公開用 110620 1106_wcanセミナー

4,256 views

Published on

2011年6月18日 WCAN・ライトニングトークでお話した際のドキュメント。

Published in: Business, Technology, Education
0 Comments
8 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,256
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
71
Actions
Shares
0
Downloads
26
Comments
0
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

公開用 110620 1106_wcanセミナー

  1. 1. 恋愛プロセスでイメージする 簡単アクセス解析講座 1
  2. 2. 2
  3. 3. さて 3
  4. 4. 私 4
  5. 5. 彼氏いない歴 3年 5
  6. 6. 30+ほにゃらら歳 6
  7. 7. いろんな意味で 焦る年頃 7
  8. 8. さすがに何とかしようと 8
  9. 9. で 9
  10. 10. 10
  11. 11. という訳で図式化しました 11
  12. 12. 知 カ 野り 食 ラ 吞 球 吞合 事 オ み 観 み ♥う ケ 戦 12
  13. 13. ちなみにWebの用語で例えると 13
  14. 14. 知 カ 野り 食 ラ 吞 球 吞合 事 オ み 観 み ♥う ケ 戦 14
  15. 15. この図に数値を当てはめてみると 15
  16. 16. こんな感じ知り合 食事 カラオ 吞みう ケ• 50人 • 20人 • 12人 • 5人 野球観 戦 吞み ♥ • 3人 • 3人 • 2人 16
  17. 17. どのステップで どれだけ離脱しているか? 17
  18. 18. こんな感じ知り合う 食事 カラオケ 吞み • 50人 • 10人 • 8人 • 5人 離脱率 % 離脱率 % 離脱率 % 野球観戦 吞み ♥ • 3人 • 3人 • 2人離脱率 % 離脱率 % 離脱率 % 18
  19. 19. どのステップで離脱が多かった? 19
  20. 20. 知り合ってから 食事に持ち込めていない知り合う 食事 カラオケ 吞み • 50人 • 10人 • 8人 • 5人 離脱率 % 離脱率 % 離脱率 % 野球観戦 吞み ♥ • 3人 • 3人 • 2人離脱率 % 離脱率 % 離脱率 % 20 20
  21. 21. どうもこの部分が問題では? 21
  22. 22. …。 22
  23. 23. 思い当たる節が… ( ̄ー ̄;) 23
  24. 24. そこで 24
  25. 25. 25
  26. 26. 26
  27. 27. 27
  28. 28. ワタシは 2つ目の施策にします 28
  29. 29. なぜなら、コンバージョン数を 増やしたい訳 ではないから。 29
  30. 30. 千人斬りを達成したいのなら… 1番の施策を。 30
  31. 31. どういう施策を 取るかはあなた次第。 31
  32. 32. さて話は変わりますが 32
  33. 33. 最近の アクセス解析のトレンドネタとして 33
  34. 34. 34
  35. 35. 簡単に言うと、 35
  36. 36. 36
  37. 37. …と言われても 37
  38. 38. ピンと来ない 38
  39. 39. そんな方のために。 39
  40. 40. さっきの パターンで考えてみましょう 40
  41. 41. 2回目の吞みがコンバージョンに 影響があったと見えます知り合う 食事 カラオケ 吞み • 50人 • 10人 • 8人 • 5人 離脱率 % 離脱率 % 離脱率 % 野球観戦 吞み ♥ • 3人 • 3人 • 2人離脱率 % 離脱率 % 離脱率 % 41
  42. 42. しかし本当は 42
  43. 43. “2回目の呑み” の時は、 43
  44. 44. 44
  45. 45. つまり 45
  46. 46. 本当に決め手に なったのは 別の部分 46
  47. 47. 知り合う 食事 カラオケ 吞み • 50人 • 10人 • 8人 • 5人 離脱率 % 離脱率 % 離脱率 % 野球観戦 吞み ♥ • 3人 • 3人 • 2人離脱率 % 離脱率 % 離脱率 % 47
  48. 48. つまり 48
  49. 49. 私というユーザを落とすには “呑みより野球” が大切 49
  50. 50. それがツールと概念の 発展で 50
  51. 51. どのアクティビティが 本当に コンバージョンに貢献しているのかより掴みやすくなっている 51
  52. 52. どんどん“個別ユーザ”のアクティビティにフォーカスした解析が求められて きています 52
  53. 53. 53
  54. 54. 解析ツールも進化してきていて 54
  55. 55. 例えば…GoogleAnalyticsのマルチチャネル機能 のリリース…など。 55
  56. 56. 56
  57. 57. 57
  58. 58. 58
  59. 59. …という訳で。 59
  60. 60. 分析も終わったので 60
  61. 61. 61
  62. 62. ご紹介ありがとうございます!◆連絡先 twitterア ウ ト ysm_mika カ ン◆アクセス解析の相談と恋愛相談は 株式会社アクアリング 戦略コンサルティングチームまで ♥ 62

×