Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Npo startup

1,613 views

Published on

Npo startup

  1. 1. LOGO NPONPONPONPOで起業するで起業するで起業するで起業する!!!! 地域地域地域地域課題を解決する課題を解決する課題を解決する課題を解決するNPONPONPONPOの社会的役割との社会的役割との社会的役割との社会的役割と実務実務実務実務 2014年7月19日 NPOマーケティング研究所 代表 長浜長浜長浜長浜 洋二洋二洋二洋二
  2. 2. 講師経歴講師経歴講師経歴講師経歴 ■■■■NPONPONPONPOマーケティング研究所マーケティング研究所マーケティング研究所マーケティング研究所 代表代表代表代表 ((((http://www.npomarketing.org/)))) ■■■■NPONPONPONPOマーケティングで社会を変える!マーケティングで社会を変える!マーケティングで社会を変える!マーケティングで社会を変える!『『『『草莽塾草莽塾草莽塾草莽塾』』』』 塾長塾長塾長塾長 ■ブログ■ブログ■ブログ■ブログ『『『『飛耳長目:アメリカにみる飛耳長目:アメリカにみる飛耳長目:アメリカにみる飛耳長目:アメリカにみるNPONPONPONPO戦略のヒント戦略のヒント戦略のヒント戦略のヒント』』』』主宰主宰主宰主宰 ■公益社団法人シャンティ国際ボランティア会■公益社団法人シャンティ国際ボランティア会■公益社団法人シャンティ国際ボランティア会■公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 理事理事理事理事 ■エイズ孤児支援■エイズ孤児支援■エイズ孤児支援■エイズ孤児支援NGONGONGONGO・・・・PLASPLASPLASPLAS アドバイザリーボードアドバイザリーボードアドバイザリーボードアドバイザリーボード ■赤い羽根共同募金■赤い羽根共同募金■赤い羽根共同募金■赤い羽根共同募金 モデル事業サポーターモデル事業サポーターモデル事業サポーターモデル事業サポーター ■富士通株式会社ユビキタスサービス事業本部■富士通株式会社ユビキタスサービス事業本部■富士通株式会社ユビキタスサービス事業本部■富士通株式会社ユビキタスサービス事業本部 課長課長課長課長 ■ピッツバーグ大学大学院■ピッツバーグ大学大学院■ピッツバーグ大学大学院■ピッツバーグ大学大学院 公共経営学修士公共経営学修士公共経営学修士公共経営学修士 【【【【連絡先連絡先連絡先連絡先】】】】 yohjin@nifty.comyohjin@nifty.comyohjin@nifty.comyohjin@nifty.com 山口県出身。山口県出身。山口県出身。山口県出身。1992199219921992年、中央大学法学部法律学科卒業後、年、中央大学法学部法律学科卒業後、年、中央大学法学部法律学科卒業後、年、中央大学法学部法律学科卒業後、NTTNTTNTTNTTに入社。その後、マツダを経て、現在、富士通にてに入社。その後、マツダを経て、現在、富士通にてに入社。その後、マツダを経て、現在、富士通にてに入社。その後、マツダを経て、現在、富士通にて パソコンやスマートフォンのパーソナルデバイスに関わるマーケティング業務に従事。大手企業で、広告(マス、パソコンやスマートフォンのパーソナルデバイスに関わるマーケティング業務に従事。大手企業で、広告(マス、パソコンやスマートフォンのパーソナルデバイスに関わるマーケティング業務に従事。大手企業で、広告(マス、パソコンやスマートフォンのパーソナルデバイスに関わるマーケティング業務に従事。大手企業で、広告(マス、 インターネット)、プロモーション、営業、チャネル政策、インターネット)、プロモーション、営業、チャネル政策、インターネット)、プロモーション、営業、チャネル政策、インターネット)、プロモーション、営業、チャネル政策、WEBWEBWEBWEBサイト(ショッピング)運営、サイト(ショッピング)運営、サイト(ショッピング)運営、サイト(ショッピング)運営、CRMCRMCRMCRM等、広くマーケティング等、広くマーケティング等、広くマーケティング等、広くマーケティング 戦略の企画立案・実施に携わる。戦略の企画立案・実施に携わる。戦略の企画立案・実施に携わる。戦略の企画立案・実施に携わる。 1997199719971997年から米国ペンシルバニア州のピッツバーグ大学、年から米国ペンシルバニア州のピッツバーグ大学、年から米国ペンシルバニア州のピッツバーグ大学、年から米国ペンシルバニア州のピッツバーグ大学、Graduate School of PublicGraduate School of PublicGraduate School of PublicGraduate School of Public and International Affairsand International Affairsand International Affairsand International Affairsへ留学し、へ留学し、へ留学し、へ留学し、 NPONPONPONPOマネジメントや公共政策に関わる公共経営学修士号を取得。卒業後、ニュージャージー州のマネジメントや公共政策に関わる公共経営学修士号を取得。卒業後、ニュージャージー州のマネジメントや公共政策に関わる公共経営学修士号を取得。卒業後、ニュージャージー州のマネジメントや公共政策に関わる公共経営学修士号を取得。卒業後、ニュージャージー州のCenter for SocialCenter for SocialCenter for SocialCenter for Social and Legal Researchand Legal Researchand Legal Researchand Legal Researchにて、にて、にて、にて、『『『『JapanJapanJapanJapan----U.S. Privacy and Personal Data Protection ProgramU.S. Privacy and Personal Data Protection ProgramU.S. Privacy and Personal Data Protection ProgramU.S. Privacy and Personal Data Protection Program』』』』ののののProgramProgramProgramProgram CoordinatorCoordinatorCoordinatorCoordinatorにににに 就任。日本のプライバシー・個人情報保護に関する法規制や政策等の調査・研究をはじめ、ファンドレイジング、就任。日本のプライバシー・個人情報保護に関する法規制や政策等の調査・研究をはじめ、ファンドレイジング、就任。日本のプライバシー・個人情報保護に関する法規制や政策等の調査・研究をはじめ、ファンドレイジング、就任。日本のプライバシー・個人情報保護に関する法規制や政策等の調査・研究をはじめ、ファンドレイジング、 ロビイング戦略推進、アライアンス提携、プライバシー・ポリシー策定などのコンサルティング、カンファレンス開催など、ロビイング戦略推進、アライアンス提携、プライバシー・ポリシー策定などのコンサルティング、カンファレンス開催など、ロビイング戦略推進、アライアンス提携、プライバシー・ポリシー策定などのコンサルティング、カンファレンス開催など、ロビイング戦略推進、アライアンス提携、プライバシー・ポリシー策定などのコンサルティング、カンファレンス開催など、 非営利セクターでの業務経験を持つ。非営利セクターでの業務経験を持つ。非営利セクターでの業務経験を持つ。非営利セクターでの業務経験を持つ。 2Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved.
  3. 3. 飛耳長目:アメリカにみる飛耳長目:アメリカにみる飛耳長目:アメリカにみる飛耳長目:アメリカにみるNPONPONPONPO戦略のヒント戦略のヒント戦略のヒント戦略のヒント http://blog.canpan.info/hijichomoku/http://blog.canpan.info/hijichomoku/http://blog.canpan.info/hijichomoku/http://blog.canpan.info/hijichomoku/ Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 3 @hijichomoku @yohji.nagahama
  4. 4. NPONPONPONPOマーケティングで社会を変える!マーケティングで社会を変える!マーケティングで社会を変える!マーケティングで社会を変える!『『『『草莽塾草莽塾草莽塾草莽塾』』』』 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 4 http://www.facebook.com/somojuku
  5. 5. 『『『『草莽塾草莽塾草莽塾草莽塾』』』』へのへのへのへの参加団体参加団体参加団体参加団体 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 5 1 第2期 福岡 ソルト・パヤタス 既存会員のサービスの向上と新規会員獲得に向けて 2 アカツキ 中間支援組織としての事業体質強化対策 3 ドネルモ コミュニティ・デザインの分野における寄付文化の創造 4 Teach for Japan 支援者拡大と資金調達強化に向けた取り組み 5 ワークinならや わくワーク館 わくワーク館の収入UPに向けた販路拡大アプローチ 6 子どもの村 福岡 支援拡大に向けた取り組みについて 7 東京 Design Net-Works Association DNAの組織・事業変革へのチャレンジとリブランディング 8 よかっぺいばらき 地域でのどぶ板宣伝を中心とした活動による協力者・知名度マシマシ計画 9 Social Marketing Japan サービスの第2ステージに向けた基盤づくり~組織とミッションの再構築~ 10 かものはしプロジェクト 安定的財源確保に向けたサポーター会員の拡大について 11 セカンドハーベスト・ジャパン 個人会員の獲得に向けた取組み 12 チャリティーサンタ New!もっと簡単に子どもたちのサンタになる方法 13 第1期 東京 国境なき子どもたち 心を動かすパンフレット検証 ~資料請求&寄付掘り起し大作戦~ 14 アライアンス・フォーラム財団 強みを活かす!~バングラデシュにおける企業視察ツアーの拡大~ 15 エイズ孤児支援NGO・PLAS 個人寄付の拡大~個人寄付のプロモーション強化と法人会員の整備~ 16 難民支援協会 難民を『伝える』~難民支援コミュニティの拡大に向けた取り組み~ 17 「育て上げ」ネット 「地域に寄付文化を創造する」~地域活動を寄付に変える取り組み~ 18 SoLaBo 本業を通じたCSRの作り方 ~稼げるソーシャル活動を目指す~
  6. 6. 『『『『草莽塾草莽塾草莽塾草莽塾』』』』の様子の様子の様子の様子 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 6
  7. 7. 研修講師/講演等の実績(研修講師/講演等の実績(研修講師/講演等の実績(研修講師/講演等の実績(2013201320132013年度)年度)年度)年度) Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 時 期 イベント 主 催 2014/03 第3回コーヒーブレイクセミナー『まちなかビジネス」にマーケティングの考え方を注入していこう』 まちなかビジネス発信所 2014/03 『NPOリーダーズ・エキスポ~対話を通して事業・アイディアを次のステージへ~』 CRファクトリー 2014/03 日本NPO学会第16回年次大会『東日本大震災とNPO広報・マーケティング』 日本NPO学会 2014/03 NPO組織基盤強化セミナー『支援者・受益者拡大に向けた成果を伝える報告書』 ふじのくにNPO活動センター 2014/02 市民活動支援講座「NPO・市民活動のためのマーケティングセミナー」『NPOのマーケティングの基礎』 せたがや文化財団 2014/02 2014年度ちばNPO楽講『NPO・社会起業家マーケティング講座』 ちば市民活動・市民事業サポートクラブ 2014/02 ファンドレイジング日本2014『米国ファンドレイジング事例』&『社会課題を解決するマーケティング』 日本ファンドレイジング協会 2014/01 地域スポーツクラブ・マネジメントセミナー『今後の活動計画のためのNPOマーケティング~』 東京都広域スポーツセンター 2014/01 第43回ファンドレイジング研究会『成功するコミュニケーション・ツールのポイント』 日本ファンドレイジング協会 2013/12 2013年NPOセミナー納め『NPOマーケティングの傾向と対策』 日本財団CANPAN 2013/12 グローバルセミナー『国際協力NGOの活動を支える支援者の獲得と維持:SVAの事例から』 金沢大学 2013/12 CSR・社会貢献活動推進セミナー「CSRコトハジメ」 日光CSR推進連絡会 2013/12 若者スキルアップ講座『ファンドレイジング(資金調達)基礎講座』 東京スポーツ文化館・東京都教育委員会 2013/11 NPOステップアップ講座『NPOマーケティングとファンドレイジング』 練馬区NPO活動支援センター 2013/09 NPOプレゼント講座in富士『ゼロから学ぶ!NPOマーケティング講座』 静岡県労働者福祉基金協会 2013/10~ NPOのステップアップに今必要な「5+1講座」『NPOのマーケティング』 せんだい・みやぎNPOセンター 2013/09 沖縄地域社会ビジョン大学院2013『NPOマーケティング論』 まちなか研究所わくわく 2013/09 平成25年度市民活動講座『「想い」を「カタチ」にする実践ノウハウ:NPOマーケティングに学ぶ』 周南市ふるさと振興財団 2013/08 一日限りのサマースクール『たかがチラシ、されどチラシ~効果を最大化するポイントとは?~』 日本財団CANPAN 2013/06 都築区民活動センター『団体スキルアップゼミ』 横浜市都築区民活動センター 7
  8. 8. 執筆実績執筆実績執筆実績執筆実績 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. ・米国・米国・米国・米国NPOに学ぶ、に学ぶ、に学ぶ、に学ぶ、WEBサイト活用ケーススタディサイト活用ケーススタディサイト活用ケーススタディサイト活用ケーススタディ ((((2011/05/15号号号号)))) ・マーケティング・マーケティング・マーケティング・マーケティング部門と密接に連携:これからの部門と密接に連携:これからの部門と密接に連携:これからの部門と密接に連携:これからのCSR活動の形を考える活動の形を考える活動の形を考える活動の形を考える ((((2012/03/01号号号号)))) 8 ・コーズ・マーケティング・コーズ・マーケティング・コーズ・マーケティング・コーズ・マーケティング ((((2012/09)))) ・クラウドファンディングから学ぶ“共感”のマーケティング・クラウドファンディングから学ぶ“共感”のマーケティング・クラウドファンディングから学ぶ“共感”のマーケティング・クラウドファンディングから学ぶ“共感”のマーケティング ((((2012/11)))) ・米国企業の社会貢献活動ランキングと・米国企業の社会貢献活動ランキングと・米国企業の社会貢献活動ランキングと・米国企業の社会貢献活動ランキングとCSRに不可欠なに不可欠なに不可欠なに不可欠な3つのつのつのつのポイントポイントポイントポイント ((((2013/01/)))) ・赤い羽根共同募金の・赤い羽根共同募金の・赤い羽根共同募金の・赤い羽根共同募金の『『『『募金百貨店プロジェクト募金百貨店プロジェクト募金百貨店プロジェクト募金百貨店プロジェクト』』』』にみる企業コラボの拡がりにみる企業コラボの拡がりにみる企業コラボの拡がりにみる企業コラボの拡がり ((((2013/03)))) ・企業の社会貢献事業の効果測定と社会的投資収益率(・企業の社会貢献事業の効果測定と社会的投資収益率(・企業の社会貢献事業の効果測定と社会的投資収益率(・企業の社会貢献事業の効果測定と社会的投資収益率(SROI)()()()(2013/05)))) ・・・・NPOの総会にみる支援者の満足度向上と株主総会の価値の総会にみる支援者の満足度向上と株主総会の価値の総会にみる支援者の満足度向上と株主総会の価値の総会にみる支援者の満足度向上と株主総会の価値 ((((2013/07)))) ・クラウドファンディング利用実態調査にみるプラットフォームの今後・クラウドファンディング利用実態調査にみるプラットフォームの今後・クラウドファンディング利用実態調査にみるプラットフォームの今後・クラウドファンディング利用実態調査にみるプラットフォームの今後 ((((2013/09)))) ・企業の社会貢献活動とコーズマーケティングの実態・企業の社会貢献活動とコーズマーケティングの実態・企業の社会貢献活動とコーズマーケティングの実態・企業の社会貢献活動とコーズマーケティングの実態 ((((2013/11)))) ・スーパーボウルと消費者の共感を呼ぶ社会派広告・スーパーボウルと消費者の共感を呼ぶ社会派広告・スーパーボウルと消費者の共感を呼ぶ社会派広告・スーパーボウルと消費者の共感を呼ぶ社会派広告 ((((2014/01)))) ・企業が・企業が・企業が・企業がNPO主催のイベントへ協賛する際の主催のイベントへ協賛する際の主催のイベントへ協賛する際の主催のイベントへ協賛する際の3つのつのつのつのポイントポイントポイントポイント ((((2014/01)))) ・企業の・企業の・企業の・企業のCSRの実態を学べる「日本橋の実態を学べる「日本橋の実態を学べる「日本橋の実態を学べる「日本橋CSR研究会」(研究会」(研究会」(研究会」(2014/07)))) ファンドレイジングジャーナル連載ファンドレイジングジャーナル連載ファンドレイジングジャーナル連載ファンドレイジングジャーナル連載『『『『NPOのマーケティングとファンドレイジングのマーケティングとファンドレイジングのマーケティングとファンドレイジングのマーケティングとファンドレイジング』』』』 ((((2013/04・第・第・第・第15号~)号~)号~)号~)
  9. 9. NPONPONPONPOとは?とは?とは?とは? Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 9
  10. 10. NPONPONPONPOの要件の要件の要件の要件 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 10 公式に設立されたもの1 民間(非政府機関という意味)2 利益分配をしない3 自主管理4 有志によるもの5 レスター・M・サラモン『米国の「非営利セクター」入門』参照 公益のためのもの6
  11. 11. NPONPONPONPOの定義の定義の定義の定義 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 11 ・(民間)非営利組織 ・様々な社会貢献活動を行い、団体の構成員に対し収益を 分配することを目的としない団体の総称(内閣府)。 ・非政府組織
  12. 12. NPONPONPONPO法人数法人数法人数法人数の推移の推移の推移の推移 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 12 年度年度年度年度 認証法人数認証法人数認証法人数認証法人数 うち認定法人数 平成10年度 23 - 平成11年度 1,724 - 平成12年度 3,800 - 平成13年度 6,596 3 平成14年度 10,664 12 平成15年度 16,160 22 平成16年度 21,280 30 平成17年度 26,394 40 平成18年度 31,115 58 年度年度年度年度 認証法人数認証法人数認証法人数認証法人数 うち認定法人数 平成19年度 34,369 80 平成20年度 37,192 93 平成21年度 39,732 127 平成22年度 42,385 198 平成23年度 45,139 244 平成24年度 47,541 407 平成25年度 48,985 628 平成26年度 (4月末現在) 49,042 641 内閣府NPOホームページ参照 ※認証法人数及び認定法人数は、各年度末の法人数を表す ※平成24~26年度の認定法人数には、仮認定法人数を含む
  13. 13. NPONPONPONPOの活動分野(の活動分野(の活動分野(の活動分野(2014201420142014年年年年3333月月月月31313131日現在)日現在)日現在)日現在) 13Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 内閣府NPOホームページ参照 号数 活動の種類 法人数 割合(%) 第1号 保健、医療又は福祉の増進を図る活動 27,602 58% 第2号 社会教育の推進を図る活動 22,304 47% 第3号 まちづくりの推進を図る活動 20,370 43% 第4号 観光の振興を図る活動 564 1% 第5号 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動 506 1% 第6号 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動 16,306 34% 第7号 環境の保全を図る活動 13,517 28% 第8号 災害救援活動 3,730 8% 第9号 地域安全活動 5,425 11% 第10号 人権の擁護又は平和の活動の推進を図る活動 7,867 17% 第11号 国際協力の活動 9,140 19% 第12号 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動 4,169 9% 第13号 子どもの健全育成を図る活動 20,338 43% 第14号 情報化社会の発展を図る活動 5,412 11% 第15号 科学技術の振興を図る活動 2,614 5% 第16号 経済活動の活性化を図る活動 8,048 17% 第17号 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動 10,952 23% 第18号 消費者の保護を図る活動 2,993 6% 第19号 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動 21,876 46% 第20号 前各号で掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の条例で定める活動 65 0% (注1)一つの法人が複数の活動分野の活動を行う場合があるため、合計は48,985法人にはならない。 (注2)第14号から第18号までは、平成14年改正特定非営利活動促進法(平成14年法律第173号)施行日(平成15年5月1日)以降に申請して認証された分のみが対象。 (注3)第4号、第5号及び第20号は、平成23年改正特定非営利活動促進法(平成23年法律第70号)施行日(平成24年4月1日)以降に申請して認証された分のみが対象。
  14. 14. NPONPONPONPOと企業の違いと企業の違いと企業の違いと企業の違い Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 14
  15. 15. NPONPONPONPOと企業の違い①と企業の違い①と企業の違い①と企業の違い① 15Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 自社の自社の自社の自社の 利益を最大化利益を最大化利益を最大化利益を最大化 株主から株主から株主から株主から 資金を調達資金を調達資金を調達資金を調達 利益をあげて利益をあげて利益をあげて利益をあげて 組織を維持組織を維持組織を維持組織を維持 社会全体の社会全体の社会全体の社会全体の 利益を最大化利益を最大化利益を最大化利益を最大化 社会全体から社会全体から社会全体から社会全体から 志志志志金を調達金を調達金を調達金を調達 課題解決課題解決課題解決課題解決によりによりによりにより 組織は解散組織は解散組織は解散組織は解散 企企企企 業業業業 NPONPONPONPO 目目目目 的的的的 手手手手 段段段段 ゴールゴールゴールゴール
  16. 16. NPONPONPONPOと企業の違いと企業の違いと企業の違いと企業の違い②②②② 16Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 株式会社の場合 配当 対価 出資 製品 サービス 株式会社株式会社株式会社株式会社株式会社株式会社株式会社株式会社 株主株主 消費者消費者 個人個人 助成団体助成団体 企業企業 行政行政 NPOの場合 対価 NPONPONPONPONPONPONPONPO 支援 受益者受益者 製品 サービス 社会課題の解決
  17. 17. 1 2 3 4 売上や利益が目標ではなく、課題の解決が目的であることが大半 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 5 6 7 NPONPONPONPOの活動の特徴の活動の特徴の活動の特徴の活動の特徴 対価性経営資源と支援性経営資源が活動の対象である サービスの受益者とコストを負担する人が異なることが多い ステークホルダー(利害関係者)が多い これまでとは態度や行動を変えるよう求められることが多く、苦痛が伴う 対象が限定されたり、目に見えづらいため、当事者意識を持ちにくい NPOが手に入れることのできる情報やデータが少ない 17 8 NPOが活用できる経営リソースが乏しい 9 『NPOなんだから・・・』と、世間の目が厳しい
  18. 18. 18Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. NPONPONPONPOの特徴の特徴の特徴の特徴
  19. 19. NPOの活動タイプの分類NPOの活動タイプの分類NPOの活動タイプの分類NPOの活動タイプの分類 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 19 社会に対して新しい価値を提 供する。新しい価値が社会に 広まるほど成果になる。 【成果例】売上、利益、利用者、参加者 、会員数の増加など 価値提供型価値提供型価値提供型価値提供型 社会に存在する課題を解決 する。社会の課題がゼロに 近づくほど成果になる。 【成果例】識字率の改善、失業者数の 減少、大気汚染の改善など 課題解決型課題解決型課題解決型課題解決型
  20. 20. Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. NPONPONPONPOの活動の対象の活動の対象の活動の対象の活動の対象 受益者向け受益者向け受益者向け受益者向け 対価性経営リソースの提供対価性経営リソースの提供対価性経営リソースの提供対価性経営リソースの提供 支援者向け支援者向け支援者向け支援者向け 支援性経営リソースの獲得支援性経営リソースの獲得支援性経営リソースの獲得支援性経営リソースの獲得 金銭的支援金銭的支援金銭的支援金銭的支援 ((((寄付・会費等)寄付・会費等)寄付・会費等)寄付・会費等) 人的支援人的支援人的支援人的支援 (ボランティア・プロボノ等)(ボランティア・プロボノ等)(ボランティア・プロボノ等)(ボランティア・プロボノ等) 製品製品製品製品 サービスサービスサービスサービス 製品やサービスなどを製品やサービスなどを製品やサービスなどを製品やサービスなどを 提供して提供して提供して提供して対価対価対価対価をををを得る活動得る活動得る活動得る活動 寄付寄付寄付寄付やボランティアなどのやボランティアなどのやボランティアなどのやボランティアなどの 支援支援支援支援を獲得するためを獲得するためを獲得するためを獲得するための活動の活動の活動の活動 物物物物的支援的支援的支援的支援 ((((物品物品物品物品・会議室等)・会議室等)・会議室等)・会議室等) NPONPONPONPO
  21. 21. Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 受益者向け活動受益者向け活動受益者向け活動受益者向け活動 21 対対対対 象象象象 目目目目 的的的的 概概概概 要要要要 製品 製品購入者の 拡大 民間企業と比べ、NPOの活動の中では相対的に 小さな割合を占める。環境に配慮したリサイクル 石鹸、雇用支援のための手作り無添加ジャム、障 害者による木工品、耕作放棄地での酒米の製造 販売など。 サービス サービス受益者 の拡大 様々な社会課題の解決に向けた、目に見ない無 形の提供物で、NPO活動の大半を占める。寄付、 会費、助成金等の支援性財源の獲得により、無 償で提供されることが多い。また、広義のサービ スの中には、法制度の変革を伴う政策提言を行う アドボカシーや広く不特定対数を対象とした啓発 活動も含まれる。人権擁護、たばこのポイ捨て禁 止など。
  22. 22. Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 支援者向け活動支援者向け活動支援者向け活動支援者向け活動 22 対対対対 象象象象 目目目目 的的的的 概概概概 要要要要 金銭的支援 寄付・会費等の 金銭的支援の 獲得 寄付や会費など、個人/法人を問わず、NPOの活 動に対する金銭的な支援を獲得する。支援者に は、社会貢献をした精神的充足感、お礼や報告に 加え、各種特典などを提供。 物的支援 物品・会議室等 の物的支援の 獲得 換金性の高い書き損じはがきや古本、会議室等 の場所などNPOに対する支援と、衣料や食品等 の受益者向け支援に類別される。 人的支援 ボランティア、プ ロボノ、インター ン等の募集 ボランティアをはじめ、専門性の高いプロボノなど の人的支援を獲得する。無償であるため、目標や 達成感の共有、権限の委譲など、モチベーション 維持のマネジメントが必要。
  23. 23. NPONPONPONPOを取り巻くステークホルダーを取り巻くステークホルダーを取り巻くステークホルダーを取り巻くステークホルダー Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 23 NPO 受益者受益者受益者受益者 競合競合競合競合 協働協働協働協働 パートナーパートナーパートナーパートナー 支援者支援者支援者支援者 自治会自治会自治会自治会自治会自治会自治会自治会 メディアメディアメディアメディアメディアメディアメディアメディア 研究機関研究機関研究機関研究機関研究機関研究機関研究機関研究機関 商工会商工会商工会商工会商工会商工会商工会商工会 海外海外海外海外の政府の政府の政府の政府海外海外海外海外の政府の政府の政府の政府 企業企業企業企業企業企業企業企業 研究者・学者研究者・学者研究者・学者研究者・学者研究者・学者研究者・学者研究者・学者研究者・学者 議員議員議員議員議員議員議員議員 省庁省庁省庁省庁省庁省庁省庁省庁 国際機関国際機関国際機関国際機関国際機関国際機関国際機関国際機関 商店街商店街商店街商店街商店街商店街商店街商店街 町内会町内会町内会町内会町内会町内会町内会町内会 学校学校学校学校学校学校学校学校 海外の市民海外の市民海外の市民海外の市民海外の市民海外の市民海外の市民海外の市民 政党政党政党政党政党政党政党政党 政府政府政府政府政府政府政府政府 一般市民一般市民一般市民一般市民一般市民一般市民一般市民一般市民 自治体自治体自治体自治体自治体自治体自治体自治体 業界団体業界団体業界団体業界団体業界団体業界団体業界団体業界団体 学術機関学術機関学術機関学術機関学術機関学術機関学術機関学術機関 本人やその 家族等 スタッフや 理事等 会員、寄付者、 ボランティア等 他の他の他の他のNPONPONPONPO他の他の他の他のNPONPONPONPO NPO、企業、 行政等
  24. 24. 24Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. NPONPONPONPOの資金源の資金源の資金源の資金源
  25. 25. 資金源のバリエーション資金源のバリエーション資金源のバリエーション資金源のバリエーション Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 25 種種種種 類類類類 概概概概 要要要要 会費 毎月(毎年)、継続的・定期的に支払われる安定した資金源の1つで、使途の自由度も高い。正会員や賛 助会員、個人会員や法人会員などの種別があるが、会員組織であるため、通常はニュースレターや会報 誌の送付をはじめ、各種特典など、会員限定サービスが提供される。 寄付金 継続性のない単発的なものや、毎月定期的に提供されるマンスリー寄付など、NPOまたは特定の事業に 対して共感した人から提供される。NPOやその活動に対する寄付の場合、使途の自由度は高いが、特定 の事業や活動などの指定がある場合は使途が限定される。 事業収入 医療や福祉分野の社会課題を解決するNPOなど、企業と同様のビジネスモデルを展開して事業収入を 獲得。サービスの受益者と資金提供者も同じケースが多い。団体独自に事業を行い収入を得ることがで き、その使途も自由であるが、継続的に収益をあげるためのノウハウや専門性をNPOが保持するのは困 難なことが多く、リスクを考慮する必要がある。 助成金・補助金 一般的に、助成金は、NPOが行う事業に対して民間助成財団等から提供されるものであり、補助金は、 国や地方自治体から提供されるものである。通常、一定の申請・審査プロセスを経て決定される。1件当 たりの獲得金額は大きいが、使途は限定されていること、実施事業についての報告が必要なこと、人件 費に充当できないものが多いこと、単年度で支給されることが多いことなどの制約がある。 委託金・受託金 国や地方自治体、企業などから、特定の事業や調査・研究などを受託して得られる資金。1件当たりの獲 得金額は大きいが、使途が限定されている。 金利 団体の保有する資金を運用して得た利益。 借入金 銀行からの借入金(借金)。近年、NPO向けの融資も利用できるようになっている。
  26. 26. 資金源のポジショニング資金源のポジショニング資金源のポジショニング資金源のポジショニング Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 委託金・受託金委託金・受託金委託金・受託金委託金・受託金 助成金・補助金助成金・補助金助成金・補助金助成金・補助金 継続寄付継続寄付継続寄付継続寄付 会費会費会費会費事業収入事業収入事業収入事業収入 借入金借入金借入金借入金 26 自由度自由度自由度自由度 高い高い高い高い 自由度自由度自由度自由度 低い低い低い低い 安定度安定度安定度安定度 単発単発単発単発 安定度安定度安定度安定度 継続継続継続継続 スポット寄付スポット寄付スポット寄付スポット寄付
  27. 27. 主な活動分野別収入内訳(認定を受けていない法人)主な活動分野別収入内訳(認定を受けていない法人)主な活動分野別収入内訳(認定を受けていない法人)主な活動分野別収入内訳(認定を受けていない法人) 27Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 『平成23年度特定非営利活動法人の実態及び認定特定非営利活動法人制度の利用状況に関する調査』より作成 活動の種類 法人数 総収入金額計 会費 寄附金 補助金・ 助成金 事業収入 その他 収入 保健、医療又は福祉の増進 2,310 4.4% 4.9% 14.0% 74.6% 2.1% 7,044,912 社会教育の推進 392 27.6% 9.5% 3.2% 55.9% 3.8% 1,246,671 まちづくりの推進 727 11.7% 11.8% 13.7% 61.3% 1.6% 1,307,191 観光の振興 120 3.9% 1.1% 20.9% 71.6% 2.5% 164,696 農山漁村又は中山間地域の振興 156 11.1% 2.7% 22.0% 41.4% 22.8% 191,369 学術、文化、芸術又はスポーツの振興 878 17.2% 8.4% 15.9% 52.6% 5.9% 2,654,087 環境の保全 711 5.8% 4.7% 11.9% 75.9% 1.6% 861,369 災害救援 107 28.8% 10.4% 18.8% 40.9% 1.1% 138,840 地域安全 131 8.5% 3.9% 7.5% 78.6% 1.6% 136,585 人権の擁護又は平和の推進 124 17.9% 9.8% 16.5% 53.0% 2.8% 173,600 国際協力 222 14.2% 13.8% 18.0% 51.4% 2.6% 271,089 男女共同参画社会の形成の促進 69 18.8% 35.1% 3.9% 40.9% 1.3% 165,952 子どもの健全育成 906 8.1% 9.6% 16.7% 64.5% 1.2% 2,412,093 情報化社会の発展 203 14.3% 1.8% 7.1% 76.3% 0.5% 272,067 科学技術の振興 105 32.4% 14.8% 16.6% 31.2% 4.9% 163,185 経済活動の活性化 191 7.3% 1.3% 16.2% 74.0% 1.2% 508,194 職業能力の開発又は雇用機会の拡充の支援 351 3.8% 1.2% 17.6% 73.5% 3.8% 750,871 消費者の保護 96 40.2% 1.6% 10.5% 46.4% 1.3% 111,391 上記の活動を行う法人の運営又は活動に関す る連絡、助言又は援助 213 3.7% 2.6% 12.2% 80.1% 1.4% 403,517
  28. 28. 主な活動分野別収入内訳(認定法人)主な活動分野別収入内訳(認定法人)主な活動分野別収入内訳(認定法人)主な活動分野別収入内訳(認定法人) 28Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 『平成23年度特定非営利活動法人の実態及び認定特定非営利活動法人制度の利用状況に関する調査』より作成 活動の種類 法人数 総収入金額計 会費 寄附金 補助金・ 助成金 事業収入 その他 収入 保健、医療又は福祉の増進 17 5.2% 41.1% 22.7% 30.3% 0.7% 63,168 社会教育の推進 2 22.7% 33.5% 13.8% 21.9% 8.1% 1,654 まちづくりの推進 4 9.0% 13.6% 1.9% 75.2% 0.3% 14,751 観光の振興 0 - - - - - 0 農山漁村又は中山間地域の振興 0 - - - - - 0 学術、文化、芸術又はスポーツの振興 11 7.5% 39.0% 37.0% 16.0% 0.6% 35,603 環境の保全 8 3.0% 23.1% 54.6% 18.7% 0.6% 39,821 災害救援 3 0.3% 59.3% 39.1% 0.3% 1.0% 680,671 地域安全 0 - - - - - 0 人権の擁護又は平和の推進 1 3.1% 41.6% 27.1% 28.2% 0.0% 2,162 国際協力 15 3.8% 29.2% 56.8% 8.4% 1.8% 163,263 男女共同参画社会の形成の促進 0 - - - - - 0 子どもの健全育成 13 3.3% 75.8% 7.7% 11.3% 1.9% 58,937 情報化社会の発展 0 - - - - - 0 科学技術の振興 1 9.8% 0.0% 0.0% 90.2% 0.0% 1,272 経済活動の活性化 2 11.3% 29.7% 13.0% 45.5% 0.5% 840 職業能力の開発又は雇用機会の拡充の支援 2 1.3% 2.9% 0.0% 95.7% 0.0% 7,691 消費者の保護 2 18.4% 51.3% 0.0% 29.2% 1.1% 3,512 上記の活動を行う法人の運営又は活動に関す る連絡、助言又は援助 4 4.6% 47.1% 9.3% 35.3% 3.6% 10,128
  29. 29. Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 29 日本日本日本日本の寄付の寄付の寄付の寄付市場市場市場市場 ≪≪≪≪個人寄付と法人寄付個人寄付と法人寄付個人寄付と法人寄付個人寄付と法人寄付≫≫≫≫ ≪≪≪≪個人寄付/会費と法人寄付個人寄付/会費と法人寄付個人寄付/会費と法人寄付個人寄付/会費と法人寄付≫≫≫≫ 出典: 日本ファンドレイジング協会編 『寄付白書2013』 より作成 ※2012年の法人の寄付については、当該年度の2年後の年度に公表されるため未確認。 5,455 4,874 5,182 6,931 5,467 6,957 7,168 0 2,000 4,000 6,000 8,000 10,000 12,000 14,000 2009年 2010年 2011年 2012年 個人寄付 法人寄付 5,455 4,874 5,182 6,931 3,756 2,362 3,190 3,227 5,467 6,957 7,168 5,000 0 5,000 10,000 15,000 20,000 25,000 2009年 2010年 2011年 2012年 個人寄付 個人会費 法人寄付 震災関連 (億円) (億円)
  30. 30. Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 30 助成財団を取り巻く環境の変化助成財団を取り巻く環境の変化助成財団を取り巻く環境の変化助成財団を取り巻く環境の変化 ≪≪≪≪財団設立数の推移財団設立数の推移財団設立数の推移財団設立数の推移((((1970197019701970年~年~年~年~2012201220122012年年年年))))≫≫≫≫ ≪≪≪≪助成事業費の推移助成事業費の推移助成事業費の推移助成事業費の推移((((1988198819881988年~年~年~年~2012201220122012年)年)年)年)≫≫≫≫ 出典: 助成財団センターHP 「日本の助成財団の現状」
  31. 31. Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 企業における社会貢献活動支出の推移企業における社会貢献活動支出の推移企業における社会貢献活動支出の推移企業における社会貢献活動支出の推移 ≪≪≪≪ 社会貢献活動支出の推移(社会貢献活動支出の推移(社会貢献活動支出の推移(社会貢献活動支出の推移(2002200220022002年度年度年度年度~~~~2012201220122012年度年度年度年度)))) ≫≫≫≫ 出典: (社)日本経済団体連合会 社会貢献推進委員会・1%クラブ 「2012年度 社会貢献活動実績調査結果」 (億円) 31 0 500 1000 1500 2000 2500 2002年度 (316社) 2003年度 (369社) 2004年度 (430社) 2005年度 (408社) 2006年度 (393社) 2007年度 (385社) 2008年度 (391社) 2009年度 (348社) 2010年度 (407社) 2011年度 (431社) 2012年度 (397社) 未分類 災害被災地支援 自主プログラム 各種寄付 各種寄付には、 「金銭寄付」 「現物寄付」 「施設開放」 「従業員派遣」 等が含まれる
  32. 32. 32Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. NPONPONPONPOの活動に必要な3つの視点の活動に必要な3つの視点の活動に必要な3つの視点の活動に必要な3つの視点
  33. 33. ①成果を出す①成果を出す①成果を出す①成果を出すNPONPONPONPOへ!へ!へ!へ! Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 33 NPONPONPONPOに対する社会的な期待の高まりに対する社会的な期待の高まりに対する社会的な期待の高まりに対する社会的な期待の高まり
  34. 34. 成果とは?成果とは?成果とは?成果とは? 3434Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 成果とは、目指す状態である「到達地点」から 「現在地点」を差し引いたもの。事実をベースに社 会課題の実態を把握し、その解決(改善)に向けた 具体的な施策と実施体制やスケジュール、予算を 考えなければならない。
  35. 35. Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 組織のミッション/目的/目標/組織のミッション/目的/目標/組織のミッション/目的/目標/組織のミッション/目的/目標/KPIKPIKPIKPI 35 ミッションミッションミッションミッションミッションミッションミッションミッション 事業内容事業内容事業内容事業内容事業内容事業内容事業内容事業内容 組織の理念や価値観であり、存在意義そのもの 認知度向上、利用率改善、売上拡大、意識や行動の改善、 会員数増加など、個々の事業における事業の目的 目的の達成度合い(到達地点や状態)を定量的・定性的 に示したもの 目標達成に向け、プロセスが適切に実行されているか どうかを測定するための「ものさし」 目目目目的的的的目目目目的的的的目目目目標標標標目目目目標標標標指指指指標標標標指指指指標標標標
  36. 36. 実施した事業の評価実施した事業の評価実施した事業の評価実施した事業の評価 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 36 インプットインプットインプットインプット ((((InputInputInputInput)))) インプットインプットインプットインプット ((((InputInputInputInput)))) 経営リソース経営リソース経営リソース経営リソース の調達の調達の調達の調達 経営リソース経営リソース経営リソース経営リソース の調達の調達の調達の調達 人、モノ、金、情報、 時間など、事業に 投下した経営 リソース 人、モノ、金、情報、 時間など、事業に 投下した経営 リソース アウトプットアウトプットアウトプットアウトプット ((((OutputOutputOutputOutput)))) アウトプットアウトプットアウトプットアウトプット ((((OutputOutputOutputOutput)))) ターゲットに対するターゲットに対するターゲットに対するターゲットに対する 施策の実施施策の実施施策の実施施策の実施 ターゲットに対するターゲットに対するターゲットに対するターゲットに対する 施策の実施施策の実施施策の実施施策の実施 設定したターゲット に対してNPOが実 施した事業 設定したターゲット に対してNPOが実 施した事業 アウトカムアウトカムアウトカムアウトカム ((((OutcomeOutcomeOutcomeOutcome)))) アウトカムアウトカムアウトカムアウトカム ((((OutcomeOutcomeOutcomeOutcome)))) 施策に対する施策に対する施策に対する施策に対する ターゲットの反応ターゲットの反応ターゲットの反応ターゲットの反応 施策に対する施策に対する施策に対する施策に対する ターゲットの反応ターゲットの反応ターゲットの反応ターゲットの反応 実施した事業に 施策に対する ターゲットの反応 実施した事業に 施策に対する ターゲットの反応 インパクトインパクトインパクトインパクト ((((ImpactImpactImpactImpact)))) インパクトインパクトインパクトインパクト ((((ImpactImpactImpactImpact)))) 社会的な影響社会的な影響社会的な影響社会的な影響社会的な影響社会的な影響社会的な影響社会的な影響 地域や社会全体に 対して与えたソー シャル・インパクト 地域や社会全体に 対して与えたソー シャル・インパクト
  37. 37. 子どもや若者を支援するNPOと提携し、従来の支援にITの活用を加え、進路と 仕事の選択肢拡大を図る。NPOスタッフをIT講師として養成するとともに、ITスキル 講習のテキストなどのコンテンツを共有するWEBコミュニテイを形成 【【【【参考参考参考参考】】】】SROISROISROISROI(社会的(社会的(社会的(社会的投資投資投資投資収益率)収益率)収益率)収益率) Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 37 企業など、特定のステークホルダーに対する経済的なリターンではなく、 社会全体に対するリターン。創出された社会的価値を金銭的価値へ換算する。 ■進路決定率:45.5%(目標:30%) ■肯定的意欲の変化:80% ■講座理解度:98%/参加目的達成度:73%/就労意欲の変化:71% ■若者UP創出純便益額: 52,568,000円 ■同五年累計額: 231,498,000円 ■受講者1人あたりの純便益額: 73,419円 ■若者UP社会的投資収益率: 1年目(5.60倍)/5年累計(21.28倍) 受講者の便益(就労者1人当たり) 就労賃金 -(納税額の増加 + 社会保険料の負担) 政府の便益(就労者1人当たり) 所得税額の増加 + 社会保険料徴収の増加 有効性 S R O I
  38. 38. ②顧客基点に立脚した活動②顧客基点に立脚した活動②顧客基点に立脚した活動②顧客基点に立脚した活動 3838Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. NPONPONPONPOの視点の視点の視点の視点 顧客の視点顧客の視点顧客の視点顧客の視点 NPONPONPONPOのののの活動には活動には活動には活動には顧客顧客顧客顧客のニーズがのニーズがのニーズがのニーズが基点基点基点基点
  39. 39. ニーズとシーズニーズとシーズニーズとシーズニーズとシーズ 39Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 顧客のニーズに 合わせた製品や サービスを提供する 独自の技術や原材料、 アイデアなどを基に 作りたいと思う製品や サービスを提供する ニーズ シーズ
  40. 40. NPO法人数 の増加による 競争の激化 ③③③③NPONPONPONPOに影響を与える競争の激化に影響を与える競争の激化に影響を与える競争の激化に影響を与える競争の激化 40Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 企業等の参入 による 公共サービス の競争激化 競争が激化する社会環境に対応競争が激化する社会環境に対応競争が激化する社会環境に対応競争が激化する社会環境に対応
  41. 41. 公共サービス分野への企業参入公共サービス分野への企業参入公共サービス分野への企業参入公共サービス分野への企業参入 Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 41 ≪≪≪≪ (例)ワタミのビジネス領域の拡大(例)ワタミのビジネス領域の拡大(例)ワタミのビジネス領域の拡大(例)ワタミのビジネス領域の拡大 ≫≫≫≫
  42. 42. 42Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. ~事例紹介~~事例紹介~~事例紹介~~事例紹介~ 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会公益社団法人シャンティ国際ボランティア会公益社団法人シャンティ国際ボランティア会公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
  43. 43. シャンティ国際ボランティア会(SVA)は、 「共に生き、共に学ぶ」ことができる平和 (シャンティ)な社会の実現を目指します。 ビジョンビジョンビジョンビジョン 43Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved.
  44. 44. 地球上の貧困や戦争、内紛、環境破壊、災害などに よって苦しむ人々のそばに立ち、苦しみを分かち合い、 その人びとと共に解決のための活動を行います。 44Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. ミッション(使命)ミッション(使命)ミッション(使命)ミッション(使命)
  45. 45. 1981年、カンボジア難民支援として、キャンプ の子どもたちに絵本を届けることから、活動 が始まりました。 45Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. SVASVASVASVAのはじまりのはじまりのはじまりのはじまり
  46. 46. 年度年度年度年度 出来ごと出来ごと出来ごと出来ごと 1980年 カンボジア難民支援として図書館活動開始 1981年 曹洞宗ボランティア会(SVA)結成 1984年 初の開発事業を東北タイで開始 1985年 タイのラオス難民キャンプで印刷活動開始/フェアトレード事業「クラフト・エイド」を開始 1989年 バンコクのクロントイスラムに職業訓練センター設置 1991年 カンボジア事務所開設/タイにSVAの現地法人シーカー・アジア財団設立 1992年 ラオス事務所開設/曹洞宗国際ボランティア会と改称 1995年 阪神・淡路大震災支援 1999年 社団法人シャンティ国際ボランティア会となる/「絵本を届ける運動」を開始 2000年 ミャンマー(ビルマ)難民支援事業を開始 2003年 アフガニスタン事務所開設 2011年 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会となる/東日本大震災支援活動を開始 46Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. SVASVASVASVAの歩み~難民キャンプからの歩み~難民キャンプからの歩み~難民キャンプからの歩み~難民キャンプから30303030年年年年
  47. 47. 海外事業部 岩手事務所 気仙沼事務所 カンボジア事務所 ラオス事務所 ミャンマー難民事務所 アフガニスタン事務所 シーカー・アジア財団 国内事業部 緊急救援室 ミャンマー準備事務所 広報課 経理・総務課 山元事務所 東京事務所 海外事務所 東日本大震災 被災者支援事業 事務局長 理事会 総会 アジア地域ディレクター 監事 会員 名誉会長 顧問 ■事務局員:150人 ■日本人職員:65人(職員:47人/パート:18人) 事 務 局 2012年12月31日現在 47Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. SVASVASVASVAの組織体制の組織体制の組織体制の組織体制
  48. 48. ■■■■5555カ国カ国カ国カ国8888事務所で活動事務所で活動事務所で活動事務所で活動 ■来年からミャンマー開始■来年からミャンマー開始■来年からミャンマー開始■来年からミャンマー開始 ■東北大震災以降、■東北大震災以降、■東北大震災以降、■東北大震災以降、 岩手県、宮城県、岩手県、宮城県、岩手県、宮城県、岩手県、宮城県、 福島県でも復興支援福島県でも復興支援福島県でも復興支援福島県でも復興支援 活動を実施活動を実施活動を実施活動を実施 48Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 活動対象地域活動対象地域活動対象地域活動対象地域
  49. 49. 移動図書館車で村を回ります (タイの地方) 写真提供:瀬戸正夫 図書館を作って運営しています (アフガニスタン) 写真提供:安井浩美 49Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 主な活動①:図書館事業主な活動①:図書館事業主な活動①:図書館事業主な活動①:図書館事業
  50. 50. 倒壊の危険がある校舎でした が、SVAの支援でコンクリート 製の新校舎ができました (カンボジア) 50Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 主な主な主な主な活動②:学校建設事業活動②:学校建設事業活動②:学校建設事業活動②:学校建設事業
  51. 51. 進学の厳しい少数民族の子どもたちに奨学金を支 給しています(タイの地方) 51Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 主な主な主な主な活動③:奨学金事業活動③:奨学金事業活動③:奨学金事業活動③:奨学金事業
  52. 52. 【左】スマトラスマトラスマトラスマトラ沖地震」緊急沖地震」緊急沖地震」緊急沖地震」緊急支援食料支援食料支援食料支援食料 (米・豆・油等)配布活動 【中】ミャンマー台風ミャンマー台風ミャンマー台風ミャンマー台風 高潮の被害に遭い避難生活をおくる家族 【右】ミャンマー台風ミャンマー台風ミャンマー台風ミャンマー台風 再建された幼稚園での絵本の読みきかせ活動 52Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 主な主な主な主な活動④:緊急支援(海外)活動④:緊急支援(海外)活動④:緊急支援(海外)活動④:緊急支援(海外)
  53. 53. 東日本大震災被災者支援(東日本大震災被災者支援(東日本大震災被災者支援(東日本大震災被災者支援(2011201120112011年年年年3333月~継続中)月~継続中)月~継続中)月~継続中) ■移動図書館プ■移動図書館プ■移動図書館プ■移動図書館プロロロロジジジジェェェェクトクトクトクト 【岩手県岩手県岩手県岩手県】陸前高田市、大船渡市、 大槌町、山田町 【宮城県宮城県宮城県宮城県】山元町 【福島県福島県福島県福島県】南相馬市 ■ま■ま■ま■まちづちづちづちづくりくりくりくり 宮城県気仙沼市 53Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 主な主な主な主な活動④:緊急支援(国内)活動④:緊急支援(国内)活動④:緊急支援(国内)活動④:緊急支援(国内)
  54. 54. 2010年度年度年度年度 2011年度年度年度年度 2012年度年度年度年度 受取会費 28,125,000 26,349,000 27,575,000 受取寄附金 311,950,161 384,863,335 411,496,604 受取補助金等 201,251,781 106,127,786 128,493,952 事業収益 54,666,348 60,830,172 54,716,174 その他 6,642,999 1,321,438 3,185,306 合計合計合計合計 602,636,289 579,491,731 625,467,036 54Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 経経経経常常常常収益別に収益別に収益別に収益別に見見見見たたたたSVASVASVASVAの収の収の収の収益益益益構造構造構造構造
  55. 55. 会員組織の運営 絵本を届ける運動 アジアの図書館サポーター クラフト・エイド 本で寄付するプロジェクト 55Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 海外事業を支える国内での支援者向け活動海外事業を支える国内での支援者向け活動海外事業を支える国内での支援者向け活動海外事業を支える国内での支援者向け活動 1 2 3 4 5
  56. 56. 種別 人数 構成比率 社員会員 個人 262人 13.6% 団体 53人 2.8% 賛助会員 個人 1,422人 73.9% 団体 187人 9.7% 合計 1,9241,9241,9241,924人人人人 100.0% 会員種別 個人 12,000円 (年1回:12,000円×1回/毎月:1,000円×12回) 団体 30,000円 (年1回:30,000円×1回/毎月:2,500円×12回) 特典 ・総会に参加可能 ・ニュースレター『Shanti』(年4回発行) ・フェアトレード商品が10%割引 ・シャンティ主催の事業報告会への参加が無料(もしくは割引) ・シャンティ主催のスタディーツアーへ参加可能(参加費は別途) ≪≪≪≪ご参考:会員の状況ご参考:会員の状況ご参考:会員の状況ご参考:会員の状況≫≫≫≫ 2012年12月31日現在 56Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 会会会会員員員員組織の組織の組織の組織の運営運営運営運営
  57. 57. 子どもの図書がほとんど出版されていないカンボジア、ラオス、ミャンマー難⺠キャンプ、ア フガニスタンへ絵本を送る活動。日本で出版されている絵本に翻訳文を印刷したシール を貼り付けるという気軽に参加可能な国際協⼒。1999年から2012年の間に届けた 絵本の総数は20万冊超。2012年度は、15,820冊を届け、参加費・募⾦総額: 35,245,428円を獲得。2013年度は、合計15,595冊を送付予定。 <参加費用> ■2,200円(絵本1冊・翻訳シール・説明書が1セット) ■完成絵本の返送料は、参加費とは別途 57Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 絵絵絵絵本を本を本を本を届届届届けるけるけるける運運運運動動動動
  58. 58. 1日33円からの支援で、SVAの活動するカンボジア、ラオス、ミャンマー(ビルマ) 難民キャンプ、アフガニスタンの子どもたちが本に接する図書館の運営をサポー トする「アジアの図書館サポーター」。特典として、年に1度、活動地の子どもたち からの写真入りメッセージカードを送付。2012年末現在、684 人(773 口)の登録。 ■ニュースレター「Shanti」(年4回) ■サポーター通信「えほんの家族」 ■サンクスカード(現地の子どもからのメッセージと写真) ■オリジナルグッズ(何が届くかはお楽しみ) ■報告書(各国の活動状況、成果等のご報告) ■フェアトレード商品の購入が10%割引 ■スタディツアーへの優先参加(参加費別途) ■イベントや報告会に無料参加(もしくは割引) サポータサポータサポータサポータ――――特典特典特典特典 58Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. アジアの図書館サポーターアジアの図書館サポーターアジアの図書館サポーターアジアの図書館サポーター
  59. 59. 1985年にタイ東北部の難民キャンプで作られた手工芸品を日本で紹介したのが始ま り。現在、タイやカンボジアなどアジア地域のフェアトレードフェアトレードフェアトレードフェアトレード製品製品製品製品を販売し、その収益 を、クラフト生産者やシャンティが行うアジアの子どもたちの教育・文化活動、山岳地 域や農村・スラムなどへの支援のために使用。 生産者生産者 現地NGO・生産者団体現地NGO・生産者団体 お客様お客様販売者販売者 委託/買取 ■衣類 ■スカーフ&帽子 ■バッグ ■ポーチ&巾着 ■ペンケース&カードケース ■財布&小銭入れ ■ブックカバー&ポストカード ■スリッパ&ふろしき ■ストラップ&ブローチ ■インテリア ■キッチン用品 ■食品 ■布 カタログ販売 ネット販売 出張販売 自主イベント 報告会 59Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. ククククラフラフラフラフトトトト・・・・エイエイエイエイドドドド
  60. 60. ③佐川急便が集荷に訪問する ④ブックオフで査定のうえ、10%が寄付される ⑤約1.5~2ヶ月後に査定額が報告される ブックオフコーポレーション株式会社の協力を受け、2001年から開始。家庭や職場で 不用になった本やCD・DVD・ゲームソフトがブックオフに運ばれ、査定額+査定額+査定額+査定額+10101010%が寄%が寄%が寄%が寄 付付付付され、アジアの子どもたちの教育支援になる仕組み。登録料、手数料、配送料な ど、一切不要。 ≪≪≪≪プログラムの仕組みプログラムの仕組みプログラムの仕組みプログラムの仕組み≫≫≫≫ ②WEB/電話でSVAに申し込む ①本、CD、DVD、ゲームソフト等を箱に詰める 60Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 本で寄付するプ本で寄付するプ本で寄付するプ本で寄付するプロロロロジジジジェェェェクトクトクトクト
  61. 61. 61Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. ワークをしてみましょう!ワークをしてみましょう!ワークをしてみましょう!ワークをしてみましょう!
  62. 62. Copyright (C) 2014 Yohji Nagahama All Rights Reserved. 62 項項項項 目目目目 内内内内 容容容容 取り組む課題 興味・関心のある社会(地域)の課題は何ですか? 目指す状態 活動のゴール(到達地点)は何ですか? 現状の認識 取り組む課題の現状はどうなっていますか? 考えている解決手段 どのような手段(事業)で課題を解決しますか? 実施スケジュール どのようなスケジュールで課題を解決しますか? 人員体制 立ち上げる予定のNPOの人員体制(仲間)は? 資金調達 どのような手段で資金を調達しますか? 起起起起業業業業計画計画計画計画のののの骨骨骨骨子を考えてみまし子を考えてみまし子を考えてみまし子を考えてみましょうょうょうょう!!!!
  63. 63. LOGO 彼を知り己を知れば、彼を知り己を知れば、彼を知り己を知れば、彼を知り己を知れば、 百戦して殆うからず。百戦して殆うからず。百戦して殆うからず。百戦して殆うからず。 【【【【孫子の兵法孫子の兵法孫子の兵法孫子の兵法】】】】 ありがとうございました

×