Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

マルチサイトの構築

7,196 views

Published on

WordBench Saitama
Dec 18, 2010

Published in: Education
  • Hi there! Get Your Professional Job-Winning Resume Here - Check our website! http://bit.ly/resumpro
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

マルチサイトの構築

  1. 1. マルチサイトの構築 2010年12月18日(土)WordBench埼玉勉強会(株)デジコム 加藤 芳威
  2. 2. 今日の話の流れ• キーワード• 通常版とマルチサイト• メリット・デメリット• マルチサイトの起動手順• サイトの作成• ドメインマッピング
  3. 3. お願い• 特に質問の時間は設けません。話の途中でもい いので、いつでもご質問ください。• 今回は管理画面等セキュリティ上あまり他者に 見せない画面も表示します。 スクリーンショット(写真撮影)は構いませんが、 IDやアカウントリストが載ってるような画面ではご 自粛願います。• 間違いがあれば、是非ご指摘願います。 というか、教えてください! セミナーじゃなくて「勉強会」なので。
  4. 4. キーワードまず全員の言葉を共通化しましょう
  5. 5. キーワード(1)• MS – 「マルチサイト」の略。 – 3.0以降は「マルチサイト」という呼び方が標準の模様 – 3.0以降はこの2文字を含む関数等が多数存在する• MU – 「マルチユーザー」の略。 – 3.0の前は、WordPress MU(えむゆー or みゅー) という派生版があった。 – 以前から使っている人からは時々耳にするが、マル チサイトと同義と取ってよい
  6. 6. キーワード(2)• ネットワーク – ネットワークそのマルチサイトの「親」にあたるサイト。 – 1つのWordPressに1つの「ネットワーク」が存在する。• サイト – いわゆる「子サイト」。 – 1つの「ネットワーク」に 複数の「サイト」が存在する – 「孫」は作れない – Codexや関数内では「blog」で 登場することが多い
  7. 7. キーワード(3)• ドメイン名 – 一般的には、URLのうち「www」を除いた部分。 – 例えば www.example.com であれば「example.com」の部 分• サブドメイン名 – abc.example.com のうち「abc」の部分 – マルチサイトをサブドメイン型で起動した場合、 この名前が複数作成されていく。• ドメインエイリアス/パークドメイン/他 – Apache等のHTTPサーバーが受け付ける別名の登録 – サブドメイン型にする場合、この設定が出来るかどうかが 重要になる。(ホスティングサーバーに依存)
  8. 8. 通常版とマルチサイトの違い 何がどう違うの?
  9. 9. 違い①:ユーザーテーブルが1つ• インストールしたWordPressで1つの管理にな ります。• サイト毎にアカウントを作ることはできません。• 個別にアカウントを作れない代わり、アクセス 出来るサイトおよびアクセス権限をそれぞれ 設定できます。• 作成したアカウントは全てネットワークには所 属します。
  10. 10. 違い②:フォルダ構成が変わる• 通常版では、画像等のブログコンテンツは全 て“wp-content/uploads”の中に格納される。• マルチサイトでは、” wp-content/blogs.dir/##” に格納されます(##はサイトID)
  11. 11. 違い③:テーブル構成が変わるシングルサイト マルチサイト(設定直後)• wp_commentmeta • wp_blogs • wp_blog_versions• wp_comments • wp_commentmeta• wp_links • wp_comments • wp_links• wp_options • wp_options• wp_postmeta • wp_postmeta • wp_posts• wp_posts • wp_registration_log• wp_terms • wp_signups • wp_site• wp_term_relationships • wp_sitemeta• wp_term_taxonomy • wp_terms • wp_term_relationships• wp_usermeta • wp_term_taxonomy• wp_users • wp_usermeta • wp_users
  12. 12. メリット・デメリット 何が良くなる? 何がだめ?
  13. 13. マルチサイトのメリット• テーマやプラグインを個別にインストールする 必要が無い• 管理アカウントを統合できる• サーバーを統合できる• 同一DB内に全てのデータがあるので、 使い回しや連携が(理論上)可能。
  14. 14. マルチサイトのデメリット• 動かないプラグイン・テーマがある• どのサイトにログインしているのか、 違いが分かりにくい• 負荷の問題(?)• sitemap.xmlが簡易に作成できない• サブドメイン型で運用したい場合は、サー バーの制約が出てくる。
  15. 15. マルチサイトの場合 サーバーの選択が結構重要• VPSサーバーがサブドメイン型で構築するに 当たっては一番楽だが、apache,mysql,php等 に関して細かいセッティングが必要• 共用サーバーの場合、全くできない場合も多 いが、サイトによっては「ドメインエイリアス」 や「パークドメイン」という設定項目名のところ で数個~100個程度まで登録を許可されてい る場合がある。
  16. 16. マルチサイト起動手順マルチサイト化してみましょう
  17. 17. 1. 「ツール ->ネットワーク」を表示す る• (おそらく)安易にマルチサイトにされないよう、 デフォルトでは設定メニューが隠れている。• wp-config.phpに以下の設定を入れると、「ツー ル」の中に「ネットワーク」という項目が登場する define( WP_ALLOW_MULTISITE, true);• どこに挿入してもいいが、分かりやすいように上 の方に入れた方が良いと思う。
  18. 18. wp-config.php 設定前
  19. 19. wp-config.php 設定後
  20. 20. 2. マルチサイトの方式を決定する• サブドメイン型• サブディレクトリ型
  21. 21. サブドメイン型• サブドメインが増えていきます – http://www.example.com/ • http://site1.example.com/ • http://site2.example.com/ • http://site3.example.com/• WordPressをコンテンツルート直下にインストールして おく必要があります。• 正しくDNSやHTTPサーバーの設定を行う必要がありま す。• 共用サーバーでは、サブドメイン型が利用できない場 合があります。
  22. 22. サブディレクトリ型• サブディレクトリが増えていきます。 – http://www.example.com/ • http://www.example.com/site1/ • http://www.example.com/site2/ • http://www.example.com/site3/• 特別な設定は一切不要なので、 どんなサーバーでも利用可能です。• どのフォルダー配下にインストールしてあっても マルチサイト化出来ます。
  23. 23. サブディレクトリ以下でも可能• サブドメイン型の場合、さらに深い階層にイン ストールして利用する事も出来ます。 – http://www.example.com/network/ • http://www.example.com/network/site1/ • http://www.example.com/network/site2/ • http://www.example.com/network/site3/
  24. 24. 3. 事前にプラグインを止めておきま しょう
  25. 25. 4. [ツール]->[ネットワーク]を開く
  26. 26. 5. サブドメイン型を選択して 「インストール」 • 指示に従って、 – wp-config.php – .htaccess 両ファイルを更新する • wp-config.phpに指示の コードを挿入する際、最 初に挿入した行は削除 しても良い。 • 更新が完了すると、強 制的にログアウトされる。
  27. 27. 6. 再ログイン
  28. 28. 7. 「特権管理者」のメニューが 出来ていれば成功
  29. 29. 必ず設定した方がいい箇所• [特権管理者]->[設定] – アップロードの設定 • メディアアップロードのボタン • サイトのアップロード容量 • アップロードファイルの最大サイズ – ネットワーク全体の設定 • 初期言語設定
  30. 30. [特権管理者]->[設定] • デフォルトではアップロー ドボタン用が無いので、 必要なものにチェックを 入れましょう。 • 「サイト」毎に容量制限が 出来ます。そのデフォル ト値を設定しましょう • アップロードファイルの最 大サイズは「1500」より増 やさない方が無難です。 • なぜか「英語」になってる ので「Japanese」に変更す る。
  31. 31. サイトの作成いよいよサイトの作成です
  32. 32. 「サイト」の作り方1. サイトの追加2. DNSの設定 (ワイルドカード設定されていれば不要)3. ドメインエイリアス(パークドメイン)の登録 (ワイルドカード設定されていれば不要)
  33. 33. 「サイト」作成の実演実際に作ってみましょう
  34. 34. テーマが選べない?• 各サイトは、特権管理者が許可したテーマ以 外選択できません。• 全員に許可してよいテーマであれば、「テー マ」で許可。• 個別に設定する場合は、各サイトの設定内で 対象のテーマにチェックを入れる必要があり ます。
  35. 35. ドメインマッピングサブドメインなんてヤダ!
  36. 36. ドメインマッピングとは• サブドメインで運用しているサイトを、全く別 の独自ドメインに置き換えて運用することが 出来る。• アカウントを統合管理しつつ、外目には全く別 管理のサーバーのように見せかけることが出 来る。※共有サーバーでは、そのサーバーの制約で 出来ない場合があります。
  37. 37. WordPress MU Domain Mapping• 恐らく最も一般的な、ドメインマッピング用プラ グイン• 手順は若干多いが、比較的簡単にマッピング が出来ます。
  38. 38. ドメインマッピング手順 本作業は全て「ネットワーク」で行ってください
  39. 39. 1.プラグインインストール「WordPress MU Domain Mapping」を普通にインストールして有効化。※ネットワークで起動する※必要はありませんインストールが完了すると、「特権管理者」のところにメニューが増えます。
  40. 40. 2. ファイルコピーと設定追加• 「Domain Mapping」の項目をクリックすると以 下のメッセージが出るので、指示通りにファイ ルをコピーする。元ファイルはプラグインフォ ルダ内にあります。• wp-config.php には、以下の1行を追加する define( SUNRISE, on ); Please copy sunrise.php to /home/****/public_html/wp-content/sunrise.php and ensure the SUNRISE definition is in /home/****/public_html/wp-config.php
  41. 41. 3. サーバーのIPアドレスを登録 【補足】 当日「ラウンドロビンの時だけ必要と書いてある。書か なくても正常に動作している」との情報ありました。 このプラグインを使い始めた当初書かないとうまくいか ない記憶があったのですが、勘違いor バグ改善と考え られます。 この設定は基本空欄で、正常に機能しない場合に設定 してみてください。
  42. 42. 4. マッピングしたいサイトのIDとドメイ ンを登録する• サイトIDは、サイト一覧の 左はじに書いてある番号 を確認してください。• マッピングするドメインの DNS設定は予め完了して おいた方が楽です。• 「Primary」のチェックを外 して、現在のドメイン名も 登録しておくと、「全くアク セスできない」という状況 を回避できます
  43. 43. 結論
  44. 44. 結局「マルチサイト」ってどうなの?• マルチサイトが良いと思われるケース – 複数サイト運用管理の稼働を減らしたい場合 – 手軽にいくつもサイトを増やしたい場合 – テーマフレームワーク等、使いまわししたい素材等が 多い場合• 個別インストールが良いと思われるケース – 独自機能が盛りだくさん – 負荷を集中させたくない場合(スペックにもよる) – WordPress本体やプラグインによる不具合を他サイト には絶対波及させたくない場合
  45. 45. ありがとうございました• 加藤芳威 – 所属: 株式会社デジコム – email: kato@djcom.jp – email: jcuriouser@gmail.com – Twitter: @yorozu – 個人サイト: http://curious-everything.com/ – Flickr: http://www.flickr.com/photos/yorozu2009

×