Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

130712 第16回日本臨床救急医学会

318 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

130712 第16回日本臨床救急医学会

  1. 1. 保育ルーム職員を対象とした BLS 講習の実践と効果検証: AHA Family & Friends コースの実践報告 淺田義和、鈴木義彦、大桒美紀 第16回日本臨床救急医学会総会・学術集会 Jul. 12, 2013 @ 東京国際フォーラム
  2. 2. Summary •保育ルームにおける緊急時対応体制の 整備の一環として、職員に対するAHA Family&Friends CPR講習を実施 •修了後アンケートでの満足度は高。 スキルチェックは実施していない。 •継続的な評価や復習講習の開催、 知識や技能に関する確認導入の検討
  3. 3. 方法 •保育ルームの職員、保育士に対して AHA Family & Friends CPRを実施 •マネキン:受講者 = 1:2 •講習は1回に10人以下 •成人、小児、乳児の全てを実施
  4. 4. Family & Friends CPR 利用の背景 •AHA-BLSインストラクターでなくとも 講習会を実施することができる → インストラクター確保の負荷減少 •無償コースとして実施可能である •AHAコースとして、その効果に対する 信頼性がある
  5. 5. 結果 / 参加者41名 難しい やや難しい やや簡単 簡単 難易度 0 22 18 1 理解した やや理解 やや不理解 不理解 手順理解 26 15 0 0 習得した やや習得 やや未習得 未習得 手技習得 13 28 0 0 関われる やや関われる やや関われない 関われない BLS関与 6 27 8 0 満足 やや満足 やや不満足 不満足 満足度 40 1 0 0
  6. 6. 考察 •満足度は高い → 最低限のレベルとして Kirkpatric4段階評価のレベル1は達成 •手順理解度に比べ、手技習得度が低い → 体力、流れに対する不安   練習時間の不足? •BLSへの関与に関する自信は低い → 本番に対する不安、「1人」の不安   態度教育の不足?   スキルチェック未実施が原因?
  7. 7. 今後の課題 •追調査による意識変化の調査 •チェックリストやクイズによる 学習直後の習得度チェック •事前、事後でのクイズ形式アンケート •スキルチェックリストの作成 •ニーズ・興味関心に合わせた内容調整 (例:小児と乳児に限定) •復習参加・新規受講者の増加

×