Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Web制作会社とBA、ここ15年の変貌

1,026 views

Published on

2017-01-18 たまキャリ#1 の資料です。

Published in: Internet
  • Be the first to comment

Web制作会社とBA、ここ15年の変貌

  1. 1. Web制作会社とBA ここ15年の変貌 2017-01-18たまキャリ#1 株式会社ビジネス・アーキテクツ 太田良典
  2. 2. 自己紹介 2
  3. 3. BA 3
  4. 4. ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC) 4
  5. 5. デザイニングWebアクセシビリティ 5
  6. 6. BAとは? 6
  7. 7. BA 7
  8. 8. BAのはじまり 1999年、当時活躍していた 有名なデザイナーやエンジニアが集まる  個人では請けられない億単位の仕事も、 会社であれば請けられるようになる 1999年1月、株式会社リフレクス設立 2000年6月、現社名に変更 8
  9. 9. 社名の由来 BA=BusinessArchitects  Architect=建築家  ビジネスを構築するプロの集団、というような意味  「Web」「インターネット」のような言葉は じきに廃れると考え、あえて入れなかった 9
  10. 10. BAの特徴 自立、自律、フリーランス気質  もともと第一線で活躍していたメンバーの集まり  指示を待たずに勝手に行動するのが基本  「猛獣と猛獣使いの集団」と呼ばれたことがある 高いプロ意識  品質への意識が高い  クライアントが求めた以上の物を提案しようとする 10
  11. 11. ここ15年の変貌 11
  12. 12. 2000年ごろの話 12
  13. 13. 2000年ごろのWeb 第一次ブラウザ戦争の終盤  Netscape4、IE5などの時代。2001年にIE6が登場 Flashによる演出が流行  企業サイトにスプラッシュページが存在したことも  ただし、Flashのクオリティはまちまち  ヤコブ・ニールセン「Flash:99%有害」 https://u-site.jp/alertbox/20001029 13
  14. 14. 2000年ごろのBA:良く知られる姿 Flashコンテンツを多数手がける  高く評価され、さまざまな賞を受賞  ビジュアルデザインと インタラクションデザインに長けた集団として認知 ハイクオリティなビジュアルデザイン  和菓子の「とらや」のサイトなどは評価が高く、 業界に大きな影響を与えた (=頻繁に真似された) 14
  15. 15. 2000年ごろのBA:あまり知られない姿 アクセシビリティへの取り組み  サイト固有のアクセシビリティガイドラインの策定 tableレイアウトからの脱却を模索  大規模サイトをフルCSSで実装する方法を模索 くわしく知りたい方は:  http://www.b-architects.com/careers/staff/staff02/ 15
  16. 16. 2005年ごろの話 16
  17. 17. 2005年ごろのWeb 第二次ブラウザ戦争  IE6時代が長く続いたが、そこへ Firefox、Safari、Chromeなどが参入。IE7は2006年 CSSが普通に使われる時代に  tableレイアウトは終焉、 ブラウザの互換性に苦慮しつつもCSSで実装する時代 Flashもまだ健在 17
  18. 18. 2005年ごろのWeb (つづき) Webのセキュリティ問題が表面化  SQLインジェクション攻撃による情報流出など アクセシビリティへの取り組みが加速  国内では2004年にJISX8341-3が成立  多くの企業サイトが、内部的に アクセシビリティガイドラインを持つように 18
  19. 19. 2005年ごろのBA:良く知られる姿 大規模企業サイトの戦略とIA  IA=情報設計  戦略、情報設計、ビジュアルデザインのセット 大規模サイトのガイドラインとガバナンス  スタイルガイドに加え、実装、セキュリティ、 アクセシビリティなどさまざまな情報を盛り込む  組織内部のガバナンスに踏み込むことも 19
  20. 20. 2005年ごろのBA:あまり知られない姿 大規模サイトのモバイル対応  ガラケー対応、スマートフォン対応  ガラケーの課金の仕組みが優れていたため、 会員制サイトにはまだガラケー優先のものもあった RIAの案件を多数手がける  RIA=RichInternetApplication  Flashはプロモーションではなくシミュレータなどに 20
  21. 21. 2010年ごろの話 21
  22. 22. 2010年ごろのWeb HTML5の時代へ  ブラウザの戦争はほぼ終結し、標準化が進む  標準的なブラウザのHTML5対応が進む IEは対応が遅れ、2011年にIE9が登場する スマートフォンの時代へ  スマートフォンの普及が進む  Flashは終焉へ 22
  23. 23. 2010年ごろのBA:良く知られる姿 引き続き大規模企業サイトを手がける  ただしスマートフォン対応を含むようになる HTML5のアプリケーション実装  JavaScriptを活用したアプリケーション  IE9のプロモーションのために作成した 「The Shodo」は高評価 (=そこそこ真似された) 23
  24. 24. 2010年ごろのBA:あまり知られない姿 大規模企業サイトのスマートフォン対応  ガラケー対応からスマートフォン対応へ FlashからHTML5への移行  シミュレータをJavaScriptで実装しなおすなど  新規案件も多数 24
  25. 25. 最近の話 25
  26. 26. 最近のWeb というかWebなのか?  スマートフォン利用者がPC利用者を上回る  さまざまなデバイスやアプリが登場、 ユーザーは「Web」を意識しない時代へ 動画があたりまえのものに  動画によるわかりやすい説明、装飾としての動画も 26
  27. 27. 最近のBA:良く知られる姿 モバイル中心、動画を活用した大規模サイト  動画を活用した銀行のサイトなど アプリのUIデザインや実装  公表できない案件が多いが、けっこうやっている  実はWebデザインの知見がかなり生かせる 27
  28. 28. 最近のBA:あまり知られない姿 28
  29. 29. まとめ 29
  30. 30. Webは移り変わっている Webの姿は大きく変わっている  PCブラウザの時代からモバイルの時代へ  tableレイアウトとFlashの時代からHTML5の時代へ Webサイトの姿や求められるものも、 それに合わせて大きく変わっている 30
  31. 31. BAも変化してきた BAの得意分野も大きく変化している  ビジュアルデザインから戦略、IAへ  Webから動画、アプリなどの周辺領域へ 31
  32. 32. BAの新しいロゴ 32
  33. 33. BAのロゴタイプ(2013年~) 33
  34. 34. ロゴタイプの意図 新しいロゴタイプは、パートナー企業様との より密接なコミュニケーション、 ならびに、 弊社のクリエイティブが標榜する無限の可能 性を表現すべく、 あらゆる虚飾を排した2文 字のアルファベットで構成されます。 http://www.b-architects.com/news/releases/20130901 34
  35. 35. BAの色 特定の色は定義されていない  メンバーはさまざまな色の名刺を持つ  サイトもさまざまな色に変化する 以下のような意味がこめられている  「BA」はさまざまな色に柔軟に変化する  色が変化しても「BA」であることに変わりはない 35
  36. 36. 変化を恐れない 「BA」であり続けるためには 変化し続ける必要がある 36
  37. 37. ありがとうございました

×