Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
The 4th Int’l Conference onWeblog and Social Media(ICWSM 2010) 報告<br />東京大学情報基盤センター<br />学術情報研究部門 助教<br />清田 陽司<br />(兼 株式...
ICWSM 2010<br />AAAI (the Association for the Advancement of Artificial Intelligence) 主催の国際会議<br />2007年より開催、4回目]<br />201...
Regular Sessions<br />SNS関連: 3セッション<br />Influence and Composition in Social Networks<br />Dynamics and Diffusion in Socia...
発表の傾向<br />Web企業と大学のcollaborationが多い<br />データの提供がなくては研究しづらい<br />WeblogからMicrobloggingへのシフト<br />Twitterは社会動向をよりダイレクトに反映<b...
ePluribus: Ethnicity on Social Networks<br />Jonathan Chang et al. (Facebook)<br />姓からethnicityを推定<br />Graphical modelを利用...
From Tweets to Polls: Linking Text Sentiment to Public Opinion Time Series<br />Brendan O’Connor et al. (CMU)<br />Twitter...
Microblogging Inside and Outside the Workplace<br />Kate Ehrlich, N. Sadat Shami (IBM)<br />Microbloggingのビジネス応用について<br />...
マイニング探検会 #03<br />ICWSM参加レポート (清田) 30分<br />こんなことやっています的話題提供×6人<br />	※1人10分=60分<br />日高(スタジオ・ポットSD):「本づくりの現場で考える、データマイニング...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

マイニング探検会 #03

1,352 views

Published on

ICWSM 2010@Washington, D.C. 参加報告

Published in: Technology
  • Be the first to comment

マイニング探検会 #03

  1. 1. The 4th Int’l Conference onWeblog and Social Media(ICWSM 2010) 報告<br />東京大学情報基盤センター<br />学術情報研究部門 助教<br />清田 陽司<br />(兼 株式会社リッテル 上席研究員)<br />2010年6月25日<br />@東京大学アントレプレナープラザ会議室<br />
  2. 2. ICWSM 2010<br />AAAI (the Association for the Advancement of Artificial Intelligence) 主催の国際会議<br />2007年より開催、4回目]<br />2010年5月23日~26日@Washington, D.C.<br />23日: チュートリアル<br />24~26日: 本会議<br />http://www.icwsm.org/2010/<br />
  3. 3.
  4. 4.
  5. 5.
  6. 6.
  7. 7.
  8. 8.
  9. 9.
  10. 10.
  11. 11.
  12. 12.
  13. 13.
  14. 14.
  15. 15.
  16. 16.
  17. 17.
  18. 18.
  19. 19.
  20. 20.
  21. 21.
  22. 22.
  23. 23.
  24. 24.
  25. 25.
  26. 26.
  27. 27. Regular Sessions<br />SNS関連: 3セッション<br />Influence and Composition in Social Networks<br />Dynamics and Diffusion in Social Networks<br />Analysis of Social Network Usage<br />Microblogging関連: 2セッション<br />言語解析関連: 1セッション<br />
  28. 28. 発表の傾向<br />Web企業と大学のcollaborationが多い<br />データの提供がなくては研究しづらい<br />WeblogからMicrobloggingへのシフト<br />Twitterは社会動向をよりダイレクトに反映<br />Follow関係が分析において非常に有効<br />分析手法として確率的手法が利用されつつある<br />
  29. 29. ePluribus: Ethnicity on Social Networks<br />Jonathan Chang et al. (Facebook)<br />姓からethnicityを推定<br />Graphical modelを利用<br />
  30. 30.
  31. 31. From Tweets to Polls: Linking Text Sentiment to Public Opinion Time Series<br />Brendan O’Connor et al. (CMU)<br />Twitter上の評判(positive/negative)の変化と、アンケート調査などの変化の相関関係を示す<br />
  32. 32.
  33. 33. Microblogging Inside and Outside the Workplace<br />Kate Ehrlich, N. Sadat Shami (IBM)<br />Microbloggingのビジネス応用について<br />TwitterとBlutTwit (社内版microblogging)の使われ方の比較<br />
  34. 34.
  35. 35. マイニング探検会 #03<br />ICWSM参加レポート (清田) 30分<br />こんなことやっています的話題提供×6人<br /> ※1人10分=60分<br />日高(スタジオ・ポットSD):「本づくりの現場で考える、データマイニング援用による「雑誌」の再定義」<br />小野:「javascriptによるOPACのちょっとした改良」<br />植松 :「J-GLOBALβ1.3とそこで使われている要素技術の紹介」<br />前田:「国会図書館件名標目連想検索」<br />青木:「リニューアルしたWebcatPlusのご紹介」<br />牧野:「ゆうき図書館のWebアプリ事例」<br />こんなことやってみたい的話題提供×3人 ※今回なし<br />グループ制/幹事制等、これまでの論点の検討 30分<br />

×