Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
Sim health2011 asada
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

0

Share

Download to read offline

120707_MS_Asada_1

Download to read offline

第9回M&S医学教育研究会の口頭発表スライド_その1。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

120707_MS_Asada_1

  1. 1. シミュレーションセンターを活用した自主学習環境の整備とその効果- 医学部学生によるOSCE対策事例 - 自治医科大学淺田義和 鈴木義彦 河野龍太郎 岡崎仁昭
  2. 2. Overview• OSCE対策のため、シミュレーション センターを自主学習環境として1週間提供• 最終日は115名中、のべ62名が利用• 全体平均は85.8、利用者平均は87.2• 告知方法および満足度調査などの課題
  3. 3. 目的• 自主学習環境としての シミュレーションセンター利用度調査
  4. 4. 方法• 時期:OSCE前の1週間(月∼金)• 血圧測定、縫合、BLS、医療面接 および身体診察のブースを準備• 縫合・BLSはシミュレータ、残りは 学生同士での実習として場所を提供
  5. 5. 配置図縫合 医療面接 BLS 身体診察 血圧 受付台 予備部屋
  6. 6. 方法• 最終日に人数調査を実施 • 来訪学生から調査 • 入退室時間、実施項目、学籍番号 • OSCE結果との比較
  7. 7. 結果• 最終日の利用者:のべ62名• 実施人数:血圧測定 42名、縫合 43名、 BLS 31名、医療面接 19名、身体診察 4名• 全体平均 85.8±6.2、利用者平均 87.2±4.0 ※ともに100点満点に換算、平均 ± SD
  8. 8. 考察• 最終日のみで、3年生の約半数が利用 • 学生内のMLが一番の告知に• OSCEという課題による学習意欲の増加• 種目による利用者数の差 • シミュレータの有無が影響大
  9. 9. 考察• 自主学習の効果測定方法を考案する必要 • 学生の相互評価結果を利用 • OSCE模擬試験の実施 • 練習前後のアンケート • 動画による比較
  10. 10. Next Actions• 告知方法の改善• 場所と物品(シミュレータ)の配置• トレーニング効果の測定方法• 自主学習環境としての満足度調査実施

第9回M&S医学教育研究会の口頭発表スライド_その1。

Views

Total views

1,520

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

601

Actions

Downloads

4

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×