帰国報告(Ver.5国際協力レポーターob・og会用)

862 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
862
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

帰国報告(Ver.5国際協力レポーターob・og会用)

  1. 1. 開発途上国との交流について 23年度1次隊 環境教育 KWS Malindi Marine Park 赤井 雄俊
  2. 2. 目次 • ケニア/任地紹介 • 苦労したこと/辛かったこと • ケニアの教育問題 • 活動紹介 • 日本と他国の支援事業の違い • 国際支援に関して • 帰国して思うこと
  3. 3. スワヒリ語 クイズ ①シンバ ④ナラ ⑤ラフィ キ ②バンザイ ③プンヴ ァ
  4. 4. 自己紹介 ①専攻:環境学 in NZ ②JOCV志望動機:リベンジ ③語学の勉強方法: 留学や旅行を通して世界各国に友人を作る
  5. 5. ケニアってどんな国? 言語:42の言語 主食:ウガリ 産業:コーヒー、紅茶、サフ ァリ 民族:どれだけ知ってる? ヒント:魔犀、義理山 、菊油
  6. 6. 任国事情 2013年3月に大統領選挙が行われ、 それに伴うテロが数件発生。 任地マリンディでもカジノが襲われ 警備員が数名死亡。 2013年3月に大統領選挙が行われ、 それに伴うテロが数件発生。 地域や部族によって人間性が異なり、 それぞれの任地によって 異なる経験が出来る。
  7. 7. 9月21日 West Gate Shopping Mall
  8. 8. 苦労したこと 最初に行ってやることが無い、同僚もいない ↓ 教育省に行って学校のリストを貰って1校づつ一人で訪問開 始 ↓ アウトリーチを通じて多くの子供達と知り合え町の人達に 「タカタカ(ゴミ野郎)」で覚えられた ↓ テコンドーを通じて多くの子供達と知り合えた
  9. 9. 辛かったこと 知人の子供の死によって途上国のIMR (Infant Mortality Rate:乳幼児死亡率)の高 さを改めて実感することとなった
  10. 10. ケニアの教育問題(現状)1/2 ①制服代や給食費が払えない ⇒努力家で能力が高くても学校に行けない
  11. 11. ②全国統一テスト(K.C.P.E:Kenya Certificate of primary Education)用の詰め込 み教育 ⇒暗記中心で自分で考える力が不足がち ⇒点数によって進学出来る学校が決まる ケニアの教育問題(現状)2/2 ⇐ 順位、名前、点数、地域が全国に発表される 自殺してしまった子供も。。。
  12. 12. KESTES活動紹介 • 有志のケニア隊員により運営 • 努力家で能力が高くても経済的に学校に行 けない子供達を募金やTシャツ販売等で支 援 • 各生徒に担当者を割振りきめ細かなサポー ト http://jocvkestes.wordpress.com/
  13. 13. 活動紹介 アウトリーチ及び成果物に関して ① • 環境教育プレゼンテーション 51作品 • 環境教育プロジェクト 9プロジェクト • スライドシェアにてネット上に公開 (http://www.slideshare.net/yfd07336/pres entations ) • 環境教育日誌作成 • Quarter Report作成
  14. 14. 環境教育プレゼンテーション
  15. 15. 環境教育日誌・Quarter Report
  16. 16. • 24校の学校及び更生学校にてアウトリーチ を実施。(Topic:国際的な問題、最新技術 等) • 環境教育分科会にてエコキャラバンを立ち上 げて訪問。
  17. 17. 日本と他国の支援事業の違いについて ① ①道路を建設してくれては いるが、中国人が来て中国 人が工事をするのでケニア 人にお金が落ちない! ②完成した道路も数年も経 たずに陥没し修理費用が嵩
  18. 18. 日本の支援の特徴: ①人を派遣して現地人と共働作業を行う ②金をばら撒くのではなく技術を継承させる ③未来に永続的に受け継がれる
  19. 19. 国際支援について思うこと ①何故、税金を使ってODA(Official Development Assistance)で他国を支援するのか ? ⇒国際社会での先進国としての役割 ⇒自国だけでは生き残れない ②もっと世界にPR必要 ⇒2011年5月2日の時点で、国連に加盟 する 191ヶ国の国および幾つかの国や地域、約43の 国際機関等からの支援の申し入れ や見舞いの言
  20. 20. ③将来のビジネスに繋がる様な支援が必要 例)地熱発電所建設しその保守に食い込 む 2011年11月、豊田通商はケニア発電公 社 が進める 新しい地熱発電所の建設を受 注 アフリカ諸国は今までの援助を受け取るだけの地域では なく 21世紀のビジネスの拠点地域としての発展を望んでい
  21. 21. 帰国して思うこと • TICADの開催 • バラエティ番組“秘境”特集 • 池上彰氏のアフリカビジネス紹介(TV・ 本) • 天然資源

×