーターピッチ(15秒)で 説明できるプロダクトビジョンステートメ ントとして作成してください。 •まず最初にブレインストーミングでコン セプトのアイデア出しを行いましょう。 •一件一葉でアイデアを書き出してくだ さい。 32 10分間
  33. 33. 2-4. ワークショップ2 •各グループで2020年開催の「5つの 輪」のコンセプトをエレベーターピッチ (15秒)で説明できるプロダクトビジョン ステートメントとして作成してください。 •ブレインストーミングで出たコンセプトを グルーピングし、ビジョンや方向性を決 めましょう。随時アイデアを追加しても 良いです。 33 15分間
  34. 34. 2-4. ワークショップ3 •各グループで2020年開催の「5つの 輪」のコンセプトをエレベーターピッチ (15秒)で説明できるプロダクトビジョン ステートメントとして作成してください。 •ビジョンや方向性が決まったら、15秒の エレベーターピッチ作成を行ってください。 •今回はピッチテンプレートは使っても、使 わなくてもどちらでも良いです。 34 20分間
  35. 35. 2-5. 共有タイム •各グループで作成した「5つの輪」イベ ントのコンセプト/ビジョンを示すエレ ベーターピッチの発表を順番に行って 頂きます。 35 10分間
  36. 36. 3. まとめ ビジョンステートメントで学ぶプロダクトオーナーシップ ~Power of Vision~ 36
  37. 37. 3. まとめ •今回のワークショップでは、プロダクトビ ジョンステートメントとして、エレベー ターピッチの作成を行って頂きました。 37
  38. 38. 3. まとめ •今回は「5つの輪」というプロダクトが既に ある状態で、そのプロダクトのビジョンを考 えるというシチュエーションでした。 •狙いとしては、既にモノがある状態でどう 売り込むのか?を考えて頂くモノでした。 • OSやソフトウェアパッケージのバージョンアップ などにおいて、基本コンセプトはあるものの、 新機能や改善点のアピールする。 • 後からプロダクトの開発チームに参加してそ の製品の魅力を考える。 38
  39. 39. 3. まとめ:ふりかえり •今から各グループで今回のワークショッ プ内容についてのふりかえりを行いたい と思います。 •今回のふりかえりは、アメリカ陸軍で行 われているAARミーティング方式で行い ます。 39
  40. 40. 3. まとめ:ふりかえり After Action Review 40
  41. 41. 3. まとめ:ふりかえり •AARの四要素 1. ブリーフィング(状況説明)会議 2. 長時間の計画立案・検討会議 3. 全員による膨大なメモ取り 4. 過去の教訓と未来の行動との関連付 け 41
  42. 42. 3. まとめ:ふりかえり •AARサイクル 1. 作戦指令書作成 • 指令、目的、司令官の意図、最終目標 2. 作戦リハーサル • 模型作成、司令官の意図確認、作戦の フェーズ分け、 AARミーティング 3. 作戦実施 • メモ取り、AARミーティング 4. 事後検討会 • 作戦行動中のメモを元にAARミーティング 42
  43. 43. 3. まとめ:ふりかえり •AARミーティングの議題 1. どのような結果を意図していたか、目 的は何だったか 2. 実際の結果はどうだったか 3. その理由は何か 4. このまま維持すべき点、改善すべき点 は何か 43
  44. 44. 3. まとめ:ふりかえり •AARミーティングのルール • 作戦前・作戦中や作戦直後など、数十回 も開催する • 階級を問わず、部隊の誰もが参加可能 • 中間的な立場のファシリテーターを置き、相 手の意見を引き出すような質問を心がける • 部隊の強みと弱みを見極めるのが目的で あり、批判はしない • 作戦の成否判断は行わない 44
  45. 45. 3. まとめ:ふりかえり •実際にやっていきましょう •AARミーティング式ふりかえり 1. どのような結果を意図していたか、目的は 何だったか 2. 実際の結果はどうだったか 3. その理由は何か 4. このまま維持すべき点、改善すべき点は 何か • 他のグループの発表と比較して • 自分の普段の活動と比較して 45 15分間
  46. 46. 3. まとめ •プロダクトの魅力を捉えるには、そのプロダ クトのビジョンが明確になっていることが重 要です。 •これはリーダーシップについても同じで、 リーダーがビジョンを示す事で、組織はそ のビジョンに向かって進む事が出来ます。 •良きプロダクトオーナーは、良きビジョンを 持ち合わせている事が重要かと思います。 46
  47. 47. 3. まとめ:確認 •今回のワークショップについてご理解頂け ましたでしょうか? •表明じゃんけんで理解度をお知らせ下さ い • グー • お前は何を言っているんだ? • チョキ • 大体理解した。復習しつつ実践に繋げたい。 • パー • 全て理解した。早速明日から実践する。 47
  48. 48. 本ワークショップへのご意見・ご感想 •ワークショップについての感想をKPT方式 で付箋紙に一件一葉でご意見ください。 • Keep • 良かった、楽しかった、継続したい • Problem • イマイチ、分からなかった、要改善 • Try • 自身のチャレンジ、改善案、ご要望 •付箋紙の左上にKPTのいずれかをご記入 下さい。 48 K 楽しかった! P 説明が早口 T 職場でも やってみたい

×