Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

#agilejapan #agilesendai Agile Japan 2013 仙台サテライト 『強いチームに変える7つのステップ 〜組織を変革するリーダーのためのチームキャンバスワークショップ〜』

1,821 views

Published on

Agile Japan 2013 仙台サテライト Day1 『強いチームに変える7つのステップ 〜組織を変革するリーダーのためのチームキャンバスワークショップ〜』

Published in: Technology
  • Be the first to comment

#agilejapan #agilesendai Agile Japan 2013 仙台サテライト 『強いチームに変える7つのステップ 〜組織を変革するリーダーのためのチームキャンバスワークショップ〜』

  1. 1. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20131強いチームに変える7つのステップ~組織を変革するリーダーのためのチームキャンバスワークショップ~NECビッグローブ株式会社松浦 洋介2013/5/24(金)Agile Japan 2013 仙台サテライト
  2. 2. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20132アジェンダ1. 自己紹介2. 3つの質問3. 本日の伝えたいメッセージ4. BIGLOBE紹介5. チームキャンバスとは6. チームキャンバスのメリットは7. チームキャンバス作成の流れ8. チームキャンバスワークショップ9. まとめ
  3. 3. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20133松浦 洋介Yosuke Matsuura@ayaya1024・アジャイルコーチ・スクラムマスター
  4. 4. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20134アジャイル開発研修プログラム実践者が教えるアジャイル開発の基礎アジャイルとは?ウォーターフォールとの違いは?アジャイル導入のメリット・デメリットは?何故アジャイルなのか?そんな疑問や課題にお応えする研修プログラムです。マスコットキャラクターアジャイルちゃん「BIGLOBEアジャイル開発研修プログラム」紹介サイトhttp://www.neclearning.jp/courseoutline/courseId/SD071/短縮URL⇒http://bit.ly/17MI8y3
  5. 5. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20135アジャイル研修次回開催:2013/6/21(金)
  6. 6. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201363つの質問
  7. 7. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20137リーダーの方おりますか?(役職関係なくご自身がリーダーと思えばリーダーです)質問1
  8. 8. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20138チームは機能していますか?質問2
  9. 9. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 20139そもそも、なぜチームをつくるのでしょうか?質問3
  10. 10. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201310シナジーを生み出しより成果を出すため質問3への考え(例)
  11. 11. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201311http://www.flickr.com/photos/carbonnyc/4740025131/sizes/l/in/photostream/ビジネス環境の変化(スピードアップ、変化への対応力が必要)
  12. 12. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201312強いチームが必要http://www.flickr.com/photos/35703177@N00/7112630285/
  13. 13. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201313本日の伝えたいメッセージhttp://www.flickr.com/photos/40645538@N00/5075477519/
  14. 14. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201314アジャイル×○○=成果
  15. 15. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201315アジャイルは成果を出すための一つの手段
  16. 16. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201316成果を出すためには強いチームに変えること
  17. 17. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201317強いチームに変えるにはチームを成長させること
  18. 18. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201318チームを成長させるには継続的に変化するための行動をすること
  19. 19. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201319アジャイル×○○=成果強いチーム
  20. 20. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201320BIGLOBE紹介
  21. 21. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201321BIGLOBEの事業領域 コンシューマ向けサービス接続サービス特色あるWebサービス 企業向けサービスクラウドサービスパーソナルクラウドを中心にコンシューマ/企業向けにビジネスを展開
  22. 22. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201322プロのエンジニア集団への変革効率化による損益貢献、事業拡大への貢献を図るためにアジャイル化の推進
  23. 23. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201323スクラムによるアジャイルな開発http://www.flickr.com/photos/t_gregorius/3337026463/
  24. 24. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201324スクラムによるアジャイルな開発
  25. 25. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201325新規事業のスマートフォン向けアプリ開発や業務システムなどの既存事業もスクラムで開発
  26. 26. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013262012年度 2013年度2011年度13チーム21チーム+αアジャイル開発の拡大5チーム新事業領域による試行開始業務システム領域拡大全面展開(基盤含む)立上期 確立期試行期
  27. 27. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201327IPAのリファレンスガイドに事例紹介されたhttp://sec.ipa.go.jp/reports/20130319.html
  28. 28. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201328 © NEC BIGLOBE, Ltd. 2013~ 自主的に社内勉強会をほぼ毎週開催 ~プロダクトオーナー勉強会スクラムマスター勉強会UX勉強会PHP勉強会プログラミングコンテストTDD勉強会CI勉強会開発合宿スクラム勉強会ランチ勉強会
  29. 29. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201329スクラムの役割プロダクトオーナースクラムマスターチームメンバープロダクトプロダクトの唯一の責任者動作するプロダクトの開発責任者(機能横断チーム)スクラムチームが成果を最大化できるように促進する責任者同じチームになる!プロダクト共同所有
  30. 30. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201330スクラムマスター勉強会で編み出したツールを紹介
  31. 31. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201331
  32. 32. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201332チームキャンバスとは
  33. 33. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201333チームの課題を明らかにして成長を促進するためのツール
  34. 34. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201334チームキャンバスのメリットは?
  35. 35. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201335チームの課題を1枚の絵に表現できる
  36. 36. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201336関係者が同じ文脈(言葉)で会話ができる
  37. 37. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201337Keep良かったことProblem悪かったことTry改善すること© NEC BIGLOBEKPT(Keep/Problem/Try:けぷと)によるふりかえりでの落とし穴課題が浅くなりがちな場合あり
  38. 38. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201338本質的課題を抽出できる
  39. 39. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201339変化するための行動を促進することができる
  40. 40. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201340できることから小さな成功体験を積むことができる
  41. 41. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201341自信を持って行動するきっかけが得られる
  42. 42. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201342他チームや他者の課題解決と変化(成長)を知ることで学びや勇気を得ることができる
  43. 43. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201343行動・変化していないことがすぐにわかる
  44. 44. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201344チームキャンバス作成の流れ
  45. 45. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201345Step 要素 説明1 いつ[When] 課題はいつ発生したものかを記述する。2 だれ[Who] 課題は、個人かチーム内かチーム外(組織、会社、社外)かを記述する。3 現象・表面的問題点[Phenomenon]問題と感じていることを、チーム力や開発力の観点で、できるだけたくさん記述する。4 本質的課題[Problem]現象・表面的問題点を深掘して、本当の課題を記述する。5 対処[Action] 本質的課題に対してどのような行動をとったのか、または今後とるのかを記述する。6 変化[Change] 行動した結果、どのように変化したのかを記述する7 フィードバック[Feedback]変化を検証して次にどのようにカイゼンするか、他者からフィードバックをもらったことを記述する。
  46. 46. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201346現状の把握Step1~4現場での行動Step5フィードバックStep7変化の検証Step6
  47. 47. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201347チームキャンバス作成ポイント
  48. 48. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201348隠れている「本当の課題」を見つけること現象・表面化している問題点本当の課題(本質的課題) 仲の良いチームは本音で語っていない(建前論)仲の良いチームは仲の悪いチームよりパフォーマンスが悪い
  49. 49. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201349リーダー以外の対処(Action)も大切
  50. 50. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201350http://www.flickr.com/photos/48778414@N04/6263897021/正解は一つではない
  51. 51. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201351参加者のみなさまがコーチです!コーチとして、良いフィードバックを提供して、お互いが学びあう場へhttp://www.flickr.com/photos/19518439@N00/2098915312/
  52. 52. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201352チームキャンバスワークショップ
  53. 53. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201353チームキャンバスワークショップの流れ 2~3人で1グループを構成する ワークショップ1:個人でチームキャンバスを書く ワークショップ2:グループ内でチームキャンバスを共有して、フィードバックをもらう(共有:3分/人、フィードバック:2分/人) ワークショップ3:フィードバックを整理・反映する2分10分15分3分
  54. 54. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201354本日は、書ける内容でOKです個人的な悩み共有でもOKです質問はありますか?
  55. 55. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201355チームキャンバスワークショップの流れ 2~3人で1グループを構成する ワークショップ1:個人でチームキャンバスを書く ワークショップ2:グループ内でチームキャンバスを共有して、フィードバックをもらう(共有:3分/人、フィードバック:2分/人) ワークショップ3:フィードバックを整理・反映する2分10分15分3分
  56. 56. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201356チームキャンバスワークショップの流れ 2~3人で1グループを構成する ワークショップ1:個人でチームキャンバスを書く ワークショップ2:グループ内でチームキャンバスを共有して、フィードバックをもらう(共有:3分/人、フィードバック:2分/人) ワークショップ3:フィードバックを整理・反映する2分10分15分3分
  57. 57. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201357チームキャンバスワークショップの流れ 2~3人で1グループを構成する ワークショップ1:個人でチームキャンバスを書く ワークショップ2:グループ内でチームキャンバスを共有して、フィードバックをもらう(共有:3分/人、フィードバック:2分/人) ワークショップ3:フィードバックを整理・反映する2分10分15分3分
  58. 58. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201358チームキャンバスワークショップの流れ 2~3人で1グループを構成する ワークショップ1:個人でチームキャンバスを書く ワークショップ2:グループ内でチームキャンバスを共有して、フィードバックをもらう(共有:3分/人、フィードバック:2分/人) ワークショップ3:フィードバックを整理・反映する2分10分15分3分
  59. 59. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201359いかがでしたか?
  60. 60. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 2013601回作成して終わりでない成長させていくツール
  61. 61. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201361まとめ
  62. 62. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201362成果を出すためには強いチームに変えること
  63. 63. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201363強いチームに変えるにはチームを成長させること
  64. 64. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201364チームを成長させるには継続的に変化するための行動をすること
  65. 65. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201365しかし
  66. 66. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201366人を変えることは難しいですよね?!
  67. 67. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201367他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられるhttp://www.earth-words.net/human/eric-berne.html
  68. 68. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201368まずは自分を変えていきましょう!
  69. 69. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201369アジャイル×○○=成果↓強いチーム
  70. 70. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201370成果を上げていこう!http://www.flickr.com/photos/33345813@N00/3945439186/
  71. 71. Copyright(C) NEC BIGLOBE, Ltd. 201371ご清聴ありがとうございました

×