Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

130706_第1回シミュレーション医療教育学会_淺田_発表資料

740 views

Published on

第1回シミュレーション医療教育学会の発表資料。「自治医科大学メディカルシミュレーションセンターの5カ年の歩み」を整理したものです。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

130706_第1回シミュレーション医療教育学会_淺田_発表資料

  1. 1. 自治医科大学メディカル シミュレーションセンター 5年間の歩み 淺田義和、鈴木義彦、久野文人、 アラン・レフォー、長谷川剛、河野龍太郎 yasada@jichi.ac.jp 第1回シミュレーション医療教育学会 Jul. 6, 2013 @ 新潟大学
  2. 2. 5つの視点から •利用状況(数値データ) •トレーニング •人事 •シミュレータ開発 •その他
  3. 3. 利用状況:年々増加 年度 延べ人数 利用件数 コメント 2008 2009 2010 2011 2012 (2013) ???? ???? 運用開始 5499 ???? ICLS、講義利用が主 7483 342 多重課題研修が追加 9534 387 PreBSLが追加 10687* 534 BSLでの利用が増加 (4534) (179) (6月末の時点)
  4. 4. 2008年 2010年 2011年 2012年 2013年 ICLSトレーニングが開始 新人看護師対象:多重課題シミュレーション 医学部4年生対象:PreBSL(1週間) 職員対象:BLS(AED研修) 新人研修医:入職時の集合研修に協力 総合診療部:BSLで隔週利用(身体診察) PreBSLを2週間に増加 医学4年末に外科シミュレーション トレーニング 医学部、看護学部から医師、看護師、職員まで
  5. 5. 2008年 2009年 2010年 2012年 2013年 センター長(非医療者) メディカルディレクター(医師、非常勤) 保守管理の臨時職員を採用 講師(医師)、助教(非医療者)、 保守管理の嘱託職員(非医療者)を採用 宇都宮大学(工学部)から、 アルバイトとして学生を採用 eラーニング担当の臨時職員採用(7月∼) 器材管理用システムを導入(8月∼) 人事:常勤 5+1人 指導 < 準備・片付け・整備 + 教材作り・教育研究
  6. 6. 2011年 2012年 2013年 とちぎ医療機器・院内シミュレータ研究部会 (第1回・第2回が開催) 3種類のシミュレータ開発に着手 第3回 研究部会が開催 エコーガイド下CVC(セルジンガー法)の シミュレータで特許申請 学会発表および展示 学会発表および展示 第4回 研究部会(7月8日) シミュレータ開発
  7. 7. 安価で効果の高い物を •セルジンガー法でのCVシミュレータ •筋拘縮患者の看護 / 体験シミュレータ •触診用シミュレータ(データ収集中) •まずは暗黙知を可視化する所から •現時点では、COIを出せるほどの利益 (キャッシュバック)はありません
  8. 8. 2010年 2011年 2012年 2013年 ICLSインストラクターが誕生 AHA-BLS インストラクターが誕生 eラーニングや成人教育理論を含めた教 育研究にも着手 シミュレーションセンターの拡張 学生によるシミュレーションサークル JMSSが誕生 学生トレーニングサイトの発足 1年の選択授業にシミュレーション導入 その他
  9. 9. センターの拡張
  10. 10. 7F 訓練室C 訓練室B 訓練室A 講義室 多目的 講義室 講 師 室 管理室 器材準備室 行動観察室 行動観察室
  11. 11. 6F(2012年10月) 訓練室L 訓練室M ロッカー & 更衣室器材室
  12. 12. 学生サークル JMSS
  13. 13. Jichi Medical Study Session •第9回M&SでのTESSOの発表をヒント に、3年生(現4年生)に提案 •医学部・看護学部で40以上(3月時) •BLS(含 AHAコース)、ICLS •シミュレーション+関連分野の講義 •県内医療系学生との合同勉強会も開催 •多職種での学習
  14. 14. 今後の課題 •FD、シミュレーション教育者の育成 •知見の整理 → 育成コースの設計 •シミュレーション教育手法の研究 •Sim単体、Sim+講義、 独習etc. •学習者が自主的に学ぶ教材、サポート   「使ってもらう」サポート だけでなく、 「より良く学ばせる」サポート を行う必要性

×