開発途上国との交流について
23 年度 1 次隊 環境教育
KWS Malindi Marine Park
赤井 雄俊
活動報告内容
1.任地紹介
2.アウトリーチ及び成果物に関して
3.ポスターコンペ及びカレンダープロ
ジェクト
4.マリンディフェスティバル
5.失敗した活動内容(①・②)
6.エコキャップ運動の成功と失敗
7.地元住民との交流
8.活動協力者...
任国事情

2013 年 3 月に大統領選挙が行われ、
それに伴うテロが数件発生。
地域や部族によって人間性が異なり、
それぞれの任地によって
異なる経験が出来る。

2013 年 3 月に大統領選挙が行われ、
それに伴うテロが数件発生。
任地...
9月21日
West Gate Shopping Mall
1.アウトリーチ及び成果物に関
して①

• 環境教育プレゼンテーション  50 作品
• 環境教育プロジェクト 9プロジェクト
• スライドシェアにてネット上に公開(
http://www.slideshare.net/yfd07336/pr...
1.アウトリーチ及び成果物に関
して②
• 24校の学校及び更生学校にてアウトリーチ
を実施。( Topic: 国際的な問題、最新技術
 等 )
• 環境教育分科会にてエコキャラバンを立ち上
げて訪問。
2.ポスターコンペ及びカレンダープロ
ジェクト

• 10 校以上から約 160 作品の環境ポスターを
回収
• マリンディフェスティバルにて
 投票を行い優秀作成を表彰
• 退避中に環境分科会として
 絵を選びカレンダーを作成
3.マリンディフェスティバル

環境ポスターコンペティ
ション

エコアイデア
の木

• 消しゴムスタン
プクイズラ
4.失敗した活動内容(①)
• ペットボトルクリスマスツリープロジェ
クト
I need
bottles to
sell!!
4.失敗した活動内容(②)
※KWS の依頼でアタチメントの教育の為に実施
問題点1:公園内で生ゴミが発生しない
問題点2:かき混ぜるのを嫌がる
問題点3:種菌を倒されたままほっとかれて
      蛆虫がわく
結果:大掃除の際に勝手に捨てられ...
5.エコキャップ運動の成功と
失敗

【成功例】
JOCV の協力によりドミト
リー
にてエコキャップを回収し
数回に渡り日本へ送付。
【失敗例】
KWS として回収するには
何らかの Allowance が必要で
他の国の子供の為にキャップ
...
6.地元住民との交流
① 知人の子供の死によって途上国の IMR (Infant
Mortality Rate :乳幼児死亡率 ) の高さを改めて実
感することとなった
② アウトリーチを通じて多くの子供達と知り合え町
の人達に「タカタカ(ゴミ...
活動協力者(カウンターパート)
紹介

Malindi Remand Home

Sir Ali School
Mutia
Malindi Marine Park

Malindi Airport School

Damira
Mombasa ...
帰国報告(Ver.3)
帰国報告(Ver.3)
帰国報告(Ver.3)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

帰国報告(Ver.3)

414 views

Published on

Published in: Investor Relations
1 Comment
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
414
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
1
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 1.プレゼンテーションの作成及びアウトリーチの実施:50の環境プレゼンテーションと9のプロジェクトを作成し、24校の学校及び更生学校にてアウトリーチを実施。環境教育分科会にてエコキャラバンを立ち上げて訪問実施。
  • 2.ポスターコンペティション開催及びカレンダー作成:10以上の学校から約160作品の環境ポスターを回収。マリンディフェスティバルにてコンペティションを行い優秀作品を表彰した。退避中に環境教育分科会メンバーに作品を選んで頂きポスターとして発注。
  • 3.マリンディフェスティバルにおけるエコツリー及びスタンプクイズラリーの実施:配属先の公園内で実施を計画していたエコツリー及びスタンプクイズラリーが工事及び環境教育施設の取り壊しの為実施不能となっていたが、マリンディフェスティバルにおいてエコアイデアの木と消しゴムスタンプクイズラリーを実施出来た。
  • 4.ペットボトルクリスマスツリープロジェクトの失敗:12月のクリスマスに向けてビーチに捨てられたペットボトルを回収してクリスマスツリーを作成する予定だったが、公園の掃除夫が回収したペットボトルを販売してお金を稼いでいることが判明した為廃案とした。
  • 4.コンポストプロジェクトの失敗:配属先に来たアタッチメントへの教育の一環としてKWSからコンポストプロジェクトの依頼があり実施したが、そもそも公園内で生ゴミが発生しない、コンポストをかき混ぜるのを嫌がる、作成した種菌を勝手に倒されたりして蛆虫がわく、などの問題が予想通り発生し、最後には週末の大掃除の際に勝手にコンポスト自体を捨てられていた為失敗に終わった。
  • 5.エコキャッププロジェクトの成功と失敗:隊員の協力によって大量のエコキャップをエコキャップ推進協会に送付出来た。また、WCKからも協力を得てWCK Environmental Dayのイベントの際に呼掛け等も行って頂けた。しかし、配属先からはキャップを集めたらいくら貰えるのかが重要で、他の国の子供達のワクチンのためにボランティアでキャップを集めようとは考えられないのが現状であった。
  • 交流:知り合いの子供の死によって途上国のIMR(乳幼児死亡率)の高さを改めて実感。チンチョンチャン率の低減。町の人達にタカタカで覚えて貰えた。テコンドーを通じて多くの子供達と知り合えた。
    6.「ケニアを食べ尽くす」結果発表
    ※おいしかったオススメ
    カレンブリクセン
    I Love Pizza
    ヤギ・ブタ・ククチョマ
    1伊勢海老
    2七面鳥
    3ナイルワニ
    4ダチョウ
    5エランド
    6オリックス
    7スプリングボック
    8クドゥー
    9ティラピア
    10アオウミガメ
    11バオバブ
    12クンビクンビ
  • Central Sec
  • 帰国報告(Ver.3)

    1. 1. 開発途上国との交流について 23 年度 1 次隊 環境教育 KWS Malindi Marine Park 赤井 雄俊
    2. 2. 活動報告内容 1.任地紹介 2.アウトリーチ及び成果物に関して 3.ポスターコンペ及びカレンダープロ ジェクト 4.マリンディフェスティバル 5.失敗した活動内容(①・②) 6.エコキャップ運動の成功と失敗 7.地元住民との交流 8.活動協力者(カウンターパート)紹介
    3. 3. 任国事情 2013 年 3 月に大統領選挙が行われ、 それに伴うテロが数件発生。 地域や部族によって人間性が異なり、 それぞれの任地によって 異なる経験が出来る。 2013 年 3 月に大統領選挙が行われ、 それに伴うテロが数件発生。 任地マリンディでもカジノが襲われ、 警備員が数名死亡。
    4. 4. 9月21日 West Gate Shopping Mall
    5. 5. 1.アウトリーチ及び成果物に関 して① • 環境教育プレゼンテーション  50 作品 • 環境教育プロジェクト 9プロジェクト • スライドシェアにてネット上に公開( http://www.slideshare.net/yfd07336/presentatio ) • 環境教育日誌作成 • Quarter Report 作成
    6. 6. 1.アウトリーチ及び成果物に関 して② • 24校の学校及び更生学校にてアウトリーチ を実施。( Topic: 国際的な問題、最新技術  等 ) • 環境教育分科会にてエコキャラバンを立ち上 げて訪問。
    7. 7. 2.ポスターコンペ及びカレンダープロ ジェクト • 10 校以上から約 160 作品の環境ポスターを 回収 • マリンディフェスティバルにて  投票を行い優秀作成を表彰 • 退避中に環境分科会として  絵を選びカレンダーを作成
    8. 8. 3.マリンディフェスティバル 環境ポスターコンペティ ション エコアイデア の木 • 消しゴムスタン プクイズラ
    9. 9. 4.失敗した活動内容(①) • ペットボトルクリスマスツリープロジェ クト I need bottles to sell!!
    10. 10. 4.失敗した活動内容(②) ※KWS の依頼でアタチメントの教育の為に実施 問題点1:公園内で生ゴミが発生しない 問題点2:かき混ぜるのを嫌がる 問題点3:種菌を倒されたままほっとかれて       蛆虫がわく 結果:大掃除の際に勝手に捨てられていた
    11. 11. 5.エコキャップ運動の成功と 失敗 【成功例】 JOCV の協力によりドミト リー にてエコキャップを回収し 数回に渡り日本へ送付。 【失敗例】 KWS として回収するには 何らかの Allowance が必要で 他の国の子供の為にキャップ を回収することに対して理解 を得られなかった。
    12. 12. 6.地元住民との交流 ① 知人の子供の死によって途上国の IMR (Infant Mortality Rate :乳幼児死亡率 ) の高さを改めて実 感することとなった ② アウトリーチを通じて多くの子供達と知り合え町 の人達に「タカタカ(ゴミ野郎)」で覚えられた ③ テコンドーを通じて多くの  子供達と知り合えた
    13. 13. 活動協力者(カウンターパート) 紹介 Malindi Remand Home Sir Ali School Mutia Malindi Marine Park Malindi Airport School Damira Mombasa Marine Park

    ×