Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

20110603雷神2報道公開資料

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 14 Ad

More Related Content

Similar to 20110603雷神2報道公開資料 (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

20110603雷神2報道公開資料

  1. 1. 小型地球観測衛星 「雷神2」完成報告記者発表 2011年6月3日(金) 東北大学・北海道大学 東北大学 北海道大学
  2. 2. 東北大学における50kg級超小型衛星開発経緯(1) • 2003年10月 第11回衛星設計コンテストにて宇宙からの雷観測を提案. 地球電磁気・地球惑星圏学会賞を受賞. • 2007年5月 「スプライト観測衛星」(東北大学1号衛星)開発開始 • 2009年1月23日 「 プ イト観測衛星 打ち上げ成功 「雷神 と命名 年 月 「スプライト観測衛星」打ち上げ成功・「雷神」と命名 • 2009年2月4日 「雷神」搭載機器に不具合発生・以降監視運用を継続中 (ちなみに2011年6月3日 = 打ち上げ後862日目) 打ち上げ後862日目) 「雷神」で得られた成果 1. 大学における本格的な超小型衛星開発に関するノウハウと実績 2. 民生品を活用した衛星搭載用観測機器の開発(例:超高感度CCDカメラ) 2 民生品を活用した衛星搭載用観測機器の開発(例 超高感度CCDカメラ) 3. 大学における衛星運用設備の構築と運用実績 4. 初期運用(12日間)から得られた軌道上データ 4 初期運用(12日間)から得られた軌道上デ タ → 10件論文発表 5. 不具合対応と原因解明の経験 → 「雷神2」の設計に反映 6. 6 「マイクロサット開発入門」出版(2011年4月)
  3. 3. 「雷神」 「雷神 ロケットから分離される直前の衛星の姿 打上げ:2009年1月23日12時54分00秒 (写真:JAXA) (写真 ) (写真:三菱重工業)
  4. 4. 「雷神」 打上げ後第一可視にて,衛星からの電波を受信成功 (2009年1月23日14時32分~14時41分) 東北大学屋上に設置された送受信アンテナ
  5. 5. © Tohoku University 『マイクロサット開発入門』 「雷神」搭載超高感度CCDカメラにより 「雷神 搭載超高感度CCDカメラにより 東北大学超小型衛星開発チーム著 東北大学超小型衛星開発チ ム著 撮影された夜の地球の映像 吉田和哉 監修 (2009年2月2日) 定価3,675円(税込) A5判 ISBN978-4-86163-159-7 C3053 (2011年4月刊行)
  6. 6. 東北大学における50kg級超小型衛星開発経緯(2) • 2009年8月 文部科学省「平成21年度 超小型衛星研究開発事業」の公募 • 2009年11月 上記公募事業の採択決定 (1) 50kg 級超小型衛星フライトモデル「RISING‐2」の研究開発 代表:東北大学 坂本 祐二 (2) マルチスペクトル望遠撮像系の開発 代表:北海道大学 代表 北海道大学 高橋 幸弘 • 2009年12月 上記2件をマージして、「雷神2」の開発を開始 (文部科学省・地球観測衛星開発費補助金) (文部科学省 地球観測衛星開発費補助金) • 2011年3月末に開発完了を目指して開発をすすめる • 2011年3月11日 東日本大震災発生 衛星開発室、衛星本体は被害を免れるものの、一部部品の納入に遅れが発生 • 2011年5月末 「雷神2」開発完了 東北からの震災復興の明るい話題提供としたい! 東北から 震災復興 明る 話題提供とした !
  7. 7. RISING‐2: 衛星システムの概要 超小型衛星「雷神2」 ( RISING-2 ) ・ 質量と形状 - 質量 41kg - 寸法 500 x 500 x 500 mm ・ 軌道 - 高度約700km (予定) の太陽同期軌道衛星 - 1周回約98分 - 軌道寿命 1年~5年 ・ 打ち上げ - H-IIAロケット相乗り衛星の搭載条件に H IIAロケット相乗り衛星の搭載条件に 合わせて開発 - 打ち上げ機は未定。2012~2013年度を計画
  8. 8. RISING‐2:  衛星の目的 最先端理学観測 ・ 高解像度地球撮像ミッション - 解像度5mの望遠鏡 (直径10cm 焦点距離1m) (直径10cm, - カラー撮像 + 可変波長撮像 ( (液晶チューナブルフィルタの宇宙実証) ) - 指向誤差0.1度, 安定度0.02deg/sの三軸姿勢制御 新規開発の望遠鏡システム ・ 最先端理学観測ミッション - ①積乱雲の高解像度ステレオ撮像 - ②スプライトなど高高度放電発光の撮像 「雷神」の観測センサを再度搭載 ・ 期待される成果 - 全地球規模で災害現場を撮影 - 積乱雲構造およびゲリラ豪雨のメカニズム解明 - 高高度放電発光現象のメカニズム解明 - 超小型衛星バス開発技術の向上 理学観測センサを地球指向面に配置
  9. 9. RISING‐2: 開発スケジュール 基本設計開始から18ヶ月でFM製造完了 (09年12月~11年05月) I II III IV EMシステム 予備設計段階 基本・詳細設計段階 基本 詳細設計段階 FM製作 試験 2009 2010 2011 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 5 仕様検討・ 予備設計 システム解析 EM 機器開発・ (エンジニアリング 構造開発 モデル) ※地上試験用の 電気試験・ 電気試験 試作機 環境試験 製造 FM (フライトモデル) 電気試験 震災のため1ヶ月中断
  10. 10. RISING‐2: 構造システム 「雷神」開発の経験を活かした構造開発 雷神」開発の経験を活かした構造開発 ・ 組立やすさの大幅な向上 ・ アルミ削りパネル採用による製造 スト 製造期間の短縮 (東北企業で製造) アルミ削りパネル採用による製造コスト・製造期間の短縮 ・ 振動試験の大幅な効率化 (宮城県内施設で実施)
  11. 11. RISING‐2: 姿勢制御システム 観測 方向 回転速度 0.2 deg/s 軌道投入直後 地球 地球 回転速度 2~3deg/s 磁気センサと スターセンサで リアクションホイールで 磁気トルカによる 現在の姿勢を計測 目標方向へ衛星回転 スピン抑制制御 (誤差0.06deg) そして定点指向制御 (誤差0.1deg, 0.02deg/s) 磁気トルカ(磁気コイル) スターセンサ リアクションホイール 大学生/大学院生による独自開発の姿勢制御機器
  12. 12. RISING‐2: 電気試験・環境試験 振動試験 電気試験 熱真空試験 2010 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 EM 機器開発・ ● ● ● ● (エンジニアリング 構造開発 モデル) デ ) ※地上試験用の 電気試験・ 試験工程を効率化 試験 程を効率化 ● ●● ● 試作機 環境試験 短期間での検証 ● システム振動試験 ● システム電気試験開始 ● システム熱真空試験
  13. 13. RISING‐2: 開発体制 東北大学 大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 坂本祐二(助教・プロジェクトマネージャー) 坂本祐 (助教 プ ジ ク ネ ジ ) 吉田和哉(教授・サブ・プロジェクトマネージャー,工学担当) 桑原聡文(助教) スティーブ・バタゾ(研究支援者) 学生9名 北海道大学 大学院理学院 宇宙理学専攻 高橋幸弘(教授・サブ・プロジェクトマネージャー,理学担当) 高橋幸弘(教授 サブ プロジ クトマネ ジ 理学担当) 栗原純一(助教) 福原哲哉(助教) 学生4名 技術アドバイザー 技術 ドバ ザ 升本喜就 友谷 茂
  14. 14. RISING‐2: 開発を支えた東北企業・機関 (財) あおもり産業総合支援 ンタ (財)21あおもり産業総合支援センター 液晶先端技術研究センター (現アスミタステクノロジー) [液晶フィルタ] 青森県八戸市 ワテック(株) [CCDセンサ基板] 山形県鶴岡市 宮城県産業技術総合センター 宮城県産業技術総合セ タ [振動試験] 仙台市 (株)日本セラテック [望遠鏡ミラー] 仙台市 (株)スター精機 [構造製作] 福島県相馬市

×