Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OSSのオーケストレーションツール CloudConductor入門 ~インストールでのハマりどころ~

627 views

Published on

2015/01/23 OSCA Developer Lounge

Published in: Technology
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ,Download or read Ebooks here ... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

OSSのオーケストレーションツール CloudConductor入門 ~インストールでのハマりどころ~

  1. 1. 2015/1/23 OSCA Developer Lounge @tominaga443 OSSのオーケストレーションツール CloudConductor入門 ~インストールでのハマりどころ~
  2. 2. 自己紹介  冨永 善視 (とみなが よしみ)  Twitter @tominaga443  TIS株式会社 戦略技術センター  デザイン指向クラウドオーケストレーションソフトウェア 「CloudConductor」 OSSとして公開中  OSDT2015 OpenStack Upstream Training 当せんしました :)
  3. 3. 今日のLTで話したかったこと
  4. 4. 今日のLTで話したかったこと デザイン指向クラウドオーケストレータ CloudCondcutorの使い方をご紹介したかった
  5. 5. 今日のLTで話したかったこと デザイン指向クラウドオーケストレータ CloudCondcutorの使い方をご紹介したかった が 間に合いませんでした _ノ乙(、ン、)_
  6. 6. 今日のLTで話すこと  CloudConductorを使うまでの流れ  分かっている範囲でのハマり所
  7. 7. Getting Started http://cloudconductor.org/documents/getting-started
  8. 8. 最初のハマり所 Getting Startedのコマンドがコピペできない
  9. 9. Getting Started  実行環境準備  Pre-Build  プロビジョニング実行
  10. 10. 第1関門:実行環境準備
  11. 11. Support Clouds Amazon Web Service OpenStack
  12. 12. Support Clouds Amazon Web Service OpenStack せっかくだから、俺はこの赤い扉を選ぶぜ!
  13. 13. Prerequisites  Ruby >= 2.1.2 with Bundler  Zabbix Server 2.2  DNS Server – BIND9, Route53 (AWS)  VM Image – cloud-init – chefdk 公式サイトで配布 http://cloudconductor.org/downloads
  14. 14. 実行環境準備でのハマり所  Ruby 2.x 系のインストール – rbenv等使えば良いが、依存関係でハマる  BIND9の設定 – 使ったことがないと設定項目多くて大変 – リモートから制御できるよう設定必要
  15. 15. インストールでのハマり所 # git clone https://github.com/cloudconductor/cloud_conductor.git # bundle install # bundle exec unicorn -c config/unicorn.rb -E development -D  nokogiriの取得に失敗する場合 # bundle config build.nokogiri --use-system-libraries # bundle install
  16. 16. 第2関門:Pre-Build
  17. 17. Pre-Build Imageの作成
  18. 18. Pre-Build Imageの作成
  19. 19. Pre-Build Imageの作成
  20. 20. Pre-Buildでのハマり所  OpenStackのセッティング – プロジェクトで利用可能なネットワークが複数あるとエラー – SSHを許可したセキュリティ・グループが必要  Packerの設定 (cloudconductor/config/templates.yml) – floating_ip_pool: “<外部ネットワーク名>” – security_groups: - “<SSHを許可したSG>“ Packer関連の設定はマニュアルに 何も書かれていない (´Д⊂ヽウェェェン
  21. 21. 第3関門:プロビジョニング実行
  22. 22. プロビジョニング実行
  23. 23. プロビジョニング実行
  24. 24. プロビジョニング実行
  25. 25. プロビジョニング実行
  26. 26. プロビジョニングのハマり所  OpenStack(Juno)では、AWS:EC2:EIPAssociationで Validationエラー – 該当箇所の処理をコメントアウトしてお茶を濁す  サブネットにDNSが設定されない – (Pre-Build前に実施) • ベースのVM Imageを一旦起動し、DNS設定をベタ書き • 上書きされないよう、ifcfg-eth0にPEERDNS=noを設定 • インスタンスのスナップショットを取得してイメージ登録する
  27. 27. アプリケーションのデプロイ ここで力尽きました・・・ _ノ乙(、ン、)_
  28. 28. この後に待っていること  アプリケーションのデプロイ  Optional-Patternの追加  障害時のクラウド間フェイルオーバー
  29. 29. 最後に
  30. 30. 最後に  CloudConductorを「試しに使ってみる」のハードルが 高いことは、開発側も認識しています  CloudConductor 1.0 リリースに向けて対応を検討中 – 詳しい利用手順をブログに掲載 – インストール済みVM Imageの公開 – などなど
  31. 31. THANK YOU

×