Function of tree

387 views

Published on

I am working in Kenya Wildlife Service as a volunteer of environmental teacher. This presentation is about function of tree, especially focused on fitontid. Fitontid is only weapon for tree to protect own self from enemy. Also how fitontid effect to human and new business related to fitontid are discussed.

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
387
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 葉の種類 光合成とは? (不要) 常緑樹と落葉樹の違い Difference between evergreen tree and deciduous tree 森林浴の効果 Fitontid ケニアの森(カカメガ)
  • 光合成とは、 「植物が太陽光を浴びて、葉っぱから二酸化炭素吸収して、葉っぱの中で糖やデンプン(有機物)に変えて、酸素を放出すること」
  • 肝機能の活性化 清涼効果 生理機能の促進 ストレスをやわらげて、身も心もリフレッシュさせる 森林の中で植物が発散しているフィトンチッドという成分によって肝機能の活性化、清涼効果、生理機能の促進などの効果がある ストレスをやわらげて、身も心もリフレッシュさせる森林浴の 爽快感は、みなさんもよくご存じですね?休日には都会の喧騒を逃れ、自然の緑を 求めてハイキングなどに出かける方も多いと思います。  緑にあふれた森林のなかに入って行くと爽やかな空気が広がり、しばらく歩いて いるとかすかな香りに気がつくと思います。  この森林浴効果をもたらす森林の香りの正体が『フィトンチッド』。森林の植物、 主に樹木が自分で作りだして発散する揮発性物質で、その主な成分はテルペン類 と呼ばれる有機化合物です。この揮散している状態のテルペン類を人間が浴びる ことを森林浴と言うわけです。  森林浴も最近では、日光浴や海水浴と並んで、わたしたちの暮らしのなかに しっかり定着したようです。健康づくりには欠かせない存在ですね。  フィトンチッドはからだをリフレッシュさせるだけではありません。抗菌、防虫、消臭 などのさまざまな働きがあり、フィトンチッドを上手に利用することによって、わたし たちの生活を健康的で豊かなものにしてくれます。 たかが木の香りとはあなどれません。森林や木には、神秘的で不思議な力が隠されているからです。それは『森林の精気』と言い換えてもよいでしょう。
  • フィトンチッドが空気中の有害物質を包み込む
  • Α カデノール 虫歯予防 ヒノキ カンファー 局所刺激、清涼 クスノキ シトラール 血圧低下、抗ヒスタミン作用 バラ チモール 去痰、殺菌 タチジャコウソウ テレピン油 去痰、利尿作用 マツ類 ヒノキチオール 抗菌作用、養毛 ヒバ、タイワンヒノキ、ネズコ ボルネオール 眠気覚まし トドマツ、エゾマツ メントール 鎮痛、清涼、局所刺激 ハッカ リモネン コレステロール系胆石溶解 みかん類の果皮、ローソンヒノキ
  • それでは、樹木は何のためにフィトンチッドを作りだすのでしょうか? 樹木が光合成を行うことは、みなさんよくご存じだと思います。樹木が生きていくために必要な活動で、人間が食事を取ることと同じです。光合成は太陽の光エネルギーを利用して、炭酸ガスと水から炭水化物を作り酸素を放出します。さらに 樹木は二次的にフィトンチッドなどの成分を作りだすのです。 このフィトンチッドには、作りだした樹木自身を護るさまざまな働きがあります。 他の植物への成長阻害作用、昆虫や動物に葉や幹を食べられないための摂食阻害作用、昆虫や微生物を忌避、誘因したり、病害菌に感染しないように殺虫、殺菌を行ったりと実に多彩です。 土に根ざして生きる樹木は移動することができません。そのため外敵からの攻撃や刺激を受けても避難できませんから、フィトンチッドを作りだし、それを発散することで自らの身を護るわけです。 1930 年頃、旧ソ連の B.P. トーキン博士は、この植物の不思議な力を発見し、 フィトン(植物が)チッド(殺す) と名づけました。 フィトンチッドは自己防衛のための秘密兵器 ! 人間から微生物にいたるまで、生物というものは生存するためのさまざまな能力を 身につけています。フィトンチッドとは樹木にとって、自分を護るための秘密兵器と 言えるでしょう。まさに生命の神秘ですね。  こうした秘密兵器を持つからこそ、木は何百年も、いや何千年も生きることが可能 なのだと言えるでしょう。
  • 他の生物に攻撃的に作用するフィトンチッド フィトンチッドは、自己防衛のためだけではなく、攻撃手段でもあります。  およそ生き物は自らの勢力範囲(テリトリー)を広げようとします。それは植物も 同じです。セイタカアワダチソウが空き地に群落をなしている様子をよく見かけます。 これは他の植物に対して強力な成長阻害作用を持つ物質、すなわちフィトンチッドを 分泌して、自らの勢力を拡大した結果なのです。  しかし面白いことに、空き地一面を制覇したセイタカアワダチソウも数年も経つと、 ススキなどにとって替わられます。その理由は自らが分泌した物質で自家中毒を 起こすからだと言われています。  またコーヒーの木やニセアカシアの周りには雑草がほとんど生えないことをご存じ でしょうか。これはフィトンチッドが、他の樹木の発芽や成長を抑える働きをしている からに他なりません。  この他にも、カラマツやヒノキの林に苗木を植えるとその育ちが悪いことや、 リンゴ、ブドウ、桃などの果樹やナス、トマトなどの野菜には連作がきかないことが よく知られています。これもフィトンチッドが一因と考えられます。 このような現象は「忌地(いやち)」と呼ばれます。  こうした働きを持つフィトンチッドは、根から地中に分泌されたり、葉から空気中に 放出されて拡散されます。葉から揮散したものは、地上に落ちてから地中にしみ込 み、蓄積されて他の植物に影響を与えると考えられます。  森林のなかでは、このように激しい生存競争が展開されていますが、いつも喧嘩 ばかりしているわけではありません。お互いに助けあって、害虫などから身を護る こともあります。外部の敵に対して共同で戦うわけです。
  •  またコーヒーの木やニセアカシアの周りには雑草がほとんど生えないことをご存じ でしょうか。これはフィトンチッドが、他の樹木の発芽や成長を抑える働きをしている からに他なりません。  この他にも、カラマツやヒノキの林に苗木を植えるとその育ちが悪いことや、 リンゴ、ブドウ、桃などの果樹やナス、トマトなどの野菜には連作がきかないことが よく知られています。これもフィトンチッドが一因と考えられます。 このような現象は「忌地(いやち)」と呼ばれます。  こうした働きを持つフィトンチッドは、根から地中に分泌されたり、葉から空気中に 放出されて拡散されます。葉から揮散したものは、地上に落ちてから地中にしみ込 み、蓄積されて他の植物に影響を与えると考えられます。  森林のなかでは、このように激しい生存競争が展開されていますが、いつも喧嘩 ばかりしているわけではありません。お互いに助けあって、害虫などから身を護る こともあります。外部の敵に対して共同で戦うわけです。
  • Function of tree

    1. 1. KWS Malindi Marine Park JICA Function of Tree JOCVTakatoshi AKAI
    2. 2. Outline• About leaf• What is photosynthesis?• Effect of fitontid• Why tree create fitontid?• New business related to fitontid
    3. 3. About Leaf
    4. 4. What is photosynthesis? Photosynthesis
    5. 5. Effect of therapeutic walk in the forestIn the forest, trees are emitting chemical named “Fitontid”.This chemical effect to our body positively.• Activate hepatic function• Cool down effect• Activate physiology (proper menstruation period)• Reduce stress, and refresh
    6. 6. Relax Sterilization Deodorization Antibacterial Fitontid Effect Animals die in the forest, & but never smell. Function Anti allergy PurificationFitontid make lung stronger, Fitontid cover harmful matterso people work in forest tend to anti hay fever. in the air to clean up.
    7. 7. Element Function Plantsα- Cadinol Anti bad tooth CypressCamphre Stimulation, Cooling Camphor Citral ↓Blood pressure, Antihistamine Rose 薔薇 Get rid of Phlegm, Thymol Thymus vulgaris Sterilization Get rid of Phlegm,Turpentine Pine tree Diuretic function Antibacterial, Thujopsis dolabrata,Hinokitiol Hair cultivation Cypress Abies sachalinensis, Borneol Wake up Picea jezoensis Painkiller, Cooling, Menthol Mint Local stimulus Dissolution of Orange peel,Limonene cholesterol Chamaecyparis lawsonia
    8. 8. Why tree create fitontid?Tree emit fitontid to protect own self, because they can not move or escape to avoid eaten by other species.①Anti-feedant effect: to avoid insects and animals, which eat tree.②Suffocate effect: to stop grow up other plants to cover own-self.③Anti bacterial effect: to avoid  insects and germs, or invite  useful insects by fitontid.
    9. 9. In 1930, Dr. B.P. Tolkien, the Soviet Union found this effect and named “Fiton” (by plants) “Tid” (to kill).
    10. 10. Offensive function of fitontid towards other speciesFitontid is not only for protection, but also attack.All species, not only mammals, but also pants try to spread own territory.We can usually see Solidago altissima, yellow flower in open space in JapanThis flower emit fitontid to stop other species to grow and spread out.However, after few years, those flowers changed to other species such as Japanese pampas grass.Because, this yellow flower poisoningown self to emit too much fitontid.
    11. 11. Also, surround of coffee tree and Robinia pseudoacacia, there is not much weed exist.This is because of fitontid of those 2 species effect offensively to growing other species.  
    12. 12. It is difficult to grow other plants in the forest of cypress or pine tree.Fruits, such as apple, grape, peach,and vegetable, such as tomato, and eggplantscannot plant the same crop on the same ground.
    13. 13. Trees are “talking” in the forest!? • Fitontid has Anti-feedant effect to avoid insects to eat tree. But not only this, but also they tell to beside trees like warning alarm. • Once a tree alarmed trees on the beside emit fitontid, which effect to avoid certain insects. • Those communication called “Allelopathy”. • The way of chemical communication “Allelopathy” is the fitontid. Warning!! OK! New insect came!Warning!!New insect came!
    14. 14. New Business• Out society is full of stress, so people are using machine to create artificial fitontid in the home.
    15. 15. Conclusion• Trees are not only producing oxygen, but also contribute to human society very much, such as improve our health.• Trees are using fitontid to avoid enemy and communicate with other trees.• Companies are try to use fitontid to new business, so knowing nature is earning money!

    ×