Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
アクセシビリティvsセキュリティ
~こんな対策はいらない!~
株式会社ビジネス・アーキテクツ
太田良典
自己紹介
2
BA
3
ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)
4
5
今日のお話
アクセシビリティとセキュリティ
CAPTCHAの問題
バリデーションの問題
セッションタイムアウトの問題
6
アクセシビリティとセキュリティ
7
デザイニングWebアクセシビリティ
8
デザイニングWebアクセシビリティとは?
誰でもアクセスしやすいWebサイトの
制作プロセスについて語る本
 障害の有無や、状況にかかわらずアクセスできる
戦略や設計、ビジュアルデザインも重視
 ガイドラインの解説ではない
 BAが手...
セキュリティにからむ内容
10
3-1CAPTCHAの導入でアクセス不能になる
11
※画面は開発中のものです
6-4入力が困難なフォーム
12
※画面は開発中のものです
6-9時間切れで作業が継続できなくなるフォーム
13
※画面は開発中のものです
CAPTCHAの問題
14
CAPTCHAとは?
CompletelyAutomated Public Turing test
to tell Computers and Humans Apart
コンピュータと人間とを判別する
完全自動化されたチューリングテスト
15
CAPTCHAの目的
ロボットによる自動アクセスの排除
 特に、フリーメールサービスの
自動アカウント登録を防ぐため
 画像を見せて、書かれている内容を
入力させる手法が主流
16
CAPTCHAの例(reCAPTCHA)
17
画像が見えない人は?
スクリーンリーダーの場合、画像があっても
内容を理解できることがある
「代替テキスト」が指定されていれば
それを読んでくれる
18
reCAPTCHAの代替テキスト
<img alt="reCAPTCHA 確認用画像" >
画像の内容とは異なっている
これを入力してもパスできない
19
無理ゲー
20
CAPTCHAの問題点
見えないと全くアクセスできない
適切な代替テキストも指定できない
アクセスできるようにすることは
とても難しい
21
セキュリティ上の意義
22
フリーメールサービスの場合
機械によるアカウント登録を防ぐ
 機械的にアカウントを作成されると
スパムメールを大量送信される
 手動の登録は防がない
アカウント登録の初回に一度だけ
CAPTCHAを突破する必要がある
23
ブログのコメント欄
機械によるあらしを防ぐ
 手動のあらしは防がない
コメントを入力するたびに毎回
CAPTCHAを突破する必要がある
24
ログインフォーム
機械によるログイン試行を防ぐ
 手動の試行は防がない
ログインするたびに毎回
CAPTCHAを突破する必要がある
 2回目からCAPTCHAを出すケースも。
この場合、1回は機械試行できる
25
本当に必要なのか?
26
判断のポイント
CAPTCHAは機械によるアクセスを
妨げるためのもの
認証の機能は持っていない
 悪意ある攻撃者による
手動のアクセスは防げない
 「画像認証」と呼ぶのは語弊がある
27
まとめ
28
CAPTCHAのまとめ
CAPTCHAはアクセシビリティも
ユーザビリティも低下させる
必ずしも安全性は高まらない
 必要なケースもあるが、必要ないことも多い
採用するときはちゃんと考える
29
バリデーションの問題
30
バリデーションとは?
値が正当(valid)なものであるかを
確かめる処理
31
バリデーションの例
32
全角で入力してください?
そもそも「全角」とは何か
どうやって入力するのか
 特にスマートフォン
33
半角と全角の入力方法を教えてください。
34
セキュリティ上の意義
35
入力バリデーションはセキュリティ対策
36
バリデーションによる対策の発想
ユーザーの入力には
「危険な文字」が含まれることがある
 例: “‘ <など
危険な文字を入力させなければいい
 全角はだいたいあんしん
37
本当に必要なのか?
38
コメント欄とか
どうするの?
素朴な疑問
39
自由な入力が必要な場合
お問い合わせやコメントなどの
入力欄では、自由な入力が必要
 “ や‘ が入力できる必要がある
 O‘Reillyの話題を禁止するのか?
40
入力バリデーションはセキュリティ対策?
入力バリデーションは
セキュリティ対策になる
「こともある」
しかし本質ではなく、
対策にならないことも多いので、
他の手法で安全性を担保すべき
41
まとめ
42
バリデーションのまとめ
バリデーションは必要だが、
必要以上の制限をすると入力困難に
必ずしも安全性は高まらない
 バリデーションはセキュリティとはまた別の話
 たまたま重なることはある
43
セッションタイムアウトの問題
44
セッションタイムアウトとは
45
セッションタイムアウトの問題
ログイン後、一定時間経つと
自動的にログアウトする
入力に時間がかかるユーザーは、
入力を終えるまでに
ログアウトしてしまうことがある
46
47
48
セキュリティ上の意義
49
IPAセキュアプログラミング講座(2002年版)
50
http://www.ipa.go.jp/security/awareness/vendor/programmingv1/a05_03_main.html
セッション盗用
もし,本人がWWWブラウザを終了させずに
席を離れた隙に他人が操作をして当該ASPア
プリケーションのページを呼び出すことがで
きれば,生きているセッションに再接続する
ことができ,各種の情報が漏れてしまうこと
になる。
51
...
本当に必要なのか?
52
どのくらい
短くすれば
安全と言えるの?
素朴な疑問
53
明確に「こうすべき」とは書かれていないが……
セッションの継続が必要で,ユーザに閲覧させる情報・入力
させる項目があまり多くないページでは,Session.Timeoutプ
ロパティに小さな値を設定し,無理のない範囲でタイムアウ
トの時間を短く...
55
さらなる疑問
「ユーザに閲覧させる情報・
入力させる項目があまり多くないページ」
をどう判断するのか?
 入力したり読んだりする速度は
ユーザーによってまちまち
3分なら安全なのか?
 離席直後に使われたらアウトでは?
56
2016年の文書では?
57
セッション関連の
注意事項は多数あるが、
セッションの長さには
言及なし
まとめ
58
セッションタイムアウトのまとめ
セッションが短ければ安全、
という話にはあまり根拠がない
(ように思える)
古い文書を信じ続けないほうが良い
 一般に言われていることが古い話ということも多い
 パスワード定期変更のルールも見直されている...
おわりに
~アクセシビリティvsセキュリティ~
60
vsセキュリティ?
アクセスしやすくする施策は
セキュリティのための施策と対立?
高度なセキュリティと
アクセシビリティは両立できない?
61
セキュリティの三大要素
機密性(Confidentiality)
 漏れない
完全性(Integrity)
 改ざんされない
可用性(Availability)
 ちゃんと使える、止まらない
62
使えなければ意味がない!
機密性を保持する最も簡単な方法は
サービスを公開しないこと
 存在しなければ何も漏れない
しかし、それでは意味がない
 きちんと使えることが重要
 現実的でない「対策」はセキュリティ研究者も批判
63
何のためにやるのか?
64
ありがとうございました
65
アンケートにご協力ください
https://goo.gl/JGpnHF
You’ve finished this document.
Download and read it offline.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Share

アクセシビリティvsセキュリティ ~こんな対策はいらない!~

Download to read offline

「セキュリティとUXの◯◯な関係」で使用したスライドです。
https://connpass.com/event/55559/

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

アクセシビリティvsセキュリティ ~こんな対策はいらない!~

  1. 1. アクセシビリティvsセキュリティ ~こんな対策はいらない!~ 株式会社ビジネス・アーキテクツ 太田良典
  2. 2. 自己紹介 2
  3. 3. BA 3
  4. 4. ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC) 4
  5. 5. 5
  6. 6. 今日のお話 アクセシビリティとセキュリティ CAPTCHAの問題 バリデーションの問題 セッションタイムアウトの問題 6
  7. 7. アクセシビリティとセキュリティ 7
  8. 8. デザイニングWebアクセシビリティ 8
  9. 9. デザイニングWebアクセシビリティとは? 誰でもアクセスしやすいWebサイトの 制作プロセスについて語る本  障害の有無や、状況にかかわらずアクセスできる 戦略や設計、ビジュアルデザインも重視  ガイドラインの解説ではない  BAが手がけた実例も豊富に収録 9
  10. 10. セキュリティにからむ内容 10
  11. 11. 3-1CAPTCHAの導入でアクセス不能になる 11 ※画面は開発中のものです
  12. 12. 6-4入力が困難なフォーム 12 ※画面は開発中のものです
  13. 13. 6-9時間切れで作業が継続できなくなるフォーム 13 ※画面は開発中のものです
  14. 14. CAPTCHAの問題 14
  15. 15. CAPTCHAとは? CompletelyAutomated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart コンピュータと人間とを判別する 完全自動化されたチューリングテスト 15
  16. 16. CAPTCHAの目的 ロボットによる自動アクセスの排除  特に、フリーメールサービスの 自動アカウント登録を防ぐため  画像を見せて、書かれている内容を 入力させる手法が主流 16
  17. 17. CAPTCHAの例(reCAPTCHA) 17
  18. 18. 画像が見えない人は? スクリーンリーダーの場合、画像があっても 内容を理解できることがある 「代替テキスト」が指定されていれば それを読んでくれる 18
  19. 19. reCAPTCHAの代替テキスト <img alt="reCAPTCHA 確認用画像" > 画像の内容とは異なっている これを入力してもパスできない 19
  20. 20. 無理ゲー 20
  21. 21. CAPTCHAの問題点 見えないと全くアクセスできない 適切な代替テキストも指定できない アクセスできるようにすることは とても難しい 21
  22. 22. セキュリティ上の意義 22
  23. 23. フリーメールサービスの場合 機械によるアカウント登録を防ぐ  機械的にアカウントを作成されると スパムメールを大量送信される  手動の登録は防がない アカウント登録の初回に一度だけ CAPTCHAを突破する必要がある 23
  24. 24. ブログのコメント欄 機械によるあらしを防ぐ  手動のあらしは防がない コメントを入力するたびに毎回 CAPTCHAを突破する必要がある 24
  25. 25. ログインフォーム 機械によるログイン試行を防ぐ  手動の試行は防がない ログインするたびに毎回 CAPTCHAを突破する必要がある  2回目からCAPTCHAを出すケースも。 この場合、1回は機械試行できる 25
  26. 26. 本当に必要なのか? 26
  27. 27. 判断のポイント CAPTCHAは機械によるアクセスを 妨げるためのもの 認証の機能は持っていない  悪意ある攻撃者による 手動のアクセスは防げない  「画像認証」と呼ぶのは語弊がある 27
  28. 28. まとめ 28
  29. 29. CAPTCHAのまとめ CAPTCHAはアクセシビリティも ユーザビリティも低下させる 必ずしも安全性は高まらない  必要なケースもあるが、必要ないことも多い 採用するときはちゃんと考える 29
  30. 30. バリデーションの問題 30
  31. 31. バリデーションとは? 値が正当(valid)なものであるかを 確かめる処理 31
  32. 32. バリデーションの例 32
  33. 33. 全角で入力してください? そもそも「全角」とは何か どうやって入力するのか  特にスマートフォン 33
  34. 34. 半角と全角の入力方法を教えてください。 34
  35. 35. セキュリティ上の意義 35
  36. 36. 入力バリデーションはセキュリティ対策 36
  37. 37. バリデーションによる対策の発想 ユーザーの入力には 「危険な文字」が含まれることがある  例: “‘ <など 危険な文字を入力させなければいい  全角はだいたいあんしん 37
  38. 38. 本当に必要なのか? 38
  39. 39. コメント欄とか どうするの? 素朴な疑問 39
  40. 40. 自由な入力が必要な場合 お問い合わせやコメントなどの 入力欄では、自由な入力が必要  “ や‘ が入力できる必要がある  O‘Reillyの話題を禁止するのか? 40
  41. 41. 入力バリデーションはセキュリティ対策? 入力バリデーションは セキュリティ対策になる 「こともある」 しかし本質ではなく、 対策にならないことも多いので、 他の手法で安全性を担保すべき 41
  42. 42. まとめ 42
  43. 43. バリデーションのまとめ バリデーションは必要だが、 必要以上の制限をすると入力困難に 必ずしも安全性は高まらない  バリデーションはセキュリティとはまた別の話  たまたま重なることはある 43
  44. 44. セッションタイムアウトの問題 44
  45. 45. セッションタイムアウトとは 45
  46. 46. セッションタイムアウトの問題 ログイン後、一定時間経つと 自動的にログアウトする 入力に時間がかかるユーザーは、 入力を終えるまでに ログアウトしてしまうことがある 46
  47. 47. 47
  48. 48. 48
  49. 49. セキュリティ上の意義 49
  50. 50. IPAセキュアプログラミング講座(2002年版) 50 http://www.ipa.go.jp/security/awareness/vendor/programmingv1/a05_03_main.html
  51. 51. セッション盗用 もし,本人がWWWブラウザを終了させずに 席を離れた隙に他人が操作をして当該ASPア プリケーションのページを呼び出すことがで きれば,生きているセッションに再接続する ことができ,各種の情報が漏れてしまうこと になる。 51 IPA セキュアプログラミング講座 (2002年版) 「セッション盗用」より http://www.ipa.go.jp/security/awareness/vendor/programmingv1/a05_03_main.html
  52. 52. 本当に必要なのか? 52
  53. 53. どのくらい 短くすれば 安全と言えるの? 素朴な疑問 53
  54. 54. 明確に「こうすべき」とは書かれていないが…… セッションの継続が必要で,ユーザに閲覧させる情報・入力 させる項目があまり多くないページでは,Session.Timeoutプ ロパティに小さな値を設定し,無理のない範囲でタイムアウ トの時間を短くする。Session.Timeoutプロパティには1分刻 みでタイムアウト時間を設定できる。その最小値は1分であ る。次の代入文は,セッション・タイムアウトを3分に設定 する例である。 Session.Timeout=3 54 IPA セキュアプログラミング講座 (2002年版) 「安全のためのセッション管理」より http://www.ipa.go.jp/security/awareness/vendor/programmingv1/a05_03_main.html
  55. 55. 55
  56. 56. さらなる疑問 「ユーザに閲覧させる情報・ 入力させる項目があまり多くないページ」 をどう判断するのか?  入力したり読んだりする速度は ユーザーによってまちまち 3分なら安全なのか?  離席直後に使われたらアウトでは? 56
  57. 57. 2016年の文書では? 57 セッション関連の 注意事項は多数あるが、 セッションの長さには 言及なし
  58. 58. まとめ 58
  59. 59. セッションタイムアウトのまとめ セッションが短ければ安全、 という話にはあまり根拠がない (ように思える) 古い文書を信じ続けないほうが良い  一般に言われていることが古い話ということも多い  パスワード定期変更のルールも見直されている 59
  60. 60. おわりに ~アクセシビリティvsセキュリティ~ 60
  61. 61. vsセキュリティ? アクセスしやすくする施策は セキュリティのための施策と対立? 高度なセキュリティと アクセシビリティは両立できない? 61
  62. 62. セキュリティの三大要素 機密性(Confidentiality)  漏れない 完全性(Integrity)  改ざんされない 可用性(Availability)  ちゃんと使える、止まらない 62
  63. 63. 使えなければ意味がない! 機密性を保持する最も簡単な方法は サービスを公開しないこと  存在しなければ何も漏れない しかし、それでは意味がない  きちんと使えることが重要  現実的でない「対策」はセキュリティ研究者も批判 63
  64. 64. 何のためにやるのか? 64
  65. 65. ありがとうございました 65
  66. 66. アンケートにご協力ください https://goo.gl/JGpnHF
  • shinichimatsuzawa92

    Jul. 21, 2019
  • ssuserb4bb6c

    Aug. 22, 2018
  • siwamot

    Oct. 9, 2017
  • yotatoyama3

    Jul. 17, 2017
  • Teruichi81

    Jul. 9, 2017
  • hkoba

    Jun. 18, 2017
  • AkiyamaMayumi

    Jun. 12, 2017
  • nilfigo

    Jun. 10, 2017
  • syuichitsuji

    Jun. 10, 2017
  • ssuser9792c2

    Jun. 9, 2017
  • kazuhito

    Jun. 9, 2017
  • AkikoIkegami

    Jun. 9, 2017

「セキュリティとUXの◯◯な関係」で使用したスライドです。 https://connpass.com/event/55559/

Views

Total views

6,330

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

1,757

Actions

Downloads

12

Shares

0

Comments

0

Likes

12

×