Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

受託でもデキるアジャイル開発

11,247 views

Published on

日本は欧米と比較して受託開発へのアジャイル導入が遅れています。現在のダイナミックなビジネス環境にアジャイルは不可欠であることを概念的に理解しているつもりでも導入には様々な障壁が存在します。一方、欧米企業はこのプロセスイノベーションによってITによる企業競争力を高めているのです。100%アジャイルで受託開発を行うCi&Tがグローバル市場での経験から得た受託に適した「契約モデル」、「要求の理解と開発」、「プロジェクトの管理と実行」におけるプラクティスを紹介し、日本においてもこれらが有効であることを解説します。@yoshiyukiueda

Published in: Technology

受託でもデキるアジャイル開発

  1. 1. 受託でもデキるアジャイル開発上田 善行ビジネス ディレクターシーアイアンドティー・パシフィック株式会社at Agile Japan 2013
  2. 2. 自己紹介Yoshiyuki Uedaueda@ciandt.comCi&Ter since 2009
  3. 3. アジャイル受託開発の新たな選択肢?
  4. 4. Ci&Tについて
  5. 5. •  開発と運用サービスを提供•  1995年にブラジルにて設立•  米国・南米・EU・日本・中国•  100% アジャイルデリバリー•  オフショアのコスト競争力•  連結社員 1700名以上•  グローバル企業顧客 +60社•  年平均成長率 +35% (2001-2011)•  2009年に日本法人設立世界中の革新的な企業にアジャイル開発と運用サービスチームを提供し、ビジネス価値の継続的な向上を支援
  6. 6. ブラジルのイメージ
  7. 7. ブラジルの実際南半球のIT大国
  8. 8. ブラジルの経済力出典 2012年 世界の名目GDP - IMF World Economic Outlook Databases (2013年4月版)
  9. 9. 100% アジャイル受託開発を全てスクラムで実施(現在 150チーム以上が稼働)
  10. 10. なぜ、Ci&Tはアジャイルを始めたのか?
  11. 11. その才能を絶え間なく開発し、顧客の価値とアジリティを生む新しい方法を発見し、かつてない方法で大胆に実行すること“To develop people who continuously use their talent todiscover new ways of generating value and agility to ourclients, and boldly execute as no one has done before.”Ci&T ミッション
  12. 12. どのような業種が受託開発でアジャイルを導入?
  13. 13. グローバルカスタマー
  14. 14. どのような領域でアジャイルを適用?
  15. 15. サービス
  16. 16. 受託開発でアジャイルを選択する理由?
  17. 17. ビジネス上の課題解決•  ビジネスアジリティの向上•  アンサーティンティ(不透明)状態での意志決定•  イノベーションの創出•  リーン思考•  プロジェクトからプロダクト思考への転換•  コスト削減による収益の改善または向上
  18. 18. 日本の現状
  19. 19. アジャイル開発の導入状況米国 日本35%3%以下出典 Forrester 2010: “AGILE DEVELOPMENT: MAINSTREAM ADOPTION HAS CHANGED AGILITY”2012年 Japan Users Association of Information System(JUAS)
  20. 20. グローバル ITのアジャイル開発導入率他社(平均)29%100%Ci&TThoughtWorks出典 “Rightsource Your Agile-Lean Ecosystem” Diego lo Giudice,Forrester Research, 2012
  21. 21. •  75%の開発者がITベンダーに勤務(米国は28%)ITベンダーによるアジャイル導入がまだ一般化していない•  人材の流動性が10.7%で米国の32.1%と比較し圧倒的に低い。その為、既存のプロセスが固定化しやすい•  米国を含めアジャイルが普及している国では日本と比較し幅広いIT人材育成カリキュラムがある日本でアジャイル開発の導入が遅れている理由Simplify and enhanceyour illustrationsto make an impact!75%ITベンダー勤務出典 IPA 2012年 非ウォーターフォール型開発の普及要因と適用領域の拡大に関する調査
  22. 22. 受託開発でアジャイルを導入するユーザー企業の特徴
  23. 23. 現場の意志決定能力が高い“Power To The Edge”
  24. 24. 米国の先進ユーザー企業にはすでにアジャイルSDLCがある明確なIT戦略がある
  25. 25. 変化への適用能力が高い
  26. 26. 受託開発アジャイルのプラクティス
  27. 27. 契約モデル内製に近いコスト構造と関係•  総準委任契約(サービス契約)•  チーム単位によるマネージド・サービス•  月定額(チーム構成や数に応じて変化)•  要求の固定はなし•  生産性・品質・予測可能性の管理:スコアカード
  28. 28. スコアカード契約スコアカードの作成とレビュー•  四半期毎に全ての価値要素をレビュー•  良い点、良くない点の洗い出し•  主なイノベーションとプロセス改善•  その期間に提供した主な成果と価値の創出•  戦略的な取組み
  29. 29. 要求の理解と開発問題の発見とより良い解決方法の探求•  キャンバス(ビジネスモデル・プロダクトなど)•  ユーザーストーリー マッピング•  モデリング•  顧客を含むチームが一体化する為の合宿•  ビジネス価値の管理:バリュー エンジニアリング
  30. 30. バリュー エンジニアリング購入者で変わる、あるモーターサイクルの価値
  31. 31. バリュー エンジニアリングバリュー エンジニアリングのサイクル
  32. 32. バリュー エンジニアリングビジネス価値とストーリーの関係管理
  33. 33. バリュー エンジニアリングビジネス価値によるストーリーの優先順位付け
  34. 34. バリュー エンジニアリングビジネス価値とコストの比較
  35. 35. バリュー エンジニアリングロードマップ
  36. 36. プロジェクトの管理と実行価値を理解し、高め、無駄を排除する•  標準:Ci&T プロダクション システム•  ダッシュボード:シチュエーション ウォール•  テレプレゼンス•  アジャイルコンピテンス評価:D セッション•  アジャイル開発チームの構築:タワーモデル
  37. 37. タワーモデルマネジメント文化
  38. 38. タワーモデルオペレーションの組織モデル
  39. 39. CPS – Ci&T プロダクションシステムOld process (RUP) CPS (Agile)+/- 380 activities32 practices
  40. 40. 3フェーズ プロセスSetup  Prepara*on  Execu*on  Evalua*on  Produc*on  Flow  Prepara*on  Execu*on  Evalua*on  Value  Ac*va*on  Prepara*on  Execu*on  Evalua*on  CPS – Ci&T プロダクションシステム
  41. 41. 3フェーズ プロセスでやるべき事(32 プラクティス)CPS – Ci&T プロダクションシステム
  42. 42. プロセスの平準化Heijunka: productionflow can never stop!!... continuous groomingContinuous acceptance...•  It assures productadherence to businessneeds•  It absorbs changes, byavoiding anticipate, morethan necessary,requirements definition•  It assures quality and allowsvalue activation in advance•  It avoids losing of budget withlate user acceptance tests(bug fixing instead of valueproduction)CPS – Ci&T プロダクションシステム
  43. 43. 多角的なマネジメントProductivityExecutionValuePredictabilityQualityComponent   Indicator  Agile  Management      Scrum  rou*nes        Block  management        Product  Owner  &  Coaching      Visual  Controls  &  Stability  Ready      Story  Based  Req  &  Planning  Readyness      Produc*ve  flow  interrup*on      Rework    due  to  wrong  defini*ons  Done      Con*nous  integra*on  &  value  ac*va*on  Skill  &  Experience      Technical  skills      Execu*on  model  skills        Seniority  aligned  with  business  needs  Value  Management    Value  Engineering    Value  Demonstra*on  CPS – Ci&T プロダクションシステム
  44. 44. テスティングAc*vi*es  Plan  story  system  tests  Build  test  scenarios  Incremental  tests  Automate  test  scenarios  Execute  tests  Record  bugs  Do  follow-­‐up  on  bugs  correc*on  Provide  feedback  Outputs•  Test scenarios (planned)•  Test execution records•  Bug list (fixed and non-fixed)•  Updated test automation suiteTools•  Tool for tracking and managing tasks (Jira)•  Test automation tools (e.g..Selenium, TestNG, SimpleTest, etc)Implementation Code Review IntegrationTestsTO DO DONEUnit Tests Code Review Integration TestsFunctional and Non-functional tests (usability, performance, concurrence, etc)CPS – Ci&T プロダクションシステム
  45. 45. テスティングCPS – Ci&T プロダクションシステム
  46. 46. サポートツールCPS – Ci&T プロダクションシステム
  47. 47. テレプレゼンス顧客と常時接続のテレプレゼンス“It doesn’t seem like you are that far away”!
  48. 48. シチュエーションウォールオペレーションの「今」を全て視覚化
  49. 49. Performance ResultsPValueEngineeringKataProductivityKata Executive ReportKataIndicatorsKataCritical GapsP QCritical IssuesAction Items
  50. 50. Performance ResultsScopeManagementScheduleManagementProcessManagementHRManagementQualityManagementCommunicationManagementCritical IssuesRiskManagementAction Items
  51. 51. 結論
  52. 52. アジャイルによる受託開発はリアルな選択肢agile
  53. 53. THANKSFORBEINGHERE!#agilejapanご清聴ありがとうございました。

×