Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

20101218 DevLOVE HangerFlight:TOC makes you HAPPY!? 第一部

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
20100305 CTR#9
20100305 CTR#9
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 38 Ad
Advertisement

More Related Content

Similar to 20101218 DevLOVE HangerFlight:TOC makes you HAPPY!? 第一部 (7)

Advertisement

20101218 DevLOVE HangerFlight:TOC makes you HAPPY!? 第一部

  1. 1. “Change the Rule!” presents… TOC makes you HAPPY!? workshop
  2. 2. Change the Rule!(CTR)の紹介  DevLOVEの創始者、@papandaさんが立ち上げたい くつかの勉強会の一つ。 名前の由来は、「チェンジ・ザ・ルール!」という 書籍から。  TOC/CCPMをメインに、TOCなことを発表し合ったり してます。  わりとゆるふわな感じ。  Google グループがあるので、 チェンジ・ザ・ルール! グループ検索
  3. 3. 本日の内容 50分しか持ち時間がないのに、二部制です…  第一部 “雲”を使った問題解決ワークショップ  第二部 TOCの本質とGoldrattの信念
  4. 4. いちおう、自己紹介  やまさきかずのり(@ymkz303)  (株)jig.jpでプロマネやってたり、チームリーダだっ たり、開発者だったりします。  TOC/CCPMスペシャリスト(ゴール・システム・コンサルティング認定)  認定スクラムマスター  DevLOVEの運営スタッフでもあるのですが、今日は CTRの人としてここにいます。 よろしくお願いします
  5. 5. 質問1 TOC (Theory Of Constraints: 制約条件の理論) をご存じの方、挙手!
  6. 6. 質問2 TOCをやったことがある方、 挙手! Ex)CCPM、思考プロセス、DBR…
  7. 7. TOCとは?
  8. 8. 今日はこれを使います B D 相手が望んでい 現在の行動 ること A 目的、ゴール C D‟ 自分が望んでい とりたい行動 ること 今日の目的:これで、あなたの抱えている問題の解決にやくだてたい!
  9. 9. 仮の“目的(ゴール)”の設定 問題を考え安くするため、 仮のゴールを、 今日はこのように設定します。
  10. 10. あなたの“問題”は? 「価値のある人生を送る」 を実現する上で、 あなたが抱えている 仕事上の問題はなんですか?
  11. 11. “問題”を行動に  “問題”を生み出している行動を、現在進行形の具 体的表現にしてください。たとえば…  仕事に対するモチベーションが低い ⇒なぜ?:仕事に対してやらされ感があるんだよな… ⇒「受け身で仕事をする」  家庭内がギクシャクしている ⇒なぜ?:嫁の機嫌が悪いんだよなあ… ⇒なぜ?:仕事とか勉強会とかでほぼ毎晩帰りが遅いし… ⇒「毎晩のように遅い時間に帰る」
  12. 12. “行動”をチェック  簡潔に、文章になっている? ⇒単語だけだと、なんのことかわからない  自分で解決可能? ⇒物理法則とかはどうしようもない  本当に存在する?思い込みじゃない? ⇒事実でないなら解決しない  それは本当によくないこと? ⇒自分がどう痛みを感じているか説明できるか  複数の内容が含まれていない? ⇒○○なので××している、な感じではない
  13. 13. ソロワーク  「価値のある人生を送る」上で、あなたが抱えてい る“問題”を、ひとつ以上、書き出してください。  その“問題” を引き起こしている具体的な行動を考え て、書き出してください。  書き出した“行動”の内容を、前ページの観点で チェックしてみてください。
  14. 14. 共有タイム!  あなたの“問題”と具体的行動を、 グループ内で共有しましょう。  自己紹介とかもここで!  共有できたら、今日解き明かす問 題をグループ内で“ひとつ”選ん でください。
  15. 15. “問題”ってなんだろう?  一般的に、“問題”は“ありたい姿”と“現実”のギャッ プとして説明されます。  一方、“対立”“ジレンマ”は、 問題に対して取れる同 時には両立しない、どちらをとっても何らかの不利 益がある(またはそう思い込んでいる)二つの行動のど ちらかを取らなければいけない状態を表します。  つまり、“問題”は、「とりたい行動」と「現実に とっている、とらされている行動」の“対立”“ジレン マ”と言い換えることができます。  ジレンマの解決方法として“妥協”がありますが、こ れをすると結果的にどちらか(または両方)の要望も満 たさない、 “Win-Lose”“Lose-Lose”の状況となって しまいます。
  16. 16. ふせんに書く D 毎晩のように 遅い時間に帰る
  17. 17. どういう行動をしたい?  本当は、どういう行動を取ればいいと思いますか?  (D)の行動の元となる問題を起こさないためには、動 向どうすればいいと思いますか?  「仕事に対するモチベーションが低い」 ⇒「受け身で仕事」をしたくないんだよなあ… ⇒「主体的に仕事をする」  「家庭内がギクシャクしている」 ⇒「毎晩帰りが遅い」からなあ… ⇒「できるだけ早く帰る」 ※「(D)しない」という行動はNG!
  18. 18. ふせんに書く D‟ できるだけ早く 帰る
  19. 19. “対立”をチェック D  DとD’の二つの行動は、ジレンマ、対 毎晩のように 立している行動ですか? 遅い時間に帰る  まったく正反対な行動ですか?  同時にできない行動ですか?  どうして同時にできないんでしょう か?どうしてどちらか一方しか選べ ないんでしょうか。 D‟ できるだけ早く 帰る •遅く帰りつつ、早く帰ることはできない。 •早く帰れる日なら、勉強会に行きたい。
  20. 20. グループワークその2  現実に取っている行動(D)に対する取 D りたい行動(D’)はなんでしょうか? 毎晩のように 遅い時間に帰る  (D)と(D’)が、本当に対立しています か?  (時間があれば)どうして同時にできな いか、どちらか一方しかできないか D‟ を考えてみてください。 できるだけ早く 帰る
  21. 21. どうしてそんな“行動”を? “行動”の元になっている“要望”を考えます。  (B)どうして、そんな行動(D)を取っているんですか?  (B)するためには、(D)する必要がある。 それはどうしてですか? 会社内での立場をよくする必要がある。 勉強会に行かないといけない。 勉強会がない日にはたくさん仕事をこな さないといけない。 B D 自分のスキルを 毎晩のように 高め続ける 遅い時間に帰る
  22. 22. どうしてそんな“行動”を? “行動”の元になっている“要望”を考えます。  どうして、そんな行動(D’)を取りたいですか?  (D’)ができないことで、何が犠牲になっていますか?  (C)するためには、(D’)する必要がある。 それはどうしてですか? 関係を良好に保つためには、たくさん会 話することが必要。 遅く帰ると満足に話もできない。先に寝 たりしてるし。 夕食は一緒に取りたい。 C D‟ 家庭を良好に できるだけ早く 保ち続ける 帰る
  23. 23. どうしてそうありたいんだろう?  目的(A)を達成するために(B)でありたい必要があるの は、どうしてですか?  目的(A)を達成するために(C)でありたい必要があるの は、どうしてですか? よりやりがいのある仕事ができる。 より多くの収入を得るには、継続的に力をつ けていく必要がある。 B 自分のスキルを 高め続ける A 価値のある 人生を送る C 家庭は唯一無二の存在。 家庭を良好に パートナーの理解と協力なしには、よい人生 など送れない。 保ち続ける
  24. 24. “雲”を作って読み合わせよう  Aであるためには、Bである必要がある。なぜなら…  Bであるためには、Dする必要がある。なぜなら…  Aであるためには、Cである必要がある。なぜなら…  Cであるためには、D’する必要がある。なぜなら… B D 自分のスキルを 毎晩のように 高め続ける 遅い時間に帰る A 価値のある 人生を送る C D‟ 家庭を良好に できるだけ早く 保ち続ける 帰る
  25. 25. “目的”の見直し  読み合わせてみて、しっくりくるかどうかを確認し ます。  仮に設定した“目的”を見直します。  もっと具体的な目的がよければ、書き換えてくださ い。  そのままでしっくりくるなら、そのままでも大丈夫 です。
  26. 26. グループワークその3-1  (D)と(D’)それぞれ、どういう望みがあってそういう 行動をしている/したいか、考えてみてください。  (B)と(C)それぞれ、目的(A)を達成するためにどうし てそうありたいのか、考えてみてください。 B D 自分のスキルを 毎晩のように 高め続ける 遅い時間に帰る A 価値のある 人生を送る C D‟ 家庭を良好に できるだけ早く 保ち続ける 帰る
  27. 27. グループワークその3-2  組み合わせて“雲”を作り、読み合わせてみてしっく りくるかどうかを確認してください。  “目的”がこれでよいかを見直してください。  完成した“雲”を共有・発表しましょう! なぜなら なぜなら B D 自分のスキルを 毎晩のように 高め続ける 遅い時間に帰る A Aであるためには、Bである必要がある。なぜなら… 価値のある Bであるためには、Dする必要がある。なぜなら… 人生を送る Aであるためには、Cである必要がある。なぜなら… Cであるためには、D‟する必要がある。なぜなら… C D‟ 家庭を良好に できるだけ早く なぜなら 保ち続ける 帰る なぜなら
  28. 28. “対立”を解消する  ここまで、 “雲”を使って“問題”の“対立”の構造を考 えてきました。  TOCでは、 “目的・ゴール”が同じであれば、本来対 立は存在せず、その原因は誤った仮定・思い込み(ア サンプション)にあると考えます。  これまで作ってきた“雲”は、対立の構造に根付く 誤った仮定・思い込みを明らかにし、その解消を助 けるツールです。  そして、その対立は必ず解消できます。
  29. 29. “対立”の構図を見直そう  よく見ると、(B)と(C)は、(A)を実現するための必要 条件であり、それ自体は対立していません。  ここに存在する対立は、(B)×(D’)、(C)×(D)、 (D)×(D’)の3つしかありません。  それぞれの対立が発生している原因には、何らかの 仮定・思い込みがあるはずです。 B D 自分のスキルを 毎晩のように 高め続ける 遅い時間に帰る A 価値のある 人生を送る C D‟ 家庭を良好に できるだけ早く 保ち続ける 帰る
  30. 30. “雲”を蒸発させるには? 相・自・時・妙 ©岸良祐司 相手の要望を尊重する。取りたい行動(D„)で、相手が望んでいること 相 (B)を満たすことができないか? 自分の要望を尊重する。取っている行動(D)で、自分の望むこと(C)を 自 満たすことはできないか? 時と場合によって、(D)と(D„)のどちらかの行動を取ることで、相手 時 と自分が望むこと両方を満たせないか? 妙案。(D)と(D„)は、本当に両立、同時に行うことができないか? 妙 (B)と(C)の要望を満たす、(D)と(D„)以外の何か別のやり方はないか?
  31. 31. 【相】相手の要望(B)を尊重する  (D’)すると、どうして(B)ができないと思いますか? ⇒「思い込み」を導き出す  (D’)をしつつ、(B)を満たす方法は本当にないです か?⇒「解決策」を導き出す B D 自分のスキルを 毎晩のように 高め続ける 遅い時間に帰る A 価値のある 仮定・思い込み 人生を送る C D‟ 家庭を良好に できるだけ早く 保ち続ける 帰る
  32. 32. 【自】自分の要望(C)を尊重する  (D)すると、どうして(C)ができないと思いますか? ⇒「思い込み」を導き出す  (D)をしつつ、(C)を満たす方法は本当にないですか? ⇒「解決策」を導き出す B D 自分のスキルを 毎晩のように 高め続ける 遅い時間に帰る A 価値のある 仮定・思い込み 人生を送る C D‟ 家庭を良好に できるだけ早く 保ち続ける 帰る
  33. 33. 【時】時と場合によって  (D)と(D’)はどういう時に対立しますか? ⇒ 「思い込み」を導き出す  あるときは(D)、あるときは(D’)というルールで両立 はできませんか? ⇒「解決策」を導き出す B D 自分のスキルを 毎晩のように 高め続ける 遅い時間に帰る A 価値のある 仮定・思い込み 人生を送る C D‟ 家庭を良好に できるだけ早く 保ち続ける 帰る
  34. 34. 【妙】妙案ひらめき  (B)と(C)が両立できないと思っているのはなぜですか? ⇒「思い込み」を導き出す  (B)と(C)を両立させる方法は本当にないですか? ⇒「解決策」を導き出す B D 自分のスキルを 毎晩のように 高め続ける 遅い時間に帰る A 価値のある 人生を送る 妙案 C D‟ 家庭を良好に できるだけ早く 保ち続ける 帰る
  35. 35. 解決策を検討する 矢印 仮定 解決策 どうやって行うか メリット 相 毎晩早く帰ると、ス 早く帰ってもスキルを 家庭でも勉強会に参加し パートナーと過ごす キルを上げる機会が 上げる方法を考える。 ているような環境を整え 時間が増える。 なくなるから。 る。 自 毎晩遅く帰ると、 遅く帰っても、パート 毎晩遅く帰ることを納得 勉強会の参加数を減 パートナーの機嫌が ナーが不快に感じない させる。 らさなくて済む。 悪くなるから。 方法を考える。 時 勉強会がないとき、 勉強会がないときは、 勉強会に参加する曜日を、 家庭の対話と勉強会 出られないときは、 早く帰るようにする。 あらかじめ決めておく。 のバランスがとれる。 仕事が詰まっている 毎日勉強会を入れない。 いつでも定時で帰れるよ 心がけることで、仕 ときだから。 うに仕事をする。 事の効率も上がる。 妙 自分を高めることの 自分の家で勉強会をす 勉強会の主催者になる。 勉強会に参加しつつ、 価値は、パートナー る。 パートナーも興味を持て 対話の時間も増える。 には理解できないか 勉強会にパートナーと る勉強会を選ぶ、作る。 話題のネタも増える。 ら。 参加する。
  36. 36. Goldrattの信念  ものごとは、そもそもシンプルである。 人は、ものごと、問題を複雑に考えようとします。現実世界で巻き起 こるあまたの問題は、実はすべて因果関係で結ばれており、その根底 となる原因にはごく少数の“対立”が存在します。  対立は、必ず解消できる。 目的が同じならば、本来対立は存在しないはず。対立の原因は、誤っ た仮定や思い込みにあります。  相手のせいにしても、問題は解消しない。 対立構造にあるとき、人は相手のせいにしたがります。相手を責める と、あるはずのすばらしい解決策を見過ごすばかりか、物事を誤った 方向に導いてしまいます(これまでの例でいうと、「離婚」とか)。 “雲”は問題の対立構造を明確にして、問題解決の手助けをします

×