WantedlyとNew Relicとサイト高速化

1,539 views

Published on

WantedlyをNew Relicを見ながら高速化した話

Published in: Technology

WantedlyとNew Relicとサイト高速化

  1. 1. シゴトでココロオドル www.wantedly.com Yoshinori Kawasaki (@kawasy) New Relic Night @ EngineYard, 17-Oct-2013
  2. 2. 自己紹介
  3. 3. [PR] Wantedly内プロフィールを みてください https://www.wantedly.com/users/10599
  4. 4. 会社紹介
  5. 5. ウォンテッド株式会社 から ウォンテッドリー株式会社 になります
  6. 6. [PR] Wantedly内会社ページを みてください https://www.wantedly.com/companies/wantedly
  7. 7. [PR] メンバーは全員 自社サービスを使って採用 dogfooding してます
  8. 8. WantedlyをNew Relicで 高速化した話
  9. 9. 使ってる技術 Ruby Heroku Backbone.js Ruby on Rails Chef Solo AWS PostgreSQL
  10. 10. 半年前
  11. 11. 先月
  12. 12. 先月 デザイン変更の影響で めっちゃ遅くなった 376 ms → 647 ms
  13. 13. 先月
  14. 14. 先月 発表までに高速化しよう 勉強会ドリブン開発(BDD) (パフォーマンスへの影響を考えて  デザイン変更・リリースするのが本来)
  15. 15. 今日
  16. 16. 今日 今日のリリースで 半年前の水準に戻った 376 ms → 647 ms → 396 ms
  17. 17. 今日 社長も大喜び
  18. 18. 今日 400 ms は 一般的には速くないので 今後も継続的に改善が必要
  19. 19. サイト全体平均より 重要なページを測定・最適化する
  20. 20. Wantedlyの場合 募集一覧と募集要項のページ
  21. 21. 遅いtransactionは個別に分析
  22. 22. 遅いtransactionは個別に分析
  23. 23. 遅いtransactionは個別に分析
  24. 24. 遅いtransactionは個別に分析
  25. 25. Page load timeで フロントエンド・パフォーマンス の長期トレンドを把握
  26. 26. ただし 全てrenderされるまでの時間と ユーザの体感速度とは 必ずしも一致しない
  27. 27. TTFB (Time to First Byte) TTI (Time to Interact) AFT (Above the Fold Time) などが最近は指標として 注目されてる
  28. 28. 参考 http://www.getelastic.com/ttfb-and-tti-2-kpis-moreimportant-than-page-load-speed/
  29. 29. おまけ
  30. 30. Pull Request をつかった ワークフロー git push & open pull request start a new build github development env update build status on a pull request notify pull request opening Jenkins CI notify build status hipchat github bot
  31. 31. サイトが遅くなってることを HipChatに通知 すぐ気づける
  32. 32. ありがとうございました!

×