Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

MRSとMUNを用いたリアルタイムゲームサーバのインフラコスト予測 中嶋 謙互(モノビットエンジンセミナー2017年4月)

3,000 views

Published on

2017年に4月27日にヤフー社員食堂にて行われましたIDCF様と共催のセミナーで3部構成で公開いたしましたスライドです。

【第3部】
題:MRSとMUNを用いたリアルタイムゲームサーバのインフラコスト予測

登壇者:株式会社モノビット CTO   中嶋 謙互


概要:新製品「Monobit Revorution Sever(MRS)」を搭載し、VerアップしたUnity向けリアルタイム通信エンジン「Monobit Unity Networking 2.0」。従来のモノビットエンジン製品群と比較しつつ、性能・価格など3部構成で詳細を公開いたしました。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

MRSとMUNを用いたリアルタイムゲームサーバのインフラコスト予測 中嶋 謙互(モノビットエンジンセミナー2017年4月)

  1. 1. MRSとMUNを用いた リアルタイムゲームサーバの インフラコスト予測 2017年4月27日 (株)モノビット 取締役CTO 中嶋謙互 https://github.com/kengonakajima
  2. 2. • MRS (Monobit Realtime Server)とは • TCP/UDPソケットを用いた高速軽量なリアルタイムゲーム通信を 実装するための、サーバおよびクライアント用のライブラリ • MUN (Monobit Unity Network)とは • MRSを用いて実装された、Unity用の、プログラミング作業をしなく てもマッチングやゲームオブジェクトの同期が簡単にできるアセッ ト MRS と MUN
  3. 3. • MUNを用いてリアルタイムゲームサーバを実装するときの インフラコスト予測(マシンと通信帯域)の方法 • HTTPサーバ側は含みません 本日の内容
  4. 4. 自動計算ツール (完成版はMUNに添付予定)
  5. 5. 自動計算ツールの使い方 • リアルタイム通信部分の設計作業をする時、条件をいろいろ 変えながら最適な設計を探る • IDCFクラウド様の実環境 (HighCPU L8)環境での測定値にも とづいて必要台数などを導出
  6. 6. 計算する対象となるサーバー Webサーバー インターネット リアルタイムサーバー クライアント クライアント クライアント ここのコスト DBサーバー
  7. 7. ・・・・・・ クライアント master resolver proxy クライアント クライアント proxy roomroom MUNの1つのワールド(shard) インターネット 1. アドレス解決 2. 部屋を検索 全参加者の入室状態を管理 全てのサーバの アドレスとポートを管理 masterの負荷分散 3. ゲームデータ同期 常時接続 一時的な接続 部屋
  8. 8. マシン構成の例 master resolver CPU/RAM小さめ CPU/RAM多め CPU多め RAM少なめ を複数 外部LAN proxy proxy CPU多め RAM少なめ を複数 room room 内部LAN 10.x.x.x インターネット
  9. 9. • master, resolver は常に1プロセス • 新規クライアントが参加するときだけ負荷がかかる • proxy, room のみ複数化される • roomはゲームのパケットの量に比例して負荷が上がる • すべてシングルスレッドサーバで、負荷が上がるとCPU使用率が上がって いって、100%近くなるとタイムアウトが発生する • 通信帯域は1プロセスあたり数百Mbps以上対応可能(ボトルネックにな らないので無視できる) • CPUに余力を残す設計をするのがポイント MUNサーバ構成のポイント
  10. 10. • 同時プレイ人数 • 部屋あたり人数 • パケット送信頻度 • 平均データサイズ • ボイスチャット使用者率 • ボイスチャット無音率 • ピーク負荷のならし率 ゲーム内容から仮定する条件を考えていく
  11. 11. • マシン1台あたりの • vCPUまたはコアまたはスレッドの数 • RAM容量 • 月額費用 • 通信1GBあたりの • 送信費用 • 受信費用 • 無料枠 利用するハードウェアの条件を明確にする
  12. 12. • 負荷テストの自動化 • プロセス数の自動増減機能 • マシン数の自動増減機能 MRS/MUN開発の次のステップ
  13. 13. MRS/MUN Webサイト • MRS http://www.monobitengine.com/mrs/ • MUN http://www.monobitengine.com/mun/

×