SlideShare a Scribd company logo
1 of 54
Download to read offline
オトナのGit入門
2017年8月16日
山ノ内祥訓
~ バージョン管理はプログラマーのたしなみ ~
自己紹介
名前
年齢
住まい
お仕事
山ノ内 祥訓(よしのり)
0x25
熊本県
現在は某大学病院の特任助教で臨床研究のデータ
マネージャとして主に臨床研究データに関する設
計及び開発と運用をやっています。
某SIerで医療情報システムの導入及び開発を10年
ぐらいやっていました。
SNS Facebook https://www.facebook.com/yoshinori.yamanouchi.12
Github https://github.com/eolla1013
資格等 修士(医科学) 現在博士課程
医療情報技師
Yoshinori Yamanouchi
今日のお話
バージョン管理ついての基礎
Gitのしくみ
Gitの基本的な使い方
Gitを使った開発基盤の構築
さて問題です。
どのファイルが最新でしょうか
ファイルの履歴管理
ファイルの変更履歴を残すためにファイル名を変えてみたり
フォルダに分けて保存してみたりというルールを決めていると
ころは多い・・・はず。
また、日々のバックアップをとることで間違えて修正したりし
たときに元に戻せるようにしているところもある・・・はず。
でもこれをルール付けして運用していくのは
なかなか難しいのが実情。
運用でカバーにも限界がある!
そこで生まれたのがバージョン管理
バージョン管理というのはファイルの変更履歴を保存してお
きその変更部分を確認できるようにしたり、昔のファイルに
戻したりするためのシステムのこと。
これを導入することにより変更にまつわる課題の解決がしや
すくなります。
最近はファイルのバージョン管理以外にもいろいろ機能があ
るので構成管理と呼ばれることもあります。
バージョン管理システムいろいろ
 CVS
 Subversion
 Git
 Mercurial
 Visual Source Safe(VSS)
 Team Foundation Server(TFS)
※他にもたくさんありますが、自分が使ったことがあるものを載せています。
更新方法による違い
 ロック方式
まず最初にファイルをチェックアウトすると、そのファイル
はロック状態となり他の人は編集できなくなる。
自分で編集後チェックインすることで大元のファイルを更新
し、更新が終わるとロックが解除されて他の人が編集できる。
ロックされると他の人が触れないので更新待ちが発生する。
・・・解除し忘れて帰る人もww
チェックアウト
チェックイン
編集
ロック
この期間は
チェックアウト
した人以外編集
できない
更新方法による違い
 コピー・マージ方式
最初にチェックアウトしてもそのファイルはロックされずに
他の人が編集できる。
自分で編集後チェックインするときにリポジトリのファイル
と比較し違いがある場合はファイルの内容をマージしてから
リポジトリのファイルを更新する。
マージできるファイル形式(基本的にテキスト形式)でないと
上書きするしかない。
チェックアウト
マージ
編集 この期間は他の
人も編集できる
コミット
構造による違い
 集中型
大元のファイル置き場(リポジトリという)は1つで、すべ
てのメンバーはリポジトリから自分の作業コピーにファ
イルをチェックアウトして編集作業を行う。
作業結果はコミット(チェックイン)することでリポジト
リのファイルが更新される。
リポジトリが1つなので必ずネットワーク経由で作業をす
ることになる。
リポジトリ
作業コピー
作業コピー
作業コピー
構造による違い
 分散型
リポジトリは1つではなく複数個所に置くことができる。
メンバーは必要なリポジトリから自分のリポジトリに
ファイルをクローンして編集作業を行う。
作業結果は自分のリポジトリにコミットしたあとに任意
のリポジトリへコミット(プッシュ)することができる。
リポジトリA
ローカル
リポジトリ
リポジトリB
ローカル
リポジトリ
作業コピー 作業コピー
更新単位による違い
 ファイル単位
ファイル一つ一つについてバージョン番号を持っている。
同じタイミングでコミットしても、これまでの更新回数
によってファイル毎に異なるバージョン番号が振られる。
ファイルA
Ver1
ファイルB
Ver1
ファイルC
Ver1
ファイルA
Ver2
ファイルA
Ver3
ファイルB
Ver2
ファイルA
Ver4
ファイルB
Ver3
ファイルC
Ver2
コミット1 コミット2 コミット3 コミット4
更新単位による違い
 チェンジセット単位
ファイル単位ではなくリポジトリ単位にどこにどんな更新が
あったかを記録する方式。ファイル毎ではなく1回のコミッ
トに含まれる複数のファイルをまとめて一つのバージョン番
号が振られる。このファイルのグループをチェンジセット
(変更セット)という。
ファイルA
Ver1
ファイルB
Ver1
ファイルC
Ver3
ファイルA
Ver2
ファイルA
Ver3
ファイルB
Ver3
ファイルA
Ver4
ファイルB
Ver4
ファイルC
Ver4
コミット1 コミット2 コミット3 コミット4
今回勉強するGitは・・・
分散型のバージョン管理システムとなります。
更新方式はコピー・マージ方式で、
チェンジセットで履歴管理されます。
https://git-scm.com/
GitはもともとLinuxの開発管理を行うために開発されたオープ
ンソースのバージョン管理システムです。OSという大規模ソフ
トウェアの開発に使われているだけあって高速に動作し信頼性
の高いソフトウェアといわれています。
ちなみに当初はLinuxの開発者であるリーナス・トーバルズさん
がメインコミッタでしたが、現在は濱野純さんとなっています。
Gitの大まかな仕組みと主な用語
作業コピー
ローカル
リポジトリ
リモート
リポジトリ
ブランチ
クローン(初回のみ)
プル
(フェッチ)
プッシュ
コミット
ステージング
(トラック)
チェックアウト
マージ
ブランチ
コンクリフト
※説明用に一部簡略化していますので注意!!
アンステージング
Gitの大まかな仕組みと主な用語
※説明用に一部簡略化していますので注意!!
コミット
ブランチ
ヘッド
マージ
time
タグVer1.0
Gitの基本操作
1. 配布したユーザ名、パスワードで
Cloud9(https://c9.io/)にログイン。
2. otona_gitというプロジェクトを開く。
3. 下に表示されているコンソールエリアを中心に使います。
枠が小さいので適宜広げてください。
4. バージョン管理したいフォルダの作成と初期化
mkdir localgit
cd localgit
git init
Gitの基本操作(ファイルの追加)
1. 左側のファイルツリーからlocalgitフォルダ
に”hello.py”のファイルを作成。
2. とりあえずprint文を1行書いて保存。
3. ファイルをバージョン管理対象としてコミット。
git status
git add hello.py
git status
git commit –m “最初に作成したファイルです”
git status
Gitの基本操作(ファイルの更新)
1. ”hello.py”の内容を書き換えて保存。
2. 差分を確認してコミット。
3. 新しいファイル”world.py”を作成。こちらもprint文を1
行書いて保存。
4. 追加ファイルのステージングと更新分のコミット。
git diff
git commit –a –m “更新したファイルです”
git status
git add world.py
git commit –a –m “追加したファイルです”
git status
Gitの基本操作(履歴の確認)
1. これまでの更新履歴を確認。
2. 最後のコミット情報の確認。
git log
git show
Gitの基本操作(ファイルの復旧)
1. “world.py”を左のツリーから削除。
2. ファイルが削除状態となっていることを確認。
3. 作業コピーの変更をすべて元に戻す。
4. “world.py”が元に戻っていることを確認。
git status
git reset --hard
Gitの基本操作(コミット取消)
1. 取り消したい履歴を確認。
2. hello.pyを更新した履歴のハッシュ値を使用してコミッ
トを取り消す。
3. 取り消した内容がコミットしてあることを確認。
4. Hello.pyを開いて元に戻っていることを確認。
git log
git revert %ハッシュ値%
git status
git log
Gitの基本操作(過去の作業コピー)
1. 取り消したい履歴を確認。
2. 履歴のハッシュ値を使用してチェックアウト。
3. 最新の状態に戻す。
git log
git checkout %ハッシュ値%
git checkout master
※過去の状態で編集作業を進めたい場合は次の説明にあるブランチ機
能を使用し、一時作業ブランチを作成して編集後に元のブランチに
マージすること。
ブランチの操作(ブランチの作成)
1. dev1というブランチを作成。
2. 現在のブランチ一覧を表示。
3. 作業コピーをdev1に切り替え。
4. 現在のブランチが切り替わったことを確認。
git branch dev1
git branch
git checkout dev1
git branch
ブランチの操作(ブランチの更新)
1. hello.pyの内容を変更。
2. 変更をコミット。
git add *.py
git commit -m "開発ブランチでの変更"
ブランチの操作(元ブランチの更新)
1. 元のブランチに切り替え。
2. hello.pyを変更。
3. 変更したファイルをコミット。
git checkout master
git branch
git add *.py
git commit -m "マスタブランチでの変更"
ブランチの操作(ブランチのマージ)
1. 現在のブランチ(master)に開発ブランチ(dev1)をマー
ジ。
2. コンクリフトを起こしていることを確認。
3. hello.pyを開いて修正。
4. 変更したファイルをコミット。
git merge dev1
git status
git diff
git commit -a -m "開発ブランチのマージ"
ブランチの操作(ブランチの削除)
1. 開発ブランチ(dev1)を削除。
git branch -d dev1
git branch
これまでの操作履歴を見てみる
git logで確認
リモートリポジトリを使う
これまでは全て自分のローカルリポジトリだけで操作しま
したがこれからはリモートリポジトリを使って操作します。
別のフォルダに移って下さい。
cd ..
mkdir rmtgit
cd rmtgit
リモートリポジトリの取得
1. 下記URLのgitリポジトリをクローン。
2. リポジトリフォルダへ移動。
git clone http://174.138.24.29/otona/samplegit.git
cd samplegit
リモートリポジトリの最新化
1. リモートリポジトリから最新の状態を取得。
git pull
リモートリポジトリの最新化
1. リモートリポジトリから最新の状態を取得。
git pull
※こちらでファイルを修正しますので
修正後実行してください。
リモートリポジトリへの更新
1. 自分のユーザ名(%username%の部分を変更)でファイ
ルを作成。
2. 作成したファイルをコミット。
3. コミットした内容をリモートリポジトリに送信。
git add %username%.py
git commit -m "%username%のファイルを追加"
git push
※push時にユーザ名とパスワードを聞かれるので
Cloud9のユーザ名とパスワードを入力してください
リモートリポジトリへの更新
1. 何人かの人はpush時にエラーになったはずです。この
エラーを解消するため何回かpullとpushを繰り返します
git pull
git push
※ファイル名を%%のままにしたり、他の人のファ
イル名と重複していたらコンクリフトが起きます。
その場合はTAへ
共同作業の基本
リモートリポジトリの基本操作が分かったところで共同作
業を行う上でよく使う操作をします。
操作の流れは以下のようになっています。
1.自分の作業ブランチの作成
2.自分の作業ブランチでファイルを更新
3.最新のリモートmasterブランチのマージ
4.作業完了時のプッシュ
5.masterブランチへのマージ(講師デモ)
共同作業の基本(作業ブランチ作成)
1. 自分の作業用ブランチを作成。
2. 作業コピーを自分の作業用ブランチに切り替え。
git branch develop%username%
git checkout develop%username%
共同作業の基本(ブランチの更新)
1. hello.pyの内容を変更。
2. 自分が追加したファイルを変更。
3. 変更した内容をコミット。
4. コミットした内容をリモートリポジトリに送信。
git commit -a -m "dev%username%でファイル更新“
git push --set-upstream origin develop%username%
共同作業の基本(最新のマージ)
1. 最新のリモートリポジトリを取得。
2. 最新のリモートブランチをマージ。
3. 多分コンクリフトしているのでhello.pyを変更。
4. 変更した内容をコミット
5. コミットした内容をリモートリポジトリに送信。
git pull
git merge origin/master
git commit –a –m “helloへのマージ”
git push origin
共同作業の基本(統合マージ)
1. 最新のリモートリポジトリを取得。
2. masterブランチに切り替え。
3. 各作業ブランチの内容をマージ。
4. 変更した内容をコミット
5. コミットした内容をリモートリポジトリに送信。
git pull
git checkout master
git merge develop%username%
git commit -a -m “develop%username%の内容を
マージ"
git push
※講師側作業
ブランチ開発の種類
個人や数名で小規模な開発を行う場合であればmasterブラ
ンチにすべての変更を反映させてもよいですが、自社パッ
ケージやサービスの開発など一般的な開発業務を行うので
あれば先ほどのようなブランチを駆使した開発を行ったほ
うがミスが少なく早い開発速度が望めます。
ここではいくつかの開発のパターンを紹介します。
Github flow
githubで開発するときによく使われる開発フローです。
http://scottchacon.com/2011/08/31/github-flow.html
https://gist.github.com/Gab-km/3705015 (日本語訳)
シンプルな6つのルールで構成されているので一番わかり
やすいと思います(注プルリクエストはGithubの機能)。
1. masterブランチのものは何であれデプロイ可能である
2. masterから説明的なブランチを作成する
3. 名前をつけたブランチに定期的にpushする
4. いつでもプルリクエストを作る
5. マージはプルリクエストがレビューされた後だけ
6. レビューのあとは直ちにデプロイする
Github flow
master
いつでもデプロイ(リリース)可能
new-func
プルリクエストでレビュー依頼
レビュー完了時にマージ
Issue1234
1タスク1ブランチで作業
Git flow
Gitで大規模開発を行う場合のフローです。
https://jeffkreeftmeijer.com/2010/why-arent-you-
using-git-flow/
http://keijinsonyaban.blogspot.jp/2010/10/a-
successful-git-branching-model.html (日本語訳)
各ブランチがそれぞれの目的をもっています。一見複雑で
すが担当ごとに触るブランチが決まりますので管理しやす
いと思います。
1. リリースされたものを保持するmasterブランチ
2. 現在の新規開発を行うdevelopブランチ
3. 機能開発を行うために作成するfeatureブランチ
4. リリース準備作業を行うために作成するreleaseブランチ
5. リリース済のものを修正するために作成するhotfixブランチ
Git flow
「A successful Git branching model」
より引用
更新できるブランチ
・開発担当
→develop
feature
・リリース担当
→release
master
・保守担当
→hotfix
develop
その他のブランチ開発
master
複数バージョンのシステムを並行開発するときの例。
developブランチは必要に応じて作成。
version1
version2
開発のメインブランチ
version1の開発凍結で分岐
version1のバグフィックスをマージ
version2の開発凍結で分岐
version1-dev1
version1リリース
その他のブランチ開発
master
さらにユーザごとのカスタマイズがある場合の例
version1
version2
開発のメインブランチ
userA
userB
userBの開発開始で分岐
userAの開発開始で分岐 userAリリース
userBリリース
他のツールと連携する
gitではコミットやプッシュなどいくつかのイベントが
発生したときに特定のスクリプトを実行する「フック」
という機能があります。この機能を使用することで開発
に関わるいろんな付随作業が自動化できます。
gitのフックはリポジトリフォルダにある.git/hooksとい
うフォルダに格納されます。
連携の例)
 pre-commitでコードの静的チェックを行う。
 post-commitやpost-receiveフックで変更内容を通
知する。
 post-checkoutでバージョン管理外で必要なファイル
のダウンロードや環境設定を行う。
 post-receiveでビルドを実行する。
継続的インテグレーション(CI)
CI(Continuous Integration)とは前回の勉強会で出てき
たアジャイル開発のなかでXP(Extreme Programming)
といわれるもののプラクティスの一つ。コードの実装、
ビルド、テスト、リリースのサイクルを継続的に実行で
きる環境を整えることでソフトウェアの品質と納期の短
縮を目指すこと。
このCI環境を構築するうえでgitなどのバージョン管理
システムとその連携を行うシステムを組み合わせが重要
になります。
CIの構成例
開発者
(1)プッシュ
(2)リリース/ビルド
リクエスト
(7)結果通知
(3)ビルド実行
ビルドサーバ
リリースリポジトリ
(4)リリース
ファイル送信
(5)リリース実行
(6)最新リリース取得
&デプロイ
※このほかに毎日夜間処理で(4)まで実行するなどのパターンを作成できる。
バージョン管理外のファイル
gitでは通常フォルダ内のすべてのファイルをバージョ
ン管理下に置きますが、証明書ファイルや、巨大なバイ
ナリファイル、中間ファイルなど、バージョン管理下に
置くと問題があるファイルを除外することができます。
除外したいファイルを「.gitignore」というファイルに
記載しておくとこのフォルダ以下が除外対象となります。
特定の拡張子は除外したい
特定のフォルダは除外したい
*.suo
*.user
[Dd]ebug/
[Oo]bj/
GUIツール
今回の勉強会では基本ということでgitコマンドでの操
作を行いました。
が、実際はほとんどコマンドを打つことはなく画面上で
操作できるツールがたくさんあります。
GUIツールについてはOSやそれぞれの開発環境によっ
て大きく異なるため今回は紹介だけしておきます。
https://git-scm.com/downloads/guis
統合開発環境(IDE)の付属
Windows
Mac
Visual Studio, eclipse, Xcode, …
SourceTree, TortoiseGit, …
SourceTree, gitk, tower, …
gitの最近の話題
つい先日(8/10)gitの脆弱性が発見されています。とい
うよりSVNやCVS、Mercurialといった他のシステムと
共通の脆弱性で、clone時に任意のシェルスクリプトが
実行されてしまう、というものです。
CVE-2017-1000117で検索するといろいろでてきます。
http://blog.recurity-labs.com/2017-08-10/scm-vulns
https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-1000117
https://oss.sios.com/security/git-security-vulnerabiltiy-20170813
修正されたgitのバージョンは2.14.1です。
まだ最新のバージョンに置き換えていない人は勉強会後に
最新化をお願いします。
参考資料
gitに関してはWeb上の資料が充実しています。下記の
URLあたりを一通り読めば問題なく使えると思います。
サルでもわかるGit入門
http://www.backlog.jp/git-guide/
こっそり始めるGit/GitHub超入門
http://www.atmarkit.co.jp/ait/series/3190/
https://codeiq.jp/magazine/category/git-ai/
マンガでわかるGit

More Related Content

What's hot

Git_GitHub 入門者向けスライド.pdf
Git_GitHub 入門者向けスライド.pdfGit_GitHub 入門者向けスライド.pdf
Git_GitHub 入門者向けスライド.pdfYoshiki Tanaka
 
いつやるの?Git入門 v1.1.0
いつやるの?Git入門 v1.1.0いつやるの?Git入門 v1.1.0
いつやるの?Git入門 v1.1.0Masakazu Matsushita
 
Git & ブランチモデルで学ぶ バージョン管理入門
Git & ブランチモデルで学ぶ バージョン管理入門Git & ブランチモデルで学ぶ バージョン管理入門
Git & ブランチモデルで学ぶ バージョン管理入門kazuki kuriyama
 
やりなおせる Git 入門
やりなおせる Git 入門やりなおせる Git 入門
やりなおせる Git 入門Tomohiko Himura
 
はじめようGit
はじめようGitはじめようGit
はじめようGittechscore
 
バージョン管理のワークフロー
バージョン管理のワークフローバージョン管理のワークフロー
バージョン管理のワークフローadd20
 
Git flowの活用事例
Git flowの活用事例Git flowの活用事例
Git flowの活用事例Hirohito Kato
 
こわくない Git
こわくない Gitこわくない Git
こわくない GitKota Saito
 
新人Git/Github研修公開用スライド(その2)
新人Git/Github研修公開用スライド(その2)新人Git/Github研修公開用スライド(その2)
新人Git/Github研修公開用スライド(その2)pupupopo88
 
Git LFSを触ってみた
Git LFSを触ってみたGit LFSを触ってみた
Git LFSを触ってみたYuto Suzuki
 
Git Flowを運用するために
Git Flowを運用するためにGit Flowを運用するために
Git Flowを運用するためにShun Tsunoda
 
シリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのかシリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのかAtsushi Nakada
 
新人Git/Github研修公開用スライド(その1)
新人Git/Github研修公開用スライド(その1)新人Git/Github研修公開用スライド(その1)
新人Git/Github研修公開用スライド(その1)pupupopo88
 
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdftaisa831
 
大容量ファイルもGitで管理。 Git LFSの使い方
大容量ファイルもGitで管理。 Git LFSの使い方大容量ファイルもGitで管理。 Git LFSの使い方
大容量ファイルもGitで管理。 Git LFSの使い方hibiki443
 
フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjugフロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjugItsuki Kuroda
 
新たなgitのブランチモデル「Git Feature Flow」!Git Flow,Git Hub Flow,Git Lab Flowを超えれるか?
新たなgitのブランチモデル「Git Feature Flow」!Git Flow,Git Hub Flow,Git Lab Flowを超えれるか?新たなgitのブランチモデル「Git Feature Flow」!Git Flow,Git Hub Flow,Git Lab Flowを超えれるか?
新たなgitのブランチモデル「Git Feature Flow」!Git Flow,Git Hub Flow,Git Lab Flowを超えれるか?naoki koyama
 
心理的安全性の構造 デブサミ2019夏 structure of psychological safety
心理的安全性の構造 デブサミ2019夏 structure of psychological safety心理的安全性の構造 デブサミ2019夏 structure of psychological safety
心理的安全性の構造 デブサミ2019夏 structure of psychological safetyTokoroten Nakayama
 
図解gitworkflows(7)
図解gitworkflows(7)図解gitworkflows(7)
図解gitworkflows(7)ktateish
 
Gitを使ってみよう
Gitを使ってみようGitを使ってみよう
Gitを使ってみようTamotsu Furuya
 

What's hot (20)

Git_GitHub 入門者向けスライド.pdf
Git_GitHub 入門者向けスライド.pdfGit_GitHub 入門者向けスライド.pdf
Git_GitHub 入門者向けスライド.pdf
 
いつやるの?Git入門 v1.1.0
いつやるの?Git入門 v1.1.0いつやるの?Git入門 v1.1.0
いつやるの?Git入門 v1.1.0
 
Git & ブランチモデルで学ぶ バージョン管理入門
Git & ブランチモデルで学ぶ バージョン管理入門Git & ブランチモデルで学ぶ バージョン管理入門
Git & ブランチモデルで学ぶ バージョン管理入門
 
やりなおせる Git 入門
やりなおせる Git 入門やりなおせる Git 入門
やりなおせる Git 入門
 
はじめようGit
はじめようGitはじめようGit
はじめようGit
 
バージョン管理のワークフロー
バージョン管理のワークフローバージョン管理のワークフロー
バージョン管理のワークフロー
 
Git flowの活用事例
Git flowの活用事例Git flowの活用事例
Git flowの活用事例
 
こわくない Git
こわくない Gitこわくない Git
こわくない Git
 
新人Git/Github研修公開用スライド(その2)
新人Git/Github研修公開用スライド(その2)新人Git/Github研修公開用スライド(その2)
新人Git/Github研修公開用スライド(その2)
 
Git LFSを触ってみた
Git LFSを触ってみたGit LFSを触ってみた
Git LFSを触ってみた
 
Git Flowを運用するために
Git Flowを運用するためにGit Flowを運用するために
Git Flowを運用するために
 
シリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのかシリコンバレーの「何が」凄いのか
シリコンバレーの「何が」凄いのか
 
新人Git/Github研修公開用スライド(その1)
新人Git/Github研修公開用スライド(その1)新人Git/Github研修公開用スライド(その1)
新人Git/Github研修公開用スライド(その1)
 
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
書籍 「Python FlaskによるWebアプリ開発入門 物体検知アプリ&機械学習APIの作り方」 を通して伝えたいFlaskのプラクティス.pdf
 
大容量ファイルもGitで管理。 Git LFSの使い方
大容量ファイルもGitで管理。 Git LFSの使い方大容量ファイルもGitで管理。 Git LFSの使い方
大容量ファイルもGitで管理。 Git LFSの使い方
 
フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjugフロー効率性とリソース効率性について #xpjug
フロー効率性とリソース効率性について #xpjug
 
新たなgitのブランチモデル「Git Feature Flow」!Git Flow,Git Hub Flow,Git Lab Flowを超えれるか?
新たなgitのブランチモデル「Git Feature Flow」!Git Flow,Git Hub Flow,Git Lab Flowを超えれるか?新たなgitのブランチモデル「Git Feature Flow」!Git Flow,Git Hub Flow,Git Lab Flowを超えれるか?
新たなgitのブランチモデル「Git Feature Flow」!Git Flow,Git Hub Flow,Git Lab Flowを超えれるか?
 
心理的安全性の構造 デブサミ2019夏 structure of psychological safety
心理的安全性の構造 デブサミ2019夏 structure of psychological safety心理的安全性の構造 デブサミ2019夏 structure of psychological safety
心理的安全性の構造 デブサミ2019夏 structure of psychological safety
 
図解gitworkflows(7)
図解gitworkflows(7)図解gitworkflows(7)
図解gitworkflows(7)
 
Gitを使ってみよう
Gitを使ってみようGitを使ってみよう
Gitを使ってみよう
 

Similar to プログラミング勉強会「オトナのGit入門」

オトナのTDD(テスト駆動開発)入門
オトナのTDD(テスト駆動開発)入門オトナのTDD(テスト駆動開発)入門
オトナのTDD(テスト駆動開発)入門Yoshinori Yamanouchi
 
Azureミニセミナー(セミナー編)
Azureミニセミナー(セミナー編)Azureミニセミナー(セミナー編)
Azureミニセミナー(セミナー編)Yoshinori Yamanouchi
 
Azureミニセミナー(ハンズオン編)
Azureミニセミナー(ハンズオン編)Azureミニセミナー(ハンズオン編)
Azureミニセミナー(ハンズオン編)Yoshinori Yamanouchi
 
Deep Learningを診療データに使った話
Deep Learningを診療データに使った話Deep Learningを診療データに使った話
Deep Learningを診療データに使った話Yoshinori Yamanouchi
 
データ活用を進めるために必要なこと
データ活用を進めるために必要なことデータ活用を進めるために必要なこと
データ活用を進めるために必要なことYoshinori Yamanouchi
 
JP_Stripes Kumamoto #1 Stripeハンズオン資料
JP_Stripes Kumamoto #1 Stripeハンズオン資料JP_Stripes Kumamoto #1 Stripeハンズオン資料
JP_Stripes Kumamoto #1 Stripeハンズオン資料Yoshinori Yamanouchi
 
オーブンデータによる大学Ir情報システムの可能性 プレゼン資料
オーブンデータによる大学Ir情報システムの可能性 プレゼン資料オーブンデータによる大学Ir情報システムの可能性 プレゼン資料
オーブンデータによる大学Ir情報システムの可能性 プレゼン資料Masao Mori
 
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316義広 河野
 
事業の時間軸-ビジネスのための未来学序説
事業の時間軸-ビジネスのための未来学序説事業の時間軸-ビジネスのための未来学序説
事業の時間軸-ビジネスのための未来学序説Atsushi Koshio
 
イノトーク人工知能
イノトーク人工知能イノトーク人工知能
イノトーク人工知能Atsushi Koshio
 
プロダクト中心のデータ駆動を推進していくために必要なこと
プロダクト中心のデータ駆動を推進していくために必要なことプロダクト中心のデータ駆動を推進していくために必要なこと
プロダクト中心のデータ駆動を推進していくために必要なことKazuhito Osabe
 
国際観光コンベンションシンポジウム2016
国際観光コンベンションシンポジウム2016国際観光コンベンションシンポジウム2016
国際観光コンベンションシンポジウム2016Masao Mori
 
ビッグデータ・AI 活用最前線:「Data Augmentation (データ拡張)」という新しい常識
ビッグデータ・AI 活用最前線:「Data Augmentation (データ拡張)」という新しい常識ビッグデータ・AI 活用最前線:「Data Augmentation (データ拡張)」という新しい常識
ビッグデータ・AI 活用最前線:「Data Augmentation (データ拡張)」という新しい常識Masaya Mori
 
国内外におけるオープンエデュケーションの歩みと今後の課題
国内外におけるオープンエデュケーションの歩みと今後の課題国内外におけるオープンエデュケーションの歩みと今後の課題
国内外におけるオープンエデュケーションの歩みと今後の課題 Katsusuke Shigeta
 

Similar to プログラミング勉強会「オトナのGit入門」 (20)

オトナのTDD(テスト駆動開発)入門
オトナのTDD(テスト駆動開発)入門オトナのTDD(テスト駆動開発)入門
オトナのTDD(テスト駆動開発)入門
 
初めてさわるEC2ロール
初めてさわるEC2ロール初めてさわるEC2ロール
初めてさわるEC2ロール
 
FHIR on python
FHIR on pythonFHIR on python
FHIR on python
 
SORACOM CLIを使ってみよう
SORACOM CLIを使ってみようSORACOM CLIを使ってみよう
SORACOM CLIを使ってみよう
 
Azureミニセミナー(セミナー編)
Azureミニセミナー(セミナー編)Azureミニセミナー(セミナー編)
Azureミニセミナー(セミナー編)
 
Azureミニセミナー(ハンズオン編)
Azureミニセミナー(ハンズオン編)Azureミニセミナー(ハンズオン編)
Azureミニセミナー(ハンズオン編)
 
Deep Learningを診療データに使った話
Deep Learningを診療データに使った話Deep Learningを診療データに使った話
Deep Learningを診療データに使った話
 
mizuderuからnekoderuへ
mizuderuからnekoderuへmizuderuからnekoderuへ
mizuderuからnekoderuへ
 
データ活用を進めるために必要なこと
データ活用を進めるために必要なことデータ活用を進めるために必要なこと
データ活用を進めるために必要なこと
 
elaf1026ito
elaf1026itoelaf1026ito
elaf1026ito
 
JP_Stripes Kumamoto #1 Stripeハンズオン資料
JP_Stripes Kumamoto #1 Stripeハンズオン資料JP_Stripes Kumamoto #1 Stripeハンズオン資料
JP_Stripes Kumamoto #1 Stripeハンズオン資料
 
オーブンデータによる大学Ir情報システムの可能性 プレゼン資料
オーブンデータによる大学Ir情報システムの可能性 プレゼン資料オーブンデータによる大学Ir情報システムの可能性 プレゼン資料
オーブンデータによる大学Ir情報システムの可能性 プレゼン資料
 
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316
教育システム情報学会(JSiSE) 2018年度第6回研究会_20190316
 
事業の時間軸-ビジネスのための未来学序説
事業の時間軸-ビジネスのための未来学序説事業の時間軸-ビジネスのための未来学序説
事業の時間軸-ビジネスのための未来学序説
 
イノトーク人工知能
イノトーク人工知能イノトーク人工知能
イノトーク人工知能
 
Pythonとベイズ統計
Pythonとベイズ統計Pythonとベイズ統計
Pythonとベイズ統計
 
プロダクト中心のデータ駆動を推進していくために必要なこと
プロダクト中心のデータ駆動を推進していくために必要なことプロダクト中心のデータ駆動を推進していくために必要なこと
プロダクト中心のデータ駆動を推進していくために必要なこと
 
国際観光コンベンションシンポジウム2016
国際観光コンベンションシンポジウム2016国際観光コンベンションシンポジウム2016
国際観光コンベンションシンポジウム2016
 
ビッグデータ・AI 活用最前線:「Data Augmentation (データ拡張)」という新しい常識
ビッグデータ・AI 活用最前線:「Data Augmentation (データ拡張)」という新しい常識ビッグデータ・AI 活用最前線:「Data Augmentation (データ拡張)」という新しい常識
ビッグデータ・AI 活用最前線:「Data Augmentation (データ拡張)」という新しい常識
 
国内外におけるオープンエデュケーションの歩みと今後の課題
国内外におけるオープンエデュケーションの歩みと今後の課題国内外におけるオープンエデュケーションの歩みと今後の課題
国内外におけるオープンエデュケーションの歩みと今後の課題
 

プログラミング勉強会「オトナのGit入門」