Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
MTDDC 2014 長谷川恭久2014年11月29日
全国民デザイン評論家時代
青ではなく、赤のほうがいいですね。 
インパクトが足りない。 
すごく使い難い。 
何かちょっと違うんだよねぇ。
アーティスティック 
職人芸 
センス
コラボレーション 
提案 
葛藤
立場が違えば優先順位は異なる当たり前は何もない
カワイイ?
シンプル?
好みやトレンドで決まってしまう 
偉い人が決める 
デザインの『個人プレー』 
一貫性を失う場合もある
プロジェクトにおける「良い」を決める
チームとしてデザインを考える・進める 
前提を整理・共有する 
デザインが話せるように工夫する
企業 / 配信者顧客 / 利用者
キーワードを書き出す 
キーワードについて話し合う 
選別・グループ分け 
共感できる言葉をみつける
タグラインではなく、ビジョン 
短くて明確なキーワード 
ニュアンスを共有する 
言葉
photo by Terry Johnson 
言葉イメージデザイン
企業 / 配信者顧客 / 利用者
インタビュー社内調査アクセス 
解析市場調査
ちょうど良い情報量 
ブランドと合う人間像 
機能ではなく、ニーズを基に
企業 / 配信者顧客 / 利用者
チームとしてデザインを考える・進める 
前提を整理・共有する 
デザインが話せるように工夫する
批判批評
に変えてください 
のほうが良いです 
にしてください
傾聴探索意訳
まず黙って聞いてみる 
傾聴すぐに結論に結びつけない 
話し手の意図や背景を知る
傾聴
聞いたことを深堀りする 
意図をより明確にする 
話題をフォーカスする 
探索
探索
聞いたことを自分なりに解釈 
複雑かつ誤解を生みそうな話題 
次の話題へ移る前に 
意訳
意訳
photo by Ksayer1
チームとしてデザインを考える・進める 
前提を整理・共有する 
デザインが話せるように工夫する
共有した 
価値観・人間像 
有意義な意見交換
有意義な意見交換 
逆戻りや足踏みを回避 
ブレが少ないデザイン 
見失わないためのプロセス
チームとしてデザインを考える・進める
長谷川恭久 
mail@yasuhisa.com 
@yhassy 
http://www.yasuhisa.com
好みや多数決で決めない、デザインとの正しい付き合い方
好みや多数決で決めない、デザインとの正しい付き合い方
好みや多数決で決めない、デザインとの正しい付き合い方
好みや多数決で決めない、デザインとの正しい付き合い方
好みや多数決で決めない、デザインとの正しい付き合い方
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

好みや多数決で決めない、デザインとの正しい付き合い方

13,380 views

Published on

「私はデザインができない」と言っている方でも、デザインの好き嫌いはあります。また、「使いやすい」という言葉にも様々な意味があるだけでなく、人によって優先にしていることが異なることがあります。デザインプロセスに参加するひとりひとりの意見は大事にしたいですが、なにを重んじて話し合い、進めればよいのか分からないことがあると思います。デザインの議論が脱線すると、プロジェクト全体にも影響します。

本セッションでは、CMSをつかったデザイン案件のなかで気をつけておきたいデザインの進め方、話し方のポイントを紹介します。対クライアントだけでなく、社内でデザインを議論するときにも役立ちます。

Published in: Design
  • Be the first to comment

好みや多数決で決めない、デザインとの正しい付き合い方

  1. 1. MTDDC 2014 長谷川恭久2014年11月29日
  2. 2. 全国民デザイン評論家時代
  3. 3. 青ではなく、赤のほうがいいですね。 インパクトが足りない。 すごく使い難い。 何かちょっと違うんだよねぇ。
  4. 4. アーティスティック 職人芸 センス
  5. 5. コラボレーション 提案 葛藤
  6. 6. 立場が違えば優先順位は異なる当たり前は何もない
  7. 7. カワイイ?
  8. 8. シンプル?
  9. 9. 好みやトレンドで決まってしまう 偉い人が決める デザインの『個人プレー』 一貫性を失う場合もある
  10. 10. プロジェクトにおける「良い」を決める
  11. 11. チームとしてデザインを考える・進める 前提を整理・共有する デザインが話せるように工夫する
  12. 12. 企業 / 配信者顧客 / 利用者
  13. 13. キーワードを書き出す キーワードについて話し合う 選別・グループ分け 共感できる言葉をみつける
  14. 14. タグラインではなく、ビジョン 短くて明確なキーワード ニュアンスを共有する 言葉
  15. 15. photo by Terry Johnson 言葉イメージデザイン
  16. 16. 企業 / 配信者顧客 / 利用者
  17. 17. インタビュー社内調査アクセス 解析市場調査
  18. 18. ちょうど良い情報量 ブランドと合う人間像 機能ではなく、ニーズを基に
  19. 19. 企業 / 配信者顧客 / 利用者
  20. 20. チームとしてデザインを考える・進める 前提を整理・共有する デザインが話せるように工夫する
  21. 21. 批判批評
  22. 22. に変えてください のほうが良いです にしてください
  23. 23. 傾聴探索意訳
  24. 24. まず黙って聞いてみる 傾聴すぐに結論に結びつけない 話し手の意図や背景を知る
  25. 25. 傾聴
  26. 26. 聞いたことを深堀りする 意図をより明確にする 話題をフォーカスする 探索
  27. 27. 探索
  28. 28. 聞いたことを自分なりに解釈 複雑かつ誤解を生みそうな話題 次の話題へ移る前に 意訳
  29. 29. 意訳
  30. 30. photo by Ksayer1
  31. 31. チームとしてデザインを考える・進める 前提を整理・共有する デザインが話せるように工夫する
  32. 32. 共有した 価値観・人間像 有意義な意見交換
  33. 33. 有意義な意見交換 逆戻りや足踏みを回避 ブレが少ないデザイン 見失わないためのプロセス
  34. 34. チームとしてデザインを考える・進める
  35. 35. 長谷川恭久 mail@yasuhisa.com @yhassy http://www.yasuhisa.com

×