Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20120111 シンポジウム

3,758 views

Published on

  • Be the first to comment

20120111 シンポジウム

  1. 1. 3 ・ 11 被災地子ども白書出版記念シンポジウム 第1部 3 ・ 11 被災地子ども白書のご報告 NPO 法人アスイク 代表理事 大橋雄介
  2. 2. Today’s Contents1. NPO 法人アスイクのご紹介2. 5 つのキーメッセージ (被災した子どもを取り巻く現状) 2
  3. 3. 学校再開の遅れに対応するために団体立ち上げ 3
  4. 4. 活動の概要 避難所 NPO 法人学習 サポータ 仮設住宅 アスイク ー 直営施設 協力者 4
  5. 5. 2011 年 4 月 3 日、立ち上げから 1 週間後に第 1 回目の活動 5
  6. 6. 多数のメディアで紹介河北新報夕刊 ( 2011.04.09 ) 日本経済新聞 ( 2011.05.03 ) 週刊東洋経済 ( 2011.05.23 ) 6
  7. 7. 立ち上げ 3 ヶ月で、一定の成果をあげた < 4 月~ 6 月の活動実績> 実施場所: 4 市町 9 避難所 (仙台・多賀城・亘理・石巻) ※うち 3 ヵ所は ALL 東北教育フェスタのバックサポート 活動回数: 59 回 参加サポーター数: 308 人(のべ) 参加した子ども: 444 人(のべ) 7
  8. 8. 仙台市内 4 ヶ所、多賀城市 1 ヶ所の仮設住宅へ展開 8
  9. 9. 荒井小学校仮設住宅での活動風景 9
  10. 10. 会員制学習支援センター『 19 Tsutsujigaoka 』の立ち上げ 10
  11. 11. 連携体制  ALL 東北教育フェスタ 学習  Tohoku Law Net (東北大学法科大学院) サポーター  山形大学 NPO 法人 ETIC. の確保 活動基盤 活動拠点の 強化 運営 NPO 法人 アスイク  仙台市若林区町づくり 推進課 学習 株式会社 教材 サポーター  学校法人河合塾 日本コスモトピア の育成  NPO 法人 PARIF 11  有限会社アライブワン
  12. 12. 活動の全体像( 2011 年度) 参考資料 スケジュール 主な活動 概要  震災後、いち早く団体を立ち上げ、避難所での学習サポートを開始  学校再開が遅れるリスク、学校再開後に懸念される子どもの学習遅れ、長引く避難所生活による の で 所 難 避4 月~ 6 子どものストレスなどに対処 ー ト ポ サ 習 学 月  4 月~ 6 月の実績:実施場所 /4 市町 9 ヶ所の避難所、活動回数 /59 回、参加したサポーター /308 人(のべ)、参加した子ども /444 人(のべ)  仙台市内、多賀城市の仮設住宅団地の集会所で、主に仮設住宅に入居する小学生~高校生を対象 として、学習サポートを継続 トで ポ宅 サ住 習設 学仮 の  避難所と異なり、保護者からの申込み制とし、子どもとサポーターの人間関係づくりや履歴管理 7 月~ ー を重視した活動を展開  仙台市内に 8,000 戸近くある借り上げ住宅(民間の賃貸住宅)に居住する家庭の受け皿として、 みやぎ NPO プラザ(宮城野区)内に学習スペースを設置 き つ 導 指 別 個 ・ 金 学 奨  一般の家庭も受け入れ可能としているが、被災した家庭や経済的に困窮する家庭に対しては、奨 9 月~ ー 学金として利用料金を大幅に下げている 設 開 の ペ ス 習 学  被災した子どもや保護者に対するインタビュー調査に基づき、白書を出版 被災地子ども白書出版  出版後は東京でシンポジウムを開催し、より多くの人へ調査結果を PR する 7 月~ 1 シンポジウム開催 月  これにより、必要な支援の構築、被災地への関心の継続などを実現する  上記学習スペースを発展させる形で、被災した子どもと震災に関係なく存在していた相対的貧困 の子どもたちを支援するセンターを立ち上げる 型 ィ テ ニ ュ ミ コ 11 月~  市民が自分たちの住む地域の問題に当事者意識をもつ継続的なコミュニティ型の学習支援セン ー ターを立ち上げ、被災地から相対的貧困の子どもをサポートするモデル発信を目指す 設 開 の タ ン セ 援 支 習 学 12
  13. 13. 調査概要 調査対象 - 仙台市内の仮設住宅、借り上げ住宅に居住し、 当団体の活動に参加している家庭 調査手法 - インタビュー調査(主) - 一次情報の収集(従) 調査期間 - 2011 年 7 月 15 日~ 9 月 15 日( 2 ヶ月) 調査内容 - 家庭の経済状態、子どもと親の関係性の変化、人間関係の変化、 生活環境(居住環境・移動手段・課外活動等)の状況、子どもの状態 13
  14. 14. 実施体制 体制図 役割 担当 大橋雄介 NPO 法人アスイク 代表理事 実施者 調査設計、実施、執筆 本間優子 宮城教育大学 4 年 阿部彩氏 国立社会保障・人口問題研究所 研究部長 有本昌弘氏 東北大学大学院教育学研究科 教授 アドバ 調査設計、分析などに対する 阿久津徹氏 イザー アドバイス提供 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ  主任研究員 岩下広武氏 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ  コンサルタント 調査実施協力 NPO 法人 ETIC.  ソーシャルアジェンダラボ 協力組織 資金提供 公益財団法人石橋財団 14
  15. 15. 5 つのKey Message 15
  16. 16. Key Message ① あぶりだされた貧困 A poverty became obvious16
  17. 17. 元から裕福ではなかった世帯が取り残されている例  減給、失業などに直面していた人の多くは、 零細企業の従業員や自営業者  「貯金なんてないよ」と語る仮設住宅入居者  数ヶ月の立替えができずに借り上げ住宅を断 念した仮設住宅入居者  ある避難所では、子育て世帯の 2/3 は年収 200 万円~ 400 万円 17
  18. 18. 日本における子どもの相対的貧困率 15.7% 13.4 % 6.4 人に 1 人 10.9%1985 1997 2009 18
  19. 19. Key Message ② 不利の連鎖 A chain of disadvantages19
  20. 20. 学校に通えなくなったので、石巻から仙台に転校してきました。でも、授業の進度が全然違うので、最初のテストでひどい点数をとってしまって。家で挽回しようにも、 5 人家族で 2 間の部屋で、勉強にも集中できる環境ではありません。かといって、塾に行かせる余裕はないし。それからは、やる気を失ってしまっています。 (中学生の母親、借り上げ住宅入居) 20
  21. 21. 不利の連鎖の一例 家庭の経済状態 経済的逼迫感 人間関係 親のストレス状態 生活環境(※) 子どもへの関わり方 子どもの状態 (学力・精神状態 etc. )(出所)『子どもの最貧国・日本』山野良一を元に作成※生活環境には、「居住環境」、「移動手段」、「学校外活動・余暇活動」などが含まれる。 21
  22. 22. Key Message ③ 問題のタイムラグ Time lag of problems22
  23. 23. 阪神淡路大震災後に教育的配慮が必要となった子どもの推移(要因別)2,000 人 震災の恐怖 経済環境の変化 家族友人関係の変化1,600 人 住宅環境の変化1,200 人 800 人 学校環境の変化 400 人 通学状況の変化 その他 平成 8 年 10 年 12 年 14 年 16 年 23
  24. 24. いくつかの予兆借り上げのアパートで暮らすようになると、避難所と違って同じような境遇にあった人と話すことができなくなりました。一人でいると、誰かに話を聞いて欲しくなります。 (中学生の母親、借り上げ住宅入居) 24
  25. 25. いくつかの予兆娘は家でも学校のこととか話さなくなりました。ずっとヘッドホンをしていたり、ネットをしていたりで。私がどうしてもお金のこととか、自分のつらい気持ちを子どもに話してしまって、子どもは居場所がないのかもしれません。 (中学生の母親、民間賃貸住宅) 25
  26. 26. いくつかの予兆 ローン返済の督促がはじまっている 被災者に対する妬みの発生(詳細後述) 26
  27. 27. Key Message ④被災地の地域特性Characteristics of the stricken area 27
  28. 28. 地域特性の例  定番のキャリアパスが崩れた地域  学校が通常通り機能していない地域  都市に被災者が混在した地域 28
  29. 29. 都市型の被災地「仙台」  仮設住宅 1,500 戸⇔ 借り上げ住宅 8,000 戸  借り上げ住宅入居者の 1/4 は 仙台市外からの転入者  学校外の教育や生活そのものに お金がかかる 29
  30. 30. Key Message ⑤支援による弊害Prejudice and lost of self-respect 30
  31. 31. 妬み・偏見の発生 他のお母さんたちからは、「いいじゃん、物を 自分で買わなくて済んで」、「家賃タダでいい ね」、「義捐金たくさんもらったんでしょ」、 「電化製品も新品のやつをタダでもらったんで しょ」とか言われることもあります。 でも、私たちはお金で買えないものをたくさん 失ってるんです。 ※ 同様のコメント多数 (中学生の母親、仮設住宅入居) 31
  32. 32. 妬み・偏見の発生(被災してない)周りの子どもからキツイことを言われてる子どももいます。「お前だけが被災者じゃないんだ」とか、先生の見てないところで言われたそうです。同じ学校にいても支援物資をもらえるのは被災した子どもだけなので、僻みみたいなのが出てるんじゃないでしょうか。 (中学生の父親、借り上げ住宅入居) 32
  33. 33. 自尊感情の低下何かこうして欲しいと思うことがあっても、恐縮しちゃうんです。求めちゃいけない、という気持ちになってます。学習サポートにもお金を払いたい。無料だと逆に負担になるんです。 (小学生の母親、仮設住宅入居) 33
  34. 34. キーメッセージ a. あぶりだされた貧困 b. 不利の連鎖 c 問題のタイムラグ . d. 被災地の地域特性 e 支援による弊害 . 34
  35. 35. 今後必要な視点 a. 相対的貧困として問題を捉える b. 包括的な支援と支援者のネットワーキング c 単発ではなく長期的な取り組み . d. 地域特性を踏まえた支援 e 偏見や自尊感情の低下に留意した支援 . f. 子ども自身の自走を見据えた支援 g. 個々への支援よりも土台の変革 35

×