Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

学習者コーパス研究の知見に基づいた中高生作文データベースの構築

1,924 views

Published on

石井雄隆・福田純也・天野修一・今尾康裕・亘理陽一(2017)「学習者コーパス研究の知見に基づいた中高生作文データベースの構築」全国英語教育学会第43回島根研究大会.

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

学習者コーパス研究の知見に基づいた中高生作文データベースの構築

  1. 1. 学習者コーパス研究の知見に基づいた 中高生作文データベースの構築 石井雄隆(早稲田大学)・福田純也(静岡大学)・ 天野修一(静岡大学)・今尾康裕(大阪大学)・ 亘理陽一(静岡大学) 全国英語教育学会第43回島根研究大会 於:島根大学 yutakaishii@aoni.waseda.jp
  2. 2. はじめに • 文部科学省委託事業「中学校・高等学校における英語教 育の抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究」 • 教員用データベース構築プロジェクト – 技能統合型授業における学習者データを収集し,それらを データベースとして公開することを目的 – 学習者の筆記産出をテストのみでなく,授業内の課題など,異 なる学習環境での産出データを含んでいる点が大きな特徴 – 授業の特徴(教員,使用教材,教具等)と学習者データ(情意 面や学習態度,CEFR到達度など)を紐づけることで,より詳細 な分析が可能 • 事業の概要,データベース構築の詳細と,教員志望学生 のコーパス活用に関するニーズ分析などを踏まえたデー タベースのデザインを中心に報告
  3. 3. 背景 • 中・高等学校教員養成課程外国語(英語)コア・ カリキュラム – 技能統合活動の指導と評価 – 教材研究・ICT等の活用 • 大学入試新テストにおける英語民間検定の活用 – 英語の4技能(読む・聞く・話す・書く)を総合的に測定 – 書くこと、話すことのパフォーマンス能力の測定と評 価の必要性
  4. 4. 中・高等学校教員養成課程 外国語(英語)コア・カリキュラム 構造図
  5. 5. 事業の概要 • 文部科学省から静岡大学・信州大学・兵庫教育 大学が委託を受けている。 • 静岡大学 – 公立高等学校を中心とし,学年単位で1年生から3 年生までの変化を縦断的に調査(学年追跡型) – 学校単位で全学年を横断的に調べる(学校改善型) – 教員個人を抽出してデータ収集・指導方法改善(個 別支援型) • 中学校は静岡大学附属の3中学校を拠点校とし, 本事業3年目以降に拠点高校近隣地域の公立 中学校へと順次拡大していく。
  6. 6. 事業の概要
  7. 7. 事業の目的 • 教員の授業改善 • 生徒の意識および学力調査 • 学習環境整備とICT教材活用促進 • 自律的学習者育成教材・指導法開発 • コーパスを含むデータベース構築 • データベースを用いたパフォーマンス評価能 力向上のための現職教員向け研修や教材作 成
  8. 8. 平成28年度「中学校・高等学校における英語教育の 抜本的改善のための指導方法等に関する実証研究」 事業計画概要(静岡大学)
  9. 9. データベース構築 • 学習者コーパスには研究目的と教育目的のもの が存在 • 既存のコーパスは研究目的に特化したものが多 く,教育目的を想定したコーパス(teaching oriented corpora)として公開されているものはあ まり存在しない。 – The BACKBONE corporaは,国際共通語としての英語 を話す話者のビデオインタビューコーパスであり,言 語的特徴や習熟度などが付与されており,教師が教 育実践において参照しやすいデザインとなっている。
  10. 10. データベース構築 • コーパス言語学の知見を教師教育にも反映 させるような試みも近年行われている (Ebrahimi & Faghih, 2017)。 • 生徒の資質・能力を高める指導のために,教 材研究・ICT等の活用について言及されており, コーパスを活用した英語教育の重要性はま すます重視されつつある。
  11. 11. コーパスのメリット • 第二言語学習者の語彙的・文脈的気づきを 促進する (Tribble, 2002) • 自律的学習を促し、批判的思考能力を養う (Kirk, 2002) • 翻訳や学際的な言語研究を促進する (Boulton, 2011; 2012).
  12. 12. コーパスのデメリット • 大量の例文を観察することは時間がかかり、学 習者を挫折させるかもしれない (Granger & Tribble, 1998). • 全ての学習者がコンコーダンスラインから情報を 帰納的に学ぶわけではない (Gabel, 2001) • コンコーダンスツールは、使い方が複雑であり、 学習者が解釈あるいは一般化しにくい形式でコ ンコーダンスの出力が示されることがある (Yoon & Hirvela, 2004)
  13. 13. データベース構築 • テスト形式の筆記産出(例えば年に1~2回に受 験するGTECのライティングデータ) • 授業の課題として従事した筆記産出を行った作 文 – 静岡県が各高校にCEFRに準拠した到達目標の記述, および具体的なパフォーマンス評価タスクの作成を 求めており,そのモデルとなるタスクを拠点校で実施 し,データに加える。 – 単に産出された言語的特徴から習熟度を求めたデー タだけではなく,特定の難度の課題を達成した学習 者がどのような言語使用を行っているのかを参照・分 析することが可能となる。
  14. 14. データベース構築 • 教員(授業の特徴)と学習者データ(情意面や 学習態度,CEFR到達度など)の情報も含んだ うえで筆記産出データと紐づけし,教育に有 用と思われる多面的な情報提供を可能とす る。 • 現時点では800名を超える学習者のデータを 収集しており,今後縦断的にデータを収集し 続ける予定である。
  15. 15. コーパスデザインについて 目標言語 タスク 学習者 モード データ採取 内的/認知的 [書き言葉 / 話し言葉] [横断的 / 縦断的] [年齢 / 学習スタイル] ジャンル 誘出 内的・情意的 [物語 / エッセイ / など] [自発的 / 準備あり] [動機付け / 態度] 文体 参考図書 母語背景 [叙事体 / 論説体] [辞書 / 原文 / など] [日本語 / 中国語 / など] トピック 時間制限 L2学習環境 [一般 / 娯楽 / など] [あり / なし / 宿題] [ESL/EFL] [学校レベル] L2習熟度 [標準テスト得点] (投野・金子・杉浦・和泉 , 2013, p. 6) 15
  16. 16. 本研究 • JEFLLコーパスやSCoREなどの既存のコンコー ダンサー用いたニーズ分析 • 事後インタビュー • データベース開発の予備的検討
  17. 17. 調査の概要 • 教員養成課程でコーパス利用についても学 んだ4名のディスカッション • コーパスに関するミニレクチャー+ディスカッ ション • 教育的にコーパス利用を行うときに,どのよう な機能をもったインターフェースを望むかにつ いて
  18. 18. ミニレクチャーの概要 • 本事業のコーパスの特徴 • 既存のコーパスの教育的利用の紹介 – DDL – 語彙・表現リストの抽出等 – 教育用例文コーパスSCoREやJEFLLの紹介
  19. 19. コーパスと教育的応用 領域 具体例 直接利用 教室内利用:DDL 教員研修 間接利用 資料:学習語彙表 教材:辞書,文法書,教科書 シラバス・カリキュラム 言語テスト CALLシステム 教育用コーパス作成 学習者コーパス ESP/EAPコーパス 難易度調整済みコーパス
  20. 20. コーパスと教育的応用例 • 教育用例文コーパスSCoRE – http://www.antlabsolutions.com/webscore/
  21. 21. コーパスと教育的応用例 • DDL教材バンク – http://www.score-corpus.org/
  22. 22. 従来の学習者コーパス • 学習者の属性情報として「習熟度」がついて いる – 「このぐらいの習熟度の人はこういう産出ができ る」ということがわかる – 「このぐらい書ける/話せるとこれくらいにレイ ティングされる」もわかる – でも「この課題を達成できた人はこういう産出をし ている」というのはない<-言語教育という観点からはとて も重要
  23. 23. 従来の学習者コーパス 「好ましいもの」としての環境統制 • ジャンル・トピック • タスク条件 – 準備時間の有無・制限 – 時間制限の有無 • 学習者の個人内要因 – 年齢 – 母語 – EFL/ESL
  24. 24. 統制された学習者コーパスの欠点 生態学的妥当性 • 実験結果を,測定状況や環境的要因に関し て一般化できる程度 • 用途が最大公約数的なものに限られる 「ドイツ・フランス・イタリア人大学生英語学習者 300人が,辞書なし制限時間1時間(準備時間 なし)で『死刑制度に賛成か反対か』というトピッ クで書いた英作文コーパス」
  25. 25. インタビューの結果 • 誤りを検索したい – どのような間違いなのかを示したタグ(コロケーションのエラー) • 電子ポートフォリオのように,個人ごとに産出を詳しく見たい – 個々の産出データに対してテキスト情報(語彙,n-gramの頻度や異なり語数 など)を自動的に返すような機能 • テーマ/ジャンルなどごとにサブコーパスを作ってほしい • 懇切丁寧に使い方を示したマニュアルが欲しい – 「やりたいこと」ごとにリスト化されたもの – Dos and don'ts集が欲しい(何かデータが返されても解釈が難しい誤った解釈 をしてしまうため) – 例えばゲームのチュートリアルのような動画とか • 文法や語彙以外のデリバリーの情報の評価が欲しい – 抑揚やattitudeなど • 教科書と連携させて情報を示す(教科書で使用されていた語彙のどれを 用いていたか/用いていなかったか)
  26. 26. 言語的特徴やシステムに含むべき情報 • 学習者の誤り • 語用論的情報 – いずれも実用的な価値は高いが、アノテーション の信頼性の担保などの問題は存在。 • 教科書との連携 • テキストのテーマ・ジャンルの情報 • 電子ポートフォリオ的要素
  27. 27. データベースの設計と(検索システム などを含めた)その公開方法 • ShinyConc (Christoph & Bridgit, 2017) • FileMaker • 今回の調査を踏まえ、より適したプラット フォームを選択し、実装予定 • 調査でニーズがあったマニュアルの作成
  28. 28. データベースの教育・学習・評価 への示唆 • 教育 – 教師の教材開発や学習者の習熟度の把握 • 学習 – 学習者が自身の学習を振り返り、到達度を把握 するためのツール • 評価 – 教員研修などにおけるパフォーマンス評価能力 向上のための現職教員向け研修や教材作成
  29. 29. 主要参考文献 • 赤野一郎・堀正広・投野由紀夫 (2014). 『英語教師のためのコーパス活 用ガイド』東京: 大修館書店. • 投野由紀夫・金子朝子・杉浦正利・和泉絵美 (2013). 『英語学習者コーパ ス活用ハンドブック』東京: 大修館書店. • 東京学芸大学 (2017). 『文部科学省委託事業「英語教員の英語力・指導 力強化のための調査研究事業」平成28年度報告書』. • Braun, S. (2005). From pedagogically relevant corpora to authentic language learning contents. ReCALL, 17(1), 47-64. • Christoph, W., & Bridgit, F. (2017). ShinyConc. http://shinyconc.de/index.html • Ebrahimi, A., & Faghih, E. (2017). Integrating corpus linguistics into online language teacher education programs. ReCALL, 29(1), 1-16. • Tono, Y. (2003). Learner corpora: Design, development and applications. In D. Archer, P. Rayson, A. Wilson, & T. McEnery (Eds.), Proceedings of the Corpus Linguistics 2003 conference (pp. 800–809). Retrieved from http://ucrel.lancs.ac.uk/publications/cl2003/
  30. 30. 謝辞 • 本研究は、文部科学省委託事業「中学校・高 等学校における英語教育の抜本的改善のた めの指導方法等に関する実証研究」の助成 を受けたものです。

×