Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

クラウドソーシングによる文献情報メタデータ整備の可能性 / Discussions on metadata refinement by crowd souring

857 views

Published on

Code4Lib JAPANカンファレンス2013@南三陸にて発表

Published in: Technology
  • Be the first to comment

クラウドソーシングによる文献情報メタデータ整備の可能性 / Discussions on metadata refinement by crowd souring

  1. 1. クラウドソーシングによる   文献情報メタデータ整備の可能性   Discussions  on  metadata  refinement   by  crowdsourcing 清田陽司(Yoji  Kiyota)*+  日向野達郎(Tatsuro  Higano)*   中村早紀(Saki  Nakamura)* 増田英孝(Hidetaka  Masuda)*   山田剛一(Koichi  Yamada)*   *東京電機大学  (Tokyo  Denki  University)   +株式会社ネクスト  (NEXT  Co.,  Ltd.)   2013年9月1日   Code4Lib  Conference  JAPAN  2013   @宮城県本吉郡南三陸町 「南三陸プラザ」  
  2. 2. hTps://www.facebook.com/MiningExploraZon
  3. 3. 研究者にとってのサーベイ手段 •  パッケージ媒体(レファ本、専門書)   •  論文、研究報告   •  ふだんの活動の場(キャンパスなど)   •  リアルイベント(学会主催の会議、研究会)   •  ソーシャルネットワーク
  4. 4. ヒトを手がかりとした文献情報の入手 •  直接のコンタクト   •  研究者ホームページ   •  業績データベース   •  論文検索サービス
  5. 5. 著者レコード整備にまつわる諸問題 •  コストと品質のトレードオフ   –  人手での整備か機械的処理か?   •  名寄せ問題   –  同姓同名   –  組織の移動   –  改姓   •  グローバルなIDの不在   –  日本であれば科研費の研究者番号などがあるが…   •  組織どうしの連携の難しさ   –  整備のエフォートが共有されない  
  6. 6. ゆるふわメタデータ? •  各々の機関が管理しているメタデータは気軽 に編集できない   •  気づいた人が編集・訂正できるメタデータって あり?   – Wikipediaみたいに  
  7. 7. NDL NII JST 民間   MARC 公共図書館 大学図書館 各種研究機関 出版社 Web サーチエンジン オンライン書店   (Amazonなど) Wikipedia 連携Wiki
  8. 8. 誰が編集する? •  Wikipediaと同じ動機づけはうまくいかなそう   •  知らない人については判断が難しいだろう     親しい人にフィードバックしてもらう仕組みを作 れないか?   •  知り合いに関するメタデータをきれいにするこ となら、インセンティブはあるだろう   •  知り合いの研究かどうかは容易に判断できる だろう
  9. 9. 14
  10. 10. 著者同定タスクの クラウドソーシング 15 氏名 : 著者A 学歴 : ○○高校      ☓☓大学 職歴 : ☓☓大学      △△株式会社 氏名 : 著者A   所属機関:☓☓大学   論文名 : 論文1 氏名 : 著者A   所属機関:☓☓大学     □□学部   論文名 : 論文1       比 較 ユーザ 情報取得 判別
  11. 11. Facebookのメタデータ 16 Facebookから取 得するメタデータ     氏名・学歴・職歴
  12. 12. CiNiiのメタデータ 17 CiNiiから取得する   メタデータ     氏名・所属機関・論文名
  13. 13. 何を作ればできる? •  Facebookアプリ   – FB上の友達の名前でCiNii著者レコードを検索し、 リスト表示   – 自分が知っている著者レコードを選んでもらい、 情報をバックエンドに送信   – 友達の新着論文を表示   •  バックエンド(Web  API)   – FBレコードと著者レコードを対応づけるDB   – DBの編集機能
  14. 14. デモ 1/3 友人一覧取得結果
  15. 15. デモ 2/3 Facebookから取得し た詳細情報 CiNii著者検索から取得した結果
  16. 16. デモ 3/3
  17. 17. 検討すべき課題 •  本人の意思と関係なく紐付けがなされること への抵抗はないか?   – 研究者の情報発信は実名でなされるべき   – FaceBookは実名主義   – 紐付けを可とするかどうかは別の問題をはらむ   •  間違った紐付けがされた場合はどうする?   – 自分の研究業績が他人のものに見られてしまう 可能性
  18. 18. ベストエフォート・メタデータの   存立可能性 •  「間違いもありうるが、多くの場合は役に立 つ」というメタデータは存在できるのか?   – 現行の提供形態は無謬性が前提   – Webではむしろベストエフォートが主流   •  ベストエフォートであることがユーザーに伝わ るデザインが必要だろう  
  19. 19. みんなのメタデータへ •  メタデータ基盤を維持していくためには、だれ もが「我が事」だと感じられる仕組みが必要   •  メタデータ編集への心理的ハードルを下げる ための工夫   – 動機づけ   – タスクを細分化する仕組み

×