Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

201年度:救急蘇生法およびAED利用方法の講習会(職員向け)

2,065 views

Published on

自治医科大学メディカルシミュレーションセンターにて主催した、職員向けの救急蘇生法(BLS)とAED利用方法の講習会

Published in: Education
  • Be the first to comment

201年度:救急蘇生法およびAED利用方法の講習会(職員向け)

  1. 1. 救急蘇生法及びAED使用方法 講習会 メディカルシミュレーションセンター ICLS インストラクター / AHA公認 BLSヘルスケアプロバイダー 淺田義和
  2. 2. 本日の流れ }  簡単な解説 }  胸骨圧迫の練習 }  AEDの使い方(+胸骨圧迫) }  全体を通した練習 }  質疑応答 ほか
  3. 3. 私たちでも出来ること }  救援の要請 }  119番、院内なら 救急 6000番 + } 胸骨圧迫(心臓マッサージ) } AEDによる除細動
  4. 4. 実際の流れ(成人の場合) 1.  倒れている人を発見(+安全確認・感染防御) 2.  「大丈夫ですか?!」(意識・呼吸確認) 3.  「誰か来てください!」(助けを呼ぶ) }  「あなた、119番通報してください」 }  「あなた、人を集めてAED持ってきてください」 4.  胸骨圧迫 開始 5.  AEDが届いたら AED使用 6.  救急隊員の到着まで 4 - 5 を続ける
  5. 5. 意識確認の方法 }  肩を叩きながら、 「大丈夫ですか!?」 }  反応がなければ 意識無し と判断。 }  頭を叩いたり、揺さぶったりしないこと。 }  ※乳児の場合は足の裏を叩く。
  6. 6. 胸骨圧迫(心臓マッサージ)
  7. 7. 胸骨圧迫(心マ) }  胸骨圧迫のポイント 強く・速く・絶え間なく }  強さ : 5cm 程度 }  速さ : 1分間に 約100回 }  位置 : 左右乳首の間・垂直 }  リコイル  : 押したら戻す }  絶え間なく : 中断は 10秒 以内
  8. 8. 1人30回ずつ、交代でやってみましょう 声を出して数えながら! 1,2,3,4,・・・・
  9. 9. 次は途切れないように交代しながら }  15∼20回くらいで、次の人に交代してください。 }  「あと5回で交代します」等、 声をかけてコミュニケーションを!
  10. 10. (補足)2010年版のガイドライン }  AHA(アメリカ心臓協会)のガイドラインが改定 }  強く・速く が強調 }  1分間に約100回 → 1分間に100回以上 }  4.5cm∼5cm程度 → 5cm 以上 }  ハンズオンリーCPR (人工呼吸を行わない、胸骨圧迫のみの蘇生)
  11. 11. AEDの使い方
  12. 12. AEDの利用方法(1) 1.  フタを開ける 2.  電源スイッチを入れる (自治医大の物は、フタを開けると自動でON) 3.  パッドを装着してください 4.  コネクターを接続してください 5.  心電図を解析します。体から離れてください。
  13. 13. AEDの利用方法(2) (ショック必要なら) 1.  ショックが必要です。充電しています。 2.  ショックを実行します。 体から離れてください。 3.  ボタンを押す 4.  ショックしました。胸骨圧迫を再開してください。 (ショック不要なら) 1.  ショックは不要です。胸骨圧迫を再開してください。
  14. 14. 使用上の注意点 }  パッドを貼る前に・・・・ }  濡れている場合は 拭く }  湿布薬などがある場合は はがす }  ペースメーカーが埋め込まれている場合は ずらして貼る }  コネクタを接続するのは・・・ }  パッドを貼り付けてから、AEDに。誤作動防止 }  パッドの種類 }  大人用と小児用。大人には大人用。 小児には小児用( or 大人用)
  15. 15. 最大の注意点 患者に触れてはいけない時 1.  AEDが心電図を解析している時 (誤解析の防止です。) 2.  患者にショックをする時 (自分にも電流が流れてしまい、危険です。) }  AED操作者は、「離れてください」と叫んで!
  16. 16. 実際に使ってみましょう }  1人がAEDを持っていきます。 1.  「AED 来ました!」 2.  ふたを開けて 電源ON 3.  パッドを張って コネクタ挿入 4.  AEDの自動解析→ショック }  残りの方は交代しながら胸骨圧迫を続けてください。 }  必要に応じて(解析時とショック前)、 「離れてください!」の声かけを! }  今回はトレーニング用AEDなので、電流は流れません。
  17. 17. 全体を通しての練習
  18. 18. 全体的な流れを練習 }  倒れている人を発見しました。どうしますか?! 1.  意識・呼吸の確認 2.  助けを呼ぶ }  救急6000番コール(119番通報)とAEDの依頼 3.  胸骨圧迫、開始 }  強さ・速さ・位置 4.  AEDの利用 }  電源・貼って・差し込んで }  離れて解析・離れてショック

×