Successfully reported this slideshow.

腕モデルを用いたトレーニングのアンケート結果から得られた. シミュレーション教育に対する知見

0

Share

Loading in …3
×
1 of 20
1 of 20

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

腕モデルを用いたトレーニングのアンケート結果から得られた. シミュレーション教育に対する知見

  1. 1. 腕モデルを用いたトレーニングの アンケート結果から得られた シミュレーション教育に対する知見 ○淺田 義和 1、篠原 和子 2、久野 文人 1、 鈴木 義彦 1、河野 龍太郎 1 1 自治医科大学 医学部 メディカルシミュレーションセンター 2 自治医科大学 附属病院 看護部
  2. 2. 目的 •  採血・血管確保手技に関する現状把握 –  トレーニング経験の有無 –  シミュレータ利用経験の有無 •  腕モデルを利用したシミュレーションに 関する意識調査 –  シミュレーションを有用と考えているか否か –  手技に対する自信が持てるか否か
  3. 3. 腕モデルによるトレーニング •  看護師対象 採血・血管確保トレーニング – 1年目∼22年目 •  アンケート回答数 – 実施前:58 – 実施後:49 •  Yes/Noの2択、および7件法で実施
  4. 4. 全体としての流れ 1.  事前アンケートの実施 2.  簡単な講習・プレゼン 3.  小グループに分かれて実技訓練 4.  反省会 5.  事後アンケートの実施
  5. 5. 質問項目:実施前 •  血管確保に関するトレーニング経験の有無 – 経験そのもの / シミュレータの利用経験 •  シミュレーション教育の有用性 – 知識の強化 / 仮想体験 として •  「これから実際に手技をする」なら… – 正しく / 落ち着いて 実施できそうか
  6. 6. 質問項目:実施後 •  実施前と同一の質問 – シミュレーションの有用性 – これから手技を行うとしたら… •  他のシミュレーションも実施してみたいか •  フリーコメント
  7. 7. 結果:シミュレーションの経験
  8. 8. 採血トレーニングの経験有無 0 10 20 30 40 50 60 経験あり 経験なし
  9. 9. シミュレータの利用 0 5 10 15 20 25 30 35 40 利用した 利用していない
  10. 10. (参考)1回目の実習時 0 5 10 15 20 25 30 35 40 腕モデル利用 人体で練習
  11. 11. 結果:シミュレーション教育の 効果
  12. 12. シミュレーションの有用性 1 2 3 4 5 6 7 知識向上 仮想体験 実施前 実施後
  13. 13. シミュレーションの有用性 1 2 3 4 5 6 7 知識向上 仮想体験 実施前 実施後 有意差なし 有意差なし
  14. 14. 手技に対する自信 1 2 3 4 5 6 7 正しい手技 落ち着いた手技 実施前 実施後
  15. 15. 手技に対する自信 1 2 3 4 5 6 7 正しい手技 落ち着いた手技 実施前 実施後 有意差あり (有意水準 1%) 有意差あり (有意水準 5%)
  16. 16. フリーコメントより •  理解していても、思った通りに手が動かない •  理解したつもりが、手順を忘れていて焦った •  全く自信は無かったが、実際に行うことで手技を確認し ながら実施できてよかった •  実際に行う際は、落ち着いて声かけなども行いたい •  また繰り返しシミュレーションをしてみたい •  怖かった •  普段業務で行っていても、緊張すると手が震えて難しい
  17. 17. 考察 •  シミュレーション教育の有用性 –  参加した看護師は、既に「シミュレーションの有用 性」に関しては理解があった –  手順・知識の確認だけでなく、実践に対する自信を つける意味でも有用 •  シミュレーション教育の必要性 –  約半数が、人に対してのみ訓練経験あり –  勤務年数・経験年数には依存しない
  18. 18. 今後の課題 •  追跡調査の実施 –  半年∼1年後における知識やスキル、手技に対する 自信の確認(長期的なトレーニング効果) –  トレーニング実施の有無とスキル・意識の違い •  シミュレータの質と訓練効果の関連性 –  腕モデルの材質・触感 –  腕の動き・震えなどの再現 –  擬声の発生( 「痛っ!」 など)
  19. 19. 結論 •  腕モデルを利用した訓練の際、その有用性などに 関するアンケートをトレーニング前後で実施 •  腕モデルを利用せず、人体で最初から訓練していた 看護師が半数近かった •  トレーニングの有用性に関して、「実践に対する 自信がつく」という意見(有意差あり) •  追調査、およびシミュレータの改良などの発展性
  20. 20. ご静聴ありがとうございました 本資料は http://www.jichi.ac.jp/msc/ に 掲載予定です。

×