Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20091116 CTR#8 公開版

  • Be the first to comment

20091116 CTR#8 公開版

  1. 1. 2009/11/16 やまかず/ymkz303 TOCとシステム思考を 比較してみる (アルファ版 FOR CTR#8)
  2. 2. おことわり TOC、システム思考共に、理解不 足の点が多々あると思います。 なので、α版です。 間違いがあれば、ご指摘大歓迎で す。
  3. 3. イントロダクション ~わたしとTOCとシステム思考
  4. 4. はじめに1 わたしとTOCとの出会い
  5. 5. あれは、たぶん2005年のおわり頃。 某Happy Hacking Keybordとか ScanSnapとか作っている某P社(石 川県)で、F社製のアプリ(ミドル ウェア)を作っていたときのこと です。
  6. 6. 隣のプロジェクトで、変わったこ とをしていることを発見しました。
  7. 7. ※このあたりに、 朝会とか ニコカレとかの 画像が入っていました。
  8. 8. 見た目にとてもインパクトのある これらの手法。 プロジェクトの進め方に対して、 漠然とした不安を抱いていた私は、 これは何かある!と思い、実施さ れていた方とコンタクトを取って、 詳細を聞きました。
  9. 9. はじめは、目に見えるこれらのこ とばかりに着目していました。 自プロで真似したりもしていまし た。これはこれですごく成果はあ りました。それまでのプロジェク トと比べて、明らかに風通しは良 くなりました。
  10. 10. 実施者の方との交流(まぁ、一方 的に聞いていただけですが)を続 けていくにつれて、試みはこれだ けではないということに気付きま した。 それが、CCPMでした。
  11. 11. それから、「ザ・ゴール」や岸良 さんの本を読んだり、自分なりに 勉強したりしました。 その頃は、腑には落ちるが、なん だかもやっとしているような状態 でした。
  12. 12. そうこうしているうちに、2006年 末に、かの岸良さんが、HHKBとか (以下略)某P社まで来て、講演す るとのこと。二つ返事で参加。 : : すさまじい衝撃を受け、以降TOC への興味は増すばかり。
  13. 13. このあたりに貼ってあった 資料は、下記URLを参照ください。 http://www.toc-ccpm.net/jirei/index.html#system
  14. 14. しかし、残念ながら実践が足りて ません。それは、今後の課題。 で、本題ではないのでこのお話は 置いておいて…
  15. 15. はじめに2 わたしとシステム思考との出会い
  16. 16. 2009年(今年だ!) papandaさんのtwitterだったか ブログだったか忘れましたが、 「センゲの会」というコミュニ ティが目にとまりました。 曰く、「学習する組織」だと。こ の文章に惹かれました。
  17. 17. で、そこでビールゲームなる催し をやると。 はじめは、本当にビールを飲みま くる会だと思っていました。 ところが、ゲーム後の感想であっ た「TOCに似てる」にピキーンと きました。
  18. 18. そんなおり、ビールゲームのリベ ンジをやるということで、参加。 ビールゲームとTOCのシミュレー ションゲームは、確かに似ていま した。 違う点は、ビールゲームは物流全 体、TOCのゲームは工場内を対象 にしていること。 ※無論、TOCがシステム全体を対 象にしないわけではないですが。
  19. 19. というわけで、システム思考につ いてはまだまだ素人同然です。 ということをふまえて、本題。
  20. 20. ●おはなしのながれ いろいろな切り口で比較してみる 基本理念を整理してみる 問題解決方法について整理してみる まとめ
  21. 21. TOCとシステム思考を いろいろな切り口で 比較してみる
  22. 22. ●提唱者 TOC:エリヤフ・ゴールドラット (イスラエル出身、物理学者) システム思考:ピーター・センゲ (経営学者)
  23. 23. ●導入する目的 TOC: 「儲け続ける」こと システム思考: 「学習する組織」になること このあたり、あまり自信がない…ほんとかいな…
  24. 24. ●適用対象 TOC: 組織活動、企業活動、個人活動 システム思考: 「システム」として捉えられるす べて
  25. 25. ●トピック TOC: 基本理念の応用 (DBR、CCPM、思考プロセス、スループッ ト会計…) システム思考: …すいません、システム思考、システムダ イナミクス、SSM(Soft System Methodology)の関係性が整理できてませ ん。
  26. 26. 基本理念を 整理してみる
  27. 27. ●基本理念:TOC 1.組織には達成すべきゴールがあ る 2.組織は、ごく少数の事により制 約されている 3.部分の合計は全体と一致しない
  28. 28. ●基本理念:システム思考 問題としている対象の全体を「シ ステム」として捉える。 起きている問題は、すべてにおい てつながりがある。 つながりのあるシステムとして全 体を捉えない限り、問題は解決し ない。
  29. 29. TOCは経営手法であり、システム 思考は思考方法(ツール)なので、 直接比較することはできなさそう です。 比較するとしたら、TOCは思考プ ロセスということになりますね。 ということで。
  30. 30. 問題解決方法について 整理してみる
  31. 31. 問題解決のツール: TOC: 思考プロセス (雲、CRT、FRT、PRT、TrT…) システム思考: 時系列変化パターングラフ 因果ループ図
  32. 32. ループ図およびリッチピクチャの 例は、かけださんが描かれた下記 をご参照ください。 http://www.slideshare.net/kkd/ssm-2349465
  33. 33. 共通しているキーワード: 人を信じること≒人はもともと善良である そうなる/考える前提≒(誤った)思い込み レバレッジ・ポイント≒制約 変えたい変数≒UDE ゆでガエルの話が、どちらの文脈からも出 てきていることは興味深い。
  34. 34. 異なる点1: 共通理念はほぼ同じだと思う。 解決へのアプローチや解決後に目 指す姿が違う。 偏見かも: システム思考はマイナスをゼロにするところに重点を置 く。 TOCは、ゼロをプラスにすることに重点を置く。マイナス もプラスにする方法を考える。
  35. 35. 解決へのアプローチ:TOC思考プロセス 1.好ましくない現象(UDE)を洗い出す。 2.UDEを因果関係でつなぎ、根本となる問 題を見つける。 3.根本となる問題が解決したら、すべての UDEが好転する(DEになる)ことを確認する。 4.解決後の姿になるまでの中間目標を考察 し、それぞれの中間目標までに考えられる 障害についての対策を考える。 5.解決策を実行する手順を作成し、実施す る。
  36. 36. 解決へのアプローチ:システム思考 1.変えたいと思っている「変数」を洗い出 す。 2.変数のつながりを考えて、現状のループ 図を作成する。 3.現状のループ図をもとに、目標となる状 況のループ図を作成する。 4.ループ図から、解決法を考える(レバ レッジ・ポイントを探すとか)。
  37. 37. 異なる点2: TOCは、根本問題をどのように解 決するかの実施段階まで面倒を見 る。変化に抵抗する心理まで考慮 する。 システム思考は、そこまでは踏み 込んでいない。根本問題を見つけ、 どういう解決法を取るかを考える 助けとなるツール。
  38. 38. まとまってない まとめ
  39. 39. 共通する点は: ある物事が関係する全体をシステムとして 捉え、 関係するすべては因果関係で結ばれて、 ある一点(または少数の点)に注力すること により問題解決を図る という考え方。 人を善良だととらえるとか、人に責任を押しつけないとか、
  40. 40. 異なる点は: TOC思考プロセスは、起きている問題を、 中核となる対立を解消することで解決する。 そして、そのプロセスも明確化されている。 システム思考は、起きている問題の連鎖を、 なんからのアクションで断ち切る、または 好転させることで解決する。 似ているようだけど、微妙に違う。違うようだけ ど同じかも。もう少し考察が必要そうです。
  41. 41. つまるところ、「全体最適」 …なんだ、ほぼ同じじゃないか!
  42. 42. ということで。
  43. 43. ということで1: 思考プロセスは、(経験が浅いう ちは)とても「重い」プロセス (CRTまでで断念した経験あり)。 それに比べて、因果ループ図はわ りとカジュアルに描ける。
  44. 44. というわけで2: 根本問題の洗い出しに因果ループ 図を活用し、実施段階に思考プロ セスを使うというやり方はできな いか? 両方のいいとこ取りができればい いな。
  45. 45. というわけで3: ただし、図を描くまでのアプロー チが違うので、そのままの形での 融合は難しい。 下手なことやると、見当外れのこ とを根本原因としてしまう恐れあ り。
  46. 46. つぎにやりたいこと: 同じ問題を、TOC思考プロセスとシス テム思考の両方のツールで図を描いて みる。 描くまでのプロセスも含めて比較する と、どのような違いがあるかがわかり やすくなるかも。 理解も深まるだろうし。
  47. 47. To be continued???

×